2013-14 Lyman/Yubari/Amherst

August 06, 2013

1874年6月19日9時32分に耳を澄ます and I am listening !

(Bilingual)
yubaririver_m_working
image: listening view, 2013

現在、夏の北海道。本州よりも涼しいですが、日中の日差しはきつく、外でリサーチしていてもジリジリと暑さを感じます。ただし湿気は全く気になりません。本当に過ごしやすい。
Here in Hokkaido, the northern island of Japan, you'd feel hot in the sun, but it is not humid and that makes everything different from the climate of other islands of Japan.

今回は、夕張で、後々の大夕張炭層の発見に先鞭をつけた、明治初期のお雇い外国人の1人地質学者「ベンジャミン・スミス・ライマン」に関するリサーチを行っています。彼は1874年に総勢21人部隊を引き連れ、夕張川をカヌー(小舟)でさかのぼりつつ、この地を踏査し、あるところまできて川岸に炭塊を発見をするのですが、その発見の日、その場所で聴こえただろう音風景を採取してみたいと思っています。
I am researching geologist Benjamin Smith Lyman, who came to Japan and explored Hokkaido in late 19th Century with the invitation of Japanese government. His discovery of coal pebbles initiated the development of the Yubari mine, which was one of the largest mine in Japan and had been producing charcoal until late 1970s and early 1980s. I am trying to sample the sound that he might have heard when he travelled through and around Yubari river by collecting historical accounts, and listening to the sound of 2013 that may have survived since then.

プロジェクトはその音風景を軸にしつつ、歴史的資料の面ではライマンを研究してきた地域郷土史家の方、北海道大学付属図書館北方資料室、ライマンコレクションを保存してきたマサチューセッツ大学図書館の方達、川の上での音聴きや撮影のために地元のアウトドアのプロフェッショナル、その他いろいろな方々の協力を得つつ、プロジェクトを進めています。
With the help of the following people and more, the project is moving forward. The local historians, Library of Hokkaido University, Library of Massachusetts University that had preserved Lyman's written accounts and other related collections, and the local outdoor-proffesionals since I am actually trying to go up the river myself to gain the feeling and imagine how it was like for Lyman to go against the stream and take memos.

夕張での成果発表は以下の通り。今回の滞在中に撮影した(する)画像や映像をお見せしつつ、トークしようかと思っています。あとはおまけ?として、ライマンが遺著「ベジタリアンの食事」(1917)に書き残したカレーのレシピを再現してみようかと思っています。むしろメインでしょうかね。
I will organize a local meeting here on the 18th of August to make a presentation with images taken while I am here, and additionally there will be "Lyman curry", which is based on the recipe in Lyman's last book "vegetarian diet and dishes (1917)". (He had done some geological research in India before coming to Japan, and learned how to make curry.)

来曼研究会夕張調査研究発表会
・ライマンがきいた音、1874年6月19日9時28分に耳を澄ます
・ライマンがつくった味、1917年出版「ベジタリアンの食事」のカレーを食す
2013年8月18日(日)
時間:16時ー17時 スライドトーク その後にカレー!18時くらいまで。
場所:夕張市清水沢宮前町の集会所(清水沢駅から徒歩圏内)

東京では、来年になってから展示形式での発表になるかと思います。
In Tokyo, the work would be exhibitied next year.

また滞在記事は<夕張フィールドノート>と題してFBにアップしていますので良かったら見て下さい。
I am also updating some photos and my field notes on FB, so please check it if you are interested!

FB: https://www.facebook.com/afewnotes

smlLymanPage

image: "Geological trip through and around Yesso, 1874" B.S.Lyman (@ Hokkaido University Library)

soundartist77 at 12:00|この記事のURLComments(0)

January 16, 2014

ライマンの故郷へ! and it's to see a notebook

(Please scroll down for English)画像1
image: University of Massachusetts, Amherst, old chapel and the library building

2014.1.14. 小雨、気温ー思ったよりも寒くはない、風は感じない

とうとうやってきた。
徒歩、電車、飛行機、バス、車を文字通り乗り継ぐこと24時間。たった一冊の小さなノートを見るために。などと言うといかにも大げさだし、恐らくだいたいのリサーチというのはそんなものだろうし、興味を持つというのはそういう事だと思う。でも、そうは思っていても、やはりハイになる。そしてだいたいのリサーチというのはそんなものだと思う。

