2010 etude no.36

May 04, 2010

etude no.36というアイデア。English and images updated!

(For English scroll down)

etude_36_UrAkno


先日のイベントで初めて発表したetude no.36 乾いた土に水を の事を少し紹介したいと思います。

先日のイベントでは、etude no.7オレンジソーダのためのヴァリエーションの際にドリンクを飲むために使用したプラカップ大が水受けに、また私がこしらえたキャロットスウィーツを召し上がって頂くために使用したプラカップ小のそこに穴をあけたものを組み合わせ、ちゃんと排水まで考えられた「etudeプランター」になります。

そして、キャロットスウィーツを作る際に使用した人参のへたを植えてもらい、etude no.13氷を吊るすヴァリエーションから得たわずかながらの水を使って、最後に「乾いた土に水を」という音作品を体験してもらうのですが、イベントの時間全てがひとつの行為に昇華されていくという構成にしました。また、イベントは参加者全員がこのプランターを作り、へたを植え、持ち帰って日々水をやり、音を聴きながら、人参の芽を待つという継続参加型作品となるのですが、その過程を画像報告してもらうことにしました。近々専用のウェブサイトを作ろうと思っていますがそれまではこのブログかHPの一部でアップして行こうと思います。

cooking03

こちらは金曜の晩だけのスペシャル版「etude no.16 なにがしらのトマト煮込みのためのヴァリエーション」で同じく人参のへたを最終的にはプランターに植えます。

etude_no36_MrtH

こちらは見ての通り、トマト缶が水受け、プラカップ中の底に穴あけしたものがプランターです。画像は参加者Mrtさんからの投稿です。「さっそく天気もよかったのでetude no.36を外にだしてみました。わりと車のよく通る今里筋沿いですが、タフに育ってくれれば幸いです。。。やっぱ、窓際の屋内に引っ越そかな(笑)」とのこと。

etude_no36_TdKj


こちらも日当たりの良い場所を得た別のプランターTdKjさんからの投稿です。「最近借りた仕事場の出窓に置いてみました。」とのこと。隣の自転車模型に勝るとも劣らないお気に入りアイテム感があって嬉しい限り。

他の参加者の皆さんからの画像もお待ちしています!また勝手にやってみます!という自主参加の皆さんもお待ちしています。実は昨日もひとりetude no.36の話をしたらやってみる、という若者がおりました。笑

どんな畑ができあがっていくのか。楽しみです。

それでは!

。。。。。。。。。。。。。

For the past few weeks, I had been trying to come up with some ideas for for my new performance piece "etude no.36 water and dry earth." The work derives from the sound experience you'd have when you pour some water onto dry earth, the very subtle yet very clear sound.
I composed 2 hour event in which all the elements eventually become a part of this new work. I needed to concrete it for 3 days performance at project room ift in Osaka.
ift_no13_jars

First, I started with etude no.13 hanging ice. The ice cubes with the very thin lubber thread with a small hook attached to its end. The ice cubes were handed to people to hang. The participants also placed glass jars on the floor to catch drops of melting ice, which makes dripping sound. They were asked to bring the glass bottles from their home.

no36_vishwa
Then I served the sweet dish I made from carrots. One of the artist, Vishwa from India, at Tokyo Wonder Site that I am residing, gave me her home recipe before I left Tokyo for the performance. It consists of some grounded carrots, butter, cream, cinamon, sugar, nuts, and raisen. I guess you can probably imagine what it would be like? It was served in a small plastic cup.

I also performed one of my latest piece; etude no.7 variation orange-soda. and this was served in a bigger plastic cup.

ift_watchingDVD

While I wash and prepare some other things, I put my DVD work for people to watch.

ift_no7_playing

Also, I gave people my original straw "World Wide Straw Foundation" model to play.

ift_no36_carrotshead

At the end, I put out the carrots heads that I had kept from cooking the sweet dish, and presented on the light box. I made a small holes on the bottom of the smaller plastic cup that people used. and put some earth to plant the carrots head. The bigger cup functions as a water plate. So, now all the ex-garbage assembled together to be a transparent planter.

