reviews

October 27, 2011

ハノイより。その5 and about myself and a Mizuki Takahashi wrote a text for our exhibition!

(The English follows the Japanese, and Vietnamese at last !)

この文章は、Mami、mamoru、下道基行による「NOWHERE」展の小冊子の為に書き下ろされた文章です。冊子には英訳、ベトナム語訳のみが掲載されるため、原文も読んで頂きたいと思い、高橋さんの許可のもと、アップさせえいただきます。

。。。。。

「美しいと言うこと」の自由について
高橋 瑞木(水戸芸術館現代美術センター学芸員)


「美しい」ということについて、Mami、下道基行、そしてmamoruの作品を通して考えてみようと思う。なぜなら、私たちは最近アートを見ても「美しい」とは言わなくなっているから。
「美しい」の変わりに、最近よく使われるのは「興味深い」という言葉だ、と言ったのは、批評家のスーザン・ソンタグだった。彼女は「美について」というテキストで、「美」という価値がどうして「興味深い」にとってかわられたのか、とても「興味深い」考察を述べている。(1)
「美しい」という言葉は、規範化されている表面的な形式を指し示しているような印象を与えがちだ。その形式は絶対的で、厳格な価値を備えているようで窮屈な感じがするし、その規範から逸脱するユニークさは排除されてしまう印象がある。だから、この窮屈で保守的な「美しさ」からより自由で幅のある価値を求めて、「面白い」という言葉が使われるのだろう。「面白い」は、確かに便利な言葉だ。ある作品をどうにも受け入れ難いと思っても、とりあえず「面白い」と言っておけばその場のお茶を濁し、自分の価値判断に猶予を与えることができる。
さて、Mami、下道、mamoruはそれぞれ身体、写真、音と三者三様異なる素材を媒介にアーティスト活動を実践している。しかし、彼らに共通するのは、プロダクツとしてのアートを作るのではなく、人と人との関係や、普段見過ごしていたり気に留めない事象に対しての気づきなど、形を持たない瞬間を作り出していることだ。アートをモノづくりだと考えるならば、彼らの実践はそこからはずれたちょっと「面白い」ものだが、果たして本当に「面白い」という言葉で片付けてしまうことがふさわしいかは疑問だ。それは、彼らの実践の根底に「美しさ」の発見があると思うからだ。人と人のコミュニケーションの課程で生じる笑いや、日常生活の中でさりげなく、あぶくのように生まれる創造性、普段何気なく使っている日用品がかすかに奏でる音、こうした現象にこの3人の作家は愛おしさをもって眼差しを向け、実践を通してアートへと昇華させる。
私たちが目撃する彼らの実践は、人が生活している場所であれば、「今、ここ」でも、「どこでもない場所」でも、共有されうるささやかだが普遍的な「美しさ」への誘いである。そのインビテーションは、今や世界のどこにでも開催されているアートプロダクツが溢れる市場優先型のアート界とは、逆の方向を指している。だから、わたしは彼らの実践を見聞したときに勇気づけられ、こう感じることができるのだ。日常生活の中で、もっともっと「美しい」と言っても良いのだと。そして、アートは「美しい」という言葉を発することのためらいから、解放してくれるものなのだと。


(1)Susan Sontag, An Argument about Beauty, Daedalus, Vol. 131, 2002


:::::::::::::::::::::::::::::::

A day before the opening, I am at the Japan Foundation office, resting a bit before getting back on exhibition site to install works.

As I wrote on the other day, I am working on the two works. One is about listening to the sound of Hanoi; the title is "THE WAY I HEAR / HAY LẮNG NGHE." The work would be combined with a small piece called "tuning plugs," which probably help people reading the sound description in a little silent way, and it will create another moment but I won't write it here, you should try and see if you can get it. 

The other one is one of my etude works; etude no.11 variation for 2 electric fans and 200 tin hangers. I have made the similar variation for hangers and electric fan in Aomori, and in Taiwan this year. And this time in Hanoi. 
The new variation is inspired by a specific experience. On Oct 10th, I wrote the following: After a week of humid & raining days, the sun light finally came out through the dusty air. Today, I saw lots of laundry on all kinds of cables/wires out on the street; the electric cables between houses and trees, metal wire crossing over the streets, and even on the barbed wires! There were full of closes hanged under the sky. It was beautiful and I just imagined what the sound might be like if wind blows when people put off the close and left some hangers there.