Benjamin Smith Lymanを追って夕張川を遡った昨年の夏以来となる「ライマン」作品の制作を再開し、米国マサチューセッツ州のアマーストという町にやってきました。

ニューイングランドの美しく深い深い森の中にアマーストはあって、マサチューセッツ大学アマーストはその中心にある。このエリアには幾つもの名門大学が古くからあって、各種エリートを輩出し続けている。明治政府によって雇われたアメリカ人の中にもマサチューセッツに関係のある者は少なくない。北海道開発に深く関わった開拓使最高顧問のケプロン、我らがライマン、札幌農学校(後に北海道大学)のクラークだけをとっても日本の近代化とそれを担った日本人達への影響は直接も間接も含め決して少なくないのではないだろうか。(新島襄や内村鑑三などはアマースト校に留学していた事もあるそうだ)

キャンパスで1番の高層ビルが図書館で、ここにライマンが持ち帰った膨大な書籍、メモ類、写真の多くがコレクションされている。そして、25階に今回のリサーチ/リスニングの主な現場となるスペシャルコレクション用の閲覧室がある。

他の部屋とは違って、少し重厚な装いの特別閲覧室の入り口に受け付け、その向こうに二つガラス張りのオフィスルームがあり、壁には北斎の浮世絵、壁際に幾つかガラスケースにいれられた何やら歴史を感じる資料が並んでいて、部屋の真ん中にかなり大きめの四人がけテーブルが4つ並んでいる。そしてその片隅に、昨年来あれこれと問い合わせに応じてくださった大学図書館司書の方があらかじめ用意しておいて下さったライマン関連の資料が古いダンボールや書類ケースに仕分けられてカートに載せられていた。
いいかげん見慣れているライマンの印鑑をあしらったラベルがそれらには貼ってあって一目でそれとわかる。

「The Benjamin Smith Lyman Collection
来曼(これが印鑑で、見た目的には[曼来]となる)
SERIES 4: SURVEY NOTEBOOKS,
Japan
Y1-3 1871(1873)
L3-39 1873-76)
UNIVERSITY LIBRARY
UNIVERSITY OF MASSACHUSETTS AT AMHERST
BOX 31 」

というラベルが貼られた箱を開き、ずらりと並んだ40個ほどの封筒の中から鉛筆で「L10 1874 (MAY-JUNE)」と記されたものを見つけ、中身をそっと引き出す。

これが本命のノート

思っていたよりも小さく、痛みのすすんでしまっているそのノートの表紙は元の色よりも茶けていて、真ん中には大きく「L10」と墨でレタリングされていて、鉛筆の補助線が見える。よくみると表紙の柄も薄墨でストライプ線を自らひいた様にも見える。

背表紙がボロボロなのと、わずかながら緊張の様な感情が入り混じった興奮もあって、恐る恐る初めの(と私が思った)ページを開く
ー 数字の羅列 ー
何かのデータだろうか?

そして次のページ。左上にはページ番号があるはずだ
ー「99」ー
99?おかしいな、と思い、数ページめくると数は減っていく。そう、ライマンはこのフィールドノートを日本式に右から開いて使っていたのだ。私の方が西洋式に左から開いたものだから最後のページ番号が現れたのだった。この事実が早速、フィールドノートのスキャンデータを読んでいた時に感じていた違和感の一つを解くヒントになった。
フィールドノートには川をさかのぼりつつスケッチした夕張川の図が描かれている。時々は見開きで使われるているページもあるが、大抵は半ページずつ進んで行き、何故か右側から書き始められていた。時刻がメモしてあり順番がわかったのだが、左にページをめくると思い込んでいたため、どうにも不思議に思っていたのだ。だが右から開いて使っていたのならむしろ自然だと言える。
ライマンが石炭の小塊を発見した場所を特定するためにこの川のスケッチは最終材料になっていたのだが、実はそのページは見開きで使われている様に見えるのだが、もしも右、左と別のページであったらば、ずいぶんと意味合いが変わってくるし、その可能性もなきにしもあらず。これは、改めて検証し直す必要があるかもしれない。

