June 2006

June 28, 2006

FW2トップ、やってくれちゃったよ♪

ブラジル1点目
またW杯ネタですいません。サッカーブログのようになっていますが・・・・・違います。
今だけ、今だけ。

今夜はブラジル×ガーナ戦でした。
ガーナというと、余りサッカーというイメージはありません。
しかし、グループリーグを2位で進出してきたので、あなどれません。
さすがアフリカの国。体格はガッチリとしていて、ボールの奪い合いでもなかなか倒れないんです。 しかし血気盛んすぎて、プレーにもブラジル相手にムキになっているように見え、イエローカードの嵐でした。後半にはイエロー2枚目で退場になっていたし・・・・・けど、なかなかブラジルをドキドキさせるプレーもありました。

私はもちろんブラジル♪
ゲーム始まって5分で、ロナウドが決めてくれました!キーパーと1対1になり、跨ぎドリブルで難なくかわして見事先制ゴール。
ブラジルも危ないシーンがいくつかありましたが、ハーフタイム目前で、今度はアドリアーノのひざ蹴りゴール(笑) 今回は「ゆりかごダンス」はありませんでした。
ブラジルのFW2トップがちゃんと決めてくれて、いい流れになりました。
後半でもガーナはシュートをしてくるものの、あまり枠に飛んでこない・・・・・日本同様、決定力に欠けます。
後半にさらにゼロベルトの追加点。余裕の準決勝進出となりました。
でも、ガーナはよく頑張ったと思います。アフリカ勢で過去にブラジルから点を奪ったことはないのですが、1点くらいは取られてもおかしくないくらいいいプレーをしていたと思います。
しかしガーナにゴールを許さなかったのは、ジダのファインセーブの数々。
でも、気になったのは彼の額の左上の剃り込み。今日初めて気づいたのですが、いつも柄?が違うんです。先日の日本戦の時と違って、流れるようなラインの剃り込みでした。ジダったら、オシャレさんなんですねぇ(笑)顔もなかなかイイ男です☆
それと、ガーナの監督。ふとした瞬間カメラに抜かれた時の顔が、ものすごく恐ろしくて、とても堅気の人には見えませんでした。監督の顔に地獄を見た気がした夜中の1時でした・・・・・

写真は、ロナウドが1点目を決めた後のものですが、ロナウジーショとロベルト・カルロスが飛びついてます(笑) 子供のようにキャッキャッと戯れる彼らに、可愛くてすごい笑っちゃいました。
今回、ロナウジーニョもロベ・カルも見せ所が余りなくて、後半ロベ・カルは怒って自分側のペナルティエリア付近から、「俺にパス寄こさないなら一人でシュートしちゃうぞ」と言わんばかりの60m以上ものロングシュートしてました(笑)
当然キーパーにキャッチされましたが、怒りはしっかり伝わりました。

次のゲームはスペインorフランスとの戦いです。まだどちらが勝ち進んでくるのか分かりませんが、またもや開始が明け方の4時。
ブラジルを応援する日本人には、いつもキツイ日程です・・・・・

soundsgreat at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

June 23, 2006

すばらしきカナリヤ軍団☆

ロナウド
興奮して眠れず、これを書いています。
またもやサッカーネタで申し訳ない。W杯終わるまでは、しばし辛抱してくださいまし(笑)

ゲーム前の各国国歌斉唱で、アレックスが「君が代」を口ずさみ、ジーコ監督がブラジル国歌を口ずさんでいたことにビックリしました(笑)
アレックスは帰依したから分かるけど、ジーコ氏は以前はブラジル代表でも、今は日本の監督なのに・・・・・多分、無意識だったと思いますけど。

そしてやっぱり、さすがブラジルです!4−1で日本に快勝しました!!
前半、日本に先制点を許してしまい悲鳴を上げてしまいましたが、前半ロスタイムでロナウドが決めてくれて、歓喜の悲鳴に変わりました。
少々日本に押されぎみだったブラジルも、そこから勢いをつけ、本領発揮。
つるっぱげロナウドの見事なヘディング。執拗な中澤のマークにも関わらず、そして中澤の方が背が高いのに、ロナウドが飛び上がってるのを口をあんぐり開けてただ見上げるだけ・・・・・
ロナウドのステキなつるっぱげが、汗と見事なゴールでより一層輝いて見えました。
後半で更に立て続けにブラジルは3の追加点。そこからは、王者ブラジルは余裕の球運びでボール支持率・シュート数ともに高く、主要選手のロナウジーニョとカカを交代させて、余裕のゲームとなりました。
ブラジルに2点目を取られたあたりから、日本はすでに戦意喪失していた様に見えました。
いやあ、勝たせてもらっちゃって悪いなぁ〜。

