exhibition

September 28, 2018

私たちはそれらを溶かし地に注ぐ and a polyphony for an archaeological report and an imaginary ritual !

<如果看中文版本請往下滑、for English please scroll down to the bottom!>

IMG_8294 crp


EXHIBITION

2018.9.28-11.28
[ 未来遺阯 - Future Historical Site ART/EXPLORING/HISTORY]
@国立臺灣史前文化博物館、卑南遺阯公園展示廳

私たちはそれらを溶かし地に注ぐ
-ある考古学報告書と想像上の儀式のためのポリフォニー


2チャンネルビデオ(1ch. HD、16:9、ステレオ、9分55秒、2ch. HD、9:16、サイレント、5分46秒)、ミクストメデア(12.7mm弾薬莢、105mm弾薬莢、檳榔、米酒)、サイズ可変

2チャンネル同時視聴版


作品について

1945年1月、米軍の空襲下においてに二人の日本人民族考古学者、金関丈夫と国分直一によって行われた発掘調査の報告書である「台湾東海岸卑南遺跡発掘報告」に基づいてテキストスライド映像は作られた。途中、卑南遺跡周辺に当時(現在も)暮らしていた(る)台湾先住民族の1部族であるプユマの長老たちを取材した際の映像・録音が挿入されている。また米軍のプロパガンダ映画のサウンドトラックや、アーティスト自身が録音・制作したフィールドレコーディング、リズムトラックなどがアレンジされ考古学報告書のための音風景を織りなす。

檳榔や薬莢によって構成されるオブジェはプユマの長老たちの少年時代の思い出話や、台湾統治時代初期に日本人研究者たちによって記録された卑南周辺に伝わるとされる神話、実際に取材の際に見かけた光景などから想像した儀式の一部を形にしたものである。

インスタレーション空間全体は明滅する光(映像)とテキストを伴奏するEDMのビートにより、鑑賞者を「1945年1月」の卑南遺跡へと接続するためのリズミカルな装置となる。

IMG_8298

........
未來遺址:用藝術挖掘歷史
展期:09/28-11/28
@卑南遺址公園廳(国立臺灣史前文化博物館)

我們把它們融化並在傾倒於土地
-考古報告與想像儀式的多聲曲-

作品視聴版: https://youtu.be/Eca0HUQKVss

註解:
雖然中文使用者可以透過漢字來了解原始的日文作品。

mamoru的錄像作品中閃爍的文字影像,摘自兩位日籍考古學家金關丈夫和國分直ㄧ所撰寫的〈台灣東海岸卑南遺跡發掘報告〉。考古學家在1945年1月來到卑南遺址,並在飛彈空襲的環境下,挖掘了該遺址。錄像中的聲音來自普悠瑪長老們與藝術家之間的採訪錄音、美國宣傳短片的音軌、以及其他事件相關的錄音檔案,共同為〈考古報告〉創造了音風景及音景。藝術家最初留下四種語言,包括日語、卑南語、中文和英語,編寫或闡述源頭,期待觀眾通過想像,從文字、影像中知道、聽到、看到及猜測的內容,來參與作品,藉以跨越語言所產生的距離和障礙。此作品也受到長老童年的故事以及卑南相關神話的啟發,現成物檳榔與彈夾的排列方式,是以儀式的方式而製定。整體裝置藉由迷人的燈光,伴隨著藝術家製作的電子舞曲,為觀者創造了一個重新造訪與「1945年1月」相關的想像時空裝置。
.........
I will be presenting a new installation work for the exhibition [ 未来遺阯 - Future Historical Site ART/EXPLORING/HISTORY] @ National Museum of Prehistory/Park Site Exhibition Hall
:

WE MELT THEM AND POUR IT ON THE GROUND
- a polyphony for an archaeological report and an imaginary ritual -


2 channel video (1ch. 16:9, HD, stereo, 9’55", 2ch. 9:16, HD, silent, 5’46") on loop, mix media (12.7mm bullet cases, 105mm bullet cases, betel nuts, rice wine), dimension variable

2ch viewing ver.


About the work:

The flashing text slides appearing in the video are excerpts from "Research on a Prehistoric Site Near Peinan, Formosa"(台湾東海岸卑南遺跡発掘報告) written by two Japanese ethno-archaeologist Takeo Kanasaki(金關丈夫) and Naoichi Kokubu(國分直一) who came to Peinan Site in Taiwan in January 1945 and excavated the site under the air raids of US military force. The recordings of the interviews between the elders of Puyuma tribe and the artist, sample from the sound track of US propaganda film, and some other related filed recordings creates the soundscape for the archaeological report.

Inspired by the sight observed during the research, childhood stories of the elders and the myths around Peinan which was specifically documented during the very first years of Japanese colonial era, the objects are formulated in a ritual manner.

The whole installation is illuminated by mesmerising lighting patterns and accompanied by the electronic dance music produced by the artist. It creates an rhythmic apparatus for the visitor to revisit the an imaginary time-space related to the "January 1945" excavation at Peinan site.


soundartist77 at 10:30|この記事のURLComments(0)

June 01, 2016

作品収蔵のご報告&Time of Others exhibition travelling to Australia, Brisbane!

20150525-27 copy

photo: (C) mamoru, Museum of Contemporary Art Tokyo, Courtesy of YUKA TSURUNO GALLERY

Exhibition@Queensland Art Gallery|Gallery of Modern Art, Brisbane
https://www.qagoma.qld.gov.au/whats-on/exhibitions/time-of-others

It’s June! How are you doing? I am about to finish my master in a month meanwhile… my work "THE WAY I HEAR, B.S.LYMAN 5th Movement Polyphony for Collective Imagination" will be exhibited again. "Time of Others", a travelling exhibition which opened in April 2015 and went around, is now going to be re-opened for the last time in Australia, Queensland Art Gallery|Gallery of Modern Art, Brisbane, from June 11 and ends in September 18, 2016. Thanks to all the artists, curators, staff, and visitors that I got(will get) in contact through this exhibition. The work has been acquired by Museum of Contemporary Art Tokyo and now a part of their collection, so I hope that they would show it sometime in the future. Special thanks to all the people I collaborated during the research and MOT and my gallery YUKA TSURUNO GALLERY.