ともかく第一日目、初見で上々のスタートだ。その後も少しずつだが、幾つか重要な発見があった。

ライマンが開拓使から出版したレポートに、江別川(千歳川)と夕張川(現在の旧夕張川)が交わるところから少し先を遡った際に「湖の様な大きな水場を通った」という記述があり、リサーチ全体の中でも重要なポイントなのだが、どうしてもフィールドノートのスキャンデータを見ている限りは見つけられず、妙だなと思っていたところ、実物には鉛筆で(非常に読み取りづらい走り書きですが)「lake」と読める文字と簡単なスケッチが、レポートの記述と符号する形で書かれており、少しほっとした。鉛筆の線がほとんど消えかかっていたためスキャンデータには写っていなかったようだ。

発見というほどでもないが鮮明なイメージを得たのは、ノートに「deer」と読みとれる記述があり、河畔に鹿を見かけ思わず書き入れたのだろうか、私も昨年の夏に夕張川での現場検証の際に鹿の家族を見かけたのだが、その事を思い出した。

現在ウィンターブレイク中の大学図書館ではスペシャルコレクション室の開室時間は短くて、10時〜16時。土日休館を挟んで最長で火曜日の午後までの6日間ではたしてどこまでいけるだろうか。何が聴こえてくるだろうか。とにかく耳を澄ます。

追伸:2014.1.15、2日目の今日も未見の資料からはっきりとライマンが夕張川のどの辺りまで来ていたかが推察できる手書きの川のスケッチを見つけたり発見が続いています。またなんとか時間を作ってアップします!

..................

2014.1.14. raining, it is not as cold as I had expected, no wind

I am here to see a little notebook.
It took me about 24hrs to get here; walking, train, flights, bus, and car ride. I believe your interest drives you as far as it can, and that is how most of the research have done I guess, so no surprise.

My trip to Amherst, Massachusetts is a continuous research trip from the one that I made last summer in Hokkaido.

I have learned that there are strong connection between Japanese and people in this region especially around the early 19C. There were handful of people hired by the Japanese Meiji government from Massachusetts who played an important roll in the early stage of the Japanese modernization such as senior supervisor for Hokkaido Development Commission Horace Capron, the founder of Sapporo Agriculture School (now it is Hokkaido Univ.) William Clark Smith, and Benjamin Smith Lyman whom I am researching on, to name a few.

The library that I am going to spend most of the time here is in the 25th fl of WEB Du Bois Library. There is a reading room for their Special Collection, which include Lyman Collection.

The reading room has an atmosphere somewhat different form the other rooms in the library. There is a reception next to the door, and two office behind the glass wall. I see several Hokusai, Ukiyoe print and probably-historical-documents in the glass case. In the middle of the room, there are 4 tables for the researcher to study documents and they are big enough to unfold and view the oversized ones.
In a corner of the room, there was a cart prepared by the librarian whom I have contacted since last year. I can tell these were for me right the way because the boxes got the label that looks familiar to me; the stamp design that Lyman made in Japan.

"The Benjamin Smith Lyman Collection
来曼 (this part is the stamp, and the these are the chinese character he chose to represent his name)
SERIES 4: SUERVEY NOTEBOOKS, Japan
Y1-3 1871(1873)
L3-39 1873-76
UNIVERSITY LIBRARY
UNIVERSITY OF MASSACHUSETTS AT AMHERST
BOX31"

I opened the box and, from about 40 envelopes, I picked up the one that says "L10 1874(MAY-JUNE)" .

This is it.

It looks a little smaller than I had imagined. The notebook is handmade by Lyman with Japanese paper and also with Japanese bookmaking technique. The 140-year-old looking notebook has the hardcover with black sumi lettering "L10".

I was little nervous to open it since the spine of the book already tearing apart.
The first page;
some kind of numbers on the upper part of the page.

Next page;
it says 99 on the left upper corner.

99? That looks strange. The next says 98 and onward...
Lyman made his notebook in Japanese style that he also started pages from right to left. I might have been read about this fact, but it just stroke me and resolved one question I had when I first got the scan date of this notebook in summer.
I was trying to read his sketches of the river. I first figured the order by his notes on time and direction. Then, I noticed he started from the right page instead of left. I was not sure why he had to use the notebook in that manner. Now I know; he was more Japanese than I thought he was.
This first discovery lead me to reconfigure page 48 on L10; the page that has the most important information to locate where he found the first "Coal Pebbles" on the shore of River Yubari. It looked that he was using it as an open page (right +left), but I realized that it would suggest totally different shape if I read from right page and then to left. I have to investigate more on this later.

I am happy that the first day started well. There were other things I found out.

