news

January 16, 2015

一時帰国中のイベントリスト!and this is the list of lecture+performances in Tokyo Jan-Feb 2015

25
image: front cover of the flyer for the Tokyo performance

.....

1 -Jan 25th/Tokyo/Talk

下記の展示に関連したトークイベントにて、昨年にリニューアルオープンした庭園美術館に関する物語執筆まつわる話などを書籍の写真を担当された写真家の高橋マナミさんとします。

1月25日(日)17:00-18:30
『庭園美術館へようこそ 〜旧朝香宮邸をめぐる6つの物語』
出版記念 高橋マナミ写真展(2015.1/22 Thu. - 2/1Sun.)
場所:ユトレヒト
Web: http://utrecht.jp/?p=14132

.....

2 - Jan 27th / Tokyo/Lecture Performance

「THE WAY I HEAR / 想像のための幾つかのスコア」
オランダにて進めているリサーチプロジェクト紹介や「風を知る人」(フルート奏者:木埜下大祐)との共演など

場所
東京文化発信プロジェクトROOM302
東京都千代田区外神田6-11-14(3331 Arts Chiyoda 3F)
日程
2015年1月27日(火)19:00〜21:00(開場18:30)
無料(要予約)info-ap@bh-project.jp
件名を「レクチャー・パフォーマンス申し込み」とし、「お名前」「ご所属(ご職業)」「メールアドレス」「当日連絡先(携帯電話など)」をご記載のうえ、info-ap@bh-project.jpまでお申し込みください。席に余裕のある場合は当日も受け付けます。
詳細: http://www.bh-project.jp/search/tabid/62/pdid/756/Default.aspx

Venue: 3331 Arts Chiyoda 3F, ROO302,
Date: Jan 27th 2015, 19:00-21:00
Admission: Free but RSVP; email to "info-ap@bh-project.jp" write mamoru/lecture performance, your name, email, phone. Thank you! and looking forward to see you.>
No translation but part of the performance will be done and presented in Engilsh. There will be polyphonic performance with the wind player(flutist Daisuke Kinoshita).

....

3 - Jan 31st / Tottori/Lecture Performance

「THE WAY I HEAR / 想像のための幾つかのスコア」
オランダですすめているリサーチ・プロジェクトの紹介、庭園美術館リニューアル記念書籍に書き下ろしたサウンドスケープ・テキストのことなど

場所
旧横田医院・Hospitale Project
日程
2015年1月31日(土)18:30-20:00
詳細:https://www.facebook.com/events/1396086280685450/?pnref=story

....

4 - Feb 1st / Osaka/mini party + mini lecture

「想像のための持ち寄られる食べ物と飲み物とスコア」
ift流のミニパーティー(皆と食べたいもの飲みたいもの一品ずつ持ち寄ってシェアします)+近況報告などとレクチャーパフォーマンスの一部。

日時: 2月1日(日) 19:00 - 22:00
場所:project room ift(大阪市北区中津3-21-15)https://www.facebook.com/iftproject/timeline
会費:500円(会場の長屋運営のためのご寄付をお願いします)

soundartist77 at 19:15|この記事のURLComments(0)

November 21, 2014

「そして、すべては残響する」 and my text work is published today!

画像1

画像:参考資料より、image: from the research material

日本時間の今日22日、東京都庭園美術館がリニューアルオープン。その記念書籍として『「庭園美術館へようこそ」ー旧朝香宮邸を巡る6つの物語』が河出書房新社から刊行されます(した)。

参加作家は、朝吹真理子さん(小説家)、小林エリカさん(作家・マンガ家)、福田里香さん(お菓子研究家)のテキスト、ほしよりこさん(漫画家)の漫画、阿部海太郎さん(音楽家)の譜面、高橋マナミさん(写真家)というバラエティーに富んだ面々と私、mamoruです。

私のテキストは庭園美術館の敷地中央に生える2つの木との出会いから書きおこしたリサーチベースのテキスト作品です。これまで、パフォーマンスの為のスクリプトやテキストスコアを書いてきましたが、出版を主に念頭にしたものは初ですが現在とりくんでいる「THE WAY I HEAR」シリーズの延長線上のものです。是非ともお手にとって読んで下ると嬉しいです。

Amazon: http://www.amazon.co.jp/dp/4309255574
museum website: http://www.teien-art-museum.ne.jp/special/

My new soundscape-text work titled "そして、すべては残響する" (potential English title... "then, lasting echo" is published by a Japanese publisher Kawade Shyobo together with 5 other variety of texts written by novelist Mariko Asabuki, musician/composer Umitaro Abe, artist/manga writter Erika Kobayashi,sweets researcher Rika Fukuda, manga writter Yoriko Hoshi on a book that is made for the occasion of the renewal opening of Tokyo Metoropolitan Teien Museum.

My researched-based-text starts from my encounter with the two huge trees in the middle of the "teien"(garden). Over the summer, I started researching two tree and found very intriguing facts about them. It lead me to meet several people including a retired botanical researcher, a gardener, a historian. The text goes in between my field notes and imaginary conversation that was inspired by those professionals in relation to the soundscape texts related to the history of the trees.

I have written a script for performances and text-score for imaginary soundscapes but this would be the first work for me that was written for the publication in the first place. I do hope I(or someone!) can translate it into English one day soon, but for now it is in JAPANES ONLY!

soundartist77 at 19:53|この記事のURLComments(0)

September 07, 2013

湖とその遊覧船のための作品 and a listening work at the lake

(Please scroll down for English)
Towada02
Towada lake, June 25th, 18:47

9月21日にオープンする「十和田奥入瀬芸術祭」。十和田市現代美術館やその周辺で展開されるのですが、私は十和田湖にて「湖とその遊覧船のためのコンポジション」という作品を発表します。その名の通り遊覧船を用いた1時間ほどの作品なのですが、乗船中、眼前にひろがる風景や、周りから聞こえて来る音、またそこに積み重なってきた時の流れ、遠い過去からも聞こえてくる/想像できる音の風景を体験してもらえれば、と思っています。

十和田湖は数十万年の時を経て、幾度も噴火を繰り返し出来上がったカルデラ湖。不思議な静寂がそこに満ちています。実は、この夏に北海道で洞爺湖や支笏湖など他のカルデラ湖に出かけて見比べてみたのですが、周囲の地形やアプローチが異なるので当たり前なのですが、本当に全く違う印象で、十和田湖独特の景色と時間の不思議な魅力を改めて感じました。私なりにその魅力を探ってみた結果で着上がった作品になっています。

あまりあれこれ書いてしまうとネタバレになってつまらないので、「THE WAY I HEAR」というシリーズで取り組んでいる、各種資料などから過去の音風景を書きおこす仕事と、遊覧時間をダイレクトに扱うので、パフォーマンスや、音楽的な要素も含まれていて、これまでの実践をフル動員しています。とだけお伝えしておきます!

