2012 Fuchu Museum

October 23, 2012

展示一ヶ月前 and the group show + OPEN STUDIO coming up!

(Bilingual)


studio view 2012.10.23

久々のアップです。来月23日にオープンのグループ展のための制作が山場です。展示期間中に同時に、3ヶ月間に渡って公開制作も同時に進めるためそちらも同時に準備しています。またそれにともなって府中市に4ヶ月間滞在するのでその準備も。(画像は意外と片づいていますが?!この周囲はインスタレーションの実験のためになかなか見応えのある状態です。。。)

今回の展示は会期半ばでの展示替えもあり課題満載です。前期の展示ではetude for everyday life/日常のための練習曲よりetude no.13 hanging iceやetude no.11 hanger variation with electric fan などこれまでにも発表している作品や、新しい作品も混ぜ込んで1つの空間を作ります。公開制作は最終的にひとつのパフォーマンス作品を作るためのプロセスにしたいと思っています。

取り急ぎ以下グループ展、公開制作詳細です。スケジュールにある通り、ほとんど展示期間中の週末は美術館にいますのでどうぞお立ち寄りの際は声かけてください!後期では公開制作に関連したトークイベントもありますのでそちらもどうぞよろしくお願いします!

*********************************************

OVER THE RAINBOW
虹の彼方 こことどこかをつなぐ、アーティストたちとの遊飛行

@Fuchu Museum/府中市美術館

2012.11.23 - 2012.2.24
1st term/前期 2012.11.23 - 2013.1.14
2nd term/後期 2013.1.16 - 2.24
*kid's hour: 12.5, 12, 2.13 10am-1pm

open: 10am - 5pm (4:30 last entrance) 

holiday: Mon (open on 1.14, 2.11, closed on 1.15, 2.12), 12.29 - 1.3

ticket: \700, (high school/college \350, junior high/elementary \150)
*entrance for the permanent exhibition included
* half price for the second visit with the ticket from 1st term

注記:20人以上の団体料金は、一般560円、高校・大学生280円、小・中学生120円
注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方はかたは無料です。
注記:市内の小・中学生は「学びのパスポート」で無料です。
注記:常設展もご覧いただけます。
注記:前期のチケット半券で後期展示の観覧料が半額になります。他の割引との併用はできません。

for more info/contact: 03-5777-8600
Web: 府中市美術館

...................................................................

OPEN STUDIO

etude for everyday life/日常のための練習曲
studio hours: 12pm - 5pm

collecting sound / 材料集め(府中市美術館周辺の音採集と整理)
12.1-2, 8-9

composing / 曲作り
12.16, 22-23. 1.26

rehersing / リハーサル
2.9-10

performance/ 完成作品披露
2.16-17

TALK EVENT/トークショー「中間発表 見方、聴き方、伝え方の実践」
2013.1.27(SUN) 2pm-4pm
adm: Free/無料 予約不要
@ lecture room/講座室 

guest:
Motoyuki Shitamichi / 下道基行(美術家)
丸山晶崇(アートディレクター、デザイナー)

WORKSHOP/ワークショップ「いろいろな音体験をしよう!」
2012.12.15 (SAT) 2pm-4pm
@ Studio 公開制作室にて 
adm: Free/参加無料 当日受付

*********************************************

From November on, I will be in Fuchu City for a group show @ Fuchu Museum in Tokyo and OPEN STUDIO that takes place at the same time in the museum. The detail is shown above.
The show is splited into two terms and the artists will change some works or all works for the second half. I will make an installation with both old and new works of my "etude for everyday life", including etude no.13 hanging ice, etude no.11 hanger variation with electric fan, and so on.

Right now, I am preparing for the first half! and my studio is a mess!! (in the image, you are only seeing the desk...the mess is around it...). Anyway, please come by if you are around!

I will update more about this next time!

mamoru




soundartist77 at 19:01|この記事のURL

December 08, 2012

きいたことのない音 and listening to the city !

