2012 Hong Kong

June 16, 2012

実験してます。and testing a new piece for HK !

(Bilingual)
no19_mtlv_862
image: "etude no.19 book variation with an electric fan"

In July, I will be joining a new music festival "Hell Hot! Music Festival 2012" in Hong Kong. There will be my solo exhibition at 2P Contemporary Art Gallery and a performance with a string quartet / Ligheti Quartet.
この夏は、7月終わりに香港で開催される「Hell Hot! Music Festival 2012」という現代音楽系のフェスティバルに招かれており、個展とパフォーマンスをおこなう予定です。個展は2Pという香港で主にコンセプチャルアートを扱うギャラリーで開催される予定で、パフォーマンスはなんとストリングカルテットとのコラボレーションという異色なものになる予定です。現在、諸々思案実験中です。

There will be several installation works from my "etude for everyday life" series. I am planning to feature "etude no.19 book". The piece is about the sound of page flipping. The simplest variation is the one that visitors are instructed to flip the pages by themselves. For the exhibition in Hong Kong, I am testing if I can do it with an electric fan.
展示は「日常のための練習曲」シリーズからいくつかインスタレーション作品を考えているのですが、少し新しい試みとして、本のページをめくるときの音をとりあげたno.19の新しいヴァリエーションをやってみようかと思っています。

Here in California, the sun light is amazing. I started to shoot some video, too, so maybe the I can show a new video work as well. It is less than a week to go back to Japan, I am not sure if I can finish it. let's see how it goes.
現在滞在しているカリフォルニアは太陽の光が美しく、スタジオも広く撮影に適しているので、これまでとはちがうニュアンスで撮影してみたり、実験しているところです。もしかすると新しいビデオ作品もみせられるかもしれません。ただ滞在残り一週間なのではたして完成するのかどうか。

I am not sure if I have any time to post my next article while I am in USA, but I would like to introduce some of the artists that I have met here, and part of my works!
次回は、帰国する前か、後になるかわかりませんが、こちらで出会ったアーティスト達を紹介したり、作品の一部を紹介したりできれば、と思います。

see you soon,

mamoru


soundartist77 at 11:51|この記事のURLComments(0)

July 20, 2012

いよいよ来週 and I will be in HONG KONG!

(Bilingual)

I will be flying to Hong Kong next week to join the 3rd edition of the HellHOT! New Music Festival. I will have a performance of "etude no.13 hanging ice, variation with a string quartet" on the 30th of July, and a solo exhibition will open on the 3rd of August.

The information about the performance;

I_July30_LigetiSaiHoMamoru-011


July 30 (Monday) 2012, 8pm
SOUTHSITE, Aberdeen

adm: $200

Artists

Choi Sai Ho (HK)

mamoru (Japan)

Ligeti Quartet: http://www.ligetiquartet.com
Mandhira de Saram, violin
Patrick Dawkins, violin
Richard Jones, viola
Val Welbanks, violoncello

Kenneth Tsang, vocals

Programme

Choi Sai Ho (HK): space between us (2012), for string quartet and vocalist
mamoru (Japan): etude no.13 hanging ice, variation with string quartet (2008/2012)


The information about the exhibition;

O_August_mamoru-01


mamoru: etude for everyday life
opening reception on Aug 4th, 6-8pm
Aug 5– 24 2012
2P Contemporary Art Gallery

..............................


