live performance

July 31, 2015

想像のための幾つかのスコア and upcoming lecture-performance!

mamoru150127_002
image: performance view: "THE WAY I HEAR/Several Scores for Imagination" 2015.Jan.27th, Tokyo

(Please scroll down for English)

現在、大阪の国立国際美術館にて開催中のグループ展「他人の時間」の関連イヴェンととして、私が各地で取材進行中の幾つかのリサーチプロジェクトを「想像のための幾つかのスコア」として紹介しつつ、来場者との「協想」、現代音楽フルート奏者の木埜下大祐氏とのことばと音の重なりによる”ポリフォニック”なセッションを織り交ぜたレクチャー・パフォーマンスを行います。
国立国際美術館で同時開催中の「ウォルフガング・ティルマンス」展や同エリア(徒歩圏内!)で開催中の堂島ビエンナーレにお越しの方はどうぞこちらも合わせてご覧下さい!

.....
レクチャー・パフォーマンス
「THE WAY I HEAR/想像のための幾つかのスコア」

出演:mamoru(テキスト、トーク)、木埜下大祐(フルート、トーク)
会場:国立国際美術館、地下1階講堂
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55 TEL:06-6447-4680(代))
日時:2015年8月8日(土)14:00 - 16:00(休憩あり)
入場:無料、先着130名 ※10:00から整理券を配布

音響:小松音響研究所
撮影:NOET PHOTO VISUALS
主催:国立国際美術館
協力:YUKA TSURUNO GALLERY、アジア同時代音楽協会(ADOK)

ー幾つかのスコアー

「アルノルデゥス・モンターヌスとアンドレアス・ベークマン」
現在オランダに長期で滞在しつつ展開中の17世紀アムステルダムにて出版された西洋初の体系的な日本書誌を著したオランダ人、また同時代にオランダ東インド会社に従軍した画家にまつわるリサーチより。

「B.S.ライマン」(>関連リサーチ記事)
明治初期、日本政府に招聘され北海道にて地質調査を行い日本初の近代的な地質図を作ったアメリカ人地質学者・鉱山技師ベンジャミン・スミス・ライマンにまつわるリサーチより。大阪でのパフォーマンスに先立ち、東京都現代美術館における「他人の時間」展にて発表した、字幕、ナレーション、音源による新作映像の紹介など。

「風を知るために」(>関連リサーチ記事
古今、東西、人文、科学を越えて人類のイマジネーションをかき立ててきた風。実際にパラグライダーやヨットを体験取材したり、いろいろなロケーションでの風見パフォーマンス、大気について考察した科学者達や、歴史に残る風を調べるなどしている長期継続中のフィールドワークより。特に今回は「風を知る人」として現代音楽フルート奏者の木埜下氏をパフォーマーとして迎える。

.................

Lecture Performance

"THE WAY I HEAR / Scores for Collective Imaginations"

performer: mamoru(text, talk), Daisuke Kino-shita(flute, talk)
date: 8th, August 2015, 14:00 - 16:00 (with intermission)
venue: The National Museum of Art, Osaka
admission: free, register at the reception from 10:00 -

sound: Komatsu Sound Lab.
photo: NOET PHOTO VISUALS
organised: The National Museum of Art, Osaka
special thanks: YUKA TSURUNO GALLERY, Asian Contemporary Music Society (ADOK)

.....

Dear readers!
Here is an INVITATION to my upcoming lecture-performance! As a part of "TIME OF OTHERS" exhibition now taking place at The National Museum, Osaka, the lecture-performance will include several projects that I have been working on as I briefly introduce below. I am very much excited to work with DAISUKE-Kinoshita, an excellent Japanese flute player and composer, who will be performing "polyphonic-talk" with me. He will also introduce special techniques of wind-instruments in relation to my WIND STUDY.

-about the "Scores for Collective Imagination"-

"Arnoldus Montanus and Andries Beeckman"
17C Dutch writer, Arnoldus Montanus was the author of "Atlas Japannensis being remarkable addresses by way of Embassy from the East India Company of the United Provinces, to the Emperor of Japan", so-called first Western book of Japanese Historical account and a painter who was his contemporary and went around East Indies as a soldier of Dutch East Indies(VOC).

"B.S.Lyman" (>related posts)
It is based on the research I have been doing over the past 3 years about an American geologist/mine engineer who were hired by the Japanese government in late 19C and conducted an important geological survey and made the first modernised geological map in Japanese history. I will introduce the work I presenting at the Museum of Contemporary Art Tokyo, titled "THE WAY I HEAR, B.S.LYMAN, The 5th Movements Polyphony for Collective Imagination". It is 2ch bilingual text-projection with bilingual narration and some field recording.

"WIND STUDY"(>related posts)
It is a fascinating borderless-timeless subject of curiosity and I have indulged into the subject for years; trying out sailing and paragliding, learning science of it, visiting windy locations, researching stories/myths and wind that changed the history. I am so pleased to have an opportunity to invite Daisuke Kino-shita again after the performance we did in earlier this year as a "wind player". He will tell/play us about his thoughts around wind instruments!

soundartist77 at 12:55|この記事のURLComments(2)

January 16, 2015

一時帰国中のイベントリスト!and this is the list of lecture+performances in Tokyo Jan-Feb 2015

25
image: front cover of the flyer for the Tokyo performance

.....

1 -Jan 25th/Tokyo/Talk

下記の展示に関連したトークイベントにて、昨年にリニューアルオープンした庭園美術館に関する物語執筆まつわる話などを書籍の写真を担当された写真家の高橋マナミさんとします。

1月25日(日)17:00-18:30
『庭園美術館へようこそ 〜旧朝香宮邸をめぐる6つの物語』
出版記念 高橋マナミ写真展(2015.1/22 Thu. - 2/1Sun.)
場所:ユトレヒト
Web: http://utrecht.jp/?p=14132

.....