I have written more about two other artists, and I can write about mine more, however, instead of doing so, I would like to introduce the text that Mizuki Takahashi, a curator of the Contemporary Art Center Art Tower Mito, wrote for our booklet of the exhibition.
 
....................................


The Freedom to Say That "It Is Beautiful"
Mizuki Takahashi / Curator, Contemporary Art Center, Art Tower Mito

I would like to consider the issue of stating "beauty" by examining the works of Mami, Motoyuki Shitamichi, and mamoru. It must be worth discussing about it because of the fact that people no longer respond to the art works saying that it is "beautiful" anymore. Suzan Sontag, a critique, once wrote that the people recently tend to employ the word "interesting" instead of "beauty." In her essay, "An Argument about Beauty"(1), she raised an "interesting" discussion about how "beauty" as a word representing a sense of value has been replaced by "interesting."
The word "beauty" tends to give such an impression that it is referring to a standardized form; the form nearly stands as something absolute, together with a set of value which is rigid and restrictive. The alternatives that deviate from it are most likely to be excluded. Therefore, people prefer to say "it is interesting," hoping that it implies much broader and flexible senses of values rather than this binding and conservative "beauty". The word "interesting" is surely convenient as an opinion on the work that you cannot appreciate or understand at a first glance. You can avoid making your clear standpoint and postpone your final judgment on it for a while.
Mami, Shitamichi, and mamoru practice and realize their art with different media: body, photography, and sound. However, instead of producing art objects, all of them create ephemeral moments that do not have any physical shape, such as relationship between people, and the awareness to the subtle gestures that we normally do not pay any attention to. Therefore if I define art as the fabrication of the objects, then their artistic practices are off the grid, and in this regard, their works are "interesting". But I am reluctant to label them as just being "interesting" since I find the notion of “beauty” underneath their practices. They discover “beauty” in the humor that is brought into being through communication among people, in the everyday creativity that is indistinct and that may only last for a short while, and in the sound of the everyday objects that we use without any care. These three artists look into those elements with their affections and mold them into the art works.
They draw you into the understated yet fundamental "beauty." Therefore their artistic practices that we would be witnessing can be understood whether it is "now here" or "nowhere", any place where people run their lives around. They invite us towards the opposite direction of the current art world, which is market-driven, and full of commercial art productions. This is why I feel encouraged when I observe or learn about what these three artists are doing. I can feel free to say that "it is beautiful" in everyday basis, and feel also free to believe that art can break the chains of our hesitation and give us freedom to say that "it is beautiful."

(1) Susan Sontag, An Argument About Beauty, Daedalus, Vol. 131, 2002

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Tieu đề: Sự tự do binh luận về cai đẹp

Mizuki Takahashi (Curator, Contemporary Art Center, Art Tower Mito)


Toi muốn xem xet lại vấn đề về việc binh luận, đanh gia về “cai đẹp” thong qua việc khảo sat cac tac phẩm của Mami, Motoyuki Shitamichi va Mamoru. Đay la một vấn đề thiết yếu, cần phải được thảo luận, vi tren thực tế, mọi người khong con sử dụng nhiều cau noi “thật la đẹp” để đanh gia về cac tac phẩm nghệ thuật nữa. Nha binh luận Susan Sontag từng viết rằng con người ta gần đay co xu hướng sử dụng từ “hay” thay vi “đẹp”. Trong bai phan tich co tựa đề “Tranh luận về cai đẹp” (1), ba đa từng đặt một vấn đề thảo luận vo cung “thu vị” về cach lam thế nao ma “đẹp” – một từ ngữ dung để diễn đạt gia trị quan về mặt thẩm mỹ lại bị dần thay thế bởi từ “hay”.