以前少しばかり紹介しましたが、いよいよ来週パフォーマンスと展示のために香港にいってきます。その名もHellHOT! New Music Festivalというフェスティバルの一環として呼ばれていくのですが、学生の頃に真夏の香港に行って溶けそうになった記憶が蘇ります。。。暑さに負けない様に!?頑張らなくては。

パフォーマンスはフェスティバル側の企画で、私としても初の試みとなるストリングカルテットとのコラボレーションです。氷を吊るすライブインスタレーションを絡めたものにしたいと思いアイデアをまとめてきたのですが、楽譜には演奏家が氷の滴を聴くことで演奏をすすめたり停めたりする部分を盛り込んでみたりしつつ、会場全体が氷の滴という非常に小さな音とそれとリンクしたりしなかったりするストリングスの音世界に集中することで、濃密なリスニング体験ができるものになればと思っています。

展示の方は、これまで発表したことのあるetude作品に加え、ページがめくれる音をとりあげたetude no.19の新ヴァリエーションを2つ発表する予定です。アメリカでは、ひとつの扇風機で幾つかの作品を連動させるアイデアを実験したりしてたのですが、それがうまく機能すると嬉しいのですが。。。実際に現地でモノを調達し、おいてみるまではわかりません。現在もろもろ準備中です!

期日、会場などの詳細は上の英語文にある通りです。
パフォーマンスは7月30日の一日限りですが、展示は八月いっぱいやっているので、もしも期間中香港に行かれる方がいれば是非ともお立ち寄り下さい!

また現地からもTweetなどできればと思っています。

soundartist77 at 13:55|この記事のURLComments(0)

July 28, 2012

なんか早い。and I have arrived in Hong Kong!

Bilingual

<Day 1 arrival / 香港到着>
Everythiing seems to be so quick. After the immigration, which was really fast, my luggage was already on the beltconveyer. My drawing, oversized fragile luggage, came soon after I asked the worker about it. The worker handed and said "Bye" at the same time. Quick.
I went to buy a ticket to get a ride into the city. The seller told me that I don't need to buy the ticket there... I was puzzled but followed the instruction and got on the train, which came right after I stepped into the platform. Then 24 min, I was at the Hong Kong station. Aenon, who is the organizer, run the gallery EXIT, and long time frined came towards the exit gate handed me some cash. I went to the ticket booth and got my round trip ticket. I put out my cash and the seller gave me the ticket at the same time. I guess he knew what I wanted, but it was quick! And the taxi area is just right off the entrance of the train, like 5-10 seconds...and taxi comes right in. Everything is quick!
We arrived at the 2P gallery where I will have my show from the 4th, and I will be staying in the back loft until 7th. I got a SIM and some food at SEVEN ELEVEN near by, and went to bed. Day 1 finished quickly.

何もかも早い。昨夜、空港ついて、入国済ませたらもうスーツケースは回転台で回っていた。
オーバーサイズand壊れ物別渡しでお願いしていたインストラクションのドローイングも聞いたらすぐに持って来て、渡し終わった瞬間に高速の「Bye!」
エアポートエクスプレスに乗ろうとチケット売り場に並ぶも、なぜかここで買う必要はないと言われ、よくわからないが駅に向かうと電車がちょうどきたので、まー中で車掌とかくるのかと思い乗車。24分で香港中心部へ。早い。
改札に向かうと、今回のオーガナイザーで、香港でgallery exit というギャラリーを運営していて、かつニューヨーク留学時代の友人でもあるAenonが改札ごしに現金をくれ、チケット代金精算する。何を買うのかわかっているのだろうが、お金を渡すと同時にチケットが窓口から手渡される。早い!
そして改札をでて5秒ぐらいの位置にもうタクシー乗り場が!さすがに電車がついたばかりなので少し待つかとおもいきや、あっという間にタクシーに乗って、今回の展示会場、そして滞在先でもある
2Pへ。Aenonと少し話したり、コンビニでSIMと食べ物を少し買ったり。さすがに疲れたのでそのまま就寝。

<Day 2 just started / 制作開始>
This morning is clouded. Aenon told me they had a really big typhoon in the past days. It might raing again in the afternoon. I walked around the neighboorhood a little bit, got some breakfast.

Came back to the gallery and started working on readjusting the idea of the installation looking and measuring the real space by sight and other senses.

There will be a meeting in the afternoon for the concert on the 30th, and plan schedule for buying materials for the exhibition. So Day 2 I started working. I will start working on it by going to the supermarket now!