Here is 1min Trailer/Prelude, using the very first part of the whole work(15min). Please have a look!
https://vimeo.com/168648575

More about the work(pdf 1.3MB): http://www.afewnotes.com/TWIH_LYMAN_1-4.pdf

….

クイーンズランド州立美術館・現代美術館での展示に参加します!
https://www.qagoma.qld.gov.au/whats-on/exhibitions/time-of-others

大変ご無沙汰しています、久々に展示の案内をさせて下さい。昨年発表した「THE WAY I HEAR, B.S.LYMAN 第5章 協想のためのポリフォニー」ですが再度、オーストラリア・ブリスベンのクイーンズランド州立美術館|現代美術館にて6月11日から9月18日の期間展示されます。2015年4月より巡回していた「他人の時間」展もこれでいよいよファイナルです。もしも夏休みなどでブリスベンに行かれる際は是非ご覧ください。参加アーティスト、キュレーターチーム、スタッフの皆さんいろいろとお世話になりました、そしてご来場下さった (る)皆様、ありがとうございます。おかげさまで作品の方は昨年度、東京都現代美術館に収蔵されました。また近い将来また展示される事を願ってます。何よりもこの物語の舞台であり、リサーチの際に色々な方に協力いただいた北海道と米国マサチューセッツでなんとか展示したいと願っています。

作品冒頭の1分ほどを使ったトレーラー・前想曲を作ったのでご覧ください。(全編は15分、2スクリーンの映像作品です。)
https://vimeo.com/168648575

作品詳細(英, pdf):http://www.afewnotes.com/TWIH_LYMAN_1-4.pdf

soundartist77 at 11:32|この記事のURLComments(0)

April 30, 2015

協想のためのポリフォニー and about TIME OF OTHERS exhibition

(for English scroll down please!)
wall_text


現在、東京都現代美術館にて開催中の「他人の時間」展に「THE WAY I HEAR, B.S.ライマン 第五章 協想のためのポリフォニー」という新作の「サウンドインスタレーション」を出品してます。
この作品は、明治初期に日本政府に招聘され来日し日本全国の地下資源を調査したアメリカ人地質学者・鉱山技師であるB.S.ライマンが夕張川流域で行った調査に関するリサーチを題材にしたもので、昨年、第四章として発表した「独想のためのスコア」からの展開となるサウンドインスタレーションです。
作品を構成する「音源」は、日本語と英語のナレーション、幾つかのフィールドレコーディングなどを編集した音、2つのスクリーン上に展開する日本語と英語による字幕。耳から聴く音、ナレーションや字幕から想像する「音」による「ポリフォニー/多声音楽」です。

ちなみに「協想」という発想はもともと第四章の際に提示した「独想」というアイデアに通じるものですが、今回は印刷されたテキスト譜ではなく、インスタレーション全体を「想像のためのスコア」として捉え、同じ空間に同じスコアからそれぞれの想像を働かせる複数の人達がいるという前提で書きました。そういう時間・空間でどういう意識のレイヤーが生まれるのか、協想はあり得るのか、という点に関心を持ちつつ作りました。もしかすると特に干渉しないのかもしれませんが、その場合でも「併想」の様な状態があり得るのかもしれません。

「想像の音」で言うと、作中の要素はいろいろな資料に基づいているので「B.S.ライマンが聴いたかもしれない音風景」と言えるものになっていると思うのですが、ある場面を編集している時に「ライマンが想像しただろう音」というのが「きこえた」瞬間があり、これまで追ってきた想像するサウンドスケープというレイヤーから、誰かの想像を想像するという、もうひとつ聴覚的に深化した感覚を得ました。その「音」も作品に含まれています。

展示の詳細は以下の通り、まだまだ会期はありますのでお時間ある際に是非ご覧下さい!

「他人の時間 - Time Of Others」展@東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/timeofothers.html
展示期間:4月11日ー6月28日

尚、「他人の時間」展は大阪の国立国際美術館、シンガポール美術館、クイーンズランド近代美術館に巡回しますが、展示中の作品は今のところ都現美とクイーンズランドのみで展示予定です。
関連イベントとして、8月8日に国立国際美術館でレクチャー・パフォーマンス「想像のための幾つかのスコア」を行う予定です。また詳細決まり次第掲載します。

......

group exhibition "Time Of Others"

I went back to Japan for a little while to install my recent work for the exhibition at MOT, The Museum of Contemporary Art Tokyo. I am presenting a work titled "THE WAY I HEAR, B.S.LYMAN, The 5th Movements Polyphony for Collective Imagination". It is based on the research I have been doing over the past 3 years about an American geologist/mine engineer who were hired by the Japanese government in late 19C and conducted an important geological survey. A continuous chapter from the one I exhibited in 2014; Score for solo imaginative listener. The new chapter consists of several narrations that you hear from wireless headphones, series of short Bilingual(EN/JP) texts on two screen, and edited field recordings and a few other sound. It is 2ch text-projection with stereo sound.

I named the piece as polyphony for "collective imagination" thinking that the installation would become sort of a "score" to inspire collective people in the exhibition space, inviting them into their own imaginary soundscape. I am curious how/whether their imaginations would resonate each other in the space or may be they would not? then becomes parallel imagination?

Speaking of imaginary hearing, I had a very interesting moment when I was editing one part of the text-film. I "heard" one sound that B.S.Lyman might have imagined. Based on different types of research, I am now able to imagine what was like to be there and what you might hear if you were there, but "imagining the imagination of other" was a new layer for me. I have tried to included this sound in the work.

The exhibition runs until the end of June, so if you are ever in Tokyo please visit and see/listen to the work!

"Time Of Others" @ The Museum of Contemporary Art Tokyo
http://www.mot-art-museum.jp/eng/exhibition/timeofothers.html
exhibition period: April 11th - June 28th
more about the exhibition > e-flux/announcement

* Although the exhibition will travel to 3 other museums, my installation is planned to be shown only in Tokyo and Brisbane. However, a lecture performance related to the work is going to take place in National Museum of Art Osaka on the 8th Aug!

