2013 Manila Media/Art Kitchen

October 18, 2013

マニラへ向けて and I am goingo to be in Manila !

(Bilingual)
画像1
image: plan drawing for the exhibition

今週末日曜日からマニラでの滞在を開始します。今年は夏ー秋の間夕張川、十和田湖、と日本の北側で仕事していた分、季節外れの夏に負けない様にしないとな、と思っています。滞在は4週間ありますが、前半は展示のための制作をマニラ中心部にあるアヤラ美術館という"ショッピングモールの中にあるガラス張りの美術館"というなかなか経験の無い環境でかつ"三階分のガラスケースの中”というこれまた難条件、後半はGreen papaya Art Projectsという現地のアーティスト・ラン・スペースの人達とラジオを使ったプロジェクトを郊外のケソン市で、と盛りだくさんのため、おそらく息つく暇なくあっという間に出発の日、ということになりそうな気がしています。

今回のプロジェクトは国際交流基金が主催する「MEDIA/ART KITCHEN」というASEAN諸国のキュレーター、アーティスト達によって4カ国で開催される展覧会事業の一環で、現在既にインドネシア、マレーシアなどで展示が始まっているようです。特設サイトは>こちら、(基金の関連ページ>こちらから)

果たしてどんな制作/プロセス、作品/結末になることやら。。。このブログや、FB(https://www.facebook.com/afewnotes)で様子をアップ出来ればと思っています。

............................

I will be in Manila for 4 weeks from this coming Sunday for the group exhibition taking place in the center of Manila and the radio project in Quezon. The project is a part of Japan Foundation's "MEDIA/ART KITCHEN", which is organized by the curators from ASEAN nations. They have already opened 2 exhibitions in Indonesia and Malaysia so far. You can see the detail > here.

The Ayala Museum that I will install my work is located in the shopping mall, and people can see the inside of the museum through glass wall. (as far as I understand.) The works will also be installed into two glass casesI, 3 storeys high with shelves. I haven't seen the space yet, so decided not to get into details until I see it. But it will be challenging, and hope to update the process and the result here on my blog or on my FB(https://www.facebook.com/afewnotes). The radio project is the collaboration with artists based at Green papaya Art Projects

Looking forward to meet the new city and people there!

soundartist77 at 11:48|この記事のURLComments(0)

October 23, 2013

マニラを聴く and THE WAY I HEAR, Manila 01

(Bilingual)

2013.10.21, 晴れ、30度近い気温、湿気あり
「頭をかがめながら、キアーホ行きのJeepneyに乗り込む。両側にある長椅子にはすでに制服姿の高校生や数名の乗客が座っている。外で行き先を叫んでいた運転手も車に乗り込んで、すさまじい騒音の中を走り出す。トラックに吹き込む風が暑い。時折、乗客から乗客へ、そして運転手へと手渡される運賃やそのおつりが私の目の前を行き来して、小銭のたてる小さな金属音が聞こえる。信頼で成り立っているこの"運賃システム"が微笑ましいせいか、すさまじい騒音の中でも何か際立って聞こえる。」

Jeepneyって何?と思われた方は>こちら wikiですが参考までに

........................

2013.10.21. Sunny, hot, humid
"I bend my body and get on the Jeepney to Quiapo. There are high school students with their uniforms on, and a few other passengers already on the seats on the both side of the truck. The driver stops screaming the destination, gets on the car, and starts driving into the great noise of the city. The hot wind comes through the open window. I hear the coins been passed from my left to right. People passes their fare to someone sitting next to them, hands to hands to the driver. Maybe because this 'system
' is somewhat smile-provoking to me that I hear the sound very clearly regardless of the noise all around."

If you wonder what Jeepney is. Here is what the wiki says.

soundartist77 at 00:26|この記事のURLComments(0)

マニラを聴く and THE WAY I HEAR, Manila 02

(Bilingual)

2013.10.22. 13時頃、晴れ、30度前後、湿気あり
「マカティの中心部の巨大なショッピングモール。入り口ではセキュリティゲートをくぐり、かばんの中身を細い棒でなんとなくかき回され、形ばかりにも思える様な銃所持チェックを受けた後にモールへ入る。ドーム上に見える天井までは3〜4階分ほどの吹き抜けで、床には大理石調のタイルを敷き詰めてある。通りゆく数えきれない人達の足音と、彼らの交わす会話、無数の店から流れて来る音楽、全ての音が反響し、その残響も加わり、聞き分ける事が不可能なひとつの巨大な音の塊と化している。「ここで昔、と言ってもそんなに前じゃないんだけど、ガス爆発があったんだよ」と聞く。その「音」に圧倒され、ますます目眩がする。歩けど歩けどモールは果てしなく連なっているが、時折外にでる。と、同時に音の塊から解放され思わずため息をつく。」

.......................

2013.10.22. around 13:00, sunny, hot, humid
"The shopping mall in the center of Makati. I have to go through the security gate, and a guy checks my bag with a thin rod before going into the mall. The inside is 3-4 stories hight with a dorm-shape-ceiling. The floor is made with marble-looking tiles. The footsteps of so many people, their conversation, and different music from every single stores are reverberated and amplified in the space; It becomes a gigantic chunk of sound. My friend said 'You know, not too long ago, there was a gas explosion here in the mall.' The overwhelming 'sound/image' made me little dizzy. As I walk out from a mall, I breath the air, free my ears a little while before walking into another mall."

soundartist77 at 10:24|この記事のURLComments(0)

November 07, 2013

THE WAY I HEAR/LAKWATSA, Manila 2013

(Bilingual)
sml_installing_AIRPLANE
image: installing an paper craft object for "13. AIRPLANE" @ MEDIA/ART KITCHEN, Ayala Museum, Manila 2013

a day before the opening
at around 6 o'clock in the evening
the awaited airplane flew into the exhibition space

Can you "HEAR" the airplane landing?