今朝は曇り、Aenonの話によるとここ10年で最大級の台風が来ていたらしく、普段よりも暑さがましだけど雨がひどいとのこと。今日も昼頃は雷雨の予報だけどどうなるのでしょう?
朝少し近所を散歩して、パン屋で朝食を購入し市場のようなところで果物を少々。(Twitterの方に画像あります。相変わらずiPhoneからはこのブログに画像アップできない。。。)

ギャラリーで少しアイデアを練ろうかと、思っていたら、掃除婦のリサさんがやってきてインスタントコーヒーをいれてくれ、オレオみたいなクッキーまで頂きました。ちょっと嬉しいきもちになったところで、具体的に展示をどうするかも見えてきそうです。

午後からは30日のコンサート、弦楽四重奏と氷を吊るすパフォーマンス、の打ち合わせ。ギャラリースタッフとも会って展示に必要なものをどうするか相談する感じ。今回も楽しみつつ、挑戦しつつ、協力してくれている人達も喜んでくれるような仕事が出来ればと思っています。作品材料を求めてスーパーにいってきます!

mamoru

soundartist77 at 13:16|この記事のURLComments(2)

July 30, 2012

氷とストリングス and the performance tonight!

(日本語は英語の下へ)

Day 4 in Hong Kong.
It's getting hotter since yesterday afternoon. I am not exhasted, but running ideas both for the performance and an exhibition at the same time makes me a bit tired. Also, the airconditioner and eating out for every meal. But I have a way to maintain my condition, so it is fine.

Yesterday, I was setting up for the performance tonight. It went well. The venue, SOUTHSITE, is a huge gallery space run by the gallery EXIT. I posted some image on my Twitter.

I went to meet with the Ligeti Quartet who will be performing with me tonight. They were rehersing for their own concert at the Hong Kong University. It was just a brief meeting to just introduce basic ideas for my piece. The music is very very simple, so it's just the matter of creating the intensity
with such a little elements.

I listened to their 2 hour concert. It sounded great. Severa tone particulaly got my attention. It would be great if they can make all the notes in my piece like that.

I will update about the performance later on!

。。。。。。。。。。。。。

香港到着から3夜あけていよいよ今日の夜は氷とストリングスのパフォーマンスです。4日オープンの展示のアイデアも同時並行させて考え進めていて、必要なものを買いに出たりと、わりとやる事があるのですが、特に焦る事もなくたんたんと準備しています。
外食ばかりなのと、昨日の午後当たりから暑さが本格化してきて、クーラーの聞いた室内とのギャップでやや疲れてはますが、自分なりの調整法でしのいでいます。

昨日はパフォーマンスの会場となるSOUTHSITEに行って、etude no.13 hanging ice の仕込みを済ませてきました。今回のオーガナイザーでもあるAenon Looが運営するgallery EXITの展示スペースなのですがものすごく広くて驚きました。(Twitter画像参考下さい)

その後に今回のコラボレーション相手のLigeti Quartetの面々と顔合わせ、軽く打ち合わせ。ある程度はアイデアが伝わったかな、と思います。その後は、彼らのコンサート。久々に現代音楽のプログラムを聴きましたが、ところどころ音色の面白いところがあって感心したり。氷との絡みは譜面的にはとても簡単でシンプルなので、彼らが一音一音本気で出してくれれば良い内容になると思います。

またパフォーマンスの様子を明日以降にアップします!


soundartist77 at 11:47|この記事のURLComments(0)

July 31, 2012

ほんとにあっさり and setting up the exhibition in HK !