2 - Jan 27th / Tokyo/Lecture Performance

「THE WAY I HEAR / 想像のための幾つかのスコア」
オランダにて進めているリサーチプロジェクト紹介や「風を知る人」(フルート奏者:木埜下大祐)との共演など

場所
東京文化発信プロジェクトROOM302
東京都千代田区外神田6-11-14(3331 Arts Chiyoda 3F)
日程
2015年1月27日(火)19:00〜21:00(開場18:30)
無料(要予約)info-ap@bh-project.jp
件名を「レクチャー・パフォーマンス申し込み」とし、「お名前」「ご所属(ご職業)」「メールアドレス」「当日連絡先(携帯電話など)」をご記載のうえ、info-ap@bh-project.jpまでお申し込みください。席に余裕のある場合は当日も受け付けます。
詳細: http://www.bh-project.jp/search/tabid/62/pdid/756/Default.aspx

Venue: 3331 Arts Chiyoda 3F, ROO302,
Date: Jan 27th 2015, 19:00-21:00
Admission: Free but RSVP; email to "info-ap@bh-project.jp" write mamoru/lecture performance, your name, email, phone. Thank you! and looking forward to see you.>
No translation but part of the performance will be done and presented in Engilsh. There will be polyphonic performance with the wind player(flutist Daisuke Kinoshita).

....

3 - Jan 31st / Tottori/Lecture Performance

「THE WAY I HEAR / 想像のための幾つかのスコア」
オランダですすめているリサーチ・プロジェクトの紹介、庭園美術館リニューアル記念書籍に書き下ろしたサウンドスケープ・テキストのことなど

場所
旧横田医院・Hospitale Project
日程
2015年1月31日(土)18:30-20:00
詳細:https://www.facebook.com/events/1396086280685450/?pnref=story

....

4 - Feb 1st / Osaka/mini party + mini lecture

「想像のための持ち寄られる食べ物と飲み物とスコア」
ift流のミニパーティー(皆と食べたいもの飲みたいもの一品ずつ持ち寄ってシェアします)+近況報告などとレクチャーパフォーマンスの一部。

日時: 2月1日(日) 19:00 - 22:00
場所:project room ift(大阪市北区中津3-21-15)https://www.facebook.com/iftproject/timeline
会費:500円(会場の長屋運営のためのご寄付をお願いします)

soundartist77 at 19:15|この記事のURLComments(0)

February 03, 2013

そして新作パフォーマンス and about the new performance !

(Bilingual)
Fuchu_OPST_Fuchu_p_keyaki_100
府中駅ちかくのケヤキ並木

「THE WAY I HEAR, Fuchu 2012 -2013」

府中市美術館での公開制作をスタートさせ、3ヶ月。
スタート時は、どういう作品になるのかわからないままに、途中から武蔵野美術大学芸術文化学科の学生さんなどにも参加してもらいグループワークに切り替えたりしながら、市内各所で展開したリスニングリサーチ。それと併行して、府中市域の郷土資料、地理、歴史などもリサーチ。開始1ヶ月を過ぎた辺りからようやくパフォーマンス作品への着想を得て、その後に数名ほどインタビューをさせてもらいつつ、リサーチは継続していますが、ここに来てようやくひとつの形になってきました。

これまでetudeシリーズで取り扱ってきたのは生活から見つけた小さな「生音」。今回で2回目になる「THE WAY I HEAR」で取り扱うのはさしずめ「イメージする音」。例えばこのブログを読んでいる時、あなたの頭の中にはその文字の「音」(=自分の声?)が響いていますよね?上の画像を見ただけでも「何かしらの音」が想像できるかもしれません。それも一種の聴感だとすると、それは生音でもないし録音でもない、想像の音です。そういう類いの音への興味を元に、上に書いた2種類のリサーチから「記述/録音/聴取/想像」した音を素材に、今回の新作は展開されます。是非ともお越し下さい!よろしくお願いします。

場所:府中市美術館 公開制作室
日時:2013年2月16日(土)、17日(日)15時開演(16時まで)
入場:無料
定員:各回30名、当日14時より受付開始
※パフォーマンス途中での出入りは出来るだけご遠慮願います。

.................................................................

performance

THE WAY I HEAR, Fuchu 2012-2013

place: Fuchu Art Museum OPEN STUDIO
date: 2013.2.16 (Sat) 15:00 - 16:00
*max 30 person at a time, open 14:00 for registration
entrance fee: none

Over the past 3 month, I have tried to listen and notate the soundscape of Fuchu city, and at the same time, to do some research on the history, geography of the city as well. After spending hours outside walking around, and reading documents at the library, I finally started to "hear" things in very different manner, and also some fragments of the performance came into mind. Although, I interviewed several person to ask each of them some specific question trying to complete the "listening", it seems that I would never finish researching... the more I know, the more interests I get...off course. However the day of the perfomrnace is just ahead, so now is the time to wrap it up for the first version of the performance. It should be ready in a few days.

The new performance deals with the sound which only resonate in your mind. For example, when you read this sentence you are making/hearing certain "voice" inside yourself, sort of. In a similar sense, when you look at the image above and wonder what might be the soundscape of the place, that could trigger some sound in your mind. This is the kind of sound I am hoping to incorporate into my new performance. I have captured some sound through my research; through actual vibration of the air into my ear, also through reading text, which help me imaging the sound. They are the "sound source" of the performance. Please come and see how I would "play" them. (It will be in Japanese, though.)

If you can not make it, do come back and read/hear about the performance. I will post some article after 17th. (hopefully, before 24th!)

mamoru

soundartist77 at 10:00|この記事のURLComments(0)

January 25, 2012

30日のタイムスケジュール and the schedule for John Cage Concert

(Bilingual)
cameracoimage1327482252
photo: a part of the score for walking

前回の記事でご紹介した30日のコンサートですが私の出演時間は以下の通りです
但しいずれも、前の演目次第で時間はずれ込む可能性もあるかと思います。コンサート自体は30日の13時からずっと続いているので時間に余裕を持って他の演目もご覧くださればより嬉しいです。
The time schedule for the John Cage Concert on 31th-31st @ Tokyo Wonder Site Shibuya/Aoyama is as following. Please note that there might be delay in the time for other acts may push the time schedule. The concert will be opened from 30th,13pm @ TWS Shibuya, please join it before my acts.