Makati area, where the museum located, is a clean mega shopping mall area, and I was curious to find out what it was like before. It just started when I start asking several locals(I am not sure how local they are) about it, but they didn't know.
Then one of the local/my assistant/then-a-collaborator found out that there was an airport. We started researching, and off course, there is a history behind. The Ayala Avenue, a block away from museum, used to be the run way of the Neilson Airport since 1937 to 1948.

(Today is the opening day. It will open soon, so I will write more about this in the next post. mamoru)
.................

展示オープニング前日
夕方6時頃
待ちわびた一機の飛行機が会場に飛来

聴こえますか?

美術館が位置するマカティという地区は巨大なショッピングモール街があるのだが、以前の姿はどうだったのだろうと単純に興味をもって数名の人に聞いてみたが答えはなかった。
マニラっ子でもあり、結局コラボレーション相手になった、私のアシスタントの1人が飛行場がこの辺りにあったらしいということを調べてきてくれた。興味をもった彼と私はさらにリサーチをすすめ、美術館(私の受け持つ展示会場)の窓からも見えるアヤラ通りがニールソン飛行場(1937−1948)の滑走路であったこと、またその飛行場にはフィリピンと日本にまつわる物語があった事実を知る。

(今日が展示オープンなので、そろそろ会場へ。次回にもう少し詳しく書こうと思います mamoru)



soundartist77 at 17:49|この記事のURLComments(0)

November 22, 2013

マニラを聴く and THE WAY I HEAR, Manila 04

<日本語は下へスクロールして下さい>
sml_neilsontower
image: Neilson Tower, Ayala Triangle, Manila

(continuing from previous post)
The first night I arrived in Manila, a coordinator took me around Makati area. We passed one park/yard. It was at night, but wasn't dark enough to miss its distinctive shape. She told me the place is called Ayala Triangle. Many often, there are reasons why places like this end up being in such a shape. As I started researching the area, I found out that, In this case, it was the two crossing runways of the Neilson Airpot that made it into triangle. You can see the ex-control tower in the corner of the triangle at least for a little more. (It is under construction and I am not sure whether they are keeping the building or putting it down.)

On March 15, 1941, the Philippine Airlines' first flight took off from the Neilson airport to Baguio with 5 passengers and two pilots on board. The aircraft was a Beech Model 18 NPC-54, known as "twin engine"; one of the fastest of the time. The PAL acquired another one, NPC-56, later. However, the war between USA and Japan broke out, two planes were impressed into military service to fly supplies and later evacuate Americans to Australia. The NPC-54 when flying to Australia had an engine trouble and grounded at Surabaja, while the NPC-56 got shot down by a Japanese fighter over Malabang. (The pilot who flew the first PAL, was unhurt and made back to Australia.)

Listening

sml_BM18
image: airplane model; Beech Model 18 by Joseph Gabriel

(前回の記事の続き)
1941年3月15日 5人の乗客と2人のパイロットを載せてフィリピン航空最初のフライトがマカティ・ニールソン空港を北部バッギオへと飛び立った。機体は当時の最速機のひとつビーチクラフト社のモデル18、通称ツインエンジン、NPC-54。フィリピン航空は後にもう一機同モデル,NPC-56を購入するが、すぐに日米開戦にともない軍用輸送機として軍に接収され、物資の輸送、後には米国人をオーストラリアに避難させる際に用いられた。NPC-54はオーストラリアに向かう途中にスラバヤ上空でエンジントラブルをおこし墜落、NPC-56はマラバン上空で日本軍機によって撃墜された。(パイロットは無傷。オーストラリアに生還。)

耳を澄ます

マニラに到着した最初の夜に、現地でいろいろとコーディネートしてくれているスタッフの方に美術館周辺を案内してもらった時に、ひとつの公園のような広場を通りかかった、暗かったとは言えその不思議な形が見てとれた。私がその名前をきいたからだったか、その方が自ら教えて下さったのかは忘れたが、そこが「アヤラトライアングル」と呼ばれている事を知った。こういう場所というのは、それなりに妙な形に落ち着く経緯というか、理由がある事が多い。案の定、調べはじめてわかったのは、この土地にあったニールソン空港の2本の滑走路がちょうど交わってできた三角形だということだ。その一画には元管制塔のニールソンタワーが現在も(いまのところ)建っている。1948年に飛行場としての役目を終えた後に警察署、オフィス、レストラン、図書館と姿を変え現在は工事中。(聞いたところでは、レストランとして再オープンするそうだが、概観が保たれるかどうかは不明)

・・・・・・・・・・
Two more days before closing the exhibition at Ayala Museum. The text and images posted here are supplementary to the main text exhibited there, so please go check it if you can and visit Neilson Tower if you have a little more time, just a block away from the museum. I will introduce more "sound" that I encountered in Manila somehow online after the show is over. Thank you for your listening!

「マニラを聴く」と題してブログで書いたテキストや掲載した画像はアヤラ美術館での展示に関連した物です。展示終了後(11月24日)にまとめてからウェブ上で他の「音」もご紹介したいと思います!展示に行ける方はどうぞ作品を観に行ってください、その際はニールソンタワーもほんの一ブロック先にありますので是非訪れてみて下さい。展示終了まであと2日!

mamoru

soundartist77 at 19:06|この記事のURLComments(0)