(For English, please scroll down)

27日夜に香港に来てから自炊環境がないため外食しているのですが、だいたいどこで食べてもアッサリ味なんです。暑い国だと甘い、辛い、塩辛い様なイメージを持っていたので意外だなー驚きました。と言ってもギャラリーの辺りから足を伸ばせていないのでこの辺りだけかもしれませんが。今日も台湾などでよく見かけるバブルティー(黒いタピオカいりのミルクティー)を頼んだんですが、甘みよりも紅茶の風味がちゃんとあってずいぶん違うもんだなーと思いました。それと初日にも書きましたが人の反応がアッサリです。特にお店の人たちはパパッと客をさばく感じです。外国人だからかなーとおもいきや広東語で値段を言われてるのでどうやらそうでもない様です。
ちなみに香港は消費税が無いので、値札さえあれば支払いは簡単に計算できるのでお金の受け渡しもスムーズ、というのもあるかもしれません。ポンっとお金を置いて出て行ったりもしてます。友人に聞いたところ政府があれこれ投資?しているとか企業からの税金が多いとかで、消費税をとる必要が無いそうです。その他の社会保障などどうなっているのかわかりませんが、値段表記のままを支払うのは、少しばかり懐かしい感覚です。

さておき、昨晩のストリングスカルテットとのコラボレーションは40名程の熱心なオーディエンスのおかげもあって、とても良い時間になりました。音楽的には私のパフォーマンスは盛り上がりなどもなく集まった人たち(パフォーマーを含む)が吊るした氷が溶け、雫がガラス瓶に落ちる音を20ー30分聴くというシンプルなものです。
これまではたいてい参加者としてオーディエンスに氷を吊るしてもらっていたのですが、今回は会場や持ち時間の都合上、私が8個の氷を吊るす設定で行いました。
ストリングスが入る事で音楽的なニュアンスが強まるかと思いましたが、ほとんどが単音で構成されていた事もあって、ほぼ氷と同じ様な存在感になっていました。私とのコラボレーションの後にストリングスがAnton Webern の six bagatellesという作品を演奏したのを聴いて、どこか一部分だけでも、もう少しストリングスらしいフレーズをアクセントにいれてもよかったかもしれないな、と終わってみて思いましが、コンサート全体としてはその後にインターミッションがあって、フィリップグラス、その後は香港ののエレクトロミュージックのアーティストとストリングスのコラボレーションという流れで、歌ものまでえあって、かなり幅広い内容で、私は私の仕事をやれたかな、と思いました。
打ち上げは時間も遅かった事もあって、不思議な24時間ファミレスの様なところでした。みんな食べてなかったのでお腹いっぱいになったらあっさり解散。遅かったのもありますが、ここもあっさりだなーと。ストリングスカルテットの面々は飲み足らないという事で、ビール!と言って夜の街に消えて行きました。

Day 5

半日休んでから、いよいよ展示の設営です。ギャラリーでは前の展示をまずは撤収する作業が昼過ぎから始まったので、私は設営に必要なものを探して街に繰り出しました。日本の某100均と同じ商品を置いている店がこの辺りだけでも数軒あるのでとても便利なのですが、Made in China製品んが日本語のパッケージで香港に並んでいる、その事自体がなんだか面白いなーと思いつつ、家電店も近所でみつけたので、扇風機を買いギャラリーに戻って、いろいろと実験。(Twitterに画像あげてます)そうこうしているうちに、今回のホストであるAenonも必要な道具や機材を持って設営に駆けつけてくれ、さっさとあれこれやってくれるので頼もしい限り。途中、展示方法や、内容をその場で少し変更したりしつつ、粗方のベースは2時間ほどでできてしまいました。あとはインストラクションとなるドローイングを仕上げたり、フィニッシュの部分はまだありますが、少しホッとしています。

あっさり、あっさりと言いつつ、この記事はしつこく、長くなってしまいました。また経過などをアップします。

。。。。。。。。。。。

Day 5

Today I took half a day off to set my mind from the performance to the exhibition.
The performance last night went good with very good audience, about 40 people all together. The concert program had a wide range of music. My piece drew people into the subtle changes of sound with so much space in time. Then the string quartet played short compositions of Anton Webern, which has atonal and romantic features together. After the intermission, they played the Phillip Glass to make the bridge into the next performance, which was the collaboration of a HK based DJ/track maker Choi Sai Ho.

