2011 etude no.39 instant noodles

March 22, 2011

予定通り4月9日から!and I'm back to Tokyo

etude_no39

etude no.39 instant noodle

しばらく関西方面にいましたが明日、23日に東京に戻り、個展のための制作をやりなおす事にしました。レジデンスに滞在中だった海外アーティスト全員がいったん帰国した事を受けて、トーキョーワンダーサイトは一段落ついた感じです。(私の滞在も残すところほんのわずかです。)また個展なんですが、本当にいろいろな人達の助けを貰いながら、当初の予定通り4月9日からYUKA CONTEMPORARYで開催する方向で動いています。フライヤーも完成しています!個展と同時に、これまで発表してきた「日常のためのエチュード」シリーズに関する初めての本もなんとか予定通り4月に完成させる事が出来れば、頑張っています。こちらも友人のデザイナーが一緒に頑張ってくれています!
I have stayed for about a week or so in Kyoto and Osaka. All the artists from over seas at Tokyo Wonder Site have left Tokyo, and as you all know, things are still not completely settled down in Japan, but I decided to go back to Tokyo tomorrow. I will be having a solo show as it has planned @ YUKA CONTEMPORARY in Tokyo starting from April 9th. Also, I will publish the first book about my "etude for everyday life."

私が居た東京では地震や津波の被害はほとんどありませんでしたが、様々な面で地震の影響はまだまだ続いています。そんな中、海外の友人達が心配し、たくさんのメールをくれました、また私の状況を察して日本の友人達、仕事仲間らとも励ましのメールや言葉を頂きました。本当にありがたいことだと思っています。なんとか原発が安定し、日本の状況が改善に向かい、4月に皆さんとお目にかかれる様に心から願っています!
I would like to thank again for all the emails that you have sent to me after the earthquake. It was a big encouragement. I really wish all the situation at nuclear power plant resolve, Japan recovers again, and see some of you in April at my show!

2011.3.22.
mamoru

soundartist77 at 21:43|この記事のURLComments(2)

April 01, 2011

4月9日からです!and my solo show starts on the 9th!

(for English, please scroll down)
flyer_image


地震などの影響もあり、いろいろ考えましたが、予定通りにYUKA CONTEMPORARYでの個展は9日よりスタートします!前々から準備していたインスタントヌードルを作る際の音を聴くetude no.39のビデオインスタレーションを発表します。

展覧会概要
mamoru 『etude no.39 インスタントヌードル』
会期:2011年4月9日(土)〜5月7日(土)
会場:YUKA CONTEMPORARY
開廊日:月、水〜土 11:00-19:00 (日火祝休)
オープニングレセプション:
2011年4月9日(土) 18:00-20:00

お問い合せ:
YUKA CONTEMPORARY
info@yukacontemp.com / 03-5272-2476

その他の詳細はギャラリーホームページより
http://yukacontemp.com/pressrelease/pr016_mamoru.html

また、こちらからフライヤーpdfデータのダウンロード可能です。
http://yukacontemp.com/pdf/flyer_etude39.pdf

震災後、東京でも店頭で販売されている即席麺の数は減っており、このタイミングで「インスタントヌードル」という食品を作品行為のために使う事に関して、改めて考えましたが、基本的には構想していた作品を発表します。ただ一点、インスタントヌードルが以前に比べて、かなり減っているので、今後の状況も不透明ですし、買い占めにならないように、海外の友人達にお願いしてヌードルを送ってもらう事にしました。また会場では今回の震災で被災し、これから復興するために現地でたくさんの事をしていかなくてはならない方々を応援するためのささやかなアクションも考えています。どうぞご来場の際にはご協力お願いします!

..............

My solo show will start on the 9th as it has been planned. The video installation that I will present involves instant noodle as a part of the work. In Tokyo, because of the earthquake and what followed afterward, there is a little shortage of food. I have considered whether I should do this show or not, but I rather want to turn the situation into an action to help people in Tohoku. I have asked people abroad to send some noodles to the gallery that will be served during the exhibition and I will also ask people to make donation at the gallery. (if you can join the idea, please email me: mamoru@afewnotes.com)

etude no.39 instant noodle
2011.4.9 - 5.7

place: YUKA CONTEMPORARY
open: 11:00-19:00, Mon, Wed-Sat

opening: 4.9 18:00-20:00
contact:
info@yukacontemp.com / 03-5272-2476

flyer pdf
http://yukacontemp.com/pdf/flyer_etude39.pdf



soundartist77 at 15:52|この記事のURLComments(0)