(Bilingual)
Fuchu_location_13
image: one of a view from Fuchu City listening research

府中市美術館でのグループ展、そして公開制作がはじまって、慣れない9時ー5時シフト(閉館時に退出のため)に合わせた制作ペースがなかなか掴めないままに、あっという間に2週間が過ぎてしまいました。

<聴き入った事のない音、聞いた事のない音、想像した事のない音、想像する事も出来ない音の「響き」とは?>

2011年にベトナム・ハノイにて街中でリスニングリサーチを行っていたときに友人と交わした会話時の事です、
mamoru「(リスニングリサーチをやっていると)もう当たり前になったけど、街中いたるところでバイクの音が聞こえる。夜中をのぞいて静かな公園や池のほとりにいても少し遠くから低い音とかクラクションとか」
友人「そうだろうね、でも、10年ほど前はそれが全部自転車だったんだよ」
彼がそう言った瞬間、私は確かにその音をきいた。恐らくリサーチする中で、生活するなかで耳にバイクの音がこびりついていた事、私の中にすでにハノイの風景とバイクの音が切っても切れない1つのイメージになっていたところに自転車のイメージが重なって、それが何かしらの「響き」に感じられたのです。

これまで「日常のための練習曲」シリーズでは「(あまり)聴き入った事のない音」を扱ってきましたが、それらの音とは別の種類の日常的に体験している「音」にも興味を感じていました。名前がまだつけられずにいますが、イメージの音とでも言えば良いでしょうか、例えば音の描写を含んだ文章を読んだ時に感じる音、実際に音を鳴らさなくても、音を感じることがある事実、そういった感覚のことです。そしてイメージの音を考える果てに上の質問が浮かんできました。今回はこういう種類の「音」について思考/試行錯誤してみたいと思っています。

現在のところリサーチグループ(武蔵美の芸術文化学部の学生さんが数名参加してくれています)を作って、府中市内にてリスニングリサーチを行っています。「10分間ただ聴こえて来る音をメモする」といういたってシンプルなもので、Rマリーシェーファーが提唱したサウンドエデュケーションの中でも紹介されている手法に近いものですが、グループではいまこのメモをどう記述するかというところに着目して音について考えています。今はまだリサーチグループの皆とのディスカッションなどをフィードバックさせる中で、上に書いた様な種類の「音」を考えるためのとっかかりが少し見えてきつつあるといった状況です。

はてさてどんな作品になるのか(果たして作品になるのか。。。?)

ちなみにリスニングリサーチにご興味ある方は随時参加者募集していますのでメール mamoru(at)afewnotes.com 下さい。

。。。。。。。。。。。。。。。


Two weeks have already passed since the group exhibition and my OPEN STUDIO project started at Fuchu Museum in Tokyo. I haven't gotten used to 9am to 5pm working hours (the studio gets locked when the museum gets closed).

Anyways, this is the question or one of the question in my mind, right now.

"What does the sound that I never heard, listened to, imagined, or cannot even imagine sound like?"

In 2011, I was doing a listening research in Vietnam Hanoi. One time, I had a conversation with my friend about what I was hearing in the city and experienced the sound in a different way. I said "I hear motor cycles wherever I sit. Even in the quiet park or around the pond, you can still hear it in a little distance, you know." Then he replied "Sure. but I guess about ten some years ago, they were all riding bicycles." The moment he said that, I "heard/sensed" the sound replacing the sound of motorcycles of Hanoi in my mind.

In "etude for everyday life" series, I have dealt with those little sounds that normally don't get much attention to listen to. I don't know how you can call it, but there are other types of sound; something similar to what I described above. imaginary sound? It is not a physical audio phenomenon but it creates a certain experience relating to hearing. For example, you "hear" some sound just by reading a description of some sound in the novel. I am getting more interested in incorporating these types of "sound" together with normal sound. Through out my 3 month OPEN STUDIO, I want to experiment on these other types of sound.

I am doing a listening research with a few students from Musashino Art University. I have asked them to find a place, listen to the sound around and write down as it appears to them for 10min. It is similar to the exercise that R.Murray Schafer introduced as a part of his idea for sound education. We are experimenting on the notation for these soundscapes, now.

I am not sure how it goes but the plan is to make a performance piece at the end.