On the scan data, I didn't find a page that has any description about the "lake like expanse of water" that he wrote on the official report that they passed through. This lake/pond has disappear after the settlement and agricultural development in the region and even I find something similar on the old maps, it appears with so many variations. I have wanted to know the shape of this "lake like expanse of water" from more direct source of information.
I looked up very carefully to his field notebook where it may appear, and then I found pencil line almost fading away that looks like a "lake". I guess the scan wasn't able to capture the thin line at all.

It is also amusing to find words like "deer". He saw a deer on the shore or on the bank of the river and made a note I guess, which reminds me of my experience seen deers while I was researching on the River Yubari.

It is a interterm here at University of Massachusetts Amherst, so that I only have 10-16. I am staying until 21st, so altogether 6 library days to go. Let's see how far I can get.

Listening,

mamoru

soundartist77 at 13:38|この記事のURLComments(0)

January 18, 2014

フィールドノート解読中 and Iistening to 1874!

(Please scroll down for English)
画像1
image: Lyman collection in the box

アマーストでの時間の大半はライマンのフィールドノートの解読、解読に手助けとなる他の資料の閲覧、それらの撮影、に時間を費やしているが、大学図書館司書の方々の協力が本当に素晴らしい。打てば響くとはこの事で、当初からコンタクトをしていた東アジア専門の司書のSharonさんは私のプロジェクト自体にも高い関心を持って下さり、幾つか質問し私の関心事が具体的にどの辺りにあるのかを特定した上で、次々と興味深い資料を自らひっぱり出して来てくれる。

例えば、ライマンは自分が書き送った手紙の写しを手書きや、カーボンコピーなどで残しているのだが、そのうちのひとつ、1874年6月29日(と思われる)に自分の上司である開拓史の最高顧問であったケプロンに書き送った手紙には手書きの地図が付されていて、私が特にフォーカスしている1874年の夕張川での調査が含まれている。これは今までに見た事の無い資料だったし、かなり正確にかかれているのでフィールドノートや公式な報告書と照らし合わせるとライマン隊が果たして当時の夕張川のどの辺りまで来たのかがはっきりとする。予想していた地点よりは少し奥まで行っていた様に思えるが、だいたいは推定していた通りだった。残念ながらカーボンコピーの退色は激しく手紙の方はほとんどが解読不能なのだが、おそらく公式な報告書にも同内容が含まれている様に思う。これは要確認。

さらには自らフィールドノートの解読にも挑戦して下さって、「私よりも適任者がいる」と、自然科学系の学部の司書で地質学を専門とされるMaxineさんを紹介して下さった。
その方も関心を持って下さった様で、あらかじめライマン資料を予習(!)して来て下さった上に、フィールドノートの解読に半日ほどお付き合い下さった。
ただでさえ手書き文字というのは読みづらいし、専門用語も混じっているので少々お手上げのところもあったのだが、彼女も苦労しながら、幾つも頻出の単語を解読して下さった。おかげでかなり解読は進んでいる。ついでに地質学のレッスンもして貰って以前よりも正確にライマンの言葉が示す内容が理解できる様になってきていて、私のチューニングも進んでいる。

カヌー(ライマンの時代を考えるとおそらく丸木舟)の上で川の形や河畔の特徴を目測しつつ、次々とメモを書き加えていくためだろう、ノートには彼独特の記号的表現も多く、わかるまでは暗号だが、いったん読みとれると、彼の目に何がどう写っていたのか、そしてそこから彼はどんなサウンドスケープを聞いたのか、想像がすすむ。そして細かく文章で書き記している瞬間と記号でメモをつけている瞬間の違いも感じられ、それはさながら「譜面」に書き記された音長の違いの様で、書かれた「音楽」の形が聞こえてくる。

何かを発見する瞬間は何にも替えがたい喜びを感じる。

司書の方達も、私が単にアカデミックな論文を書くための資料をあさっているわけではなく、ある場面を想像するためのマテリアルとして資料を精査している点を大変理解して下さっていて、適確なアドバイスや鋭い思いつきをシェアしてくれたりもする。
「もし私が調査に参加していたら・・・」とMaxineさんは話し始め、とても重要な示唆を下さった。その事で、漠然と知っていただけの事柄に、その背景にある動機が感じられ、情報が肉付いて活き活きとしてくる感覚が生まれてくる。

ライマンは本当に記録魔で自分の機材表とそれをいつ誰にかしたか、帰ってきたかなどを刻銘に記録している。そこでSharonさんは1874年の調査前、調査中の表から彼がどんな道具を携行していたかが想像できるし、Maxineに聞けばどの道具をカヌーに持ち込んでいたかも推定できるかもしれない、それらがどんな音を出していたのかも想像できるんではないか?という事で早速聞いてみたところ、貸出リストからそれに該当しそうなものを抜き出し、参考画像も添えて返信が来た。

アメリカは月曜日がマーティンルーサーキングJr記念日で祝日のため長い週末を迎えている。ここアマーストで私に残された時間もあとわずか。

耳を澄ます

mamoru

...................