正直なところ、十和田湖は十和田市内からも遠いですし、今回の芸術祭の会場のなかで最も僻地です、でもその道のりも奥入瀬があったり、山を越えたりと、素晴らしく、何より日本有数の湖とその景観を誇る十和田湖、紅葉へと向かうその姿を見ずして帰るのはもったいなすぎる、そして十和田湖まで来られたなら是非とも私の作品をご鑑賞頂きたいです!ただし遊覧船は主に週末のみで、日によって9時便と15時便があります。どうぞ運行日、運行時間を確実にチェックなさって下さい。

/////////////////

十和田奥入瀬芸術祭
SURVIVE この惑星の、時間旅行へ

会期:2013.9.21-11.24
会場:十和田湖

特別遊覧船「湖とその遊覧船のためのコンポジション」運行スケジュール


■運航スケジュール
9:00運航
9/22(日)、9/29(日)、10/6(日)、10/13(日)、10/20(日)、11/3(日)、11/10(日)、11/17(日)、11/24(日)
15:30運航
9/23(月/祝)、9/28(土)、10/5(土)、10/12(土)、10/19(土)、11/2(土)、11/9(土)、11/16(土)、11/23(土)

所用時間は約1時間です。
各船の定員は30名を予定しています。予約不要。
天候状況などにより、欠航になる場合もございます。
会期中、通常の十和田湖遊覧船も運航されておりますが。上記の船以外では作品をご覧頂けませんのでご注意ください。


■乗船料
大人1000円、小人500円/中学生以上は大人料金
※乗船チケットは、十和田湖遊覧船ターミナルのみの販売になります。
※mamoru作品の特別遊覧船への乗船には、芸術祭パスポート(2000円)と乗船券が必要です。

■乗船場所
十和田湖遊覧船ターミナル(青森県十和田市十和田湖畔休屋486/ TEL0176-75-2909)

■アクセス
<11月の土曜日は芸術祭パスで乗れるサバイブバスにて十和田湖往復できます!詳しくは芸術祭にお問い合わせ下さい。スケジュールこちら 0176-20-1127>

十和田湖遊覧船ターミナル 
・交通:JRバス「十和田湖」バス停から徒歩3分
・ 駐車場:休屋南駐車場(有料)から徒歩3分

■お子様をお連れのお客様へのお願い
本作品は静かな環境の中でお楽しみいただく作品となっております。お子様もお静かにご鑑賞頂きますようお願い申し上げます。また、他のお客様の鑑賞の妨げとなる場合、一次的に1階席へのご移動をお願いいたします。あらかじめご了承ください。

■運航状況のお問い合わせ 
十和田湖遊覧船運航事務所 TEL 0176-75-2909

■「作品、芸術祭ついてのお問い合わせ」十和田市現代美術館 TEL 0176-20-1127

//////////////////

I am participating in the Towada Oirase Art Festival that will be opening on the 21st of September. The festival will take place at the Towada City Contemporary Art Museum and other venues around the city, but my work "a composition for the lake and its excursion boat", as the title refers, would be shown at the lake Towada. The work is an hour cruise that people can enjoy the view and the sound of the surrounding, and I am hoping to expose the soundscape of the past as well.

The silence on the lake was the most impressive aspect that I encounter when I first went to the lake Towada, the 3rd largest crater lake in Japan. Towada lake is one of the first lake that became national park in Japan to be preserved. I have actually travelled to Hokkaido, the northern island of Japana, to see 1st and 2nd largest crater lake this summer. The approach to them or the geology of them are so different that I recognized Towada's atmosphere as completely original. So many poets in the past has tried, and now I have made my attempt.

I won't go into too much details until the festival finish, but I can say it includes a apart of "THE WAY I HEAR" which I research documents and reconstruct the soundscape of the past, a type of performance, musical work. All of my practice are put into this work!

To be very honest, the lake is very far even from Towada City. However I guarantee you it would be worth, even the way to the lake, you would pass natural preserved mountain and river called Oirase, and the mountains surrounding the lake will be turning red and yellow. If you are coming to the festival, you must see the lake! and please note my work is scheduled as you see in the following.

////////////////////////

TOWADA OIRASE ART FESTIVAL
SURVIVE, Time Hoppers on the Earth

2013.9.21-11.24
place: Towada lake, Aomori, Japan

special cruise "a composition for a lake and its excursion boat"

■schedule
departure time: 9:00 on the following date
9/22(sun), 9/29(sun), 10/6(sun), 10/13(sun), 10/20(sun), 11/3(sun), 11/10(sun), 11/17(sun), 11/24(sun)

departure time: 15:30 on the following date
9/23(Mon/Holiday), 9/28(sat), 10/5(sat), 10/12(sat), 10/19(sat), 11/2(sat), 11/9(sat), 11/16(sat), 11/23(sat)

The work lasts about an hour and limited to 30 person for each cruise (no reservation).
The cruise may be cancelled according to the weather of the day. Please make sure if you are not sure. TEL 0176-75-2909
There are other excursion boats at Towada lake, however, the ohter boats would not include mamoru's work.

■ticket
adult 1000yen, childen undere age of 12 500yen


The ticket is only available at the Towada lake excursion boat terminal.
You must have the pasport of the Towada Oirase Art Festival and the ticket for the special cruise.

■Place
Towada lake excursion boat terminal
Towada kohan Yasumiya 486, Towada City, Aomori

■Access


Towada lake excursion boat terminal
・from JR Bus, "Towada ko" stop, 3min walk
・from parking: Yasumiya Minami Parking, 3min walk

■Please be noted that the work require you to be quite on the boat. If there is any disturbing noise or children crying, we may ask you to stay in the first floor of the boat in order for the others to appreciate the work better.

■Any question regarding the work, Towada Contemporary Art Museum TEL 0176-20-1127

soundartist77 at 11:00|この記事のURLComments(0)

July 11, 2013

この夏と秋、の前に今週末!and a new projects for the coming summer, autumn, and this weekend!

(Bilingual)
where


まずは今週末のご案内から!
13日(土)よりYUKA TSURUNO GALLERYにて開催のグループ展に参加します。これまでもパフォーマンスのアイデアをまとめた「スコア/譜面」を制作してきましたが、最近特にあれこれと試行錯誤している風にまつわる作品のひとつとして、テキストによる新しい譜面「三声のためのスコア / a score for three voices」を発表する予定です。(上の画像はその制作風景の一コマです。)お時間ありましたら是非お立ち寄り下さい!