By the way, please email me to mamoru(at)afewnotes.com if you are interested in joining our listening research!

mamoru




soundartist77 at 14:49|この記事のURLComments(0)

January 17, 2013

間違い探し ? and I have rearranged my exhibition

(Bilingual)

mamoru_Fuchu01
前期展示のインスタレーションビュー

昨日より府中市美術館での展示は「後期展示」に突入。いよいよ残すところ約一ヶ月ほど。展示はアナウンスされていた様に模様替えを果たし、全作品取り替えた作家さんもいたり、一部分を替えた方もいたり、と一度来て下さった方々にも楽しんで頂ける内容だと思います。
私の場合は表向きは「前期展示.2」的なマイナーチェンジ、又は間違い探しレベルの変化に見えるかもしれませんが、その実本人的にはものすごく違うモノにしたつもりです。上の画像は前期展示の様子ですが、ぜひ会場にてその変化を見つけて下さい。(ブログを読んで下さった方にだけ「実はひとつだけキャプションにも載せていない変化がある」とお伝えしておきます。)
展示室に施した変化と連動する形で、公開制作室の中には「日常のための練習曲」の連関を表す立体図?「縮尺1/nの日常(部分)」という新作もワークインプログレスですが置いています。私がいないときでもガラス壁の近くに置いてあるので、ぜひご覧下さい。

次回は現在制作進行中のパフォーマンス作品「THE WAY I HEAR, Fuchu 2012-2013」について書きます!

The group exhibition in Fuchu Museum has been reorganized. Some artists has changed all of the work, some has changed a part, some didn't do any. I have updated mine into something that looks like "first-term-installation.2". It looks like ".2" on surface, but for me there is a drastic shift.
Anyway, the image above is from the first term. Please come (or come back again) and find out what I have done! ( or wait for some more updates after the exhibition!)
Also, in relation to the shift I made on my installation, I have put a new work-in-progress in the OPEN STUDIO. It is called "etude for everyday life on a talbe, scale 1/n(excerpt)", which reveals the connection/relation of the works installed in the exhibition space. You can see the work when I am not there as well since the studio has the glass wall facing the corridor.

more updates on my new performance piece "THE WAY I HEAR, Fuchu 2012-2013" very soon,

mamoru

soundartist77 at 08:57|この記事のURLComments(0)

January 21, 2013

改!まずはトーク and before my performance !

(Bilingual)
Fuchu_OPST_Fuchu_OPST_259
OPEN STUDIO view

今回は、2月16、17日の作品発表へ向け、全力で取り組んでいる新作パフォーマンス「THE WAY I HEAR, Fuchu 2012-2013」について書く予定だったのですが、まずは今週末に迫ったトークのご案内をさせて頂きます。もちろんトークの中で今回の公開制作で行っている街中でのリスニングメモ、そこから生まれてきた新しいアイデア、そして府中市や周辺地域の歴史、風土、地形、気象などのリサーチから聴こえてきたものを紹介しつつ、その辺りをきっかけに、ゲストの2人を交えつつ、それぞれの興味やアウトプットの仕方なんかについて話せれば、きっと来て下さる方達にも興味をもってもらえる時間になるんではないかと期待しています。

ゲストには長期にわたるリサーチや旅、写真をベースに制作している下道基行さん(現在、東京現美「風が吹けば桶屋が儲かる」展、広島現美「路上と観察をめぐる表現史」に出品中)。彼とはTokyo Wonder Siteでの1年レジデンスからの付き合いで、青森、ベトナムでの展示や、新潟の水と土の芸術祭でワークショップを一緒にやったり、至近距離で作品や制作を見てきましたが、最近はどんな旅をしながら、何に興味を感じているのかを聞いてみたいと思います。

もう1人のゲストは、今回の虹の彼方展のデザイン全般を担当している丸山晶崇さんです。前々回の府中市美術館の公開制作では、住民の方々から集めた情報などを元に「地図」を作成するというプロジェクトをやったそうで、今回私が進めているプロジェクトでも地図はかなり重要な役割をもっているので、丸山さんの「地図」の事をぜひ聞いてみたいと思っています。

とは言え、トークは生もの!?当日あつまる人達で、話しの流れのまま、面白いところにたどり着けたらいいな、と思ってます。なお展示室は4時半最終入場で5時閉館ですのでトークと合わせてご覧になる方は時間に余裕をもってお越し下さい!