April 15, 2011

続々と到着。and I named it "noodle bank"

(Bilingual)
P1060782

etude no.39 "noodle bank"

現在、おかげさまで無事に開催中の個展「etude no.39 instant noodle」において、ささやかですが今回の震災で辛い想いをされている方達への、私的なアクションとして「noodle bank」というのをはじめました。今回の個展ではインスタントヌードルを作る際の音を聴くという作品を発表しているのですが、来場者に振る舞われるヌードルを日本で買うとちょっとした買い占めになってしまうため、同じ思いを共有してくれた、世界中の友人が送ってくれたインスタントヌードルを使い、来場された皆さんに寄付を募る、という風にしたところ、本当にたくさんのヌードルが続々と届き、寄付もたくさん集まってきています。海外から送る場合、当然、送料がかさむのですが、そんな事を厭わずに何食も送ってくれて、気持ちが伝わってきます。今日現在で、ドイツ、オーストリア、カナダ、メキシコ、韓国、香港、ベトナム、イギリス、オランダ、オーストラリアから合計150食以上ものヌードルが届いています。

My solo show that features the sound of making instant noodles has opened. Before it opened on the 9th, I emailed and asked my friends around the world to help me getting noddles for my exhibition since there are little shortage of food, especially dry ones, even in Tokyo. Every time some packages arrive, it brings this great encouragement as well. I named the action as "noodle bank." I also asked the visitors to donate for the people who are still in great need because of the earthquake and tsunami.Over 150 noodles has arrived from Germany, Austria, Canada, Mexico, Korea, Hong Kong, Vietnam, Netherlands.

画像からも少しはその気持ちが伝わると良いなと思います。最終的に集まったお金と、残ったヌードルを持って、個展の後に直接困っている方達のところに届けたいと思っています。特定の団体に寄付するんではなく、現在いろいろと現地に入っている仲間から情報を集めているところですが、適切な形で届けるつもりです。このブログなどでもその状況をアップしたいと思います。

I will bring all the donation and noodles if there are any left to the survivors in the north of Japan. My friends who are already in the region to help them are giving me information, so I will pick up a person, or a art space and make a report on my blog. So, please check in.

まだ展覧会に来られていない皆さん、どうぞ「noodle bank」からヌードルを選び、お湯を注いで、音を聴いて、ヌードルを食べて、そして寄付に参加して下さい。宜しくお願いします!

If you can come and see my shows, please choose one from the "noodle bank," listen to the sound, eat it, and make donation!

mamoru

soundartist77 at 17:26|この記事のURLComments(0)

April 22, 2011

注文してください! and my book is on Amazon.

(Bilingual)
book_Nadif

@ NADiff a/p/a/r/t

17日(日)にNADiff a/p/a/r/tにて行いました「etude for everyday life / 日常の為の練習曲」出版記念トークにお越し下さった皆さん、本をお買い上げ頂いた皆さん、本当にありがとうございます!おかげさまでトークも盛況で、私にとっても良い節目を迎える事ができました。
Thank you for coming to the talk on this past Sunday and buying my book, "etude for everyday life." I am glad to cerebrate my 10th year after coming back to Japan from NYC and publishing this book is sort of a great way to wrap up the past few years of my art works.

本は引き続きNADiff(恵比寿)にて販売して頂いていますので、お近くの方はぜひそちらでお買い求め下さい!NADiff他店舗、アート系を扱ってられる書店、ショップなどにも順次置かれると思いますので、見かけた際は是非!そしてAmazonでも注文可能です。「在庫切れ」になっていますがw おかまいなしで是非注文入れてください!またお買い上げの際はレビューをぜひともよろしくお願いします。
etude for everyday life / 日常のための練習曲

You can get the book at NADiff a/p/a/r/t in Ebisu, and soon will be in other shops. I will update when I have the infomation. Also, the book is available on Amazon. You can order from the link above. It says no book in stock...but please don't mind what it says there and make your purchase! When you get it, please write any review and comment there as well. It would be a great help!

本でもとりあげている「etude no.39」のヴァリエーションを発表中の個展@YUKA CONTEMPORARYの方も5月7日まで(日、火 休み)やってます。インスタントヌードルの音を聴きに、食べに是非いらしてください!
Please come by and listen to the sound of instant noodle and eat it @ YUKA CONTEMPORARY. I am showing a variation of etude no.39 until May 7th.