-National Museum of Art, Osaka
25 July - 23 September 2015
*8th Aug - lecture performance "THE WAY I HEAR"

-Singapore Art Museum
November 19, 2015–February 28, 2016

-Queensland Art Gallery|Gallery of Modern Art, Brisbane
June 11–September 18, 2016

soundartist77 at 00:00|この記事のURLComments(0)

May 20, 2014

音楽をつかまえて and 3 etude works are exhibitied in Kochi, Japan !

etude-book-warakoh
etude no.19 本、短い前想曲とともに、2014
photo: Mitsu Maeda

齋藤裕一/mamoru  音楽をつかまえて
4月29日(火・祝)〜6月29日(日)

藁工ミュージアム http://warakoh.com/ongaku

..........


現在、高知県の藁工ミュージアムにて上記の展示を開催中です。blogの方での案内が遅れてしまいました。この展示では「日常のための練習曲」から3作品を出品しています。
これまで各地でいろいろなバリエーションを重ねてきたetude no.11ハンガーとeutde no.13氷、そして新しい展開を「etude no.19 本」では試してみています。

「日常のための練習曲」はインストラクション/楽譜に沿って鑑賞者の皆さんに音を実演してもらう事で成り立つ、というのを基本としています。「etude no.19 本」ではページをめくる音を聴いてもらう、演奏してもらうのですが、本の内容はこれまで展覧会にちなんだ本やその時に読んでいる本などを選んでいましたが、今回は、高知にゆかりの作家の本を選び、そのための「短い前奏曲」というものを作り作品の一部としています。

上の画像にあるのが実際に手に取ってもらうために設置されている「冬彦集」という本です。昭和10年に再発刊された吉村冬彦(寺田寅彦のペンネーム)の著作で、その中におさめられた「病院の夜明けの物音」というエッセイをとりあげています。(エッセイは大正9年3月に書かれた。)

THE WAY I HEARというシリーズで特に取り組んでいる、テキスト楽譜による「想像の音」と「日常のための練習曲」の合わさったような雰囲気です。

24日14−15時に展示会場を使ったトークの際は、このエッセイのまつわる言葉の演奏を行うつもりにしていますので、ご興味のある方は是非お越し下さい!




soundartist77 at 14:26|この記事のURLComments(0)

May 03, 2014

新しい「独想曲」を発表します and the title is "THE WAY I HEAR, B.S. LYMAN"

(Please scroll down for English)

sml_TWIH_LYMAN
(c)Tokyo Wonder Site / mamoru

このたび、Tokyo Wonder Site本郷にて「THE WAY I HEAR, B.S.LYMAN」を発表します。この作品は、明治初期、近代化を急ぐ日本政府によって雇われた外国人専門家の一人で、鉱物資源調査や、その従事者の育成を託され、当時まだ「蝦夷」とも呼ばれていた北海道に赴き精細な地質調査を行い、その結果から日本初の総合的な地質地図「日本蝦夷地質要略之図」を出版したベンジャミン・スミス・ライマン(1835-1920)という人物を取り上げ、彼が聴いただろうサウンドスケープをテキスト譜を中心としたインスタレーションを通して「リスニング」して頂く作品となっています。
(制作プロセスの一部をこちらの過去記事から少しご覧頂けます)

今回は、その中からライマンが夕張川で小さな石炭の塊を発見する場面をもとにした第四章「19 June, 1874」を「独想曲」(お一人ずつ用意されたテキスト譜とインスタレーションから想像していただく形式)として発表します。

"聞いた事のない音を聴く事はできるだろうか?そんな事を思いめぐらしながら、この何年か幾つかの土地にまつわるサウンドスケープを題材に作品を作って来た。

現地におもむき自分の耳で音を拾い、実際に様々な模倣体験をしてみたり、土地の人達の話しに耳をすまし、歴史的な資料や気象や生態系に関する統計データを集め、日記や伝説等にも目を通し、一見ほとんど音とは関係のないそれらの体験やテクストの中にわずかに「残響」する、過去のある時点、ある地点で実際にあり得たかもしれない音風景をとらえようとしてきた。

「THE WAY I HEAR」という言葉には、耳を通してのリスニングだけでなく、知ること=リスニングへと拡張させた「音を聴く術」という意味を込めている。"


...........

TOKYO STORY 2014

場所:Tokyo Wonder Site Hongo(http://www.tokyo-ws.org/
期間:2014.05.03(Sat) –2014.06.08(Sun)  *Closed:5/7・12・19・26・6/2
時間:11:00–19:00
入場無料、Admission Free

..........

"THE WAY I HEAR B.S.LYMAN"

The new work that I am showing at the exhibition features an American geologist Benjamin Smith Lyman who came to Japan in 1873, conducted a three-year long geological survey trip in the northern island of Japan which then called Yesso/Ezo. He was one of the foreign experts hired by the Japanese government when it was rushing to modernize the country at the beginning of the Meiji Era. Lyman was hired to conduct a survey of mineral resources and train those taking part in the survey. He published the first comprehensive geological map in Japan ("A Geological Sketch Map of the Island of Yesso, Japan") as the result of his survey. The installation is a "stage" for imaginative listening; it is only activated by the audience engagement through reading the text-score and with simple actions suggested in the same text.
(You can see some of the past posts related to the research for this work.)

The 4th Movement "19 June, 1874" is based on a scene in which Lyman finds coal pebbles on a sandy beach of the River Yubari. The piece is for a "soloist" meaning that the space can be entered by one person at a time.

"Is it possible to hear a sound that one has never heard before? I have been asking this question for some years and travelled some places.

I have listened to the surrounding sound with my ears, tried to recapture the situation by imitative learning and observation, interviewed locals, gone through historical archives, methodological datas, environmental datas, personal diaries, and mythes. They may not directly refer to soundscape, but through collective resources, I have tried to listen to the reverberation of the sound of a certain moment and a place.