ift_no36_planting

I invited people to make their own planter with the carrots heads. Thus the "sound generators" were prepared. Now that we need water to generate the sound, I pointed out the floor. The glass jars that were used for etude no.13 now contains some portion of water: the ice cubes were melted by that time.

ift_no36_listening

After a total silence, I suggested people to pour their water onto the dry earth and listen to it very close.

etude_no36_kjr01

The participants brought back the plants to their home/work places. Some of the images you see in Japanese sections are the images they have sent me. The images of stew and bread was served for special event on Friday night when I invited Manpei Tsurubayashi, a great speaker builder, to do a listening concert, and at the end I performed similar variation of etude no.36; variation for Tomato can and other vegetables (carrots in this case) stew.

That was how I composed the event.

If you wonder what it sounds like, you can do it yourself. very easy.
The reason why I integrate carrots (or could be other vegetables) is that I want to make a bridge between life and the work. Also, by planting something, you care more about how much water you put, when you water and sorts of things, which are kind of limitation. I believe the limitation gives you more oppourtunity to concentrate on listening, much deeper level.

send me images and short text if you plant and listen to etude no.36!

etude_no36_ksy02


soundartist77 at 10:35|この記事のURLComments(2)

May 15, 2010

トーキョー生活 and a little flower and many plants

(Bilingual)

しばらくぶりです。先日、東京に戻ってから、大根のへたが成長して花をつけました。
How things are going with you? After I was back in Tokyo a week ago, my Daikon radish put a little flower.

36_Daikon_flower_sml


今日は先日のイベントの参加者の皆さんから送られて来たetude no.36の画像の一部を掲載します。こうして見ると、芽が出る事が目的になってしまいがちですが、もちろん音を「聴く」事が作品の核心なので、極端に言えば、別にうまく育たなくてもいい、と思ってやっています。じゃあどうして、へたなり、種なりを植えるのか?と言うことになりますが、今の段階で言葉になっていることは「聴く」行為に節度/形をもたせるため、つまり「乾いた土に水を」やることは土と水で完結してしまうのですが、etude no.36というアイデアを得た背景に「水やり」という行為ならではの体験が深く関係しているからで、何か聴くという目的で別の何かを生み出すという点にも着目しているからです。ちょっと分かりづらいたとえかもしれませんが、音をどういう風に形にするか、という意味では、何かの楽器の音と曲の関係みたいなイメージもあるかもしれません。また言葉が出てくれば書いてみたいと思います。

etude_no36_inh_sml


IMG_0187


For this article, I will just post some of the images that I got from the participants of my last etude events. Not to mention, there were some more plants that did not grow or died afterwards. I consider it is ok like that since my etude focus on "listening" to the water going into the dry earth, not growing plants. However, it is essential that I incorporate the planting; I want to give a certain form/experience to the way of listening its sound by the fact that there is some plants under the earth. Maybe to some extent, I can compare it with the relation to the notes from an instrument and a composition in a sense that composition gives order to each notes and form a piece. I also believe it gives a totally different sensation from just watering the dry earth when you water and actually grow plants. well, more thoughts to come later, I guess.

etude no.36 / carrot's head

etude_no36_mrt02


etude_no36_urk02


SA3D0022


etude_no36_okn01


etude_no36_okn03


100517_1013~01


etude_no36_oky



etude no.36 / others

etude_no36_ochm_sml


人参のヘタが腐ってしまったようで、代わりにレタスの種を植えてカスタマイズして下さいました。

The carrot's head he got at the performance went bad, so he planted the lettuce seeds.

etude_no36_kj


作品の内容をブログで読んでetude no.36を自分の植物でもやってみた!というレポート画像を頂きました。
I got this image from a person who learned about my etude no.36 and have tried the sound with own plant.