1
チューニング <移動のためのスコア 渋谷ー青山>
Tuning <a score for walking Shibuya-Aoyama>

時間/when: 30th, 22:20pm
場所/where: TWS Shibuya -> TWS Aoyama
所要時間/how long: about 30min

2
熱心な聴衆のためのエイドセンター
Aid Center for the intensive listeners

時間/when: 30th, starts around 23pm
場所/where: TWS SHIBUYA room 505 dining kitchen
所用時間/how long: on going, 時間内常時(休憩あり)

3
チューニング<青山から渋谷まで音を運ぶ>
Tuning <carrying a sound from Aoyama to Shibuya>

時間/when: 31st、9am
場所/where: TWS Aoyama ->TWS Shibuya
所要時間/how long: about 20min

なかなかハードな時間帯のものばかりですがお時間ゆるす方はぜひ!
hope some of you can make it!

mamoru


soundartist77 at 19:00|この記事のURLComments(0)

January 14, 2012

ジョンケージ生誕100年祭? and I am performing for the 24hour concert!

(English please scroll down)IMG_4660


2012年に入って一回目の記事をアップします。今年もパフォーマンス、展示と国内外での活動を展開していきますので、どこかで機会を見つけて作品に触れて頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

1月30ー31日と24時間にわたって繰り広げられるパフォーマンスに参加します。以下詳細の通り、生誕100周年を迎えるジョン・ケージにちなんだコンサートで、私の出番時間が決まり次第アップしますが、おそらく渋谷会場と青山会場の移動時に何かできればと思っています。仮に「ジョンケージの耳で移動する」というのと「熱心な聴衆のためのエイドセンター」という2案を現在検討中です。ギリギリの場合が多いので、その場合はTwitter(@afewnotes)でお伝えします!

【トーキョー・エクスペリメンタル・フェスティバル オールナイト・フィナーレ】
3.11から 祈り?『 ジョン・ケージ/ソナタとインターリュード』

生誕100年、ジョン・ケージ オールナイト!
中川賢一、体力の限界に挑戦!プリぺアド・ピアノの金字塔≪ソナタとインターリュード≫ 70 分× 10 回演奏と、"ジャンル超えパフォーマンス"10本が入り乱れる24時間!渋谷と青山のトーキョーワンダーサイトを行き来するエクスペリメンタルな時空間を一緒に体験しませんか?

日時|2012年1月30日(月) 13:00開演(12:30開場)〜2012年1月31日(火) 13:00終演予定
会場|トーキョーワンダーサイト渋谷(日中)/トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンス(夜間)

出演│ピアノ:中川賢一(ピアニスト、指揮者)
ゲスト|一柳慧×畠中実×実験音楽とシアターのためのアンサンブル×永岡大輔×松本力×危口統之×田村友一郎×mamoru×フ・ユ&ジャ・ハイキン×伊藤憲孝×木埜下大祐×河合政之×浜崎亮太×荒木悠×木戸龍介 他

プログラム|ジョン・ケージ/ソナタとインターリュード

(プログラムおよびゲストはやむをえず変更となる場合がございます。 予めご了承ください。)


http://www.tokyo-ws.org/archive/2011/11/-6-soundartperformance-part-2.shtml

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

The first performance for my 2012 is the John Cage tribute concert, which runs for 24hours! I will be doing some listening pieces on the street when people move from TWS Shibuya to TWS Aoyama at night. The title would be something like..."listening to the city with John's ears", and "Aid centre for intensive listener" I will update more when I know the schedule or check my Twitter account @afewnotes.

Concert Details
--------------------------------
TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL ALLNIGHT FINALE
After 3.11. Pray ? John Cage 《Sonatas and Interludes》

Ken'ichi Nakagawa challenges his limitation of physical capacity.
70mins X 10 times performance of "Sonatas and Interludes", Milestone of the piece for prepared piano and 10 cross-genre performances will be mixed together in this 24 hours last project! Let's join into truly experimental time and space, coming and going between TWS Shibuya and Aoyama.

Date: From January 30(Mon.), 2012 13:00(Doors Open 12:30) to 31 (Tue.) 13:00
Venue: Tokyo Wonder Site Shibuya (Day time) / Tokyo Wonder Site Aoyama: Creator-in-Residence (Night time)

Artist: Ken'ichi Nakagawa (piano)
Guest: Toshi Ichiyanagi × Minoru Hatanaka × Ensemble for Experimental Music and Theater × Daisuke Nagaoka × Chikara Matsumoto × Noriyuki Kiguchi × Yuichiro Tamura×mamoru× Yu Fu & Haiqeing Jia × Noritaka Ito × Daisuke Kinoshita × Masayuki Kawai & Ryota Hamasaki × Yu Araki × Ryusuke Kido & more.

Program: John Cage 《Sonatas and Interludes》

(Please note that the program and guests are subject to change.)


soundartist77 at 16:42|この記事のURLComments(0)

May 02, 2011

インスタントヌードルのための叙述 and I will perform on May 7th!

(Bilingual)

small_screen_w_image

photo: extracted image from the video installation "etude no.39"

たくさんの方々にご覧(音を聴いたり、ヌードルを食べたりして)いただいております個展「etude no.39 インスタントヌードル」の最終日、今週土曜日7日の夕方にこれまでとは少し違った形でパフォーマンスを行います。参加は無料なのですが内容の都合上、完全予約制となっています。詳細は以下の通りです。

It has been very exciting to see many people come by to see/listen/eat my new work "etude no.39 instant noodle" @ YUKA CONTEMPORARY. On the last day of the exhibition, I will perform. It will be something different from the performance I have done in the past. It will be free of charge, but with RESERVATION ONLY due to the character of the performance. the details are as written below.