Summer Group Show 2013
2013.7.13. - 8.10
open 11am - 19pm, Tuesday-Saturday
closed on Sunday, Monday

Map
東京都江東区東雲 2-9-13 TOLOT 2F 
りんかい線東雲駅より徒歩3分
http://www.yukatsuruno.com/gallery.html

This coming weekend!
I will show a new piece at YUKA TSURUNO as a part of the gallery group show. The new work is a text based work that actually is "a score for three voices." So far in the past, I have been making scores to notate my performance pieces, but the new one will be related to "wind study" that I have been working on. Please take a look if you come around. (the image above is a photo from the printing process.)

そして先週まで、この夏と秋に控えている2つのプロジェクトのために約10日ほど北海道/夕張、青森県/十和田にいってました!
I had visited Yubari in Hokkaido, Towada in Aomori. Both places are in northern part of Japan.

夕張にはTokyo Wonder Site と夕張でファンタスティック映画祭などを運営されている方々、東京都、夕張市などの協力プロジェクトの一環で制作に行きます。7月末頃から約一ヶ月滞在しつつ、夕張の炭坑発見に関わった、明治初期のお雇い外国人の1人地質学者「ベンジャミン・スミス・ライマン」に関するリサーチを中心に、特定の日、とある場所で聴こえただろう音風景を採取してみたいと思っています。プロジェクトはその音風景を軸にしてはいるものの、資料を追う過程で、いろいろと興味深い広がりや繋がりが生まれつつあり、やりがいのある仕事ができそうな予感です。成果発表は夕張と東京ですが、東京ではおそらく来年?になってから展示形式のものになるかと思います。また滞在記事などもあげたいと思います。
I will be in Yubari for a moth this summer to do a project about an American geologist Benjamin Smith Lyman who was deeply involved in the discovery of the coal mines in Japan including the one in Yubari. Lyman was hired by the Japanese government as a teacher/researcher and had explored all over Japan in the late 19th century looking for fossil energy resources. I am trying to locate the place where he discovered coal pebbles near Yubari area and to recapture the soundscape of the day of his discovery. As I research more about him, it starts to connect several people and I am very curious where it will lead me. The final result will be presented in Yubari and Tokyo. I think it will be an exhibition format in Tokyo, maybe next year. I will update about it as I start staying there!

十和田でのプロジェクトは少し先ですが、9月20日ー11月27日に開催される十和田奥入瀬芸術祭(http://artstowadaoirase.jp/, https://www.facebook.com/artstowadaoirase)にて十和田湖の遊覧船を使った作品を発表する予定です。下見の際は本当にいろいろな方達に興味深い話しを聞くことができ、いったん膨張したイメージを、現在プランニング/編集しつつ、実現に向けて動き出している過程なためあれこれ言えませんが。もしも思っている形で実現できれば、是が非でも来て頂きたい作品になると思っています。芸術祭も記者発表が終わったばかりで詳細はこれからのところも多いので、また随時お知らせしますー!
The project in Towada will take place later the year. It is s a part of the Arts Towada Oirase, an art festival connecting Towada Art Museum and the great nature preserved in Oirase area. To tell you a little bit of the plan, I am working on a piece with the excursion boart on the Towada lake. It is still in the process of planning and negotiating, so I cannot tell you in much details, but if it comes as I wish, it will be a really beautiful work. I will also update about it here.

ではまた!
write to you soon,

mamoru

soundartist77 at 11:55|この記事のURLComments(0)

June 04, 2013

できましたー。 and long time no posting!

(Bilingual)
THEWAYIHEAR01

image: the cover page of the leaflet of OPENSTUDIO 57, performance score for "1968.05.28. Sengen-cho"

大変ご無沙汰しています。この数ヶ月ぱったりと音沙汰なしで過ごしてしまいました。ちゃんと生きています!少し休養もとりましたが、現在は新しい作品の構想や試作、今後に控えているプロジェクトのためのリサーチなど、その辺りもまた近々ご報告出来ると思いますが、とにかく、昨年11月ー今年2月に行った府中市美術館での公開制作のドキュメント作成、同じく公開制作のWebページ作成のための翻訳がようやく終わりました!
It's been a long while since I have updated my blog the last time. I am alive! I have been working on some of the new ideas, next projects, and documenting what I had done in Fuchu Art Museum.

そして、とうとうWeb日英両方アップでき、美術館作成の公開制作のドキュメント・リーフレットも完成しましたのでお知らせします。上の画像はリーフレットの表紙で、サウンドスケープを口述するためのパフォーマンス譜面が掲載されています。
I am glad to announce that I have finally finished updating my Web and the leaflet/documentation of the recent project "THE WAY I HEAR" has published by the Fuchu Art Museum recently. The image you see above is the front cover of the leaflet and it has the score of the vebal descriptions + simple gestures to perform a soundscape.

http://www.afewnotes.com/THEWAYIHEAR.html

パフォーマンスの書きおこし全文、そのままアーカイヴしてあります。読みづらいかもしれませんが、何かフィードバックありましたらご教示願います。その他、以下のカテゴリーをクリックしてもらうとそれぞれの概要と関連画像が観れるようにしてあります。上の譜面に関してもリスニングやリサーチのあたりを読んで頂けると、それが何のために書かれたかよくわかると思います。
The transcription of the entire performance has just finished and I am sure there are errors, but it might have the feeling of me speaking!? (but, if you find any obvious mistakes, please let me know!) The transcription is quite long, so please click the links shown below, or in the upper part of the Web, you would be able to see the summaries of the projects and related images.

公開制作/OPEN STUDIO
リスニング/ Listening
リサーチ/ Research
パフォーマンス/ Performance
リーフレット/ Leaflet

実際のリーフレットはA4サイズで、6紙面を折り畳んだ仕様になっています。公開制作の記録画像、制作メモ、学芸員の神山亮子氏のテキスト、略歴を日英記載、という作りです。Webのリーフレットのリンクでは神山氏のテキストを掲載しています。ご興味ある方は、府中市美術館に問い合わせて頂くか、私宛にメール下さっても対応できるかと思います。
The actual leaflet is 6 pages in A4 size, which contains some images, excerpts from my memo, text written by the curator, Ryoko Kamiyama, and short CV with credits. The web page for the leaflet only has the text by Ryoko Kamiya. If you would like to get one, please contact the Fuchu Art Museum or me via email.