In the gallery, people started to deinstall the last exhibition, so I went to buy an electric fan for new installation piece. I found several shops near by, and found the one that might work well. I came back and started experimenting it. Aenon, my host, came with his tools and some equipments I asked, started drilling the wall and in 2 hours, we almost finished most of the job. I still need to work on my instruction/drawing, and maybe several adjustment at the end, but I am bit relieved that it already has a shape!

mamoru

soundartist77 at 22:10|この記事のURLComments(0)

August 05, 2012

雑感、ふたつの疑問。 and I have been wondering...two thing in HK!

(I will update English later on)

昨日のオープニングにはたくさんの人が来てくれて、作品も楽しんでもらえたみたいなので良かったです。一安心。パフォーマンスしないの?っていう質問が多かったのですが、「もうやったんです!30日に。。。」フェスティバルのプロモーションとギャラリーにつながりのある人達がうまく連動しなかったみたいで、そこは残念でした。展示の様子などは帰国後に画像と合わせて紹介できれば、と思います。

あまり作品と直接関係ないですがこちらにきてから気になっている事をふたつほど。と言っても日常生活の実践に関する作品を手がけている身としては見逃せない!?部分でもあります。

一つは、どうでもいい事ですが、日中の暑く強い日差しの中でも帽子をかぶっている人が皆無だと言う点。というのも、私は夏場は日差しを避けるために、だいたいストローハットを被るので余計に気になるのです。どこにいっても男性、女性年齢を問わずほんとに誰もかぶっていません。。。女性は折りたたみ傘みたいなのを日傘替わりにしているのは見かけますが。風水で帽子かぶってると金運が下がるとか、帽子被ると蒸れて禿げるとか。。。俗説めいた想像しかできませんが、香港の友人の意見は、だいたい要約すると暑いのに帽子なんかかぶったら余計に暑いだろってことでした。

もう一つは、着いてすぐに気づいたのですが香港ドルのお札にイギリスのHSBCとか、別の銀行の名前が書いてあるばかりで、香港中央銀行みたいな表記がないのです。恐らく新しいと思われるオーストラリアのお札に似た(同じ場所で作ってるそうです。)プラスチック製の10ドル冊には香港金融庁的な文字もあるのですが、これまで行った国では感じた事のない違和感というか不思議さを覚えます。
しかし、よくよく考えると、英国領だった歴史だとか、現在は中国の特別区である事ととかとリンクして、香港という国ではないひとつのエリアの歴史を垣間見る気がしています。

今日、明日と少し香港をみて回る時間ができたのでまた雑感追記したいと思います!

。。。。。。。。。。。。

Thank you all for coming to my opening last night. I am glad that the people were listening to the work. I will put up some images as I go back to Japan.

Today I will write two observation I made in Hong Kong.

One. I realize there is almost no one wearing a hat or cap. The only people that wears them are the people in the uniform. Fastfood worker, police man, etc. But nomal people they dont... Since I usually wear a hat during summer, I noticed this very quickly. I google the reason, asked the people around me, and found out that it is just the way it is. I guess it is too hot. and It is hot but since it's cloudy or smokey? or so many buildings always making shadow somewhere on the street, you don't really need hat!? well there is no answer to this.

Second thing, probably more intersting, is the money. HK dollar. As soon as I look at the bill, I realize that there is a big logo of HSBC on it. I was really suprized to see the name of the bank on a bill. But on the new $10 bill, there is a different name, Government of Hong Kong Special Addministration Region. It tells me a lot about the history of Hong Kong.