パフォーマンス『インスタントヌードルのための叙述』
日時:5月7日(土)18:00-20:00
会場:YUKA CONTEMPORARYとその周辺(江戸川橋)
定員:25名 
参加費:無料
先着順にて予約を受付けますので、人数とご連絡先をinfo@yukacontemp.comまでご連絡ください。
こちらから折り返し確認のメールを差し上げます。尚、予約のない方は参加不可能となりますので、ご注意ください。

performance "a description of the instant noodle"
Date: May 7th (sat) 18:00-20:00
Venue: YUKA CONTEMPORARY and around.
Reservation is necessary.
Please contact for early reservation as we can only hold up to 25 people.


soundartist77 at 16:05|この記事のURLComments(0)

December 10, 2010

いつもの直前アナウンス。OPS vol.7

(Bilingual)

OPEN STUDIO vol.7

16_evblade_18


そしてこちらはまさに直前アナウンス。12月11日、明日の13時から18時、恒例の!?OPEN STUDIOが行われます。14時半からちょっとしたetude no.16 電動カミソリ のデモンストレーションを行います。習作段階ですが、お立ち寄り下さい!
and one more last minuet annoucement.
There will be an OPEN STUDIO on 12.11 13:00-18:00. (sorry it's tomorrow!)
I will be doing a little demonstration from my etude no.16 electric blade.


詳細はこちらまで
http://www.tokyo-ws.org/archive/2010/11/open-studio-201012.shtml

for more detail in English
http://www.tokyo-ws.org/english/archive/2010/11/open-studio-2010december.shtml


soundartist77 at 21:23|この記事のURLComments(0)

November 08, 2010

トーキョー脱出。and I am performing in Australia!

(日本語の方は下までスクロールしてください)

noodle


For the past few weeks, I have been eating noodles almost everyday! to make my sound performance out of making/eating noodle and drinking soda, and so on. The taste is getting better every time I cook, and hopefully the sound also has improved.

I am looking forward to do performances in Australia! hope to see you some of you!

AUSTRALIA(Sydney, Melbourne)
KIRIN Big In Japan!
in Sydney on 12/private and 16th/The Royal Hall of Industries
in Melbourne on 19th/1000 Pound Bend

TOKYO
1. 2010.11.28
I will be having an OPEN STUDIO on Nov 28th (Sun)11:00-18:00 at Tokyo Wonder Site, and I might be doing the variation of this performance.

2.2010.12.20,21,25
Also on Dec 21st(afternoon), 22nd(afternoon), and 25th(afternoon-evening), I will be performing in TWS Shibuya for the Tokyo Experimental Festival. it will be very limited numbers of people for each performances, 10 at a time. I will post the detail a little later. but please keep the date for it from now!

OSAKA
I will be in Osaka after the festival, and hopefully organize something to show my latest video, performance works!

...........................

noodle2


ここのところオーストラリツアーに備えてパフォーマンス作品の準備に取り組んでいます。今回はインスタントラーメンを作り、食べたり、飲み物を飲んだり、と言った日常行為やその過程で発生する音などを使ったサウンドパフォーマンスなのですが、そのためにここ2週間程ほぼ毎日、お腹が減ったタイミングに練習し(ラーメンを食べ)ていて、毎回工夫し(工夫しないとあきるので)ラーメンを食べております。だんだんおいしいのが作れる様になってきて、自分でも妙に感心しています。笑

オーストラリアでのパフォーマンススケジュールは上の通り。

TOKYO
1.2010.11.28
帰国直後にトーキョーワンダーサイトにてオープンスタジオが控えており、そちらで同じパフォーマンスか改良版か、何かできれば、と思っています。もしかすると全然違う事をするかもしれませんし、まだちょっと未定です。

2.2010.12.21,22,25
12月後半はトーキョーエクスペリメンタルフェスティバルが控えています。21日午後1回、22日午後1回、25日午後ー夕方3回、と3日間で合計5回、各回10名限定でのパフォーマンスを予定しています。詳細がまだ発表出来ないのですが、恐らく忙しい時期かと思いますので、どうぞスケジュールを空けておいて下さい!

OSAKA
そして、大阪方面の皆さんには本当にごぶさたしてしまっているので、年末年始は帰る予定にしているので、その際に何かしたい、と思っています。この半年とちょっとのあいだのトーキョー生活ご報告&忘年会的な!?映像やら、パフォーマンスを織り交ぜたパーティーの様な。。。果たしてどうなることか。

めっきり寒くなってきましたので皆さん風邪等引かれません様に!

mamoru

soundartist77 at 12:00|この記事のURLComments(0)

August 30, 2010

アラウ in 三渓園/performances in small tea house

(for English, please scroll down)

kinmoukutsu


8月26日から4日間、ずっと横浜の三渓園/庭園にある金毛窟という一畳台目という極小の茶室に居ました。というのもそこで「アラウ」と題した音と器によるパフォーマンスを行っていたからです。

ちなみに、どうして開催後のレポートのみになったか、と言いますと。。。ご案内しようと思っていたのですが、その前に全席完売してしまったからなんです。というのも、そもそも一回に3人という極少数のみのお客さんしか来れない状況のため、合計8回パフォーマンスをしましたが、初日の撮影セッションをいれてもやっと24人の方達に来て頂けるのみです。

同様の内容でまた別の場所でやろう、という話にはなっているので、とにかく興味を持ってもらえる方達にご報告だけでも、と思い少しレポートします。今回の仕事は器・造形作家のKAORUさんとの仕事で、今回のパフォーマンスでは、僕の音のアイデアとKAORUさん(http://www.woshiribenren.comhttp://www.takagikaoru.com/)の器を組み合わせ、その「使い方/作法」を作り、パフォーマンスとする、というのが基本形です。