そうそう、リーフレットと一緒に、展示の際に来場者の皆さんが書いてくれたコメントが届きました。遅くなりましたが本当に書いて下さったお一人お一人にお礼申し上げます。返事がおそくなりました。感動したり、笑ったり、うなったり、と久々にダイレクトな声が聞けてとても嬉しかったです。全部紹介したいくらいですが、たくさん頂いたのもありますが、ここは自分の中にしっかりととっておきたいと思います。
One more thing, there were a lot of letters together with the leaflets sent from the museum. They were from the visitors of the exhibition at Fuchu. I was so delighted to read all your comments on my works. I almost wanted to introduce every letter here, but decided that I would keep it for myself. Thank you and sorry for being so late to reply to you.

それでは徐々に次のプロジェクトのアナウンスもしていきますので、また宜しくお願いします!
Next time, I will update about my next project! See you then,

mamoru


soundartist77 at 11:15|この記事のURLComments(0)

March 15, 2012

都現美で performance!

(Bilingual)
現在、東京都現代美術館にて開催中の展示「靉嘔 ふたたび虹のかなたに」に関連したイベントに出演することになりました。作曲家の武満徹氏が靉嘔氏に献呈した「七つの丘の出来事」というインターメディア黎明期のパフォーマンス作品のパフォーマーの1人として参加します。
普段は基本的にソロ活動をしているので、こうした他の作家が作ったものをパフォーマンスする機会は稀で、果たしてどうなることか全く分かりませんが、ご興味ある方は是非。

●パフォーマンス・ナイト
武満徹「七つの丘の出来事」(演出:一柳慧)、靉嘔「07th」上演
【プログラム】
■武満徹「七つの丘の出来事」
出演:有馬純寿、寒川晶子、高橋アキ、田村友一郎、北條知子、mamoru、奇術師
演出:一柳慧
「空間から環境へ」展(1966年、様々なジャンルのアーティスト達が参加した展覧会)に関連し、草月会館ホールにて行われたイベントにて上演された武満徹によるインター・メディアの作品。靉嘔に献呈されています。当時の出演者は、靉嘔のほか、一柳慧、東野芳明、山口勝弘、ジャスパー・ジョーンズら。このたび、一柳慧の演出で、活躍中のアーティスト達により再演します。
協力:トーキョーワンダーサイト

■靉嘔「07th」
出演:靉嘔
靉嘔による「穴」をテーマにしたユーモア溢れるパフォーマンス。東京初演。

【日時・場所】
2012年3月25日(日)18:30開演(上演時間1時間程度予定)
東京都現代美術館
予約制 定員150名 参加無料
※当日の詳細は当選ハガキでご連絡いたします。
※イベント中は展覧会をご覧いただくことはできません。
展覧会は18:00に閉場いたします。

【申込方法】
往復はがきに郵便番号、住所、電話番号、氏名、参加人数(2名まで)を明記の上、下記までお送りください。応募多数の場合、抽選といたします。
〈送付先〉〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1 東京都現代美術館 
「あいおう パフォーマンス・ナイト」係
〈締切〉3月15日(木)当日消印有効

【お問い合わせ】 東京都現代美術館 「あいおう パフォーマンス・ナイト」係
03-5245-4111(代)
http://www.mot-art-museum.jp/

I will be joining a performance piece "events on the 7 hills" as one of the 6 performer. The piece was written by a composer Tohru Takemitsu and dedicated to I-O, the artists who is having his retrospective exhibition at MOT. I usually work on my projects and mostly perform by myself, so I am very excited for this occasion to join in the representation of one of the first inter-media-performance.

date: 2012.3.25 (SUN) 18:30-20:00
place: MOT
addmission: Free,RSVP (you need to send a post card in order to make reservation, please contact 03-5245-4111 first!)

performers: Sumihisa Arima, Akiko Samukawa, Aki Takahashi, Yuichiro Tamura, Tomoko Hojo, mamoru, and a magician.
director: Toshi Ichiyanagi

Web: http://www.mot-art-museum.jp

soundartist77 at 22:50|この記事のURLComments(0)

February 15, 2012

竜宮美術旅館にてハンガー設置。and a group exhibition starts!

横浜にて開催されるグループ展 RYUGU IS OVER 竜宮美術旅館は終わります に出品します。下記詳細です。昨年夏から取り組んでいるハンガーを使ったインスタレーションのシリーズで、青森で発表したものを今回の会場に合わせて別のバリエーションにしたて直しました。展覧会は、美術コレクターとして知られる宮津大輔さんがキュレーションを担当。総勢14組のアーティストによる展示で皆さん面白い作品になりそうですので、お近くに起こしの際はぜひおこし下さい。

会期:2012年2月17日(金)〜3月18日(日)全20日間
開館時間:月・金・土・日/13:00-21:00      
※一部の作品は20:00までの鑑賞となっております。
会場: 竜宮美術旅館
入場料:500円(期間中何度でも入場可)
本展は作品保険代など展覧会の運営上欠く事のできない経費捻出のため、入場料制とさせていただいております。ご理解、ご協力をお願いいたします。
webサイト: http://ryugubijuturyokan.org/
出展作家:
青田真也
淺井裕介
臼井良平
狩野哲郎
志村信裕
武田陽介
冨井大裕
丹羽良徳
森田浩彰+大久保あり
八木貴史
安田悠
SHIMURABROS.
mamoru
Yu Cheng-Ta
主催: 「RYUGU IS OVER!! 竜宮美術旅館は終わります」展実行委員会
特別協力: NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター
協力: AI KOWADA GALLERY/青山|目黒/ARATANIURANO/Chi-Wen Gallery/
無人島プロダクション/YUKA TSURUNO/Yumiko Chiba Associates

関連イベント

オープニングパーティー「Over is Start」
2月18日(土)19:00-21:00

参加作家が本展キュレーターの宮津大輔とリレー式対談
「大輔の部屋」
3月 3日(土)18:00-
3月10日(土)18:00-
日時・作家など詳細は随時更新していきます。

soundartist77 at 15:57|この記事のURLComments(0)

January 14, 2012

ジョンケージ生誕100年祭? and I am performing for the 24hour concert!

(English please scroll down)IMG_4660


2012年に入って一回目の記事をアップします。今年もパフォーマンス、展示と国内外での活動を展開していきますので、どこかで機会を見つけて作品に触れて頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

1月30ー31日と24時間にわたって繰り広げられるパフォーマンスに参加します。以下詳細の通り、生誕100周年を迎えるジョン・ケージにちなんだコンサートで、私の出番時間が決まり次第アップしますが、おそらく渋谷会場と青山会場の移動時に何かできればと思っています。仮に「ジョンケージの耳で移動する」というのと「熱心な聴衆のためのエイドセンター」という2案を現在検討中です。ギリギリの場合が多いので、その場合はTwitter(@afewnotes)でお伝えします!