..............................................................

2013.1.27(Sun)14:00-16:00 
adm: Free, no reservation/入場無料 予約不要
@ Fuchu Museum lecture room/府中市美術館1階 講座室 

guest:
Motoyuki Shitamichi / 下道基行(美術家)
Masataka Maruyama / 丸山晶崇(アートディレクター、デザイナー)
............................................................

I wanted to write about "THE WAY I HEAR, Fuchu 2012-2013" that I am working on, but I must announce the talk event first! For sure I will talk about my new work there. so please join and come see the show.

I will have two guest for the event. One is my close friend Motoyuki Shitamichi, who is showing his works at MOT and Hiroshima MOCA. He travels and takes series of photographs, many often based on long time researches. Another guest is Masataka Maruyama, who is the designer for all the printed matter for the current exhibition I am participating. He had done a project for OPEN STUDIO at Fuchu Museum before, and made a "map" from gathering information from the local people. I am interested in their process of the creation and finding out the similarity and difference.

Please come and join our conversation if you are planing to see the exhibition on 27th!

mamoru

soundartist77 at 23:08|この記事のURLComments(0)

February 03, 2013

そして新作パフォーマンス and about the new performance !

(Bilingual)
Fuchu_OPST_Fuchu_p_keyaki_100
府中駅ちかくのケヤキ並木

「THE WAY I HEAR, Fuchu 2012 -2013」

府中市美術館での公開制作をスタートさせ、3ヶ月。
スタート時は、どういう作品になるのかわからないままに、途中から武蔵野美術大学芸術文化学科の学生さんなどにも参加してもらいグループワークに切り替えたりしながら、市内各所で展開したリスニングリサーチ。それと併行して、府中市域の郷土資料、地理、歴史などもリサーチ。開始1ヶ月を過ぎた辺りからようやくパフォーマンス作品への着想を得て、その後に数名ほどインタビューをさせてもらいつつ、リサーチは継続していますが、ここに来てようやくひとつの形になってきました。

これまでetudeシリーズで取り扱ってきたのは生活から見つけた小さな「生音」。今回で2回目になる「THE WAY I HEAR」で取り扱うのはさしずめ「イメージする音」。例えばこのブログを読んでいる時、あなたの頭の中にはその文字の「音」(=自分の声?)が響いていますよね?上の画像を見ただけでも「何かしらの音」が想像できるかもしれません。それも一種の聴感だとすると、それは生音でもないし録音でもない、想像の音です。そういう類いの音への興味を元に、上に書いた2種類のリサーチから「記述/録音/聴取/想像」した音を素材に、今回の新作は展開されます。是非ともお越し下さい!よろしくお願いします。

場所:府中市美術館 公開制作室
日時:2013年2月16日(土)、17日(日)15時開演(16時まで)
入場:無料
定員:各回30名、当日14時より受付開始
※パフォーマンス途中での出入りは出来るだけご遠慮願います。

.................................................................

performance

THE WAY I HEAR, Fuchu 2012-2013

place: Fuchu Art Museum OPEN STUDIO
date: 2013.2.16 (Sat) 15:00 - 16:00
*max 30 person at a time, open 14:00 for registration
entrance fee: none

Over the past 3 month, I have tried to listen and notate the soundscape of Fuchu city, and at the same time, to do some research on the history, geography of the city as well. After spending hours outside walking around, and reading documents at the library, I finally started to "hear" things in very different manner, and also some fragments of the performance came into mind. Although, I interviewed several person to ask each of them some specific question trying to complete the "listening", it seems that I would never finish researching... the more I know, the more interests I get...off course. However the day of the perfomrnace is just ahead, so now is the time to wrap it up for the first version of the performance. It should be ready in a few days.

The new performance deals with the sound which only resonate in your mind. For example, when you read this sentence you are making/hearing certain "voice" inside yourself, sort of. In a similar sense, when you look at the image above and wonder what might be the soundscape of the place, that could trigger some sound in your mind. This is the kind of sound I am hoping to incorporate into my new performance. I have captured some sound through my research; through actual vibration of the air into my ear, also through reading text, which help me imaging the sound. They are the "sound source" of the performance. Please come and see how I would "play" them. (It will be in Japanese, though.)