今回の流れをざっと紹介すると、

手を洗う/氷で冷やしたハーブ水とローズマリー、フェンネル、ペパーミントと冷却効果、殺菌効果のあるハーブが入った器に手を浸して涼をとり、香りをきく

arau


口を洗う/KAORUさんの作った型でとった手作りの干菓子食べ、冷茶を飲む

P1040900



耳を洗う/この会のために選び抜粋した随筆の朗読を聞きながらお茶を飲む、そして大きな器に水を張って、そこに小さな器を浮かべ2つが触れる事で音が鳴る「耳洗器」と名付けた器の音を楽しむ

P1040902


画像ではあまり水がはいっていませんが、器の数もお客さんの数だけあるので、ひとつずつ増えてゆき、音も変化して行きます。

これでだいたい一時間。この茶室は少し高台にたっている事もあり、8月終わりとはとても思えない涼しい風が吹くので思っていたよりも過ごしやすかった様です、「・・・様です」というのはパフォーマンスしていた私自身はどっちにしろあれこれやって、考えているので暑かったものですから。笑。

茶室独特の暗さや、そこに時折差し込む光も相まって、不思議な時間が流れていました。私が座っていた点前座の方からは窓の外も見えるので、そこに黒アゲハがゆらっと飛んでいるのが見えたり、蹲いの水が流れているのが目に入ったり、なんとも言えない風情がありました。

そんな調子で、4日間とも別の表情で、私のように不慣れな者でも、数日使っただけでも、本当に良く出来ているな、と感じ、いたく感動しました。なにせ現在滞在中の青山から、茶室までは約2時間ほどかかります、それでも茶室へ通うのが楽しく感じました。

庭園全体がアスファルトで覆われていない、クーラーが無くとも何度かは都会よりも気温が低く感じられました。恐らくは海が近いとか、少し高台になっているとか、地勢的なこともあるんでしょうね。風が吹き下ろしていてとても快適でした。

次回のアラウは具体的にはまだ決まっていませんが、再演の際にはご案内させて頂きます。もしも必ず知らせてくれ!という熱心な方がおられましたらご連絡下さい。

ちなみにKAORUさんが今回のためにあつらえた器は大部分が代官山にある「salon 立てば芍薬、座ればボタン」にて展示・販売されていますのでご興味のある方はそちらもチェックして下さい。http://www.tateba-syakuyaku.com/ (私もこちらの店内用のサウンドを提供しています。)

............................

Above images are from my latest performance with a ceramist, KAORU. (http://www.woshiribenren.com,http://www.takagikaoru.com/)

For 4 days and total 8 times, I performed in this litte Tea house, named "Kinmoukutsu." The size of the room is close to 2 mat of tatami. Truly intimate space. I could only have 3 guests at a time.

The performance was intended to bring one idea, which was to listen to the sound that one big ceramic bowl with water makes; it rings itself with smaller ceramics floating on the water and touching its body. (please see the last image)

Before introducing this ritualistic listening, the guests were invited to cleanse their hands in a bowl with herb and cold herb water. Then had some Japanese sweet and cold Matcha while I read one old essay that describes about the end of summer.

Since the tickets were so limited, all of them got sold out before announcing it here. KAORU and I are thinking that we can reproduce the event in some different way, so if it is happening, I will let you know!
and if you are really interested, please email me and remind me to send you the information.

It is still hot in Tokyo, but during the evening it is cooler I feel. and I even hear Autumn-insects singing, so maybe the summer will end soon.

take care.

mamoru

soundartist77 at 19:16|この記事のURLComments(0)

May 02, 2010

ようこそおいでくださいました。thank you all for comming!

etude for GW @ project room i f t へおこしくださった皆さまありがとうございました!今回は来れなかったが皆様また夏頃に再び(早目から企画して)やりますので、その際に是非おこし下さい。

今回のイベントは「etude no.36 乾いた土に水を」を聴いて頂くためのプロセスをパフォーマン化してみたもので、他の2,3の作品と絡めて約二時間程の内容でした。
食べること、飲むこと、観ることも音の作品を生み出す重要の要素としで組込みました。と、いう説明ではなんのことだか分かりませんよね笑

画像をまた近日アップするのでご参照下さい!

取り急ぎお礼とご報告まで!

soundartist77 at 10:49|この記事のURLComments(2)

April 20, 2010

大阪でパフォーマンス!etude in Osaka!

etude_no7_orangesoda_pouring
image from DVD "etude no.7 variation for orange-soda"

"etude for Golden Week @ プロジェクトルーム i f t"
5 performances and one party in 3 day

(for English click here)

今回3日間で5回行う予定のパフォーマンスは、トーキョーワンダーサイト/Experimental Sound, Art, and Performance Festivalにて最優秀賞を受賞したパフォーマンス作品よりetude no.13?「氷を吊るすヴァリエーション」や、YUKA CONTEMPORARYでの個展にて発表したetude no.7、12のDVD作品、オレンジソーダのパフォーマンスなどに、新作etudeも加えて再構成します。会が進んでいく過程で、創作行為としてお飲 物、おつまみ&お菓子を召し上がって頂き、最終的にはある「作品」や「作品証明書」まで手に入ってしまう、という内容andトーク満載の会になります。

日時
4.29(Thu)14:00-16:00
4.29(Thu)17:00-19:00
4.30(Fri)14:00-16:00
5.1(Sat)14:00-16:00
5.1(Sat)17:00-19:00

場 所
プロジェクトルーム i f t
大阪市北区中津三丁目21-15
http://iftift.exblog.jp/m2010-04-01/

料 金
2000円(飲み物、つまみ/おかし、おみやげ的作品、税込み)

定員
各回6名。すでに予約をつけつけています。お早めにご予約下さい!
予約:mamoru@afewnotes.com

!!! 金曜夜。一晩だけ。リスニングのイベント!!!