THE WAY I HEAR is my way of extending the modes of listening from physical one to more general idea; that is knowing=listening. "


soundartist77 at 08:59|この記事のURLComments(0)

January 31, 2014

独奏曲「六ペンスの風」という作品 and my second wind study

(please scroll down for English)
AIT_room_sml
installation view

本日より開催される下記の展示にて小品を出品しています。AITのオフィスに併設されたレクチャーなどが行われているシェアオフィスの様なスペースでのアールブリュットの作家さん達との展示で「リビングー日々の世界の奏でかた」という展示です。詳しいことはリンクからご覧下さい。
http://www.a-i-t.net/ja/future_archives/2014/01/living-exhibition.php


独奏曲「六ペンスの風」、日常のための練習曲(風のスタディを兼ねて)、2013
テキスト、ケトル、水、コップ、六ペンス銀貨、二種類の茶葉、書籍による独奏又は独想

という長いタイトルなのですが、etudeシリーズで扱ってきた日常の音と、そこから徐々に興味を膨らませてきた「風」に関するのスタディをテキストでつないだ新作で、来場された皆さんに私の書いた楽譜ースコアを元に独奏&独想してもらう作品です。小品というか習作的なものですが新しい試み(といってもなんだかわかりせんよね。。。)なので、期間は短いのですが、是非お近くにこられた際にはお立ち寄り下さい。よろしくお願いします!

。。。。。

リビング - 日々の世界の奏でかた

会期:2014年1月31日(金)- 2月9日(日)
時間:11:00 - 18:00 *入場無料
場所:AITルーム(東京都渋谷区猿楽町30-8ツインビル代官山B403)
休 :2月2日(日)
主催:「リビング - 日々の世界の奏でかた」展実行委員会 
(MAD2013受講生+NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト])
特別協力:日本財団
協力:工房集/社会福祉法人ほのぼの会 わたしの会社/救護施設 松山荘

※ 本展は、NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]のアール・ブリュット講座受講生による修了展です。

..........

I'll be showing my small work for a small exhibition at AIT room in Tokyo, Daikanyama along with 3 other so-called-outsider artists.

My new work titled; "a wind for sixpence"

The visitor would read the score and play/imagine the sound to realize the piece.

Please come by if you are around. The score is written both in Japanese and English!

Exhibition"Living"

Date;
2014 Jan 31st-Feb 9th, not open on the 2nd
Time; 11:00 - 18:00
Free admission
Place;
AIT
https://www.a-i-t.net/en/form/contact.php

soundartist77 at 07:03|この記事のURLComments(0)

July 11, 2013

この夏と秋、の前に今週末!and a new projects for the coming summer, autumn, and this weekend!

(Bilingual)
where


まずは今週末のご案内から!
13日(土)よりYUKA TSURUNO GALLERYにて開催のグループ展に参加します。これまでもパフォーマンスのアイデアをまとめた「スコア/譜面」を制作してきましたが、最近特にあれこれと試行錯誤している風にまつわる作品のひとつとして、テキストによる新しい譜面「三声のためのスコア / a score for three voices」を発表する予定です。(上の画像はその制作風景の一コマです。)お時間ありましたら是非お立ち寄り下さい!

Summer Group Show 2013
2013.7.13. - 8.10
open 11am - 19pm, Tuesday-Saturday
closed on Sunday, Monday

Map
東京都江東区東雲 2-9-13 TOLOT 2F 
りんかい線東雲駅より徒歩3分
http://www.yukatsuruno.com/gallery.html

This coming weekend!
I will show a new piece at YUKA TSURUNO as a part of the gallery group show. The new work is a text based work that actually is "a score for three voices." So far in the past, I have been making scores to notate my performance pieces, but the new one will be related to "wind study" that I have been working on. Please take a look if you come around. (the image above is a photo from the printing process.)

そして先週まで、この夏と秋に控えている2つのプロジェクトのために約10日ほど北海道/夕張、青森県/十和田にいってました!
I had visited Yubari in Hokkaido, Towada in Aomori. Both places are in northern part of Japan.

夕張にはTokyo Wonder Site と夕張でファンタスティック映画祭などを運営されている方々、東京都、夕張市などの協力プロジェクトの一環で制作に行きます。7月末頃から約一ヶ月滞在しつつ、夕張の炭坑発見に関わった、明治初期のお雇い外国人の1人地質学者「ベンジャミン・スミス・ライマン」に関するリサーチを中心に、特定の日、とある場所で聴こえただろう音風景を採取してみたいと思っています。プロジェクトはその音風景を軸にしてはいるものの、資料を追う過程で、いろいろと興味深い広がりや繋がりが生まれつつあり、やりがいのある仕事ができそうな予感です。成果発表は夕張と東京ですが、東京ではおそらく来年?になってから展示形式のものになるかと思います。また滞在記事などもあげたいと思います。
I will be in Yubari for a moth this summer to do a project about an American geologist Benjamin Smith Lyman who was deeply involved in the discovery of the coal mines in Japan including the one in Yubari. Lyman was hired by the Japanese government as a teacher/researcher and had explored all over Japan in the late 19th century looking for fossil energy resources. I am trying to locate the place where he discovered coal pebbles near Yubari area and to recapture the soundscape of the day of his discovery. As I research more about him, it starts to connect several people and I am very curious where it will lead me. The final result will be presented in Yubari and Tokyo. I think it will be an exhibition format in Tokyo, maybe next year. I will update about it as I start staying there!

十和田でのプロジェクトは少し先ですが、9月20日ー11月27日に開催される十和田奥入瀬芸術祭(http://artstowadaoirase.jp/, https://www.facebook.com/artstowadaoirase)にて十和田湖の遊覧船を使った作品を発表する予定です。下見の際は本当にいろいろな方達に興味深い話しを聞くことができ、いったん膨張したイメージを、現在プランニング/編集しつつ、実現に向けて動き出している過程なためあれこれ言えませんが。もしも思っている形で実現できれば、是が非でも来て頂きたい作品になると思っています。芸術祭も記者発表が終わったばかりで詳細はこれからのところも多いので、また随時お知らせしますー!
The project in Towada will take place later the year. It is s a part of the Arts Towada Oirase, an art festival connecting Towada Art Museum and the great nature preserved in Oirase area. To tell you a little bit of the plan, I am working on a piece with the excursion boart on the Towada lake. It is still in the process of planning and negotiating, so I cannot tell you in much details, but if it comes as I wish, it will be a really beautiful work. I will also update about it here.

ではまた!
write to you soon,

mamoru

soundartist77 at 11:55|この記事のURLComments(0)

October 23, 2012

展示一ヶ月前 and the group show + OPEN STUDIO coming up!