Từ “đẹp” thường đưa ra một ấn tượng về một hinh thức tieu chuẩn, một hinh thức gần như chạm đến sự tuyệt đối, cung với một tập hợp cac gia trị cứng nhắc va hạn hẹp. Những thể thức chệch khỏi tập gia trị ấy hầu hết đều bị loại trừ. Bởi vậy, người ta thường noi “thật la hay”, với suy nghĩ rằng lời noi của minh bao ham y nghĩa về gia trị quan rộng hơn va tương đối dễ xe dịch hơn sự đong khung về “cai đẹp” bảo thủ. Từ “hay”chắc chắn tiện hơn khi được sử dụng để đanh gia một tac phẩm ma bạn khong thể cảm thụ hết hay hiểu được ngay từ cai nhin đầu tien. Bạn cũng co thể tranh noi thẳng ra quan điểm của minh hoặc la tri hoan việc đưa ra kết luận cuối cung về tac phẩm đo. Mami, Shitamichi va Mamoru thực hanh va hiện thực hoa nghệ thuật của họ với cac phương tiện truyền thong khac nhau: cơ thể, nhiếp ảnh va am thanh. Tuy nhien, thay vi việc tạo ra cac đối tượng nghệ thuật, những nghệ sĩ nay đa tạo nen những khoảnh khắc phu du khong co bất kỳ một hinh dạng cụ thể nao, chẳng hạn như mối quan hệ giữa con người với con người, va sự nhận thức về những mối quan hệ tinh tế ma chung ta thường khong để y đến. Nếu toi định nghĩa nghệ thuật như sự hinh thanh nen cac đối tượng, vật thể, thi việc thực hanh nghệ thuật của họ nằm ngoai khuon khổ tieu chuẩn, va theo đo thi cac tac phẩm của họ được cho la “hay”. Đồng thời, toi miễn cưỡng liệt những tac phẩm của họ chỉ la “hay” vi toi tim thấy trong tac phẩm của họ y niệm về “cai đẹp” nằm dưới sự thực hanh nghệ thuật. Họ tim thấy “cai đẹp’ trong sự hai hước được mang đến qua sự giao tiếp giữa mọi người, trong sự sang tạo hang ngay ma khong ro rang va co thể chỉ tồn tại trong giay lat, cũng như trong những am thanh của những vật thể thường dung hang ngay ma chung ta khong để y tới. Ba nghệ sĩ tai năng nay đa nhin vao những yếu tố đo với những tất cả tinh cảm chan thanh va nuoi dưỡng chung trong cac tac phẩm nghệ thuật của minh.

Sự thực hanh nghệ thuật của họ ma chung ta đang được chứng kiến co thể được hiểu theo cả hai nghĩa: “now here” (ở nơi đay) va “nowhere” (khong ở nơi đau), bất cứ nơi nao ma con người sinh sống. Họ loi cuốn bạn vao một “cai đẹp” thường bị đanh gia khong đầy đủ nhưng tren thực tế lại vo cung quan trọng. Sự tiếp cận của cac nghệ sĩ nay đi theo hướng đối lập với xu hướng của thế giới nghệ thuật hiện nay: cac sản phẩm nghệ thuật mang tinh định hướng thị trường va thương mại cao. Đay chinh la ly do vi sao toi cảm thấy được động vien phần nao khi toi được ngắm nhin hay học hỏi những gi ma ba nghệ sĩ nay đang lam. Toi co thể hang ngay tự do ma noi rằng “cai nay thật đẹp”, cũng như cảm thấy tự do ma tin rằng nghệ thuật co thể pha vỡ những mắt xich rang buộc sự do dự của chung ta va mang lại cho chung ta sự tự do ngon luận khi noi rằng: “cai nay thật đẹp”.

(1) Susan Sontag, An Argument About Beauty, Daedalus, Vol. 131, 2002


soundartist77 at 16:56|この記事のURLComments(1)

August 11, 2011

大阪版、今日の夕刊に掲載!and an article about me is on the news paper again!

先日、読売新聞東京版に掲載された記事が大阪版の夕刊文化面「新鋭気鋭」というコーナに掲載されます。本日木曜の夕刊だそうです!対象エリアのみなさまどうぞご覧下さい!よろしくお願いします。

soundartist77 at 17:50|この記事のURLComments(3)

August 05, 2011

土曜日夕刊に掲載されます and an article about me'd be on a newspapper!

tomato_meeting

photo: 取材時の様子

先日、取材を受けた際の記事が読売新聞(関東版)の8月6日付け夕刊文化面「次世代人」欄に掲載される予定です。記者は読売新聞文化部の美術記者・市原尚士(いちはら・しょうじ)さんです。
関東版エリアに皆さん是非ともご覧下さい。

soundartist77 at 10:00|この記事のURLComments(2)

February 08, 2011

ANAの機内誌の全文掲載 and sorry it is in Japanese !