リッスン vol.2 「ツー イン ワン」
etude no.36 and scenery speaker

日時
4月30日金曜?19-22時

料金
2000円 (食事とおみやげ付き)

定員
15名、食事などの用意があるので予約お願いします
予約:mamoru@afewnotes.com

以前に現代音楽の作曲家をとりあげた「リッスン」ですが、今回は少し趣向を変えて、奈良在住のコアで温和、マニアにクリエイティブなオーディオ制作者/鶴林万平氏 (sonihouse主催)を紹介します。http://www.sonihouse.net/menu/2010/04/19/

最近あちら こちらで活躍している、万平さんハンドメイドの12面体スピーカーscenery他2タイプのスピーカーを長屋にもちこんで貰い、万平セレクションによる音源で聴き比べ。これだけかくとメカっぽいかもしれませんが、音は感覚的にでも違いがわかるので、楽しいと思いますよ!並行してmamoruによる新しい食事系etudeパフォーマンス、題して「 etude no.36 なにかしらのトマト煮込みを皆で食べるヴァリエーション」を行います。お腹も耳も幸せになる贅沢リスニング。そして新作etudeの"two in one" 要チェックです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。




soundartist77 at 01:29|この記事のURLComments(0)

February 24, 2010

performance report! (English)

etude no.13 ice @ Tokyo Wonder Site / Experimental Sound, Art, and Performance Festival

I had joined the sound festival in Tokyo, and I performed two variations from etude no.13; ice melting and hanging ice. The performance turned out to be one of the best performance in several years.

ice meltingThe first part of the performance took place in the dark room. I made people listen to the sound of "ice melting" in a glass tubes that I had bought for people as a gift.


Then I showed how to hang the ice and to place the glass bottle underneath,
and made people go into next room one by one, where they hang the ices and created the space by themselves.

I enter the room as a last person, after passing the ices with a thread and a hook on its end one after another.

ice hangingI improvised with my battery-run-equipments and speaker units that were placed over plastic bottles. There were about 40 ice cubes hanged, melting, and making dripping sound into the glass jars.


After about 30-40 min of performing mostly in quite manner, I ask people to collect the water into a big glass jar.

I lit a fire and put it on a alcohol lamp, put a small pan over it, and pour out the water people had collected for me.

As I waited the water to be boiled, I prepared the instant-coffee (the famous "Nestle Gold blend" ;) as if it was a real Japanese tea ceremony. I put some scoops of coffee powder and some hot water into the paper cup, mixed them, and drank it. It tasted so good, as it always does after some work.

It was not a joke, but certainly a humor and my way of transcending everyday elements into art practices. There was a change of the mood, it made people smile and laugh.
All these action of hanging ice, making sound, listening was to be drunk. I closed the performance with inviting people to sit in front of me one by one, greeting, and made a little coffee with the glass tubes that they used to listen to the ice in a ceremonial style.

coffee drinkingI also gave a printed instruction of hanging ice as a certificate of the participation and a flyer for my solo show "etude for orange-soda" as well. It was nice that I was able to chat a little with everyone who showed up.

This performance was a final selection for an award, I am not sure if I won the prize, but I won some people for sure and that matters to me a lot.

Thank you for of you who came down and gave support! and best wishes to those who weren't able to be there! and hopefully I can share the experience this way, even a little.

see you at my next show!

soundartist77 at 22:13|この記事のURLComments(0)

February 22, 2010

ありがとうございました!

21日のパフォーマンス行いました etude no.13 氷 におこしくださった皆様本当にありがとうございました!
当日は来て頂いた方々にいろいろと協力していただき、おかげさまで良い時間と空間を作り出せました。私だきけでなく皆さんにも楽しんで頂いたようで、本当に良かったです。
あとは賞を頂ければ良いのですが、笑、どうなるでしょうか。審査の結果がでましたらまたこちらでもお知らせします!

取り急ぎ御礼と報告まで!

mamoru

追加。次の英語記事に画像アップしましたので参照下さい!!

パフォーマンス前半の氷の溶ける音を暗い空間で聴く場面、
氷を参加者の皆さんに吊るしてもらった別の日が入る空間にて即興演奏する場面、
最後に溶けた氷の滴を集めて、アルコールランプと手鍋で湯を沸かし、その湯でインスタントコーヒーを茶道風に淹れる場面

という感じです。最後のコーヒーの「おち」はギリギリまでするかどうか悩んだのですが、やってよかったです。言葉ではなかなか伝わらないと思いますが、次回のパフォーマンスにぜひお越し下さい!

soundartist77 at 21:39|この記事のURLComments(0)

February 14, 2010

来週です!

これまで度々ご案内させて頂きましたパフォーマンス「etude no.13 ー氷ー」がいよいよ来週末に迫って来ました。すでにご予約下さった方々にも2つほどお知らせがありますので再度ご案内させて頂きます!今回の公演はトーキョーワンダーサイト本郷で開催されるサウンドフェスティバルの一環として企画されていますが、フェス自体は17日から始まりますのでご興味ある方は他公演もチェックしてみて下さい。

まずは新しいお知らせ

1
ice_instruction21日の参加者全員に参加証明書をお渡しします。

こんな感じです!ちょっと画像では伝わりませんが、やや厚みを持たせたポストカード大のもので、表にはインストラクションと作品画像が印刷してあります。大阪の馴染みの印刷屋のおじいさんが昔ながらのゴム版で印刷してくれました。ちょいレトロです。ただし斜めに歪んでるのはデザインです!






2
パフォーマンスの中でガラス瓶(ジャムなど口が広めの空き瓶)を使う予定です。今回の作品に欠かせない要素なのですが、もしも皆様のご自宅に空き瓶があれば持って来て下さるととても嬉しいです。ただしその際は必ずラベルををきれいに剥がした状態でお願いします!