(Bilingual)


studio view 2012.10.23

久々のアップです。来月23日にオープンのグループ展のための制作が山場です。展示期間中に同時に、3ヶ月間に渡って公開制作も同時に進めるためそちらも同時に準備しています。またそれにともなって府中市に4ヶ月間滞在するのでその準備も。(画像は意外と片づいていますが?!この周囲はインスタレーションの実験のためになかなか見応えのある状態です。。。)

今回の展示は会期半ばでの展示替えもあり課題満載です。前期の展示ではetude for everyday life/日常のための練習曲よりetude no.13 hanging iceやetude no.11 hanger variation with electric fan などこれまでにも発表している作品や、新しい作品も混ぜ込んで1つの空間を作ります。公開制作は最終的にひとつのパフォーマンス作品を作るためのプロセスにしたいと思っています。

取り急ぎ以下グループ展、公開制作詳細です。スケジュールにある通り、ほとんど展示期間中の週末は美術館にいますのでどうぞお立ち寄りの際は声かけてください!後期では公開制作に関連したトークイベントもありますのでそちらもどうぞよろしくお願いします!

*********************************************

OVER THE RAINBOW
虹の彼方 こことどこかをつなぐ、アーティストたちとの遊飛行

@Fuchu Museum/府中市美術館

2012.11.23 - 2012.2.24
1st term/前期 2012.11.23 - 2013.1.14
2nd term/後期 2013.1.16 - 2.24
*kid's hour: 12.5, 12, 2.13 10am-1pm

open: 10am - 5pm (4:30 last entrance) 

holiday: Mon (open on 1.14, 2.11, closed on 1.15, 2.12), 12.29 - 1.3

ticket: \700, (high school/college \350, junior high/elementary \150)
*entrance for the permanent exhibition included
* half price for the second visit with the ticket from 1st term

注記:20人以上の団体料金は、一般560円、高校・大学生280円、小・中学生120円
注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方はかたは無料です。
注記:市内の小・中学生は「学びのパスポート」で無料です。
注記:常設展もご覧いただけます。
注記:前期のチケット半券で後期展示の観覧料が半額になります。他の割引との併用はできません。

for more info/contact: 03-5777-8600
Web: 府中市美術館

...................................................................

OPEN STUDIO

etude for everyday life/日常のための練習曲
studio hours: 12pm - 5pm

collecting sound / 材料集め(府中市美術館周辺の音採集と整理)
12.1-2, 8-9

composing / 曲作り
12.16, 22-23. 1.26

rehersing / リハーサル
2.9-10

performance/ 完成作品披露
2.16-17

TALK EVENT/トークショー「中間発表 見方、聴き方、伝え方の実践」
2013.1.27(SUN) 2pm-4pm
adm: Free/無料 予約不要
@ lecture room/講座室 

guest:
Motoyuki Shitamichi / 下道基行(美術家)
丸山晶崇(アートディレクター、デザイナー)

WORKSHOP/ワークショップ「いろいろな音体験をしよう!」
2012.12.15 (SAT) 2pm-4pm
@ Studio 公開制作室にて 
adm: Free/参加無料 当日受付

*********************************************

From November on, I will be in Fuchu City for a group show @ Fuchu Museum in Tokyo and OPEN STUDIO that takes place at the same time in the museum. The detail is shown above.
The show is splited into two terms and the artists will change some works or all works for the second half. I will make an installation with both old and new works of my "etude for everyday life", including etude no.13 hanging ice, etude no.11 hanger variation with electric fan, and so on.

Right now, I am preparing for the first half! and my studio is a mess!! (in the image, you are only seeing the desk...the mess is around it...). Anyway, please come by if you are around!

I will update more about this next time!

mamoru




soundartist77 at 19:01|この記事のURL

October 07, 2012

初の試み。and about my drawing!

(Please scroll down for English)


"in his kitchen" ink and pencil on paper, audio file, 2012

人に見せる前提で平面的な何かを書いたのは五線譜ベースの楽譜くらいで、遠い昔のこと。しかも楽譜はそこに抽象的な意味やイメージを含む様なドローイングとはちがって、基本的には音楽作品を起動させるデータです。

昨年からスコアとして、過去に行った主なパフォーマンスをテキストと簡単な描画でまとめたりしていますが、これはパフォーマンスという定着しない行為を繰り返した後に、それがなんであったのか、本番でのみ発揮され作品が完成されるエッセンスや、即興的に加えたり引いたりする要素などを振り返って、結局のところ作品本体を作っている重要な行為や流れ、組み合わせ方はどれだったのかを考え確認するプロセスと言えます。このプロセス自体はドローイング行為と言えると思います。ただ出来上がった図は、自分以外のパフォーマーがそれを元に再演を試みれる楽譜としても書かれていて、強いて言えば解説、実例検証との間に位置する感じでしょうか。

国際芸術センター青森やベトナムのジャパンファンデーションでの展示では画像と描画のみのビジュアルインストラクションをインスタレーションの一部として採用したり、母の友(福音館書店)の連載のために描いているビジュアルインストラクションはまさに楽譜として機能し、作品を体験してもらう手引きとなります。

そういった楽譜的なものとは違いYUKA TSURUNOで今回発表している"in his kitchen"はテキストと描画、音声データで構成されていて、私が過去に得た着想を辿る性格の強いもので、これまで作品化してこなかった要素を含んでいると思います。

そしてもう一つ出品している"6 wind study"はその名の通りスタディで。何か具体的な作品を意識して、というよりかは風や、風が起きる状況を音作品のマテリアルとして知るためにあちこちで見る/聴く事、撮影などを繰り返し、ファイリングしている一部です。ここから何かの作品本体が生まれるかもしれないし、生まれないかもしれないし、という様なものです。

何かを捉えようとして行うドローイング、
行った何かがなんであったかを捉えようとするドローイング、
そんな事をあれこれと考えた試行錯誤を是非ご覧頂ければ幸いです。
.......................................