I am spending most of my time here at Amherst to figure out Lyman's hand written field notebooks, and documents that are related to it, or that would clarify the descriptions. I must say that the librarians are super helpful and I am so grateful for their knowledge and suggestions they make.
Ms. Sharon whom I have been in touch with since I started this project would ask me a few questions to see what I am looking for and get the documents, sometimes unexpected ones.

For example, I asked her if there is any drafts of the official report that might have a little more detail about his 1874 expedition since he wrote on the forward of the report that it was made out of further detailed diary. She brought a box of "CORRESPONDENCE". Lyman kept the copy of his letters by hand writings or carbon copy. I found a carbon copy of the letter from 1874 June 29th, a little after his survey trip on River Yubari and other rivers. The letter was written to Horace Capron, his boss, and there was a hand-drawen map attached to it. I had never seen it before or known its existence at all. The map clearly shows his route of the expedition; the shape of the river and how far he had gone up the stream. It was very close to what I had been guessing, but it was great to find out. Unfortunately, the letters are almost lost/faded away, but it may have some information about the expedition. I must check this later.

Ms. Sharon also tries to read the notebook for me as well, and suggested that the librarian who is specialized in geology may be able to read better than us! The next day, Ms. Maxine came up to offered a help. She spent half a day reading this notebook for me.
The notebook is really hard to read and contains some technical terms, which makes me helpless. However, she was able to figure out some of the words that appear very often. She gave me a little geology lesson so now I am more "tuned in" to Lyman's terminology. (I guess)

When you think about a guy on a canoe trying to sketch the river shape, make observation of whats around the river and take memo on a notebook as his canoe going up against the stream, it is easy to imagine that he would use a lot of symbols or short form of writings and repetitive expression for later readings. Therefore, it looks like a secret code, but once you figure it out, even a word, the whole note becomes way clear; I can see what he saw, and I hear what he heard. When he uses the sign, maybe the canoe was going faster? When he writes a little sentence, it was slow or it was important? It suggests the dynamics of his movements both physical and psychological on the river.

It is the greatest joy when you actually getting to know something.

Lyman was a type of person that takes memo of everything. He had listed the equipments he had and took memo of which he lend to whom until when and what happened (lost, broken, etc).
Ms. Sharon suggested to check on the ledger that has the list of 1874 before the expedition, which must had included the things he brought to River Yubari. I was not able to tell what they are by reading, so I took photos and sent them to Ms. Maxine asking which may had been taken into canoe, and if there were any particular sound they would have made. She replied with the images of 19C geological tools that are similar to what Lyman might have used. I will hear from her later how it might have sounded like.

Monday is Dr. Martin Luther King Jr. Holiday in US. It is a long weekend. My time here is not much left.

Collective listening,

mamoru

soundartist77 at 23:54|この記事のURLComments(0)

January 24, 2014

リサーチ最終日 and I've finished my research in MA !

(Please scroll down for English)
5749_10152147108290479_1762711557_n
image: Lyman's filed notebook, L10 from The Lyman Collection at the Library of the University of Massachusetts Amherst

2014.1.21 リサーチ最終日。くもり、これまでにない寒さー明らかにマイナス10度は下回ると言った感じ、息をすると喉鼻が痛い。それもそのはず、スノーストーム警報がニューイングランド地方に出ている。ボストン行きのバスや、その先のフライトは果たしてスケジュール通りに出るだろうか。。。

ともかく大学図書館での最後の6時間。

こちらに来てフィールドノートや手紙のコピーなどを眺めているうちに、開拓使によって出版された公式の報告書に書いていある事の詳細な様子が見えてきて本当に興味深い。ライマンはあちこちに痕跡・ヒントを残しているのでリサーチする側にとって面白いのかもしれない。