ガラス瓶などもちろんお帰りの際にお持ち帰り頂けます。蓋はいりません。こちらでも人数分に足る様に用意していますので無くても気にせずご参加下さい。ただ、できるだけ参加して下さる皆さんからお借りできれば更に意味のある作品にする事ができると考えています!


日時
2月21日(日)
開場13:30/開演14:00
だいたい90分ほどのパフォーマンスです

場所
2000円
場所:トーキョーワンダーサイト本郷
〒113-0033 東京都文京区本郷2-4-16
TEL: 03-5689-5331

チケット
2000円
申込方法
お名前、連絡先、申込人数、申込希望公演を明記のうえ、TWS本郷へFAX: 03-5689-7501もしくはE-mail: performingart09@tokyo-ws.orgにて、お申し込みください。

*その場合、当日清算となりますが、おつりのない様にご用意下さる様に、ご協力おねがいします。

soundartist77 at 09:39|この記事のURLComments(0)

February 06, 2010

直前過ぎる!けれど。。。

7日。(もう今日ですが)
東京のフランス大使館にて開催中のアートイベント「No Man's Land」に急遽出演します。
http://www.kenzoki.jp/event/event.html

というのもオーストリアからピーター・クッティンという音のアーティスト仲間が来日中で、ちょうどお互い東京にいるという偶然と、来月にetude作品展を開催するギャラリーのオーナーが関わっているフランス大使館でのイベントでパフォーマーを探しているという情報が重なり、ウィーンでセッションして以来のデュオ演奏をすることになりました。

二人の即興の音パフォーマンスは7日、日曜の午後5時前後から30分ほどのパフォーマンスとなりますので、たまたまこのブログを見て、お時間があればぜひあそびにきてください。エントランスで寄付を募っているそうですが、基本的にはイベントは入場無料です。

直前過ぎたご案内ですが、東京方面の方々特によろしくお願いします!

先日ご案内した21日のパフォーマンスもどうぞお早めにご予約のほどよろしくお願いします!


soundartist77 at 23:15|この記事のURLComments(2)

November 09, 2009

新しい試みです。

ここ最近はヨーグルト、そして海苔の佃煮を食べるetude no.12のヴァリエーションなど、「飲み食いすること」を「創作行為」におきかえる事で生まれてくる作品の発表が続いていますが、今度は最近の作品とこれまでの音楽よりのパフォーマンスを両方とりこみ、またソロのセッティングとは違うニュアンスで新しい試みを行います。

サロン会場:東京/代官山/ salon 立てば芍薬 座れば牡丹/東京都渋谷区猿楽町17-17 1F/03-6677-8900
期間:11月19日(木)-25日(水)
時間:昼/12-15時、午後15-17時、夜19-22時
昼、午後、夜とで内容、料金などが異なりますので詳細をご確認のうえご予約ください。


詳細:http://www.tateba-syakuyaku.com/contents/news.html


2008年に代官山にオープンした salon 立てば芍薬 座れば牡丹。こちらで私は設計時より作り手の一人として関わり、サロンでの音場作りを任せて頂いてきました。これまで、3つの音源が空間で重なり合ってひとつの音場になるというしくみを用いた音源を折々に新しくしつつ提供して来たのですが、今回はサロンで催されてきた、独特の「EXHIBITION」スタイルで 音と器、食による表現を試みます

サロンの主人でもある料理人の華さん、造形作家のTAKAGI KAORUさんとともに「きく とらえる」というタイトルのもと、一度に6客のみというサロンの空間、時間に音を響かせてみたいと思います

ご興味ある方はsalonに直接ご予約ください。またDM郵送を希望される方はmamoru@afewnotes.comまでその旨ご連絡ください。


soundartist77 at 19:10|この記事のURLComments(0)

November 05, 2009

海苔の佃煮、完食×2!

のり佃に食べる






先日、YUKA CONTEMPORARYにておこなったetude no.12 海苔の佃煮を皆で食べるヴァリエーションより。すでに五回目となるこのパフォーマンス、今回のセッティングでもいろいろと新しい道具を試したりしました。やはり全く同じだとやる方も面白くないので。関西に比べて関東の方達には少しなじみがなさげなえびせんに海苔の佃煮とその他の味付けをぬり、おつまみとして食べてもらうのですが、今回も大好評。よかった。十数名の参加者で二瓶をたいらげました!

パフォ前私もいろいろと小話?をしながらおつまみを作ってましたが、今回は真空管アンプ制作者の小松さんに音をかけてもらい、途中マニアックな電気話にもなりましたが、ジャズやら、話し声やら、現代音楽やら、小松さん流の選曲で楽しませてくれました。

そしていよいよetude no.12パフォーマンスもこんな感じで締めくくり。

ライト参加した皆さんにはおみやげ?として直筆サイン入りの公式「参加証明書」が手渡され、今回は終わり!




ご参加くださった皆さん本当にありがとう!協力してくれたギャラリーのyukaさんはじめスタッフの方もありがとう。またバージョンアップして発表したいと思います。


soundartist77 at 12:21|この記事のURLComments(0)

October 04, 2009

etude no.12 ノリの佃煮を食べるヴァリエーション再演します!