If you can not make it, do come back and read/hear about the performance. I will post some article after 17th. (hopefully, before 24th!)

mamoru

soundartist77 at 10:00|この記事のURLComments(0)

February 21, 2013

連載してみて and the last article had published

hahanotomo
<画像:3月号の原稿をかきあげ確認のためにiPhoneで撮影>

2012年4月号から2013年の3月号までの12ヶ月間「今月の音」というカラー1ページの連載をさせて頂いた福音館書店さんの「母の友」。2013年3月号が販売されています。

そう、今月で連載は最終回。
最終回の原稿を送ったのはもう昨年の事ですが、その時はほっとした気持でいっぱいでしたが、今は締め切りのない安堵感よりもちょっぴり寂しい気持。今日はこの連載のおかげで考えるきっかけになったことを書いてみたいと思います。

私の記事を担当して下さった編集者の高松さんに出会ったのは2010年のクリスマス。トーキョーワンダーサイトで行った受賞公演パフォーマンスに来て下さり、パフォーマンスが終わってからも熱心に作品の話しをきいて下さった。後日、スタジオに同社の絵本の編集者の方と一緒に訪ねてこられてやりとりがはじまった。
その後、実は主に絵本の編集者の方とやりとりしつつ絵本の企画を練っていたのだが、ちょうど私の個展があったり、本を出版したりという中で、高松さんとやり取りしていた際に「今月の音」なんてのができたら面白いですね、という様な話しをしたからだったか、とにかく2011年の夏頃にお会いして「母の友」に連載する事になった。
当初は「写真」と「文章」という案を頂いたのですが、国際芸術センター青森で試したドローイングと写真を組み合わせたビジュアルインストラクションという形に文章をあわせるが誌面にも合うのではないかな、と提案し、その方向でやる事になりました。そして、2011年の12月に初回4月号原稿を入稿。

この連載の前からパフォーマンスの「スコア」や上に書いたビジュアルインストラクションなどのために、普段のメモ書き(A4くらいまで)よりは大きな紙にものをかくという事はやっていたのですが、連載のためにコンスタントにやることになり、あれこれと発見がありました。
音を扱ってきたので時間的な創作をずっとメインでやってきていて、空間的な編集もやってきていたのですが、それに比べると印刷物のレイアウトとかを考える事はあっても、平面上でアイデアを形にするというのは新鮮で、いろいろと考える良いきっかけになりました。

パフォーマンス作品や展示等を構成する時はタイムフレーム、サイズ感を意識しつつ、全部の行為や要素をどうつなげるとか、切るとか、そういう事を考えているので、1年の連載というフレームでも何か1つの流れが作れたらな、考えていました。また季節感も大事にしながら、うまく導線が作れたら、と思いつつ毎月の音をとりあげていました。そういう大きな流れとは別に、譜の原稿に文章を加える事で、アイデアとアイデアの間に線を引き、関連性を示しているような感覚も生まれてきて、もともと頭の中にあった「日常のための練習曲」全体の連関図を作品化する事を構想するようになりました。
いま試作している「縮尺1/nの日常を机上に」というのがその実験なのですが、この連載はそういう事を思いつくきっかけの1つだった気がします。

府中市美術館の公開制作室の一画にその試作品があるので、今週末までですがおこしの際は是非ご覧下さい。「母の友」3月号もおいてあります。そして、ミュージアムショップでは「母の友」のバックナンバー販売中です。そちらも合わせてご覧下さい!

Fuchu_OPST_Fuchu_OPST_319
<画像:「縮尺1/nの日常を机上に(部分)」試作中>

soundartist77 at 11:09|この記事のURLComments(0)

March 15, 2013

ひとつの練習を終えて、また練習を考える and about creating your own route for everyday life!