Various Drawings

participating artist:
mamoru, Tetsuro Kano, Maiko Kasai, Manika Nagare, Nobuhiro Shimura, Nobuyuki Osaki, Takafumi Yagi
Date: October 6 – November 3, 2012
Reception for the Artists: October 6, 18:00 – 20:00
Hours:Monday, Wednesday - Saturday, 11:00-19:00

YUKA TSURUNO http://yukatsuruno.com
........................................

I am showing two types of drawing at a group exhibition at YUKA TSURUNO in Tokyo. One is called "in his kitchen", which is consisted of the written text and a small drawing of a kitchen on a sheet of paper, and an IC recorder which runs 3 audio files. I tried to capture the moment when I got one idea that actually had been in my mind for very long time. One of the idea that stretched my understanding of sound. The other one is called "6 wind study". It is simply a text and image description of my studies on about wind, which for me is a material/phenomena that can cause sound.

It is probably the first time after writing some musical score back in the days when I used to play piano that I write something on paper to be seen. However, drawings contains much more abstract essence than music score itself. I guess I can say that the score is basically the data or graphical instruction to make the intended sound. In that sense, what I am showing is bit different from the performance scores or visual instruction that I have been writing and making them a part of the installation work since last year. The drawings are rather trying to capture the moment of the past, or future(if the studies ever result in a work) instead of instructing people to make sound, or do something.

mamoru


soundartist77 at 11:29|この記事のURLComments(0)

August 08, 2012

香港での展示画像。and the exhibiton is open!

写真

"etude no.19 news papaer, variation with an electric fan, Hong Kong 2012"

Thank you for coming to my opening the other night. There were a lot of people showed up, and I had some good conversation with the audience. I am glad some of them liked my works.
The exhibition will be hold until 24th of Aug, so if you have a chance to see/listen, please come by!

。。。。。。。。。。。。。。。。。

exhibition
"etude for everyday life" @ 2P Contemporary Art Gallery
Gallery Hours: Tue - Sat. 1 - 7 pm or by appointment
Contact: Tel. +852 2803 2151 | Email : info@2p-gallery.com

。。。。。。。。。。。。。。。。

香港での展示は8月24日までです!もしも夏休みなどで香港に行かれる際は是非お立ち寄り下さい!よろしくお願いします。

soundartist77 at 11:00|この記事のURLComments(0)

April 27, 2011

1年はあっという間 and TWS group exhibition !

(for English, please scroll down)
TWS_garden


トーキョーワンダーサイトに滞在して一年と一ヶ月、とうとう旅立ちの日が近づいてきました。地震の影響で開催が延期されていたレジデンスアーティスト達によるグループ展「TOKYO STORY 2010」は明日から渋谷、青山、本郷の三会場フル回転ではじまります。オープニングはTWS渋谷にて15時ー17時。
私は「一年の集大成!」というほどの気負いはないですが、じっくり続けていたプロジェクトをこの機会に発表します。以下詳細です。

"etude no.36 乾いた土に水を"

人参、大根、かぶなどを料理した際に残ったヘタや、西瓜、チェリー、トマトを食べた後に残った種を育てる。
日常的に、しかも際限なくたまっていく様々なプラスチック容器などを組み合わせてお手製プランターを作る。
土を盛り、水を注ぐ、静けさの中にプツ プツ プツと、音が響く。
土が乾いたら、また水をやり、耳を澄ます。
幾日か経つと、芽が出て来る。そうするうちに「残りモノの庭」が出来ていった。

下記会場にて、約1年の水やり記録、2つの映像作品、植物/実物など展示します。
是非、水をやりに、音を聴きに来てください。

TOKYO STORY 2010
http://www.tokyo-ws.org/archive/2011/04/tws-2010-1.shtml

会場:トーキョーワンダーサイト渋谷
東京都渋谷区神南1-19-8
TEL:03-3463-0603 / FAX:03-3463-0605

会 期:2011年04月28日(木) - 2011年06月26日(日)

休館日:5/2・9・16・23・30、6/6・13・20

時 間:11:00 - 19:00

入場料:無料

主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト

...............................

A year has passed very quickly and my residency at Tokyo Wonder Site Aoyama will finish soon. It was extended a month because of the earthquake. However, tomorrow the group exhibition "TOKYO STORY 201", in which many of the resident artists of 2010 participates, will open, and my one-year-residency will come to the end. I am happy to show my slow growing project as I write below.

"etude no.36 water and dry earth"
I have grown plants from the seeds and heads of the vegetable or fruits after eating, the ones that I had purchased from supermarkets for cooking; heads of carrots or Chinese radish, and seeds of watermelon, cherry, or tomato for example. I also make planters from all kinds of wastes; plastic bottles, other types of containers, and disposable cups. When you give some water to the plants, you can listen to the sound of the dry earth absorbing the water. After a year, I eventually made the "garden of left overs."

I am showing the plants, documents, and 2 video works at the exhibition.
please come by and give some water and listen to the sound!

TOKYO STORY 2010
http://www.tokyo-ws.org/english/archive/2011/03/tokyo-story-2010-shibuya-1.shtml

Venue:TOKYO WONDER SITE SHIBUYA
1-19-8 Jinnan Shibuya-ku Tokyo 150-0041
TEL:+81-(0)3-3463-0603 / FAX:+81-(0)3-3463-0605

Date: 2011.04.28(Thu) –2011.06.26(Sun)

Closed: 5/2, 9, 16, 23, 30, 6/6, 13, 20

Time: 11:00-19:00

Admission: Free

Organize: Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, Tokyo Wonder Site

soundartist77 at 22:02|この記事のURLComments(0)

October 11, 2008

なんとかオープニングに間に合いました。

しばらくぶりのアップです。
ここ数日はギャラリーにこもり、展示のセッティングやら、パフォーマンスの準備やら、同時に家庭訪問(現在15軒目)もしたりで、本当に慌ただしく頭も体も手もなかなか休む暇なしでした。が!オープニングぎりぎりで基本的な部分は完成できました。テキストを壁に書いたり、その他もう少しやりたいことはあるのですが、一応レジデンスの方針としては、今日からスタジオ解放します、みたいな感じなので、がちがちに展示という雰囲気ではありません。かといって未完成すぎると全然伝わらないのでバランスは難しいところです。基本形は完成させて、発展させれる余白を残した、つもりです。入り口はいるとこんな光景です。

installation01
手前に見えるのが白い小石を並べた
etude  no.9 "stone and shoes"
基本的に音の作品なので、言うまでもなく石の上と床の上の音の違いを観賞者が聴く作品です。