ライマンは夕張川の調査後に石狩川へ移動した際、途中で数日雨が続いた時に、報告書を書き、手紙を書き、改めて夕張川や江別川(現在の千歳川)での調査に関して整理しなおし、地図スケッチをしたりしている。
その日付辺りのフィールドノートをチェックしてみたところ、私がフォーカスしている1874年6月19日前後の行程を示した簡単な川の形のスケッチ、文中にはEbetsuやYubaribetsuなどの文字も見える。おそらく先日発見した、手紙のコピーに付されている手書きの地図の下書きと思われる。

夕張川から、石狩川の調査になったとたんに川のスケッチにジグザグ線が書き込まれ明らかに距離を図りながら遡上した事が伺える、前回の記事に紹介したMaxineさんに聞いてみたところスチールテープを使って測量するために規則的にジグザグにうごきながら移動したのではないか、ということだった。石狩川の様な川幅も水深も十分な時にはおそらくカヌーではなく船で移動していたと思われ、その際にはこういった測量もできたのだろう。

ライマンの地図コレクションを参照していたところ、想像していた通り、彼が参照していた松浦武四郎の地図の北海道全図を手写しした(又は誰かにそれを用意させた?)ものを見つけた。
その地図に書き入れられた日付から蝦夷調査前に作成(又は入手)しているのだが、墨で書かれた地図には三年間の調査の行程が朱線で引れている。きっと調査の後か、途中で随時書き入れたのだろう。

彼が調査の集大成として出版した「日本蝦夷地質要略之図」という石版四色刷りの美しい地図はこうした地道な調査と度々の整理の末に出来上がったことがより実感できる。この地図に「来曼氏巡回道筋明治六年至八年」と銘打たれたいう点線があって、小さく書き込まれた夕張川とその縁をかたどる点線を見て、私がフォーカスしている部分などは全体の10分の1にも満たない事に気づき、改めてその偉業に驚く。

いろいろな方の協力もあって、今回のマサチューセッツリサーチに期待していた内容よりも随分と様々な発見があった。そして何よりも実際にニューイングランド気質を持った方やそれを知っている人達にライマンの話をし、彼らから聞く意見もライマンの行動や動機を知るのに多いに役立った。

さて、どんな作品に仕上げよう。

追伸:2014.1.22. アメリカ東部上空、雲の上

前日のバスは吹雪の中、なんとか予定通りにボストンへ。今朝のフライトは一本キャンセルになったが、無事に次のフライトに乗れたのでさほどの狂いなく次の目的地へ移動中。

2014.Jan.21 cloudy, freezing; probably below -10℃, it hurts my throat and nose, snow storm alert over the New England region
(I am concerned about my bus and flight to Montreal...)

The last day at the Special Collection room of the UMass Library.

There is an official report that was published from Kaitakushi, the Hokkaido Development Commision that is written by Lyman. The filed notebooks, and letterpress copies that I have been looking at are the drafts of the report in a sense. There are much more details found in the drafts, and it visualized or clarify the details of what's written on the report.

Lyman went up the River Ichicari (the spelling as he wrote) after investigating on the River Ebetsu and Yubaribetsu, which is my focal point. There were a few rainy days where he got stuck and spent his time writing letters, reports, sketching maps, and reorganizing notes.
I checked the field notebook around those dates and found an interesting sketch of River Yubaribetsu and Ebetsu, which seems to be the draft of a handwritten map that was attached to his letter to Horace Capron.

His sketch of River Ichicari is somewhat different from the ones from Yubaribetsu; he drew in zigzag line in the river, which probably is the trace of calculating the distance of the river by steel tape according to Ms. Maxine. Ichicari was wider and deeper than Yubaribetsu, so I guess he probably took row boat instead of canoe so that he was able to work on the measurements.

In the collection, there is also a hand-drawn-copy of the Takeshiro Matsuura's map, which Lyman had used as his reference through out his expedition (sometimes even complains about its inaccuracy...). It is dated before his trip, but has a red ink lines drawn over it showing Lyman's 3-year-expedition routes. Lyman might have written in while he goes on or after the trip. I had imagined that Lyman would have left some of his studies on Matsuura's map, so this was a great proof.

The "Geological Map of Yesso", 4 color stone print, that Lyman published later was the crystallization of all these little efforts of him and his team. There is a dotted line which says "ROUTE OF THE GEOLOGICAL SURVEY OF 1873-75", and the part that I had investigated on is even less than 1/10 of his entire route. I just admired Lyman's commitment and avility again for what he had done within his first 3 years in Japan.