(Bilingual)
room02
installation view @ Fuchu Art Museum, "Over the Rainbow" 2012-2013

府中市美術館での展示と公開制作が終わり、予想以上に大量の物がスタジオに届き、片付け終わり、ついでにスタジオ中の片付けを行い、なんとか終わり、久々のCDの注文をきっかけに、過去の音源/作品データ整理に着手してしまい(全然終わらず・・・)、いい加減片付けやら整理ばっかりも、と制作を再開!とりあえず公開制作で発表したパフォーマンスを別の形で作品化しようとようやく動き始めました。また追ってこちらでも紹介していきます。

Unexpected amount of stuff came to my studio after the exhibition and OPEN STUDIO at Fuchu Art Museum. I have organized all my stuff in my studio to fit them in... and I had started organizing the data of my past sound works (never ends...) I was so tired of organizing whatever, so I finally started creating new work, but out of the resource from my OPEN STUDIO. I had done the performance, but would like to make an artist book with audio elements or maybe Web base work... I am not sure yet! I'll update about it here. The below is the text from the catalogue of the exhibition. I have not been able to write it in English yet. It'll be ready and I will post it here!

以下は府中市美術館「虹の彼方」展のカタログ別冊に掲載のテキストです。ちょっと長めですが。「練習」について書いてみました。

「日常のための練習曲」

朝に目が覚め、何色のどの服を着て出かけようとか、どの店に入って何を注文して何から食べるのか、その後に珈琲を飲むのかどうか、その時に誰と何をどういう風に話すのか、お決まりのパターンを組み合わせつつ、無数の工夫やヴァリエーションを加えながら、計画していた事や、その時々の即興的な判断、好み、合理性、適当さ、妥協なんかも総動員しながら、微視的に見たらキリが無いほどの選択を繰り返し、結び合わせながら、その日その人なりの「たったひとつのルート」を作りだし、一日を「普通」に過ごしている。生活の中で何の気もなく発揮されているそういう創造力、色々なルールやしくみ、それと同時に、実際の生活の都合上やその人の能力の限界など様々な理由で捨てられ、選ばれなかった「その他のルート」に私は強い興味を持っている。
生活が上手くなる、という表現があるのかどうかはわからないけれど、何かを繰り返したり、観察して工夫しているうちにたいてい何かが身に付く事は必然的に起こることだから、きっと上手、下手があるんではないだろうか。同じ目的地に行くにしても裏道や早道を知っていたり、同じ材料を扱うにしても道具の使い道に長けているとか、そういう巧さは選択肢に幅をもたせ、生活はブラッシュアップされる。また他人の生活ぶりを覗き見たり、外国に行って「別ルート」を見つけ、そのエッセンスを自分の生活に持ち込むことで新たに開拓される可能性もある。

「日常のための練習曲」では、普段なにげなくやっている生活行為を少し違う流れの中で組み合わせたり、市販の日常品をそのまま使ったり、勝手に用途から逸脱し、カスタマイズしながら、微かな音を聴く場や時間を作ってきた。
例えば、こんなルートを描いてみる。近所のコンビニでミネラルウォーターを買ってくる。その水をゴム糸と一緒に凍らせ、天井から吊るす。氷は一雫ずつガラス瓶に落ち音をたてる。氷が溶けきったら、ペーパータオルを一枚とりだし、丸めてコップにつめる。ガラス瓶にたまった水をひとさじほど、丸めた紙に振りかけ、コップを耳のそばに持っていきカサカサとなる音にしばらく耳を傾ける。紙をひろげ、扇風機のスイッチを入れ、乾かす。その風は、さきほど空になったミネラルウォーターのペットボトルの口をなで、近くにあったハンガーを揺らし、微かな音楽を生み出す。そして大気に戻った水分は、またどこかの工場でペットボトルにつめられ、コンビニに還ってくるかもしれない。
幾つかの行為や、幾つかの物の使い方を取り上げて組み合わせ、新しいルートを作り出す。そんな事を繰り返し、そのルートを行き来しながら「練習」しているうちに、ついこの前まで行き止まりだと思っていた向こうに迂回するルートを発見したり、つまらないと思っていた場所の使い道を思いついたり、気にもとめていなかったモノが価値を帯びてくる。
そんな事がきっかけで、頭も体も夢中になって動きだすことがある。気がつくと思ったよりも高いところにいて、ふと立ち止まって、どうやって辿り着いたのか考えようとしても、大まかにしか思い出せない。1、2、3、、、と数える様に「あれとこれはした」と挙げられても、1と2の間に存在する数の全てを知ることは決してできず、ぐんぐん深みにダイブしていく、そんな瞬間にほんの小さな気付きは「テコの力」で、ふっと私の中の重たい何かを持ち上げる。その事をじっくりと観察し、なんでもない事が起こったのか、とんでもない事が起こったのか、そんな事を考えつつまた別の練習を考える。

................................