ANA


ANA 機内誌「翼の王国」2011年2月号 (P153) ANA MEETS ARTより

監修:長谷川祐子(東京都現代美術館チーフキュレーター)
文:川崎昌平(作家/アーティスト)

 それは海苔の佃煮が入っていた小瓶だった。手に平に収まる大きさの透明な容器は、企図されたモノとしての使命を果たした後、mamoruという一人のアーティストによって、新たな命運を得る。くしゃくしゃに丸めたサランラップを小瓶に押し込む。小瓶をそっと耳元へ近づける。すると産声が聞こえる。モノが自分に課せられた意味から脱皮した瞬間の、幽かな、しかし、重たい音が、そこには響いていた。

 mamoru氏の描き出す音は総じて小さい。声高でなく、荘厳でなく、居丈高でもない。漠然と日常を消費していると聞き逃してしまう音ばかりである。ストローを吹く音、植物に水をやり、その水が土に染み込む音、丸められたサランラップがもぞもぞと動く音……仕組みだけ知ってしまうと、あっけないぐらい単純で、繊細な音たち。さりながら鑑賞者がその音と接したとき、名状し難い幸福な感慨を聞くという行為の中に発見してしまうのは、どこまでも丁寧な姿勢が、mamoru氏の音の導き方に、敢えて言葉を選ぶならば「演奏の作法」にあるためである。

 友人とサクランボを食べる、種が残る、その種を植える、芽が出る、水をやる、土に水が染み込む。その音を聞く。クリック一つで再生される音ではない。音が生まれるまでの時間の中に、むしろ鑑賞者の思考の遊ぶ余韻が香る。ストローにしても佃煮の小瓶にしてもそうだ。mamoru氏によって饗されるジュースや薄いせんべいに佃煮やマヨネーズを塗った謎の食べ物を、語らい、笑い、楽しく飲んだり食べたりした時間が、必ず音の中に潜んでいる。ハッとするような愛らしい佇まいのある音である。上質な指揮者でなければこの過程はデザインできず、秀逸な演奏家でなければこの結果は導けない。

 モノを使う行為は、誰でもできる。が、定められた用途や意味から逸脱しない態度は、本当にモノを使っているのだろうか? ジャラジャラとボタンのついたリモコンを手に地上デジタル放送に対応した薄型のテレビと向かい合う瞬間、ひょっとすると自分はテレビに使われているのではないかという錯覚を抱くことがある。消費し、モノを使用する一連の流れを疑わない(考えない)姿勢は、もしかするとモノに使われている人間の証左かもしれない……などと考え至ると、mamoru氏の作品たちが輝き出す。音というメディアを用いて、もう一度モノを使う人間になろうとする提案が、mamoru氏のアートには隠れているのかもしれない。今のような時代だからこそ、本当に必要な作家である。

soundartist77 at 11:00|この記事のURLComments(0)

February 04, 2011

氷、お茶、そして水と紙 2 and an another review!

(Japanese only)

先日、昨年末のパフォーマンスのレビュー的に、掲載させて頂いた宮津さんのコメントに引き続き、もう一方パフォーマンスにいらして下さった方のコメントを掲載させて頂きます。

19_Daniel_58

photo: etude no.38 水と紙 / パフォーマンスより

勝原基貴さん(日本大学大学院)

創造活動の歴史である建築史を研究している身でありながら、普段なかなか原点の人間的な側面や活動に直接触れていないので、ここ数カ月T.W.S.のイベントに足を運びつつ、大学での論文執筆という科学・工学的な狭く限定された手法にはない、現代アートのアーティストの方々の新鮮な視点と幅広い活動に、いつも色々と考えさせられることばかりです。