My research here at Amherst was truly fruitful. Thanks to everyone I met. It was also just nice and helpful to be here, get a little more sense of what people of New England are like. Some of the conversation explained to me more about Lyman.

Next step is to weave all these experience into a work.

P.S. 2014.Jan.22 over the sky of North East USA, cloud underneath the airplane, of course sunny up here.
The bus took off as it was scheduled. My morning flight got cancelled but rescheduled ok, and I am heading to my next destination.

soundartist77 at 10:03|この記事のURLComments(0)

May 03, 2014

新しい「独想曲」を発表します and the title is "THE WAY I HEAR, B.S. LYMAN"

(Please scroll down for English)

sml_TWIH_LYMAN
(c)Tokyo Wonder Site / mamoru

このたび、Tokyo Wonder Site本郷にて「THE WAY I HEAR, B.S.LYMAN」を発表します。この作品は、明治初期、近代化を急ぐ日本政府によって雇われた外国人専門家の一人で、鉱物資源調査や、その従事者の育成を託され、当時まだ「蝦夷」とも呼ばれていた北海道に赴き精細な地質調査を行い、その結果から日本初の総合的な地質地図「日本蝦夷地質要略之図」を出版したベンジャミン・スミス・ライマン(1835-1920)という人物を取り上げ、彼が聴いただろうサウンドスケープをテキスト譜を中心としたインスタレーションを通して「リスニング」して頂く作品となっています。
(制作プロセスの一部をこちらの過去記事から少しご覧頂けます)

今回は、その中からライマンが夕張川で小さな石炭の塊を発見する場面をもとにした第四章「19 June, 1874」を「独想曲」(お一人ずつ用意されたテキスト譜とインスタレーションから想像していただく形式)として発表します。

"聞いた事のない音を聴く事はできるだろうか?そんな事を思いめぐらしながら、この何年か幾つかの土地にまつわるサウンドスケープを題材に作品を作って来た。

現地におもむき自分の耳で音を拾い、実際に様々な模倣体験をしてみたり、土地の人達の話しに耳をすまし、歴史的な資料や気象や生態系に関する統計データを集め、日記や伝説等にも目を通し、一見ほとんど音とは関係のないそれらの体験やテクストの中にわずかに「残響」する、過去のある時点、ある地点で実際にあり得たかもしれない音風景をとらえようとしてきた。

「THE WAY I HEAR」という言葉には、耳を通してのリスニングだけでなく、知ること=リスニングへと拡張させた「音を聴く術」という意味を込めている。"


...........

TOKYO STORY 2014

場所:Tokyo Wonder Site Hongo(http://www.tokyo-ws.org/
期間:2014.05.03(Sat) –2014.06.08(Sun)  *Closed:5/7・12・19・26・6/2
時間:11:00–19:00
入場無料、Admission Free

..........

"THE WAY I HEAR B.S.LYMAN"

The new work that I am showing at the exhibition features an American geologist Benjamin Smith Lyman who came to Japan in 1873, conducted a three-year long geological survey trip in the northern island of Japan which then called Yesso/Ezo. He was one of the foreign experts hired by the Japanese government when it was rushing to modernize the country at the beginning of the Meiji Era. Lyman was hired to conduct a survey of mineral resources and train those taking part in the survey. He published the first comprehensive geological map in Japan ("A Geological Sketch Map of the Island of Yesso, Japan") as the result of his survey. The installation is a "stage" for imaginative listening; it is only activated by the audience engagement through reading the text-score and with simple actions suggested in the same text.
(You can see some of the past posts related to the research for this work.)

The 4th Movement "19 June, 1874" is based on a scene in which Lyman finds coal pebbles on a sandy beach of the River Yubari. The piece is for a "soloist" meaning that the space can be entered by one person at a time.

"Is it possible to hear a sound that one has never heard before? I have been asking this question for some years and travelled some places.

I have listened to the surrounding sound with my ears, tried to recapture the situation by imitative learning and observation, interviewed locals, gone through historical archives, methodological datas, environmental datas, personal diaries, and mythes. They may not directly refer to soundscape, but through collective resources, I have tried to listen to the reverberation of the sound of a certain moment and a place.

THE WAY I HEAR is my way of extending the modes of listening from physical one to more general idea; that is knowing=listening. "


soundartist77 at 08:59|この記事のURLComments(0)