参加者の皆さんありがとう。なんとか良いヴァリエーションがこのetudeからも生まれる様に願っています。
Thanks everyone. I am happy to share this idea with you all. Hopefully, I can make nice variation out of it.

soundartist77 at 15:57|この記事のURLComments(2)

March 09, 2011

トマトのupdate

(japanese only)
09_tomato_fruit_5


先日アップしたトマトですが、色づいてきました。刻一刻とトマトらしい色になってきていて、画像を撮った朝とブログを書いている今でもだいぶ色が違います。

最近は、4月9日からのYUKA CONTEMPORARYでの個展、4月2日からのTWSグループ展、そして17日に発売開始予定の本の事、さらにはTWS退居のための引っ越しと、とんでもなく重なってしまったので大変な状態なのですが、トマトの生長になんだか元気をもらってます。笑

今週末には最後のオープンスタジオもあったりするので、是非みなさんも見にきて下さい。

それが無理でも、四月にお会い出来ますこと願ってます。

トマト通信でした。

soundartist77 at 19:04|この記事のURLComments(0)

March 25, 2011

トマトはつよし and my tomato is growing!

26_tomato

etude no.36 variation for growing tomato seeds left on the cooking board

東京に戻ってまず確認したのが植物達の無事な姿でした。正直、10日ほどあけてしまったので元気がないかもな、と思っていましたが。。。なんと赤々としたトマトの実をつけていました。しかも画像奥にわずかに見えますが、あと3つ!そして別のところにもう1つ。しかも他の種類のトマトの木からも実が。。。なんだか今の心境と相まって、私も頑張らなくては、と思わされております。

When I came back from Kyoto/Osaka to Tokyo, first thing that I did was checking all my plants and giving them water. I was thinking maybe some of them died already...but to my surprise, one of the tomato is now ripe, ready to eat! you can see three more in the image behind the red one. Somehow it linked to my situation, and I was kind of encouraged to go on.

トーキョーワンダーサイトでの滞在の成果を発表する、TOKYO STORY 2010というグループ展にて、こちらのトマト実物も展示できればと思っています。地震の影響でもろもろ変更になりましたが。4月28日よりTWS渋谷、本郷、青山で開催されます。私の作品はTWS渋谷にて、昨年12月にパフォーマンスを行った馴染みの空間?です。また追って告知します。今はとにかく9日よりはじまる個展にむけて目下制作中。なんとか間に合わせなくては!

The group exhibition for Tokyo Wonder Site, where I would probably show these plants project is now postponed to April 28th. I will be showing my work in Shibuya, where I had the performance in December 2010. Well, first my solo show from the 9th! hope to see you there!

それではまた!

soundartist77 at 16:45|この記事のURLComments(2)

August 02, 2011

やはりここがおさまり良い様です。and the tomato is back home

tomat01

etude no.36 variation for growing tomato, round trip to Tokyo (C) 2011 mamoru

ちょい前にTweet(@afewnotes)してた様に、強行軍で東京往復を刊行。滞在わずか15時間。もちろん疲れましたが、打ち合わせと取材も無事済んで、買い出しもできて、見たかった展示も見れてなによりです。

今回は読売新聞の取材だったのですが(また記事が掲載される直前に詳細お知らせします!)、TWSでの展示をご覧頂いた様で、「何か植物を」というリクエストもあり、小さめのトマトを青森からつれだして、お手製の箱にいれて、ときどき太陽あてたりしながら歩いてたので、なんだか一人ではない感じでした。あらためて植物の存在って大きいな、と思いました。「ペット不可」と書いてあるレストランとか入る度に、なんだか自分だけの視線が変化してて、トマトがペット的な存在になっている感じにはひとりでちょっとウケていました。

ACACでも進行中のetude no.36ですが、MAC(midori art center)という小スペースの窓際でもちょっとしたミニインスタレーションを進行中です。(これが全貌ではありませんよ!w)

window_02

【展覧会】mamoruサテライト展「etude for everyday life / 日常のための練習曲」
日 時:2011年7月31日〜9月19日(月)
※予約制(ウィンドウ越しに覗くことも可能です)

現在国際芸術センター青森で開催中の「再考現学」展に参加しているmamoruによるサテライト展を密かに開催します。日々の出来事を少しずつ記録していくような展示で、鑑賞は予約制になります。ご希望の方はmidoriartcenter(at)gmail.com(←atwを@に変換してください)

soundartist77 at 08:30|この記事のURLComments(0)