【トーキョー・エクスペリメンタル・フェスティバル オールナイト・フィナーレ】
3.11から 祈り?『 ジョン・ケージ/ソナタとインターリュード』

生誕100年、ジョン・ケージ オールナイト!
中川賢一、体力の限界に挑戦!プリぺアド・ピアノの金字塔≪ソナタとインターリュード≫ 70 分× 10 回演奏と、"ジャンル超えパフォーマンス"10本が入り乱れる24時間!渋谷と青山のトーキョーワンダーサイトを行き来するエクスペリメンタルな時空間を一緒に体験しませんか?

日時|2012年1月30日(月) 13:00開演(12:30開場)〜2012年1月31日(火) 13:00終演予定
会場|トーキョーワンダーサイト渋谷(日中)/トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンス(夜間)

出演│ピアノ:中川賢一(ピアニスト、指揮者)
ゲスト|一柳慧×畠中実×実験音楽とシアターのためのアンサンブル×永岡大輔×松本力×危口統之×田村友一郎×mamoru×フ・ユ&ジャ・ハイキン×伊藤憲孝×木埜下大祐×河合政之×浜崎亮太×荒木悠×木戸龍介 他

プログラム|ジョン・ケージ/ソナタとインターリュード

(プログラムおよびゲストはやむをえず変更となる場合がございます。 予めご了承ください。)


http://www.tokyo-ws.org/archive/2011/11/-6-soundartperformance-part-2.shtml

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

The first performance for my 2012 is the John Cage tribute concert, which runs for 24hours! I will be doing some listening pieces on the street when people move from TWS Shibuya to TWS Aoyama at night. The title would be something like..."listening to the city with John's ears", and "Aid centre for intensive listener" I will update more when I know the schedule or check my Twitter account @afewnotes.

Concert Details
--------------------------------
TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL ALLNIGHT FINALE
After 3.11. Pray ? John Cage 《Sonatas and Interludes》

Ken'ichi Nakagawa challenges his limitation of physical capacity.
70mins X 10 times performance of "Sonatas and Interludes", Milestone of the piece for prepared piano and 10 cross-genre performances will be mixed together in this 24 hours last project! Let's join into truly experimental time and space, coming and going between TWS Shibuya and Aoyama.

Date: From January 30(Mon.), 2012 13:00(Doors Open 12:30) to 31 (Tue.) 13:00
Venue: Tokyo Wonder Site Shibuya (Day time) / Tokyo Wonder Site Aoyama: Creator-in-Residence (Night time)

Artist: Ken'ichi Nakagawa (piano)
Guest: Toshi Ichiyanagi × Minoru Hatanaka × Ensemble for Experimental Music and Theater × Daisuke Nagaoka × Chikara Matsumoto × Noriyuki Kiguchi × Yuichiro Tamura×mamoru× Yu Fu & Haiqeing Jia × Noritaka Ito × Daisuke Kinoshita × Masayuki Kawai & Ryota Hamasaki × Yu Araki × Ryusuke Kido & more.

Program: John Cage 《Sonatas and Interludes》

(Please note that the program and guests are subject to change.)


soundartist77 at 16:42|この記事のURLComments(0)

December 08, 2011

RT大歓迎!etudeがiPhoneアプリに!and my etude becomes an iPhone App!

App_etude

(Please scroll down for English)

ますます寒くなる一方ですね、皆さんお元気ですか?

今日は夏頃から準備していた、ebook的な、オーディオブック的な、iPhoneアプリ出版のお知らせをさせてください。

etude no.11,12,13,36,38と5つのetude作品に関連した日本語インストラクション、ドローイングや写真画像をスライドしてみている間、それに対応したetude録音音源が背景に流れるという仕様になっています。
これまでetude作品では録音音源よりも実際に生音を聴いてもらう事を主眼としていましたが、Webでは録音音源と画像やテキストなどでアイデアを伝える事も試していたので、その延長というかんじでしょうか。とにかくいろいろな切り口で作品やアイデアに触れてもらえたらという気持ちです。

今回のアプリ制作は、私の作家活動を応援してくださってる方の発案で、株式会社 情報技術サービス
さんと共同で開発したものです。アプリは審査が厳しいので時間がかかりましたが、去る12月1日から密かに?リリースされ、今日ようやくこうしてご案内いできました。
どうぞiPhone, iPadユーザーの皆さん、購入・ダウンロード、評価、コメントくだされば嬉しいです!

"etude for everyday life" 画像サンプル、詳細、購入はAppストアで!

。。。。。。。。。。。。。。。。。


Today I would like to introduce my first iPhone/iPad app. It is almost like an e book but with sound.
I have picked up etude no.11, 12, 13, 36, 38 and you can see some images of drawing, photos while you hear the audio recording of the each etude.

There is a instruction for each etude, very short text, and the first edition includes only Japanese text! I am very sorry for this...Hopefully we get much downloads and release the updated version with English.
The App is originally commissioned by one of my supporter, and published by Information Technology Inc,.

Here is the link to App store, please check it out!

etude for everyday life for iPhone/iPad


soundartist77 at 15:24|この記事のURLComments(4)

November 30, 2011

今週末はアーティストトーク @ YUKA TSURUNO Dec.3rd

(Please scroll down for English)

先日の京都でのワークショップもおかげさまで盛況でした。お越し下さったみなさんどうもありがとう!(レモンを持って帰った方でもし発芽したらぜひご連絡を。)

さて、今週末12月3日は、現在YUKA TSURUNOにて初めての作品展示をおこなっているOVARという新しいユニットによるアーティストトークをおこないます。
mamoru個人での活動で取り組んでいるetudeシリーズとは違い、映像(オーディオビジュアル)の探求として、SHIMURABROS K.と共にこのユニットを立ち上げたのですが、今回の展示企画者である宮津大輔さんを交えて、あれこれと突っ込んでいただきつつ、作品やOVARとしての活動についてトークします。お時間あればぜひ起こしください。

ちなみに今回の展示作品である「FCN001 ver.1-3」はオーストラリア(シドニー、メルボルン)BIG IN JAPANというフェスティバルでも展示されました。

<アーティストトーク>
OVAR x 宮津大輔 
日時:12月3日(土)15:00-17:00
会場:YUKA TSURUNO(MAP

。。。。。。。。。。。。。。

There will be an artist talk by my new audio-visual unit OVAR and an organizer of the exhibition Daisuke Miyatsu @ YUKATSURUNO this weekend. Please come if you have time!

artist talk
OVAR x Daisuke Miyatsu 
Date:December 3 (Sat) 15:00-17:00
Venue: YUKA TSURUNO(MAP


soundartist77 at 17:03|この記事のURLComments(0)

November 20, 2011

来週末26、27日は workshop in KYOTO!