Although the following English text is based on the Japanese text previously published on the catalogue of the "OVER THE RAINBOW" exhibition @ Fuchu Art Museum, it is not translated word to word. I rather have written it as a different text. (maybe...it's like twins...!?)

"etude for everyday life"

In the morning, I wake up, choose something to wear, do a little exercise, make and eat my breakfast, drink a cup of coffee, read some books, check my emails, and then go out to meet someone or stay at home to do some work. This is my morning routine and there is nothing special about it, and in fact, it could be done almost automatically after turning myself on. However, if you take a very close look at on what is actually happening here, you may realize that I am making series of micro-decisions/choices and varying them according to the following; the weather of the day, my physical condition, what is left in my fridge, and what I am working on. I even have to take my unreasonable feelings into consideration; let’s take a break and do nothing today, for example. It seems to me that I digest all the choices to some extent, not perfectly, and make my own path for the day. Some of it is planned, and the rest is improvised.
I am curious to know the creative process and tactics behind this automation; its rules and structure if there is such. I am also strongly interested in the “unchosen routes", the uncovered world, as well. Most of the time, they are not even found out simply because I have never imagined them, or I am not able to realize it because of some kind of physical limitation. So, it is about my capability. Capability? Then, I can practice and make improvements to liberate myself a little more. Although practice may not make me perfect, I could become familiar with the elements that are involved in the process as I cotinue doing it.

Morning after morning making my coffee, for example, I may make a good one. Then, I may realize that I am getting good at measuring a spoon of coffee beans, which means I learned something about the weight. The next day, I may hear the music from the kettle. I don’t know what it means, but it feels great listening to it. Then I would look for a way to make it better, and start analyzing it. A new investigation begins. I observe that the quantity of water changes the tone color and time frame of the boiling. How about a small pan instead of a kettle? or an electric kettle. Does the voltage make any difference? and it goes on as long as my interest lasts.
It is like discovering a little branch road off the very familiar street of your own neighborhood. Eventhough, it could be a detour and only take you to another familiar street, it would still surprise you and give your mind a chance to wonder about the other possiblities hidden all around you. Then you might look around, start walking down the street trying to find another alley, get away from the routine, then you are already making your own way into somewhere else. I am not sure where the branch road of coffee making that I name “etude no.1 kettle” leeds me/you to. To nonesense? Good coffee? Good sound? Dead end? Unknown field?

In one way, my “etude for everyday life” is a set of branch road that stems out from streets of our daily life. Some of them are quite well known, and some of them are hidden and too subtle to be recognized. After learning about each little details of the alley/sound, they become componets to construct my own route of life, which were unimaginable before.
My etude performances, installations, and videos are the results of my quest of uncovering some of the hidden routes. Here is one example that I found; I go grocery shopping, buy a bottle of water, make ice cubes with rubber thread in them, hang them from the ceiling, place glass jars under the ice cubes, LISTEN to the drops of water from the ice hitting the glass, take a piece of paper towel, scrunch it, put it in a small cup, pour a spoon of water from the glass jar, cover your ear with the cup, LISTEN to the paper absorbing water, take out the paper towel from the cup, open it, turn on an electric fan, dry the paper, LISTEN to the music that the wind makes, a very subtle one from the plastic bottles that have just become empty, and another one from the hangers as they touch each other when the wind passes through. The water dissolves into the air, much later on it may rain somewhere, at certain point become a part of a stream of water, somehow bottled again in a factory, and it may come back to the grocery. I combine things and behaviors taken out from the original context, employ daily products and everyday behaviors that are conected to the social systems and the economy of the world; sometimes as they are, sometimes I customize and juxtapose them to create the change to a time and space for delicate listening. What I am talking about? I am talking about practicing freedom. No freedom is packaged and sold in any store. It is only found when you start customizing it by yourself.

mamoru

soundartist77 at 20:14|この記事のURLComments(0)

June 04, 2013

できましたー。 and long time no posting!