未だ「ストロー、無印インスタント麺、氷、湯と茶、水と紙、電動シェーバー」を拝見・聴したに過ぎませんが、それぞれのエチュードに通底していると個人的に感じている「既製品と物流」「日用品と所与(アフォーダンス)」「媒介としての水」といったキーワードは全く建築の世界でも課題として扱われており、特に建築計画学においてアフォーダンス理論はその研究と応用が続けられている分野でもあります。色々と他の方も含めて作品を鑑賞するたびに、アートと建築では、最終的な作品化への段階や手法は違えど、主に自然界から普遍的(ユニバーサル)な要素を探す(習作)する点や、社会や都市の抱える問題を扱う点は、大きく共通するところで、着目している出発点、所謂アジェンダが同じであるように感じています。

今回のパフォーマンス「etude for everyday life」では、「日常に隠れた/気付いていない音」しかもそれを“アンプなどの特別な増幅装置を介さず、自らの器官をもって集中するだけで感受できることの喜び”みたいなものを教えられた気がしました。教えられたと言うと啓蒙的な印象がするので、考えさせられたと言った方が適切かもしれませんが、今回のイベントを通して、わたしの感性は僅かながら進化した気がします。そのような意味で、まるで最後に頂いた小さな瓶は処方された薬のようにも見えました。嗅覚を含めた五感を満たす反応を通して、とても新鮮な一時間を体験させて頂きました。


soundartist77 at 22:03|この記事のURLComments(0)

January 31, 2011

氷、お茶、そして水と紙 and a reviews of my perfomance

(Japanese only)

先日のオープンスタジオ、公開読書会に参加して下さった皆さん本当にありがとう!少し難解な箇所もありましたが、7人規模でやったのは初めてだったのでまた雰囲気がかわるもんだな、と思いました。その後もたくさんの方達にお越し頂き予想外に一歩も部屋から出れませんでした。笑。関心を持って下さった皆さんありがとうございます。引き続きあれこれやりますんで、どうぞいらして下さい。

その際に、PCモニターでスライドショー状態で昨年末にTWS渋谷にて行ったパフォーマンス「etude for everyday life」にて撮影した画像を流していたのですが。実際にパフォーマンスに来て下さった方から頂いたコメントを、許可を得て、こちらに掲載させて頂きます。

38_video_pf

photo: etude no.38 水と紙 / パフォーマンスより

宮津大輔さん
著書:「現代アートを買おう !」集英社新書 
連載 ARTiTで展覧会レーティング&レビュー 


今回mamoruのパフォーマンスを見て感じたのは、今年本郷で行った公演に比べると、格段に洗練され流れがスムーズになった点です。
 生きている音(楽)あり、録音されたピアノの音(楽)あり、映像あり、しゃべりあり、笑いありと盛り沢山でありながら、進行が流れるようで、最初から最後まで気持ち良く、「ミクロの決死圏」的※な音の旅を楽しむことが出来ました。
 まるで、鰹節、さば節、あご節といった様々な出汁の素を使っていながら、全く濁りのないきりっと澄んだ出汁のようでした。
 
 前回と異なる2階建てという変則空間を上手く利用した構成も、二種類の紙の持つ素材の違いを、場所や行為の差異に転換し、音だけではなく目で見てわかる形にしたことや、時間や場所の移動、過去の体験といったオーディエンスとパフォーマーの間にあり且つ、埋めることの出来ない事象を、象徴的な映像で表現しつつ、映像の中と現実の所作をブリッジにしている点も、エッシャーのトロンプルイユ的な作品や、マトリョーショカ人形のようで見事でした。

 この人数で行うパフォーマンスとしては、もはや完成の域に達しているのではないかと思います。勿論お茶や舞と同様に、所作や語りに磨きをかける点に限界はなく、尚一層の研鑽も悪くないとは思います。

 しかし今後の課題としては、スペースが大きくなり、オーディエンスが増えた場合に、どのように見せるか、また実際にパフォーマンスをすることが出来ずに映像だけの出展となった時に、現実と映像の入れ子状のおもしろさや、時間や空間の移動について、如何にシンプル且つ大胆に映像表現の中だけで完結出来るかという点に尽きると考えています。