CameraBag_Photo_1000


ハノイ以来ごぶさたしています。東京ー京都と展示が開催されており、あわただしくしています。

来週末の11月26,27日に京都の展示会場で小規模なワークショップを行いますのでどうぞお越しください!

京都の展示では氷のetudeと、植物の水やりのetudeを組み合わせた新しい試みをみせており、こられた方には今回の作品のインストラクションカードをお持ち帰り頂いています。来場の際はぜひそちらもお忘れなく!

以下、主催者よりの案内を転載します。毎回8名定員要予約となっております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Antenna Mediaにて現在開催中の「VIRTUAL EFFECT」展(詳細Web)のイベントとして、
11月26・27日に出展作家mamoruさんのワークショップを開催いたします。

本展に出品していただいている「etude for every life」シリーズより別のヴァリエー
ションを、導き手のmamoruさんとともに体験していただくことができます。
WEB: mamoru/etude for every day life

各日2回、以下の時間より1時間程度の予定となっております。

[26日]13時半/18時
(この日は、Antenna Media主催の「おはぎとお茶の会」が15時からあります。)

[27日]14時/17時

各回の定員は8名ですので、参加をご希望の方は、以下までお名前/ご連絡先/人数を
お知らせの上、ご予約をお願いします。
virtualeffect.kyoto@gmail.com

ご参加お待ちしております。

展示詳細
Virtual Effect
11月15日(火)―12月4日(日)
11:00―19:00 ※祝日除く月曜休

〼会場 : Antenna Media  Space #2
〒600-8059 京都市下京区麸屋町通五条上る下鱗形町563
 mail@antenna-media.com/050-3722-8945

〼アクセス : 京 阪「清水五条駅」3番出口より徒歩4分/
地下鉄烏丸線「五条駅」1番出口より徒歩8分/        JR「京都駅」中央口より徒歩25分
※P無し / 公共交通機関をご利用下さい。

〼WEB : http://antenna-media.com

soundartist77 at 20:45|この記事のURLComments(0)

June 01, 2011

久々に中津長屋 ! open house @ ift Nakatsu/Osaka

(scroll down for English )
ift_watchingDVD
前回のiftでの集まりの様子

先週、大阪に久々に帰ってきました。またしばらくすると移動生活なのですが、その前に中津改装長屋 project room ift にて2日間のオープンハウスを催したいと思います。

会場では、先日出版しました「etude for everyday life/日常のための練習曲」(¥1500 税込み+おまけ)を販売します!と同時に、ここ1年で制作した映像作品や、4月の個展の際に世界各国から多数送られてきたインスタントヌードルを集めたnoodle bankの一部をご紹介出来れば、と思っています。お時間合えば気軽にお越し下さい!ただ、場所の都合上あまりたくさんの方が一気に来られると対応できませんし、ご近所にご迷惑がかかります。来られる時間をあらかじめご連絡下さると非常に助かります!

連絡先:mamoru(at)afewnotes.com
(at)を@に替えて下さい

日時:
2011年6月10日 open hour / 14時ー21時
2011年6月11日 open hour / 14時ー21時

入場無料。ぜひとも本を買って下さいーー!
ドリンクは有料で、売り上げはiftの運営費にします。こちらも是非ともご協力下さい!

場所:project room ift / 大阪市北区中津3丁目21−15
ift_map


地図中にある「おススメP」は地域最安?60分100円だったと思います。自転車でお越しの方はどうかift前にとめない様によろしくお願いします、玄関前もかなりスペースが限られているのとご近所の通行の邪魔になることもあるので。車と同じくこのP周辺のフェンスなどにチェーンロック可能かと思います。
............................

I am back in Osaka for a while, and before I take off to my next trip, I would like to do two days "open house" at project room ift in Nakatsu. (ift is the renovation house project)

Mainly, I am showing and selling my first book "etude for everyday life", which was published in April. Also, I will be showing some of the video works that I had made in the past year as well as a part of "noodle bank" that was a part of my last solo exhibition in Tokyo.

open hour:
2011.6.10(Fri) 14pm-21pm
2011.6.11(Sat) 14pm-21pm

please contact me if you think you can come! since the space isn't so big, and we don't want to disturb our neighbors, we limit numbers of people to come at a time. It would help me if you give a short notice when you are coming!
email; mamoru(at)afewnotes.com
please change (at) to @

free admission (Yes, please purchase a book !!!)
drinks 300-500yen/ this will be added to the running cost of "ift" Thank you for your cooperation!

venue:
project room ift / please see the map above or google map
Osaka-fu Osaka-shi Kita-ku Nakatsu3-21-15
please don't park your bicycle in front of ift entrance since there aren't enough space anyway...you can find a huge parking lot for car near by, and you can find a place to park a bicycle as well.

soundartist77 at 23:25|この記事のURLComments(1)

April 14, 2011

とうとう出ます!and my first book will be published!

(Please scroll down for English)
book
(表紙イメージ)

本:「etude for everyday life/日常のための練習曲」
A4 / 44頁 / 1,575円 (税込)
出版:YUKA CONTEMPORARY
著者:mamoru
ISBN 978-4-9905778-1-0

いったい、いつから取りかかったのか定かではありませんが、昨年から本格的に準備を進めて来た初めての本がいよいよ出版されます。「etude for everyday life/日常の為の練習曲」というタイトルの通り、ここ数年取り組んで来たetudeシリーズより、no.7プラスチックストロー,11スチールハンガー,12サランラップ,13氷,36乾いた土に水を,39インスタントヌードルと、これまでに世界各地で紹介して来た6つの音を、画像やエピソードで紹介する内容です。日本語、英語両方で書きましたのでいろいろな方に読んで頂ける様に願っています。

今週末には記念トークの予定でして、その際は、映像作品をご紹介したり、実際の音を多少聞いてもらったり、片岡真実さん(森美術館主任学芸員)との対談で、本ではあまり触れなかった辺りもこの機会にあわせてご紹介出来れば、と考えています。

本の方の販売はナディッフ関連の書店や、Amazonでもご購入頂ける様に手続きを進めているところです。また本の画像を撮影次第またアップします。取り急ぎ、トークのご案内まで!


