October 07, 2016

あり得た(る)かもしれない歴史にまつわる作品発表! & I will show works I have made in The Netherlands!

mamoru_作品関連画像1-2
left: video still, detail, Further(2016), dancer: Madoka Kariya, right: research material, engraved illustration, detail, Gedenkwaerdige Gezantschappen der Oost-Indische Maatschappy in ’t Vereenigde Nederland, aan de Kaisaren van Japan(Arnoldus Montanus, 1669, Amsterdam)

(Please scroll down for English)

a long listening journey of a Possible thiStory especially of Japanese & Dutch & something more / あり得た(る)かもしれないその歴史を聴き取ろうとし続けるある種の長い旅路、特に日本人やオランダ人その他もろもろに関して

viewing space vol.002: mamoru
会期: 2016年10月29日(土) - 12月3日(土)
Yuka Tsuruno Gallery
140-0002 東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F
tel. 03-5781-2525
営業時間: 11:00-18:00(火・水・木・土)/11:00-20:00(金)/日・月・祝休廊
協力:小松音響研究所

17世紀にオランダで出版され、西洋社会に「日本」とそこにすむ人達、文化、歴史を初めて体系的に紹介したある地理本*。100枚以上の緻密な銅版画、456ページのテキストに描かれたのは、実際に日本に来たことのない編集者、著者、版画職人達が宣教師の手紙、報告書、旅行者、船乗り達から聞いた話など様々な情報を集め、想像した「日本」の人々の暮らし、文化、歴史。そこで紹介された「日本」は想像に富んだ、というか飛んだ!ものでした。この本に興味を持ち、オランダに渡り、どういう経緯でこの本が生まれ、その影響はどう現代とつながっているのか、はたまたつながり得るのか・・・いろいろ調べていった結果&あちらこちらへと派生した関心事と想像もあわせつつこの1年ほど制作をすすめてきて2年が経ちました。(と言ってもこの仕事にとりかかったのは主には最近の1年くらいです。)作品は、タイトルに示唆しているように、荒唐無稽な想像に思えた17世紀オランダ産の「日本」でしたがリサーチを進めていくうちにそれを「あり得た(る)かもしれない」と考えることで生まれる妙な現代との接続やさらなる想像を何かしら形にしてみたものです。

今回、この新シリーズの現時点を披露できることになりました。場所は、私の所属ギャラリーであるYuka Tsuruno Galleryの新拠点となった天王洲のアートコンプレックス内の共有ビューイングスペースです。

シリーズの第一章〜四章までをレクチャーパフォーマンスのドキュメンテーション映像と映像2作品を合わせ、スクリーニングという形で公開します。分数にすると全部で30分以上にはなりますが、極端なまでに腰を曲げて描かれたお辞儀から連想してみたフィクショナルな歴史は意外な人物達へと帰着し、エキゾチックに描かれた不思議な人体を理解するためにコリオグラフィー的なことにも取り組んだりとこれまでにないアプローチも試しています。会期が5週間と長いので、どうぞお時間ある際にお越しいただき、じっくりご覧いただければ幸いです!最終日にはアーティスト・トークもする予定です。

*1669年にアムステルダムで出版(アルノルドス・モンタヌス著)原題は「Gedenkwaerdige Gezantschappen der Oost-Indische Maatschappy in ’t Vereenigde Nederland, aan de Kaisaren van Japan」。日本語では「日本誌」とか「東インド会社遣日使」等と呼ばれる。

(スクリーニングタイトルは英語文の最後に記載)
.............

I will be showing my works I have made in the Netherlands in the past year, screening a documentation video of my lecture performance(20.5min) and 2 video works(10 + 3.5min). All together about 35-40min.

The project is inspired by a geography book published in Amsterdam in 1669, titled "Gedenkwaerdige Gezantschappen der Oost-Indische Maatschappy in ’t Vereenigde Nederland, aan de Kaisaren van Japan." This book, 456 pages of text with 71 engraved illustrations and 23 double-paged engravings folded in, comprehensively showcased Japanese people, culture and history and introduced to Western society. I have been making a series of works that, in some way or another, graft today, the world of 2016, to the Possible history that these Dutch book makers had once generated.

The screening will take place in the viewing space of the new art complex, TERADA Art Complex, in which my gallery has moved in. It will run for 5 weeks and the videos would all together be about 30min long so please plan to visit when you have time! I have the privilege of having Komatsu Sound Lab. to assist my sound set ups. It is sounding. (By the way, I am already making a new chapter of this series, and it will be shown in 2017.)

Screening will include the following/スクリーニングの内容:

The 1st chapter: 
this voice・a place・all that is resonating/この声・ある場所・残響するすべて (2016)
a lecture performance, 9:30, language English
viewing link: https://youtu.be/8DyEZ7TMYOI
Documentation of a lecture performance/レクチャー・パフォーマンスのドキュメンテーション映像

The 2nd chapter: 
The Art of Japanese Bowing/(ジ)ヤパニーズのお辞儀 (2016)
a lecture performance, 10:41, language English
viewing link: https://youtu.be/VuQmsxKO-zE
Documentation of a lecture performance/レクチャー・パフォーマンスのドキュメンテーション映像

The 3rd chapter: Further/遠くへ(2016)
HD 16:9, stereo sound, 10'10", dancer: Madoka Kariya, camera: Sol Archer
viewing link: https://youtu.be/91QRUELHkQE

The 4th chapter: outstretched/伸ばした手(2016)
HD 9:16, silent, 3'20", camera: Sol Archer
viewing link: https://youtu.be/Hp8_mPrEYYU

image: a excerpt from "Gedenkwaerdige Gezantschappen der Oost-Indische Maatschappy in ’t Vereenigde Nederland, aan de Kaisaren van Japan." (Arnoldus Montanus, Jacob van Meurs, Amsterdam, 1669)、画像:モンタヌス日本誌、アルノルドス・モンタヌス、1669

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