この画像では見えませんが左の方にあと二カ所ほど同じ石で別の形をつくりました。ちょっとしたランドアート?造園?などと言ってられないくらい石を動かしたりかたどるのは大変です。

no21そしてこれがケベックに来てから思いついた作品のひとつで、etude no.21 - papier cirè -  日本で言うところのクッキングペーパーです。英語だとwax paperです。半透明よりも不透明な具合としっかりした紙なので音が大きいところに惚れました。近くを通ると微かに音が聴こえる作品です。あとは手を上下に素早く動かすと風が走るのがわかります。

レジデンス期間中に少しづつテキストをこの紙に白いペンで書いていくつもりです。追ってアップします。




no11
そしてこれが元々あったアイデアをケベックにきてから形にしてみた etude no.11 - beacoup de support -
前に別記事で書いた通り「support」というのがケベックではハンガーの意味で、今回訪ねていった先で借りてきた約50個ほどのハンガーを天井からテグスなどを使って吊るしています。シンプルに見えますが、かなり手こずりました・・・。
椅子に座って聴いてみると、思っていたよりもハンガーどうしが触れたときの音が立体的に自分のまわりを移動するのが心地よいです。




作品をセットしていくプロセスや、他にも紹介したい作品があるので、また別の記事でお伝えできればと思います。

Quebec_performance今日のパフォーマンス風景。
思っていたより人が居たので、音響がかなり変化して部屋の鳴りがだいぶ消えてしまって、だいぶ内容が想像していたのとは違う形になった気がします。と言っても常に即興なのでその場その場で聴いていくのみなのですが。

今回は大きなスピーカーは使わずに充電式のアクチュエーターというとりつけたものがスピーカーになってしまう(かなり適当に言ってますが)機材を使っています。画像では段ボールに押し付けているところ。

30〜40人くらいの人が来てくれました。他のギャラリーもだいたい同じ日にオープニングなのでまずまずの集まりです。反応も上々でした。

今日は地元のテレビが昼間に撮影にきたり、オープニングには何人かジャーナリストやラジオの関係者が来ていました。昨日訪ねていったこちらの有名なラジオのパーソナリティーの人も熱心にメモを撮っていました。
こちらはラジオが『文化的』なメディアとして捉えられていて、特にアートや音楽シーンでは欠かせない存在のようです。数日前も国営ラジオのCBCから問い合わせがあって電話取材みたいな感じでした。

明日からはペースダウンしたいところなのですが、ちょいちょいやることがあったり、期間中は訪問を続けるのと、最後の週末に協力してくれた人たちを招待して特別なパフォーマンスをしたいと思っているので、その構想を練ったり準備したりしていたら、きっとさほど変わらないかな〜と思いつつ。

気がつけば・・・あ、朝だ。(汗)
パフォーマンスの後はだいたい寝れません。今日は少し寝たのでよけいに寝れません 笑。

ではでは。いろいろと気にかけてくださっている方々にまずはお礼と報告を!



soundartist77 at 18:03|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

January 08, 2008

2008年初仕事。 "night in pieces"

新年あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いします!

2008年は、東京は国立競技場近くにある佐藤美術館にて、諏訪敦さんという方の個展のためのサウンド作品がまずは最初の仕事となりました。と言っても昨年からもちろんいろいろと準備し、制作もすすめていたわけですが。

night_drawing










(画像:サウンド全体をイメージするためのドローイングから数枚)

作品は、諏訪さんのsleepersというシリーズを主に意識して着想したこともあり、night in piecesと名付けてみました。今回は、ほぼピアノの音を素材にして作っています。と、言うと何か「曲」っぽく聴こえますが、普通の”曲”の様なものではありません。mamoru作品ではお馴染みの!?違う周期をもつ複数の音源と、複数のスピーカーを使用するというシステムを前提としているため、普通の音楽のもつ時間的な構造とは違うのです。音響セッティングも、ひと味違う、空間を積極的に創るモノになると思います。セッティング面は、最近ほんとにお世話になりっぱなしの小松音響によるサポートで実現する予定です。(現時点ではまだ仕上がっていません!)

諏訪さんはこれまでも、最近もいろいろなメディアで取り上げられているのでここで色々と書くのはやめておきます。(絵を見て下されば一番では?諏訪さんのサイトはこちら

諏訪さんから聞いたところによると、今回の展示は美術誌のみならず様々な一般紙でも紹介されるようです。是非立ち読みの際には見つけ出して下さい。そう言えば、今月のアートトップにもやなぎみわさんとの対談形式で今回の展示に着いても触れておられました。


こちらが展覧会の詳細

〜複眼リアリスト〜 諏訪敦絵画作品展
会  期:平成20年1月17日(木)〜2月24日(日)
開館時間:10:00〜17:00/(金)〜19:00
休館日:月曜日 *2月11日(月・祝)は開館 翌12日(火)は休館
会  場:佐藤美術館 3階・4階・5階
入場料:一般:500円 学生:300円

▼会期中のイベント *イベント参加には展覧会の入場料が必要です。
イベント1●アーティストトーク 諏訪敦・mamoru(サウンドアーティスト)
平成20年1月20日(日曜日)午後2時〜3時 入場無料 先着順100名

マイミクの皆様、関連コミュの皆様、ブログをいつも見て下さっている皆様、もしもご興味あればメッセージ/メール下さい。対応できる範囲で、チラシ(とある事情により2種類あります)と招待チケット(数に限りがございますが・・・)お送りできるかな、と思います。または、本人と会うことがあれば、その際にひと声おかけ下さい。

その他の詳細は佐藤美術館のサイトにてこちら




soundartist77 at 04:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

October 11, 2007

ビデオ作品 "Fire Squid" 展示スタート!