出版記念アーティストトーク
『etude for everyday life / 日常のための練習曲』
出演:mamoru
ゲスト:片岡真実(森美術館チーフキュレーター)
日時:4月17日(日)17:00-19:00
会場:NADiff a/p/a/r/t 店内(恵比寿)
入場無料(予約不要)
※ 30名様以降は立見となりますのでご了承ください。
http://www.nadiff.com/fair_event/mamoru_etude_talk.html

個展『etude no.39 インスタントヌードル』も開催中です。
http://yukacontemp.com/pressrelease/pr016_mamoru.html

.......................

title: etude for everyday life
size: A4, 48page
price: 1,500 yen and tax
publisher: YUKA CONTEMPORARY
author: mamoru
ISBN: 978-4-9905778-1-0

My first book that I have been working on since last year will be finally published this weekend. and I will have a release talk event at NADiff in Ebisu. Please come by and pick up the book! I will show some video works, and have Mami Kataoka(chief curator of Mori Art Museum) as a guest speaker. It will be in Japanese only...sorry for that. The book will be available at NADiff and their shops all around Japan. and soon will be on AMAZON. I will update more later!

『etude for everyday life』publication artist talk
Guest: Mami Kataoka (Chief curator, Mori Art Museum):
Date: Sunday, Apr 17th, 17:00-19:00
Venue: NADiff a/p/a/r/t (Ebisu)
Admission: Free of Charge
http://www.nadiff.com/fair_event/mamoru_etude_talk.html

Solo exhibition "etude no. 39 Instant noodle" is also on-going.
http://yukacontemp.com/pressrelease/pr016_mamoru.html

soundartist77 at 19:27|この記事のURLComments(5)

February 19, 2011

明日、指揮者やります!? and I will be "conducting" tomorrow!

(bilingual)

IMG_6615

(C)Tokyo Wonder Site 2011, TOKYO リハーサル風景

現在滞在中のトーキョーワンダーサイトにて集中進行中の「アンサンブル・モデルン&トーキョーワンダーサイト アカデミー 「東洋×西洋の新しい伝統へ向けて」のファイナルコンサートに参加する事になりました。図形楽譜とそれを読み解くための簡単な指示書による「サッポロ」という、一柳慧氏の作品にて「指揮者」を仰せつかっております。などと言うと大げさですが、この場合指揮者というのはプレイヤーの皆さんと少し違う役割を与えられているだけで、特に「指揮」しうるわけではないので、便宜上の呼び方!?なのですが、私にとっては十分チャレンジングでして、毎日練習しながら格闘しています。他に「トウキョウ」というビジュアルアーティストなども参加する別の作品にもパフォーマーの一人として参加します。

下記詳細をご参照下さい。無料ですが予約が必要との事です。またイベント全体のスケジュールなどもお問い合わせ下さい。
performingart10@tokyo-ws.org

I will be "conducting" a piece "Sapporo" by Toshi Ichiyanagi tomorrow. The piece is written with graphical notation and simple instruction to read it, so is not a conductor in conventional sense. I have a little different role from the others. But it still is challenging for me to do something like this! I will also be joing as a performer for another piece called "Tokyo", in which visual artists also join and it is more free in a sense that I am not sure how it is going to come out. The whole thing is the final concert of "ENSEMBLE MODERN & TOKYO WONDER SITE ACADEMY EAST×WEST TOWARDS NEW TRADITION" @ Tokyo Wonder Site, where I am doing residency.

below is detail. It's free. You just need to make reservation and please make sure about the time schedule as well.(The event itself is very long.)
performingart10@tokyo-ws.org

2月20日(日)11:00〜14:30(終演予定)
会 場:東京ウィメンズプラザホール、入場無料、要予約
詳細はこちら≫http://www.tokyo-ws.org/archive/2010/12/post-120.shtml
Date: 2011/2/20 11:00-
Venue: Tokyo Women's Plaza Hall
Performer: participating students and tutors

[PROGRAM]

John Cage: "Ryoanji"

Toshi Ichiyanagi: "Sapporo"

Cathy Milliken: "Round Robin" for piccolo flute, flute und bass flute (2001)
performer: Dietmar Wiesner (Ensemble Modern / flute)
Anthony Cheung: "Roundabouts" (2009) Commissioned by Ueli Wiget (world premier on 6 March 2010 at Eclatconcerts Fribourg). For Ueli Wiget, and to George Benjamin on his 50th birthday.
performer: Ueli Wiget (Ensemble Modern / piano)
Eun-Hwa Cho: "Uber die allmahliche Verfertigung der Gedanken" for violin solo (2006/2007)
performer: Jagdish Mistry (Ensemble Modern / violin)

TOKYO

soundartist77 at 09:55|この記事のURLComments(0)

January 25, 2011

公開読書会? and OPEN STUIOD vol.8

book


皆様いかがおすごしですか?
風邪等ひかれてませんか?私の周りでも喉やられている人がたくさんいます。
こちらは2週間程ひきずった喉の腫れや風邪はようやく完治、(と言いつつ、毎日歯医者に通い、花粉対策を開始したりしてますが。。)、ようやく通常の仕事モードに戻りつつあります。ぐだぐだしている時に自分的にちょっと失敗なミーティングや、昨年12月のパフォーマンスの反応からの良い話しもあったりで、悲喜こもごもあれこれとありますが、4月の個展などにむけて忙しくなりつつあります。

I have recovered from my cold and sore throat, so I can work on my ideas for exhibitions in April and have some meetings although I still need to go to dentist and start medication for pollen allergy (it is so bad in Japan,BTW). How is it going on your side?

そんな中、Tokyo Wonder Site Aoyama恒例のOPEN STUDIOが今週末にあります。
and There will be another OPEN STUDIO at TWS Aoyama, this weekend.

私の居室兼スタジオ「402号室」では
13:00-15:30 「公開読書会」(詳しくは下をお読み下さい)
15:30-17:00 308にて、みかんぐみのゲストトーク、この間私の部屋はクローズします。
17:00-18:00 これまでに制作した映像作品を部屋のモニターで再生します。

In my studio/room 402,
from 13:00-15:30 open-reading-session (detail below)
from 15:30-17:00 GUEST TALK @ 308, so my room will be closed.
from 17:00-18:00 I will be showing my past video works in my room.


<公開読書会>
昨年のレジデンス滞在開始以来、「日常をクエスト」と題して定期的に「ミシェル・ド・セルトー 日常的実践のポイエティーク」の読書会を3人のメンバー、時々ゲストを加えたりしつつやってきたのですが、その模様を公開でしたいと思います。
「空間の実践」という章の「歩行のレトリック」という辺りを回し読みしながら、時々「何書いてんですかねこれ?」と立ち止まり、考えながらすすめます。ご来場の皆様も飛び入り大歓迎。素通りも可。お気軽にお越し下さい。


from 13:00 to 15:30, I will be showing my room/studio 402 and doing open-reading-session with my research group. We will be reading "Practices of Everyday Life" by Michel de Certeau. We'll welcome you to drop in or pass by...either way is fine!