 次回の展覧会?公演?で、この課題にどう取り組むか、その成果を楽しみに待ちたいと思います。

※普段身近にありながら、気づかなかった想像を超えた事実の発見という例えで使っています。



soundartist77 at 10:00|この記事のURLComments(0)

November 19, 2010

トーキョー脱出!and thanks for coming out!

biginjapan_ai_photo-0

photo: ai hibino, 2010.11.19. Melbourne

thank you all of you who came out for Big in Japan festival in Sydney and Melborne! also KIRIN, Ksubi, Mixitup, and Amelia for bringing me to Australia!
I had so much fun performing and the work has been developed and now I'm going to put it into a video work.
I hope you had enjoyed it as well and hopefully have more chances to see each other in near futue!!!
thanks again, have a good day!

added on 12.11

here is an article about my performance in Australia by Amelia Groom
http://biginjapan.com.au/2010/12/the-sound-of-noodles/

.........…

オーストラリアでのパフォーマンスを終えて帰国しました!
またオープンスタジオが次の週末にありますのでこちらでも案内させて貰います!



soundartist77 at 07:40|この記事のURLComments(2)

June 18, 2010

記事掲載。article in japanese

etude_no7_orangesoda_pouring



季刊誌「視覚の現場vol.5」の裏表紙にDVD「etude no.7 variation for orange-soda」からの静止画像が掲載されました。裏表紙解説という体で短文ですが作品の事も紹介して頂きました。
記事は京都市立芸術大学准教授の加須屋明子さんが書いて下さったもので、加須屋さんはこれまで何度もパフォーマンス等に来て下さっていて前々から作品をフォローして頂いてるのでとても嬉しいです。

Webより抜粋。
『美術フォーラム21』の姉妹誌たらんとして2009年5月に創刊された季刊の情報誌。創刊号は「時評」「調査研究から」「展覧会から」の三部よりなり、 22篇の記述を集める。見開き2頁、もしくは4頁の読み切り型のうえ、携帯できるA5判の大きさなので移動中などちょっとした時間に読めるのが特色。視覚文化のさまざまな領域で起こっている時事的な動向や、今活躍中の執筆者の関心事などが、手に取るように分かる。
http://www1.odn.ne.jp/daigo-shobo/contents/sg/sg005.html

だそうです。

記事ではないので、インデックスにはクレジットはありませんが。vol.5です。参考まで。

....................

A short Japanese article and an image from my DVD work "etude no.7 variation for orange-soda" is on the back cover of "Shikaku-no-Genba," the seasonal magazine by Japanese art critics.

The writer is Akiko Kasuya, assistant professor at Kyoto City University of Arts, who has seen my works for several years.

mamoru

soundartist77 at 16:31|この記事のURLComments(0)

March 19, 2010

レビューを書いていただきました!

現代アートのポータルサイト「ART iT」で、先日のパフォーマンスと現在開催中の「オレンジソーダのためのetude」のレビューをコレクターの宮津大輔氏が書いて下さいました。

作品を真剣に見ておられる方から貴重なご意見をいただけるのは本当に励みになりますし、いろいろと自分で考える糧になります。

ぜひご一読ください。

http://www.art-it.asia/u/reviewd6/EgpuNQxv4c3dlaTZoiYH


soundartist77 at 12:38|この記事のURLComments(2)

November 18, 2009

Tokyo Art Beatに英文記事。

先日YUKA CONTEMPORARYにて行った「etude no.12 海苔の佃煮を皆で食べるヴァリエーション」のレビュー記事(著:Rachel Carvosso)がTOKYO ART BEATにて掲載されました。是非ご覧下さい。(画像数枚、記事英文のみ)


ライト
http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.en/2009/11/the-music-of-food.html



The link shows a review on Tokyo Art Beat by Rachel Carvosso. It is about the "etude no.12 variation for eating nori-no-tsukudani together", one of my recent performance in YUKA CONTEMPORARY(Tokyo) . Please take a look!

soundartist77 at 21:33|この記事のURLComments(2)

July 30, 2009

レビューを書いていただきました。

先日、gift_lab(東京・恵比寿)で行った etude for everyday objects のレビューをアートライターの藤田千彩さんが書いて下さいました。
http://www.peeler.jp/review/0907tokyo/index.html

またgift_labのNEWSでも画像、レポートが掲載されています。
http://www.giftlab.jp/diary/2009/07/etude_for_everyday_objects_rep.html


お時間ある時に是非読んでみて下さい。

また個人的にたくさんの方達から感想やコメントをメールで頂きました。ありがとうございます。こう言った事を励みに今後もさらに良い作品を見て、聴いて頂ける様に頑張ります。



soundartist77 at 11:36|この記事のURLComments(0)

July 27, 2009

ありがとうございました!