ではでは!
all the best,

mamoru


soundartist77 at 08:30|この記事のURLComments(2)

May 02, 2011

インスタントヌードルのための叙述 and I will perform on May 7th!

(Bilingual)

small_screen_w_image

photo: extracted image from the video installation "etude no.39"

たくさんの方々にご覧(音を聴いたり、ヌードルを食べたりして)いただいております個展「etude no.39 インスタントヌードル」の最終日、今週土曜日7日の夕方にこれまでとは少し違った形でパフォーマンスを行います。参加は無料なのですが内容の都合上、完全予約制となっています。詳細は以下の通りです。

It has been very exciting to see many people come by to see/listen/eat my new work "etude no.39 instant noodle" @ YUKA CONTEMPORARY. On the last day of the exhibition, I will perform. It will be something different from the performance I have done in the past. It will be free of charge, but with RESERVATION ONLY due to the character of the performance. the details are as written below.


パフォーマンス『インスタントヌードルのための叙述』
日時:5月7日(土)18:00-20:00
会場:YUKA CONTEMPORARYとその周辺(江戸川橋)
定員:25名 
参加費:無料
先着順にて予約を受付けますので、人数とご連絡先をinfo@yukacontemp.comまでご連絡ください。
こちらから折り返し確認のメールを差し上げます。尚、予約のない方は参加不可能となりますので、ご注意ください。

performance "a description of the instant noodle"
Date: May 7th (sat) 18:00-20:00
Venue: YUKA CONTEMPORARY and around.
Reservation is necessary.
Please contact for early reservation as we can only hold up to 25 people.


soundartist77 at 16:05|この記事のURLComments(0)

May 14, 2011

いろいろ無事終了 and some reports of my residency and the performance !

(Bilingual)

TWS
Tokyo Wonder Site Aoyama entrance, 2011.5.10 the day I left TWS.

1年間(+地震の影響による1ヶ月延長)を終えて、5月10日にトーキョーワンダーサイトを退居しました。この間にお世話になったTWSスタッフをはじめ、関係者の皆様にお礼申し上げます。またここに住んだ事をきっかけに出会ったいろいろな方々、はじまった仕事などもたくさんあり、また震災の経験も加わって感慨ひとしおです。

そんなレジデンス生活に区切りをつけるためにも、少し海外に出たいと思っていたところ切れかかったマイレージが結構あったのと、7月から9月まで台北MOCAという現代美術館で開催される展示に参加が決まった関係で、会場をみたり関係者の方達とお会いするという事もあって、思いきって台湾に来てみました。あいにく梅雨な感じでして、雨がふったりやんだり。今日も少し強い雨です。昨日は震災時にTWSにともに滞在していた台湾人アーティストのヨンダーと再会したりしてなかなか良い時間を過ごせています。個人的にはNYに済んでいた頃にチャイナタウンには本当にお世話になっていたので、第一印象は(当たり前ですが)街全体がチャイナタウン!という印象。
今回の旅中に夏以降に予定されている国際芸術センター青森の展示、ベトナム・ハノイでのプロジェクトのためのアイデアや、福音館書店さんからお話を頂いている絵本作成のアイデアなどを練る為の休息的な旅でもあります。

Now I am in Taiwan. It's bit rainy but nice energy. It reminds me the China Town in NYC that I used to go when I lived there for 5 years or so. Mainly, I am here to see the MOCA Taipei, a contemporary art museum, and people since I am taking part in a group exhibition in July-Sep. Also because I have wanted to have a moment to think and sink down what I had done in the past year as I finished an year residency at Tokyo Wonder Site, and start think about the next projects, which will take place in Aomori (north japan), Hanoi(Vietnam), and a children's book for one of the major publisher for kid's education in Japan.

レジデンス生活の終盤は個展、本の出版、TWSのグループ展、ついでの引っ越し!が重なる無茶なスケジュールでしたが、先日はさらに個展最終日にパフォーマンスも開催するなど、なかなかハードでした。とは言え、これまでにやったことのなかった試みを交えることができて、パフォーマー本人も楽しめました。お越し下さった皆さん本当にありがとう!またご感想など送って下さると励みに成ります。詳細は個展を開催したYUKA CONTEMPORARYのゆかさんのブログにて読む事ができるので見てみて下さい。http://yukacontemp.sblo.jp/article/45048654.html

At the end of residency, I had run my solo exhibition, my book publishing, and the group exhibition, also moving! Though, it was already very hectic, I planned to do the performance at the last day of my solo exhibition, which was totally fun for me. I tried something that I have never done before. you can see some of the images from the link above of me going "shopping", "cooking noodles / making a sound piece ", and people "listening to / eating noodles".

