September 28, 2018

私たちはそれらを溶かし地に注ぐ and a polyphony for an archaeological report and an imaginary ritual !

<如果看中文版本請往下滑、for English please scroll down to the bottom!>

IMG_8294 crp


EXHIBITION

2018.9.28-11.28
[ 未来遺阯 - Future Historical Site ART/EXPLORING/HISTORY]
@国立臺灣史前文化博物館、卑南遺阯公園展示廳

私たちはそれらを溶かし地に注ぐ
-ある考古学報告書と想像上の儀式のためのポリフォニー


2チャンネルビデオ(1ch. HD、16:9、ステレオ、9分55秒、2ch. HD、9:16、サイレント、5分46秒)、ミクストメデア(12.7mm弾薬莢、105mm弾薬莢、檳榔、米酒)、サイズ可変

2チャンネル同時視聴版


作品について

1945年1月、米軍の空襲下においてに二人の日本人民族考古学者、金関丈夫と国分直一によって行われた発掘調査の報告書である「台湾東海岸卑南遺跡発掘報告」に基づいてテキストスライド映像は作られた。途中、卑南遺跡周辺に当時(現在も)暮らしていた(る)台湾先住民族の1部族であるプユマの長老たちを取材した際の映像・録音が挿入されている。また米軍のプロパガンダ映画のサウンドトラックや、アーティスト自身が録音・制作したフィールドレコーディング、リズムトラックなどがアレンジされ考古学報告書のための音風景を織りなす。

檳榔や薬莢によって構成されるオブジェはプユマの長老たちの少年時代の思い出話や、台湾統治時代初期に日本人研究者たちによって記録された卑南周辺に伝わるとされる神話、実際に取材の際に見かけた光景などから想像した儀式の一部を形にしたものである。

インスタレーション空間全体は明滅する光(映像)とテキストを伴奏するEDMのビートにより、鑑賞者を「1945年1月」の卑南遺跡へと接続するためのリズミカルな装置となる。

IMG_8298

........
未來遺址:用藝術挖掘歷史
展期:09/28-11/28
@卑南遺址公園廳(国立臺灣史前文化博物館)

我們把它們融化並在傾倒於土地
-考古報告與想像儀式的多聲曲-

作品視聴版: https://youtu.be/Eca0HUQKVss

註解:
雖然中文使用者可以透過漢字來了解原始的日文作品。

mamoru的錄像作品中閃爍的文字影像,摘自兩位日籍考古學家金關丈夫和國分直ㄧ所撰寫的〈台灣東海岸卑南遺跡發掘報告〉。考古學家在1945年1月來到卑南遺址,並在飛彈空襲的環境下,挖掘了該遺址。錄像中的聲音來自普悠瑪長老們與藝術家之間的採訪錄音、美國宣傳短片的音軌、以及其他事件相關的錄音檔案,共同為〈考古報告〉創造了音風景及音景。藝術家最初留下四種語言,包括日語、卑南語、中文和英語,編寫或闡述源頭,期待觀眾通過想像,從文字、影像中知道、聽到、看到及猜測的內容,來參與作品,藉以跨越語言所產生的距離和障礙。此作品也受到長老童年的故事以及卑南相關神話的啟發,現成物檳榔與彈夾的排列方式,是以儀式的方式而製定。整體裝置藉由迷人的燈光,伴隨著藝術家製作的電子舞曲,為觀者創造了一個重新造訪與「1945年1月」相關的想像時空裝置。
.........
I will be presenting a new installation work for the exhibition [ 未来遺阯 - Future Historical Site ART/EXPLORING/HISTORY] @ National Museum of Prehistory/Park Site Exhibition Hall
:

WE MELT THEM AND POUR IT ON THE GROUND
- a polyphony for an archaeological report and an imaginary ritual -


2 channel video (1ch. 16:9, HD, stereo, 9’55", 2ch. 9:16, HD, silent, 5’46") on loop, mix media (12.7mm bullet cases, 105mm bullet cases, betel nuts, rice wine), dimension variable

2ch viewing ver.


About the work:

The flashing text slides appearing in the video are excerpts from "Research on a Prehistoric Site Near Peinan, Formosa"(台湾東海岸卑南遺跡発掘報告) written by two Japanese ethno-archaeologist Takeo Kanasaki(金關丈夫) and Naoichi Kokubu(國分直一) who came to Peinan Site in Taiwan in January 1945 and excavated the site under the air raids of US military force. The recordings of the interviews between the elders of Puyuma tribe and the artist, sample from the sound track of US propaganda film, and some other related filed recordings creates the soundscape for the archaeological report.

Inspired by the sight observed during the research, childhood stories of the elders and the myths around Peinan which was specifically documented during the very first years of Japanese colonial era, the objects are formulated in a ritual manner.

The whole installation is illuminated by mesmerising lighting patterns and accompanied by the electronic dance music produced by the artist. It creates an rhythmic apparatus for the visitor to revisit the an imaginary time-space related to the "January 1945" excavation at Peinan site.


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