氷東京、大阪と数会場で行ったetude for everyday objectsツアーは盛況のうちに終える事ができました、会場まで足を運んで下さった皆さん本当にありがとうございます。
<「おみやげ」パフォーマンス。まずは氷の音。
<撮影:山口絵美


いつも来て下さる方々、今回が初めての方々、Webから興味を持ってくれた方々、通りすがりでそのまま興味持ってもらって参加して下さった方々、皆さん本当にありがとうございます。この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

毎回少しずつ状況に応じていろいろと工夫したつもりではありますが、いろいろと反省点もあり、ぜひご感想、ご意見だと率直な所いただけるとまた励みになりますのでお時間あればメールでも書き込みで大歓迎なのでよろしくお願いします。

あれだけ喋って!?まだ良い足りない事があるの?と苦笑されるかもしれませんが、この度のオーストリア・オランダ滞在を総括する形でDESIGNTOPEさんの方で記事を寄稿させて頂いてます。

「一本のストローから・・・オーストリア滞在記」の最終稿です。

時間のある時にでも、良ければ読んでみて下さい。

最新号    http://www.designtope.net/today/articles/620/
前回       http://www.designtope.net/today/articles/599/
前々回    http://www.designtope.net/today/articles/586/

そして京都方面の方々に主にお知らせですが、もしかすると8月の末ごろに再び「おみやげ」パフォーマンスをすることができるかもしれません。またこちらでお知らせしますので、その際は是非のぞいてください!

取り急ぎお礼まで!



soundartist77 at 01:24|この記事のURLComments(2)

May 10, 2009

ふたたび記事掲載

以前にもお知らせしたDESIGNTOPE.NETというサイト(建築・デザイ ン・アートに携わっている方々や、そのような分野への関心が高い方、また運営元代表の建築家でありプロダクトデザイナーである黒川雅之氏に興味のある方々 が読者だそうです。)で私の滞在記が第2弾が掲載されました。こちらのブログと少しは重複しますが、ブログではあまり触れていない、私の作品の背景にあるようなこととか、できるだけ話していないことを書い たつもりです。

ちょっとのぞいてみてください。
http://www.designtope.net/today/articles/599/



soundartist77 at 08:53|この記事のURLComments(0)

March 28, 2009

記事掲載!

オランダの報告ままならぬままですが、こちらも旬なうちにご報告させてもらいます。DESIGNTOPE.NETというデザイン系のサイト(建築・デザイン・アートに携わっている方々や、そのような分野への関心が高い方、また運営元代表の建築家でありプロダクトデザイナーである黒川雅之氏に興味のある方々が読者だそうです。)で私の滞在記が数回にわたって掲載されることになりました。こちらのブログと少しは重複しますが、できるだけ話していないことを書いたつもりです。

初回はオーストリア滞在のそもそものきっかけなどを書いてます。良かったら見てください!
http://www.designtope.net/today/articles/586/

4月のMQの展示のことで少しドタバタしております。
ギリギリでいろいろとハプニングがあるもんですが、なかなか苦労しております・・
いましばらくお待ちください!





soundartist77 at 10:47|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

October 21, 2008

や、やらせではありませんっ! (@〜@;)

performance先日のレビューに加えて、メディアの反応が形になってきてます。今回は、先日取材に来たtele quebec というテレビ局が、展示の紹介をネット上で1週間くらい流しているのでご報告まで。十数秒程度の映像ですが、少しばかり画像とはちがう感じで作品をお伝えできるかな〜。

リンクはこちら

ちょっと臭い演技!?みたいなカットが使われてしまったのが遺憾ですが。。。けっしてやらせではありません!ひたすらギャラリーで好き勝手にしてるところをカットされたのです。。。