台湾より帰国しましたら、少し東京で取材(21日朝放送のNHKラジオにて短いインタビューが全国放送されることになりそうです。追ってアップします)、その他のプロジェクトの打合せなどがありますが、その後、久々に大阪に向かいます。中津長屋で本の紹介を兼ねて報告会をやりたいな、と思っています。6月11日あたりの週末を考えてますのでまた決めたらアップします。久々にお会いする方達も多いと思うので、楽しみにしています!

I will be having an interview for a radio program of National Broadcasting in Japan when i get back. It will be on air on the 21st I guess. I will update it here as soon as I know the detail. I will finally head back to Osaka and have a gathering at the project room ift. I will also announce it here.

mamoru

soundartist77 at 16:22|この記事のURLComments(2)

May 22, 2011

noodle bank のご報告 and 180 noodles + 70000 yen !

(Bilingual)
nb_fin_02


先日無事に終了しました個展期間中に設けさせて頂いたnoodle bank のために、ドイツ、カナダ、オランダ、オーストリア、スペイン、ベトナム、オーストラリア、イギリス、韓国、香港、日本から集まったヌードルは180食を超え、ご来場くださった皆さんからのご寄付に作品売上の一部を加えさせて頂いて、被災地域支援のための一杯分募金は合計7万円になりました。少し遅れましたが、ひとまずご報告させていただきます。今後集まった募金をどういう方に届けるか慎重に検討し、また報告します。ご協力くださった皆さんに心から御礼申し上げます。

Thank you for all the people who had sent me/the noodle bank. There were over 180 items all together sent from Germany, Canada, Austria, UK, Spain, Netherland, Australia, Korea, Hong Kong, Vietnam, and Japan. Also, the visitors donation + a part of the sales of the work 70000 yen will be brought to aid the art center or artists in need because of the earthquake and tsunami. I am still looking for a proper way, chance to bring these donation. I will update as soon as I decide.

with all my gratitude,

mamoru

soundartist77 at 20:56|この記事のURLComments(0)

August 20, 2011

noodle bankよりご報告 and finally I have decided to give our donation to an art project

(please scroll down for English)

reciept01


画像:振り込みレシート(個人情報適当に処理済み)

去る4月ー5月にYUKA CONTEMPORARYにて開催された個展「etude no.39 instant noodle」の際に、展覧会を開催するのに欠かせないインスタントヌードルを、当時、震災等の影響で東京都内で購入に制限があったことや、世界中の友人が日本の事を心配してメールをたくさんくれた事などがきっかけで、各国の友人や関係先に頼んでヌードル送ってもらう事から始めたnoodle bankというプロジェクト。

展示期間中にドイツ10食、カナダ51食、オーストリア15食、ベトナム8食、イギリス16食、オーストラリア5食、香港15食、メキシコ19食、韓国22食、オランダ15食、スペイン5食、日本28食の合計12ケ国、209食のヌードルが集まり、ご来場下さった方達でそれらのヌードルを聴き、食べた方達からは善意の寄付が寄せられました。個展終了後、更に大阪中津project room iftにて行ったopen houseの際にヌードル音+味体験に参加してくださった皆さんから寄せられた寄付、作品の売り上げの一部を加えて、合計7万円をまとめて以下のプロジェクトにお渡しました。

FUKUSHIMA! O-FUROSHIKI
ネット新聞記事

ある意味で実際的な形で震災の被害を受けられた方達の支援にはならないかもしれませんし、いろいろな意見はあると思いますが、海外からヌードルー作品化ー体験者の寄付ーという、noodle bankの経緯から言って元々関節的な行為の連続ですので、その延長線で考えられるという点が寄付金をお渡しした大きなポイントでした。

また今回の震災以降のアクションの中で、「FUKUSHIMAをポジティブな言葉に変えていく決意を持って」というイメージを扱うアートや音楽に出来る形のアクションだと感じ、私もいちアーティストとしてこのFUKUSHIMA!に、そしてその中のひとつのプロジェクトである大風呂敷に共感しました。