"etude no.12 variation for the evening with Jeanne"

for English click here

日常品、日常行為をサウンドアート化していくetudeシリーズより、京都でのワークショップでも好評だった「etude no.12 ノリの佃煮を食べるヴァリエーション」」をアレンジした上で再演?します。

のり再演、と言っても何かを演奏したりするわけではなく、タイトルの通り、主には「ノリの佃煮を食べる」ので、果たして「音作品」という範疇に収まっているのか。あまり書きすぎても当日の楽しみがなくなってしまいますが、このヴァリエーションでは「食べる」行為が知らない間に創作行為に転換され、集った人達で飲み食いするうちに作品は完成に向かっていきます。
(※あまりノリの佃煮食べ慣れていない人達もご安心下さい。やや大阪風!?つまみ的な味わいに変身しますので。)

jeanneしかも、今回はカナダからWebアーティストのJeanne Landry-Belleauさんを迎え、現在彼女が取り組んでいるプロジェクト"Chrysalide Humaine" (作品リンク/マウスを動かして、クリックしてみて下さい) を中心に他の作品なども紹介してもらい、集った皆さんで、彼女のプロジェクトにも参加したいと思います。

イベント全体の流れは、Jeanneさんと彼女の作品を紹介してもらいつつ、参加しつつ、いつの間にかetude no.12も完成していくというワークショップの様な会です。

Jeanneさんの作品は、webというまだまだ「新らしい」と言える世界で「人間にとって何が価値あることなのか」という「古い」テーマを取り扱っていて、同じアーティストとして問題意識を共有出来る部分があり、また今回の会場となる中津改装長屋iftには中心メンバーの一人として関わっているのですが、iftでは価値創造実験をテーマとしているので、Jeanneの作品、手前味噌ですがetude作品も是非とりあげたいと思っていたのです。

今回のコラボレーションが実現したのは、Jeanneさんが韓国のハスラアートワールドでの滞在制作と作品発表を行った帰りに、自身が理事の1人でもあるLa Chambre Blancheという(僕が2008年にカナダ/ケベックへ滞在制作で招かれた)アートセンターの日本での提携先との交渉などのため来日が決ったためで、出先で生まれた出会いがこういう企画に発展して行くのはとても嬉しい事です。

以下詳細!注意事項も必ず読んで下さい!

日時:2days
10月23日(金)19時-
10月24日(土)15時-

参加費2000円(飲み物と上記のおつまみ人数分あり!)

参加定員 各日10名程度(15名MAX)
要予約:参加希望の人数、どの会(金曜か土曜)かをご明記の上  mamoru@afewnotes.com までメールください

場所:ift
大阪市北区中津3丁目21-15
mixiのコミュ(http://mixi.jp/view_community.pl?id=4518275)
ブログ(http://iftift.exblog.jp

注意事項:

<携帯電話、たばこ>
iftではご近所との関係を大切にしています。周りのご迷惑にならないように通りでの長電話、喫煙はご遠慮下さい。 庭があるのでそちらでどうぞ。

<駐輪・駐車>自転車は長屋の前に駐輪されますと通行の邪魔になりますので別の場所にお願いします。車でお越しの際はiftの通りのすぐ近くに安い駐車場があります。そちらをご利用下さい。(1時間100円、最大600円)

soundartist77 at 18:14|この記事のURLComments(0)

September 13, 2009

ワークショップ@yugue。画像追加アップ。

昨日のetudeワークショップの画像を追加アップします。

7_yugue_pfこんな感じです。参加者の皆さんとetude no.7ストローを吹く。(あまりにお客さんと距離が近かったので本だなの上に腰掛けました。)





12_nori_pf これが新作「etude no.12 ノリの佃煮を食べるヴァリエーション」の一端です。







13_ice_pf_ おみやげパフォーマンス冒頭。







12_soda_pf おみやげパフォーマンス途中。

soundartist77 at 13:23|この記事のURLComments(2)

ワークショップ@yugue。雨。ありがとう。

yugue_before本日久々に関西は雨模様。京都まで移動だというのに、ちょっと憂鬱。普通のイベントだと「雨かーお客さん減るなー」と思ったりするのですが、そこは完全予約少数制イベントの良さで、心配無し。ありがたいことです。

なんやかんやと準備もあるので16時にyugueさん到着。



画像でもよくわかる通りyugueさんの二階はかなり民家チックなんです。ここに今日は定員オーバーの14+僕+今回のイベント発起人はがさん+yugueさん(階段に居てはりました・・・画像の超右端が階段です)

結局19時半くらいにイベント開始。毎度毎度の「etude no.7 プラスチックストロー、 no.12 サランラップ」と紹介し、参加者の皆さんにも音を実際に出してもらったり。

「etude no.12 Toniの羊ミルクヨーグルト」のパフォーマンスビデオをご紹介したり、休憩のような感じで今日がほぼプレミアの「etude no.12 ノリの佃煮を食べるヴァリエーション」(この作品前半はタダ単に私が用意した「あるもの」を食べるだけなのですが、実はそれが作品を作る「創作行為」だ、というetudeです。意味不明ですよね 笑。またやるので是非体験して下さい)

omiyageそして通称「おみやげ」のパフォーマンス(正式名称言うのいつも忘れます。パフォーマンス「ホルンダーブルッテンシロップの炭酸割りを作る過程に発生するetude」)を披露。
etude no.13 氷の溶ける音を聴く→etude no.33 炭酸水の音を聴く→オーストリアから持ち帰ったおみやげのシロップを加え、香りをきき、飲む。

オーストリアで毎日の様に飲んでいたお気に入りのジュースを皆さんにも紹介したいな、という気持ちから生まれた作品で。実はジュースを作る過程に氷、炭酸水とetude体験が潜んでいるところを時間的に拡大してみたわけです。

いろいろお伝えしたい事があるもんで、今日もちょっと喋りが長かったりもしましたが、参加者の皆さんに何かしら伝わってたら嬉しいです。

日常品をサウンドアート作品に転身させるところからスタートして、食べる、飲むと言った日常の行為も「創作行為」に読み替えるという辺りもとりこみつつetudeは発展しつつあります。

今後もあれこれ決まっていて、10月は大阪でパフォーマンス、ニューヨークで展示、そして11月は東京でパフォーマンスです。それぞれにニュアンスの違いはありますが、また足を運んでもらえると嬉しいです。

今日参加下さった皆さん、場所を提供して下さったyugueさんありがとう!また画像が届き次第アップします。



soundartist77 at 01:25|この記事のURLComments(0)