今日はル・ソレイユというケベック州の新聞の文化欄のライターが取材にきました。昨日パフォーマンスを見に来てくれてとても興味を持ってくれた様で、一時間半ほどの取材になりました。
週末の2連続パフォーマンスと寝不足でけっこう疲れたので、何を喋ったか。。。土曜日に記事になるらしいので、何を書かれるか気になるところです。内容もさることながら、今週の土、日パフォーマンスに良い反応があると良いな、と思います。
それにしても明日書き上がるって言ってたのに、なんで土曜日なのかな、とか思うのですが、きっとカルチャー系の記事は週末に別冊みたいな感じででるのかな〜。ニューヨークタイムズとかはそんな感じでした。

ではでは、テレビのリンクはたぶん来週には消えると思いますので悪しからず!


soundartist77 at 06:30|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

October 17, 2008

沈黙の帝王!? 苦笑

先日のオープニングのパフォーマンスの事が「voir」というカナダの主要な都市で配布されているカルチャー紙?に掲載されました。ネット版もあるのでちょっと紹介します。まずはフランス語で。笑。

 Mamoru Okuno
Le roi du silence


ARTICLE - 16 octobre 2008

Vendredi passé, La Chambre blanche était baignée d'une atmosphère apaisante alors qu'y était présentée la performance musicale de Mamoru Okuno, pianiste jazz de formation. Le jeune artiste donna le ton dans la galerie transformée en caisse de résonance pour l'occasion. D'une simplicité idéale, on y devinait le bruissement des feuilles de papier ciré, le tintement des cintres de métal et le craquement de la glace qui, en fondant, se délestait de ses bulles. Le tout, mélangé en écho au souffle du public, devint un millier d'instruments, démontrant qu'on peut parfois s'émerveiller du simple sifflement dans une paille, et que pour qu'une musique s'épanouisse, il faut certains silences essentiels.


内容はとても好意的なので、よかったです。5段階評価で4つ星なのでなかなかの評価のようです。たまたまでしょうが、今週の他のイベントはみな3つ星でした。こっちのスタッフは記事が小さいけど4つ星だからまーいーか、って感じでみんな喜んでいました。

僕自身はフランス語がわからないので、こっちにくる前くらいから翻訳サイトというのを利用するようになったのですが、記事も某翻訳サイトにかけてみました。笑えますよ。

「マ モルオクノが、沈黙の帝王です -ARTICLE 2008年10月16日過去セバスチャンヒュードン。金曜日に、白人のルームは心休まる空気でまみれていました、ところが、マモルオクノの音楽の能力はそ こで提示されました(形成のピアニストジャズ)。 若いアーティストは、機会のために響きの場合には変わるギャラリーの雰囲気を与えました。 理想的な単純さの、人はそこでつやが出る紙のシュッを推測しました。そして、金属ハンガーと氷の急場を鐘を鳴らして知らせることがそれでした、その一方 で、建ちました。そして、彼/彼女/それの泡の放棄されました。 すべて(市民の息に反響に加えられる)は器具のうちの1000になりました。そして、人が時々わらで単純なヒスの驚嘆することができる、そして、音楽が花 が咲くように、若干の重要な沈黙が必要なことを証明しました。」

あえて全文掲載。笑。沈黙の帝王。。。帝王って〜。

英語はだいぶ原文に近いと思います。

「Mamoru Okuno The king of the silence
Past Friday, The white Room was bathed of a soothing atmosphere whereas the musical performance of Mamoru Okuno was presented there, pianist jazz of formation. The young artist gave the tone in the gallery transformed in case of resonance for the opportunity. Of an ideal simplicity, one guessed the swish of the sheets of paper polished there, the tolling of the metal hangers and the crunch of ice that, while founding, jettisoned of his/her/its bubbles. Everything, mixed in echo to the public's breath, became a thousand of instruments, demonstrating that one can sometimes marvel of the simple hiss in a straw, and that so that a music bloomed, some essential silences are necessary.」

思っていたよりも展示開始からやることがあるので、ブログがなかなかあっぷできませんが、展示までのサイドストーリーを書こうと思います。
ではでは

ガラススピーカーno11_girl

soundartist77 at 23:39|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)