(Bilingual)
THEWAYIHEAR01

image: the cover page of the leaflet of OPENSTUDIO 57, performance score for "1968.05.28. Sengen-cho"

大変ご無沙汰しています。この数ヶ月ぱったりと音沙汰なしで過ごしてしまいました。ちゃんと生きています!少し休養もとりましたが、現在は新しい作品の構想や試作、今後に控えているプロジェクトのためのリサーチなど、その辺りもまた近々ご報告出来ると思いますが、とにかく、昨年11月ー今年2月に行った府中市美術館での公開制作のドキュメント作成、同じく公開制作のWebページ作成のための翻訳がようやく終わりました!
It's been a long while since I have updated my blog the last time. I am alive! I have been working on some of the new ideas, next projects, and documenting what I had done in Fuchu Art Museum.

そして、とうとうWeb日英両方アップでき、美術館作成の公開制作のドキュメント・リーフレットも完成しましたのでお知らせします。上の画像はリーフレットの表紙で、サウンドスケープを口述するためのパフォーマンス譜面が掲載されています。
I am glad to announce that I have finally finished updating my Web and the leaflet/documentation of the recent project "THE WAY I HEAR" has published by the Fuchu Art Museum recently. The image you see above is the front cover of the leaflet and it has the score of the vebal descriptions + simple gestures to perform a soundscape.

http://www.afewnotes.com/THEWAYIHEAR.html

パフォーマンスの書きおこし全文、そのままアーカイヴしてあります。読みづらいかもしれませんが、何かフィードバックありましたらご教示願います。その他、以下のカテゴリーをクリックしてもらうとそれぞれの概要と関連画像が観れるようにしてあります。上の譜面に関してもリスニングやリサーチのあたりを読んで頂けると、それが何のために書かれたかよくわかると思います。
The transcription of the entire performance has just finished and I am sure there are errors, but it might have the feeling of me speaking!? (but, if you find any obvious mistakes, please let me know!) The transcription is quite long, so please click the links shown below, or in the upper part of the Web, you would be able to see the summaries of the projects and related images.

公開制作/OPEN STUDIO
リスニング/ Listening
リサーチ/ Research
パフォーマンス/ Performance
リーフレット/ Leaflet

実際のリーフレットはA4サイズで、6紙面を折り畳んだ仕様になっています。公開制作の記録画像、制作メモ、学芸員の神山亮子氏のテキスト、略歴を日英記載、という作りです。Webのリーフレットのリンクでは神山氏のテキストを掲載しています。ご興味ある方は、府中市美術館に問い合わせて頂くか、私宛にメール下さっても対応できるかと思います。
The actual leaflet is 6 pages in A4 size, which contains some images, excerpts from my memo, text written by the curator, Ryoko Kamiyama, and short CV with credits. The web page for the leaflet only has the text by Ryoko Kamiya. If you would like to get one, please contact the Fuchu Art Museum or me via email.

そうそう、リーフレットと一緒に、展示の際に来場者の皆さんが書いてくれたコメントが届きました。遅くなりましたが本当に書いて下さったお一人お一人にお礼申し上げます。返事がおそくなりました。感動したり、笑ったり、うなったり、と久々にダイレクトな声が聞けてとても嬉しかったです。全部紹介したいくらいですが、たくさん頂いたのもありますが、ここは自分の中にしっかりととっておきたいと思います。
One more thing, there were a lot of letters together with the leaflets sent from the museum. They were from the visitors of the exhibition at Fuchu. I was so delighted to read all your comments on my works. I almost wanted to introduce every letter here, but decided that I would keep it for myself. Thank you and sorry for being so late to reply to you.

それでは徐々に次のプロジェクトのアナウンスもしていきますので、また宜しくお願いします!
Next time, I will update about my next project! See you then,

mamoru


soundartist77 at 11:15|この記事のURLComments(0)