今回は年明けから大量十数名のアーティスト達が新しく滞在を開始しており、また違った面々でメディア系のアーティストが多いと思いますが、どういったプレゼンテーションをするのか楽しみです。これまでいらした事のある方もまた是非来てみて下さい!

We have many new residents this time. 13 or 14 artists. Many of them works with new media. well, please come and find out what they do as well !!

OPEN STUDIO
日本語/ http://www.tokyo-ws.org/archive/2011/01/open-studio-20101.shtml
English/ http://www.tokyo-ws.org/english/archive/2011/01/open-studio-2010january.shtml


soundartist77 at 14:45|この記事のURLComments(0)

January 18, 2011

AIRトーク? and I will be joining a "via-mentoring" event

(English scroll down)

年末のパフォーマンス疲れを年始通り越して持ち越してしまったのか、東京に戻ってから体調を悪くしてしまい、しかも歯までおかしくなりだして、コンディションがぐだぐだしてしまっている今日この頃です。。。が、そうも言っておられず、今日もひとつイベントに参加します。
国際交流基金、Arts and Law, Tokyo Wonder Siteの共催イベントでして、いわゆるトークイベントではなく、セミナーでもなく、ピアメンタリングという聞き慣れない形式だそうです。平たく言うとたぶん、参加者とゲストがより平板に個別に話したり、小さいグループで話し合ったりするみたいな感じでしょうかね。

で、トピックは「AIR! AIR! AIR! ― 海外でステップアップを目指せ! ―」
Artist in Residenceを略してAIRなのですが、海外での制作活動について考える会の様です。私もこれまでカナダ、オーストリア、日本といくつか経験しているのでその辺りで思っている事などを皆さんとシェアできたら、と思います。

当日の参加も受け付けておられると聞いてますので、ご興味あれば。

詳細はこちら:http://www.arts-law.org/hot-news-1/airairairkaigaidesuteppuappuwomezase

............

Long time no updates! sorry, I have been little sick for a while, and now my teeth are giving me pain...so I need to go to dentist...well, I am definitely not in good shape but there are things to do!!

well, tonight I will be joining a "peer-mentoring" event to discuss about Artist in Residency. It is an event hosted by Japan Foundation, Arts and Law, Tokyo Wonder Site. 3 guest artists and participants will discuss about AIR, their experience, problems, etc.

details here: http://www.arts-law.org/hot-news-1/airairairkaigaidesuteppuappuwomezase
(only in Japanese...)

soundartist77 at 13:33|この記事のURLComments(1)

September 08, 2010

ひさびさに I updated my Web site a bit !

(Biligual)

36_10

etude no.36 garden of left-overs (C) mamoru / Tokyo Wonder Site

このブログではちょくちょく最近の仕事を紹介しているので、何気にウェブの方がアップされないまま停滞?していました。いまの生活は名刺交換をさせて頂く事も多く、いいかげん最近の作品もあげなくては、とおもっていたので、ちょうどポートフォリオを新しく作り直し中でもあり、素材はあったので、こんな感じで新しいページを加えてみました。ページ自体は、まだ多少訂正が必要ですが。。。未紹介の画像なんかもあると思うので良かったら一度見てみて下さい。
音ファイルもありますよ。
http://www.afewnotes.com/etude_36_jp.html

ブログ読者の皆さんにはもういいかげんおなじみのetude no.36のページです。食べかすやら残り物の種やらではじまったプロジェクト。すでにこんな立派に成長しています。


How are you every one?
Look at the image! My garden of "left-over" is growing great!

well, I have updated my Website and add a new link for my etude no.36.
If you have been reading this blog, there aren't much new things, but maybe haven't heard the recording of it?
http://www.afewnotes.com/etude_36_e.html

Many thanks to Juha for being a model ! (he is a finish composer.) and other models as well!

mamoru

soundartist77 at 01:07|この記事のURLComments(0)

July 22, 2010

訂正!! Updates !!

前回の記事等でお知らせしました、OPEN STUDIOですが、時間に間違いがありました!!
11:00-18:00とアナウンスしていましたが、正しくは14:00-18:00です。
また今回は居室ではなくて、3階のスタジオ304にて作品公開&パフォーマンスの予定です。

パフォーマンス予定時刻
14:15-14:45

17:45-18:15

TWS青山のリンクは以下の通りです。本当に申し訳ありません!!
http://www.tokyo-ws.org/archive/2010/07/open-studio-20107.shtml

.........................

I put up some wrong hours for OPEN STUDIO. please see the following!!
The door open at 14:00 not 11:00.
Pleas note also that I will be on 3rd floor this time, not in my own room on the 4th floor.

the performance will be taking place at around
14:15-14:45
and
17:45-18:15

more detail:
http://www.tokyo-ws.org/english/archive/2010/07/open-studio-2010july.shtml



soundartist77 at 19:31|この記事のURLComments(0)

July 19, 2010

トーキョー生活 and the OPEN STUDIO vol.3

またもやオープンスタジオが迫ってきました。月一というのはなんともハイペースに感じます。さて今月は昨年の夏ー秋にかけて東京ー大阪ー京都で発表したパフォーマンスベースの作品と映像(こちらは3月の個展でも発表しました)を公開しようと思っています。


.........................................

「etude no.12 ノリの佃煮を皆で食べるヴァリエーション」

12_4


2010.7.24

open studios @ Tokyo Wonder Site Aoyama
14:00 - 18:00

15時−16時半以外はスタジオ開放し常時映像などをご覧頂けています
my studio will be open except 15:00-16:30

パフォーマンス:
mamoru's performance
14:15-14:45
17:45-18:15


詳細:
http://www.tokyo-ws.org/archive/2010/07/open-studio-20107.shtml

detail(ENG):
http://www.tokyo-ws.org/english/archive/2010/07/open-studio-2010july.shtml

Map: http://www.tokyo-ws.org/access/aoyama.html

.........................................

soundartist77 at 10:47|この記事のURLComments(2)

June 28, 2010

ありがとうございました!and thank you for coming!

土曜日のオープンスタジオにお越し頂きありがとうございました!
おかけまさまで、今回もたくさんの方々に作品を知っていただける機会となりました。
ワークショップーパフォーマンスに参加された方はぜひともプランター画像をおくって下さいねー。

mamoru@afewnotes.com

取り急ぎ御礼まで、

.........................

thank you so much for coming out to the open studio on Saturday .
if have taken part in the performance and brought back the watermelon planter, please send me the image! to the following address.

mamoru@afewnotes.com

soundartist77 at 19:36|この記事のURLComments(0)