FireSquid_sea





ニューアート展2007 Visions 
林敬二と3人のアーティスト 森本洋充 マコト・フジムラ(サウンド:mamoru) 安美子

mamoru活動初期から共同制作を重ねてきたマコト・フジムラ氏関係の展示に参加しています。

氏の初期の大作「二子玉川園」シリーズから東京都現代美術館収蔵のもの、
東京藝術大学収蔵のものなど代表作から、mamoruがサウンドを担当している
ビデオ作品「NAGASAKI KOI」、新作の「FIRE SQUID」まで、点数は10と少なめですが
割と見応えのある内容となっています。お近くに行かれた際は是非御立ち寄り下さい。

ビデオ作品は展示室は行って右奥のビデオブースにてじっくりご覧頂けます。

今回の展示は、横浜市出身の洋画家・林敬二氏と氏が選んだ3名の作家による展示です。

★会場 横浜市民ギャラリー(関内駅下車すぐ)
★出品作家 林敬二、森本洋充、マコト・フジムラ、安美子
★会期 10月10日(水)〜10月29日(月)休館日なし 
★時間 10:00〜18:00(入場は17:30まで)
★入場料 一般(18歳以上)500円
※18歳未満無料 障害者手帳をお持ちの方およびその介護者1名無料 

FireSquid_seagul





※画像:「Fire Squid」より、無断転載などを禁じます (C) 2007 Makoto Fujimura

soundartist77 at 01:28|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

July 22, 2007

記憶ちがいーa lapse of memoryー/ Web Up!

今週月曜(7/23)から始まる展覧会の情報を遅ればせながらHPにて掲載しました。

テキスト部分はほとんどこのブログで案内している内容と変わりませんが、
展示で使用した音の一部(ピアノ音/断片)を背景音として流しています。
画像とあわせて見て頂けると、展示の雰囲気の一部分が感じて頂けると思います。

こちらから

ご来場お待ちしています!

soundartist77 at 10:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

July 02, 2007

記憶ちがいーa lapse of memoryー

記憶違い 

 

 

“稲垣元則+mamoru”名義での映像+音響作品の4作目となる 「記憶ちがいーa lapse of memoryー」を発表します。

展示期間:7月23日(月)〜 8月4日(土) 11:00 - 19:00 ※ 土曜17:00まで、日曜休み

展示場所: O ギャラリー eyes (西天満) いくつかの映像、音響素材が、3つのモニター、10個のスピーカーを使用 それぞれはシンクロせずに、ギャラリーの空間の中でランダムに再生され続け、 風景が持つ微細で連続的な変化 ひとつの記憶が変容していく感覚を取り込んでいく、

残念ながら、昨年までの東京、大阪の2会場での展示ではなく、いまのところ大阪のみで開催です。

今週、ようやく作品の内容が完成しました。現在は展示空間設営のためのいろいろな部材をそろえたり、販売用のDVDのパッケージングなど、展示準備を急ピッチで進めてます。

音は、人のささやき声、生活の中で聞かれる音、を背景に、ピアノ、オルガンの音、などを空間に配置してみよう、と思ってます。

展示情報が、Lマガジン/9月号「Art Catalogue」(p130)に掲載されてます。 また、フリーマガジン「OPPi」にて展示情報が掲載されています 配布場所は大阪市営地下鉄駅構内、発刊日は7月1日〜(1ヶ月)となります

見かけたらチェックしてみて下さい。

※尚、OPPi紙面で稲垣の映像に、mamoruの音響をあわせた、という表記になっていますが、それは間違いです・・・。実際は、完全に同時進行で制作・編集しています。



soundartist77 at 11:50|この記事のURLComments(0)

November 27, 2006

Exhibition「#3 (ナンバースリー)」

Exhibition "#3" / inagaki motonori + mamoru

稲垣元則(映像)とmamoru(サウンド)による新作「#3(ナンバースリー)」を東京、大阪2カ所にて発表。
同名DVD作品も発売の予定(入場は無料)
その他これまでにリリースしたCD、DVDなども販売します

[東京]
OギャラリーTOPS(東京都中央区銀座8-11-13 山田ビル最上階)
http://www4.big.or.jp/~ogallery/
03-3574-0450

12月4日(月)〜12月10日(日)
月〜土:12:00〜20:00、日:11:00〜15:00

[大阪]
Oギャラリーeyes(大阪市北区西天満4-10-18 石之ビル3F)
http://www2.osk.3web.ne.jp/~oeyes/
066316-7703

12月18日(月)〜12月23日(土)
月〜金:11:00〜19:00、土:11:00〜17:00

#3flyer




両者名義による3作目となる本作品は・・・続きを読む

soundartist77 at 15:44|この記事のURLComments(2)

September 22, 2006

"in-visible-room" /National Gallery of Armenia

ivr_ピルザ

in-visible-room
2006.8.18-30 @ National Gallery of Armenia

文明のクロスロード・・・コーカサスの一国、アルメニアに行ってきました続きを読む

soundartist77 at 02:51|この記事のURLComments(2)

July 13, 2006

アルメニア

この夏にアルメニアという国で展示、パフォーマンスをする事になった。
アルメニア国立美術館(Natinal Gallery of Armenia)という美術館/ギャラリーで同国初の日本現代アート展に出品する。出品者は計4名。

日本とは縁遠く、果てしなく遠いアルメニアという国
その位置するコーカサスという地は、調べれば調べる程、興味深い。
ブログ上では書ききれないほどだ。(HPで専用のページを設ける予定です)

今回は画像の様な部屋を作り、暗闇を創り、音を響かせる。
部屋の中央には透明なスピーカーとLEDライトが仕込まれたボックスを置く予定
2003年に東京で発表したechoという作品を深化させたものだ

ルームNGA続きを読む

soundartist77 at 13:55|この記事のURLComments(0)

January 19, 2006

稲垣元則+mamoru 2006

『#3 (仮)』(大阪・東京2会場で展示)
12月4〜10日@東京・銀座オーギャラリー
■隠卸18〜23日@ O gallery eyes
(ギャラリーHP→こちら

今回で3回目となる「稲垣元則+mamoru」によるコラボレーションワーク
「GOLD」(DVD/映像・サウンド作品)、「silver leaf」(DVD、インスタレーション/映像・サウンド作品)という前2作を経て...
二人が共有する世界、またそれぞれのインスピレーションをよりダイレクトに出せれば、と思っています.

soundartist77 at 15:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)