I will update more later!!


soundartist77 at 13:26|この記事のURLComments(0)

August 07, 2012

雑感その2。帽子再び、と道端 and the streets of Hong Kong!

market


ついさっき日本に帰国しました。

香港滞在の最後二日は午後から泊まる場所をかえて、香港島の中心から少し東に行ったCauseway Bayという、繁華街というのか、ごちゃごちゃとしたところに泊まりました。ギャラリー周辺のどローカル感が薄れて、観光客や若者が溢れています。

まずは帽子追記。


近辺を数時間ブラブラあるいてるうちに、街の中心ではおしゃれで帽子をかぶっている若者がごくごくわずか(数時間で2、3人くらい)いました!まー言ったん気になるととことん気になる性分なもので。

帽子ばかり気にしていて、目に着いたのはスカーフを巻いた女性達が道端でたむろして、おしゃべりを楽しんでいる姿です。日曜日という事もあって、おそらくメイドや清掃の仕事なんかをやっているのかなという感じの東南アジア移民のムスリム系の女性達が仲間であつまって、おしゃべりしたり情報交換したり、国に送金したり、そういう事をしている感じでした。以前キプロスに行った時も浜辺の一角に移民のメイドさん達が週末になると集まって、おしゃべりしたり、お弁当を食べたりしていたので同じ感じかな、と。

交通量の多い通りでは、歩道と車道が柵で分けられているところもあって、そのコーナーになにかしら人がたむろしていておしゃべりしている姿をちょいちょい見かけました。はじめは何か物売りかなにかかなーと思ってチラチラみていたんですが、どうやらただ単に友達とかとたむろしているだけっぽいんです。レストランはたくさんあるし、ローカルな食堂形式のところもたくさんあるのですが、こっちにきてから一人で本を読んだり、時間を潰せるようなカフェのような場所がほとんど無いので、おそらく店に長居するという感じがあんまり無いのかもしれないなーなどと思ったり。そういうニーズをこの道端のコーナーが代替しているのかな、と想像したりしていました。(完全な想像です。)

。。。。。。。。。。。。

Now I am back in Japan.
The last two days in Hong Kong, I moved from the gallery, which is west side from the central, and stayed in a place near Causeway Bay area, which is east from the central of Hong Kong island.

I just walked around for a few hours and noticed much more tourist and young people here. Then I saw about 2 young guy wearing hat! I think it is still not a popular fashion item here. Well once I started looking for a thing, I just cannot stop it....
There are so many ladies on the street today wearing their scarf around their head. I guess they are the cleaning ladies or house worker gathering and chatting, sending money to their families, exchanging information, eating luch box together, etc. I saw a similar sceen on a particular part of a beach in Cyprus. There were also many people just standing around the corner of the street where there are steel fence. First, I thought they are selling something, but I looked at them and realise that they are just talking to each other. Some sits or learn against the steel fence.
Why on street corner??
I don't know the answer, but one thought poped up. Since I got here, I was looking for a place to sit and have a drink and read by myself. All I found was McDonald and the cafeteria in the Hong Kong University. I am sure there are some. But maybe they don't stay in a place just to talk or spend long time by themselves? If you eat, after finishing meal, you go out? I am not really sure if I get this right but I was just imaging this street corner is the place for some people to chat. well, it might be, it might be not. Random thoughts.

mamoru

soundartist77 at 18:21|この記事のURLComments(3)

August 08, 2012

香港での展示画像。and the exhibiton is open!

写真

"etude no.19 news papaer, variation with an electric fan, Hong Kong 2012"

Thank you for coming to my opening the other night. There were a lot of people showed up, and I had some good conversation with the audience. I am glad some of them liked my works.
The exhibition will be hold until 24th of Aug, so if you have a chance to see/listen, please come by!

。。。。。。。。。。。。。。。。。

exhibition
"etude for everyday life" @ 2P Contemporary Art Gallery
Gallery Hours: Tue - Sat. 1 - 7 pm or by appointment
Contact: Tel. +852 2803 2151 | Email : info@2p-gallery.com

。。。。。。。。。。。。。。。。

香港での展示は8月24日までです!もしも夏休みなどで香港に行かれる際は是非お立ち寄り下さい!よろしくお願いします。

soundartist77 at 11:00|この記事のURLComments(0)