第一段階であるフェスティバルは先日8月15日に無事終えたと聞きました、Ustで一部見る事ができただけで、残念ながら現場にはいかれませんでしたが、開催数日前に、実際に作業している福島の工場を見に行きました。暑い暑いさなかに、10名程のボランティアの方達、スタッフ数名を中心に熱心に作業されていました。紹介してもらった人たちは何かしら福島に縁がある人たちが多かった様に思います。

「こんなことをしてどうなるんだ?」という言葉、疑問がつきまといそうな事を一心に行うのは簡単ではない。しかも相当な人的リソース、物的リソース、それをオーガナイズするエネルギー、それを形に実現する力と時間。本当に大変な事です。プロジェクトを動かしているアーティスト達のパッション、これがこのプロジェクト全体に確信とか希望をもちこんでいるのがよくわかりました。
大風呂敷プロジェクトの中心人物である美術家の中崎透氏や建築家のアサノコウタ氏の「正直なところ、なかなかに大変そうです。できないかもしれません、無理かもしれません、でも、まずやってみませんか?」という呼びかけに、noodle bankとして「ほんとに大変そうですね、でもやってみるのはいいですね、noodle bankも何かの役に立つかもしれません、なので協力させて下さい」という気持ちで、寄付金の概要を伝えたところ、喜んでくれました。画像にて報告している通り先日7万円(+振込手数料)を中崎氏個人の口座に振り込みました。会計上の云々のため先方の都合に合わせました。合わせて報告します。

追記として、大風呂敷プロジェクトのフェスティバルでの経費(人件費などは無し、みなボランティア)は東京都の文化発信プロジェクトの助成金も得たとの事で収支バランスがとれそうだ、という事でしたが、今後の展開があるようなので、とにかく協力させてもらう事にしました。他に選んだポイントとしては、内容自体はシンプルで広く開かれたアイデアなので誰でも参加できる点がヌードル作品にも通じる、シンプルだけれどそれをまとめあげる事は容易でないので応援したい気持ちが湧きました。


It's been a long time since the exhibition finished in May. I have mentioned that I would take time who to give our donation that was raised during the exhibition in Tokyo, 2-days open house in Osaka, and additional money from the sales of the work, through 209 noodles sent from 12 countries.

Last week, I have visited one of my artist colleague, Tohru Nakazaki (visual artist) who has been working on a project named FUKUSHIMA! O-FUROSHIKI.
There were about 10 people working with sewing machine and fabrics that were gathered from all over Japan. They were making 5000sqm of FUROSHIKI (normally, it refers to a fabric, about 45-72cm sq, to wrap your belongings. more on wiki). Under the advisory of Dr.Shinzo Kimura who is an expert on radiation hygien, they decided to make this huge cloth to protect thousands of people who gathered in a field in Fukushima for a music/art/poetry festival FUKUSHIMA! (You can read the "FUKUSHIMA!" statement on the Web.)
I talked with Tohru who had worked on this project for months about how things are running, and decided that I want to support the project with a little fund that noodle bank had raised.
The thing about the O-FUROSHIKI project is that it is so simple and open to everyone to participate, you can send cloth or come and sew, however it is extremely hard to run this. I admire people who put their money, energy, time, and motivation into it. Although, most of the material expenses are covered with a grant form Tokyo Metropolitan government, all the musicians, artists are working it on their own.

It might not be a direct help for the survivors. It is not a cloth to wear, food to eat or drink, nor a house to live in. However, I strongly believe that someone, like musicians or artists, who can deal with image, should work on it, and with it.

To tell you a little about my visit, on our way to Fukushima, my friend and I drove along the coast line where tsunami came over miles inside. I won't describe what you have already heard on news, but I must tell you that the landscape in most of the place we passed were amazingly beautiful. I have wondered how people live in a place where tsunami frequently comes...something like every 35 years...but when I stood there, even under the signboard which was hang definitely for longtime saying "tsunami expecting area", I was able to see beautiful landscape of Sanriku Ria. I imagined how people were attached to the place. and if you look at the field which once was a town, now is covered with weeds after 5 month. It was something that I didn't imagine. There were glasses covering the field. It looked as if it was like that for long time...something is changing there. No buildings but some life in it.

I don't know how I can describe the places where people had to evacuate because of the radiation problems. There were lots of buildings with closed doors, empty feeling. Just like the other way around from the tsunami area, buildings on surface but no life in it. confusion? sadness? I still don't know how to say.

report from Japan,

mamoru

soundartist77 at 14:01|この記事のURLComments(1)