次は27日のガーナ戦。ガーナって、強いんでしょうか??カカオの国ですよね。でも、リーグを2位で突破してきたってことは、それなりに強いんでしょうね。
時間は0時キックオフ。それまでにまた寝不足を解消しておかなければなりません。

soundsgreat at 06:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

June 21, 2006

ご苦労様です

皇族

昼間、うちの社内に警察がウロついていたので、何事かあったのかと会社の人に聞いてみました。うちの会社は首都高のすぐ脇にあり、そこをロイヤルファミリーの誰かが通るらしく、その警戒の為に警察が訪れていたらしいのです。
ビルのベランダへ出ると、もう高速は目の前。ベランダから狙撃しての暗殺などを警戒してか、ベランダへ出ないで下さいと言われました(笑)
確かに、狙撃するには最高のロケーション。まあ、当然車は防弾でしょうがね。数台のバイクが先導し、その後を車が通っていったらしいのですが、社内の半数はスタンディングオベーション(笑)
ただ通り過ぎただけなのに。もしかしたら、乗っていたのはダミーかも知れないのにね。
私は興味がなかったので見向きもしませんでしたが、皆、ロイヤルファミリーを見た事がないのだろうか・・・・・
なんだか皆嬉しそうだったのが、不思議でした。
芸能人に出会うのと同じ感覚なのでしょうか。
彼らの行く先々で、こういった警戒態勢が執られているのかと思うと、なかなか警察も大変ですね。あらゆる危険の可能性を考え、何事もなく穏便にことを運ぶには止むを得ないといったところでしょうか。 ご苦労様です。

soundsgreat at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々のアレコレ 

June 19, 2006

当然のベスト16♪

アドリアーノ

引き続き、ワールドカップの話題ですいません。
昨夜1時、ブラジル×オーストラリア戦がありまして、ガッツリ観ました。そして案の定、夜中にも関わらずまたもや叫んでしまいました(笑)
初戦クロアチアの時よりも、ブラジル代表の動きは良くなったように思います。
ただ、最近「ウェイトオーバーだ。妊娠しているのではないか」とバッシングされているロナウドが、絶好のシュートチャンスで痛恨のミス・・・・・彼にあるまじき、スカッと空振り・・・・・
妊娠説を払拭する為にも、あそこは是非とも決めて欲しかったです。
しかし、ロナウド→アドリアーノで見事1点目を奪い、アドリアーノにみんなが駆け寄りながら「ゆりかごダンス」をしていた様は、すごくかわいかったし面白かったです。 私も一緒に「ゆりかご」しちゃいました(笑)
アドリアーノには赤ちゃんが生まれたばかりで、その子供に捧げるゴールだそうです。
でも、せっかくのナイスアシストがあったのに、やはりメディアでは空振りのロナウドの写真が・・・・・仕方ないけど、ちょっと悲しいです(T_T)
後半にオーストラリアのイケメン選手・キューウェルが出てきたものの、ブラジルの追加点でゲームが終了。このゲームでは両選手ともイエローカードを何枚かもらってましたが、そのくらい熱いゲームでした。
あと残すは日本戦のみ。まあ、負ける気がしませんがね。
その戦い、またもや夜中の4時。でも、観ちゃいます。
昨夜は1時だったけど、それでも仕事中かなり眠かったのに、それよりも遅いからまた仕事を犠牲にします。
出来れば誰かと一緒に観て盛り上がりたいんですけど、そんな時間じゃ誰もが嫌がりますよね(笑)

soundsgreat at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

June 14, 2006

イケメン、GOA〜L♪

カカ

昨日(というか、今朝4時起床)、ブラジル×クロアチア戦を観ました。
前日夜21時には寝て、絶対寝過ごさないようにTVをオートパワーオンに設定したり、電話などで邪魔されないように携帯の電源も切るなどの徹底ぶり(笑)
なんとか10分前には目覚めました。
もちろん応援するはブラジルですが、さすがクロアチア。途中、主要選手があばらを負傷し、選手交代を余儀なくされつつも、これが強いのです。
あのブラジルでさえやっと1点取ったという感じで、私の大好きなロナウジーニョはクロアチアの執拗なマンマークによりなかなかシュートもできず、神技もほとんど出ませんでした・・・・・
そして好機は突然訪れ、相手の一瞬のスキを突いてみごとゴール!
結果的にはイケメン選手・カカの左足によって1点を取りましたが、その瞬間には、明け方にも関わらず叫んでしまいました(笑)
カルテット・マジコはすごいと感じた瞬間でした。
しかし、ボールの支配率も僅かにクロアチアが上回っていたし、敵ながらあっぱれでした。

写真は、ゴール直後のカカ。ロベルト・カルロスを背負い、ロナウジーニョが駆け寄るシーンです。

イケメン・カカはまだ24歳で、しかも新婚ホヤホヤ。奥さんはとてもかわいくてしかも18歳。彼の女性ファンは悔し涙に暮れたことでしょう・・・・・

でもね、試合後のユニフォーム交換の際に見せた、彼らの鍛えられた体躯には惚れ惚れしました。 特にアドリアーノ。腕にはタトゥが入っていて、より鍛えられた体がかっこよく見えました。 やはり、鍛えられた肉体は美しい。
いえ、決して筋肉バカではないのですよ。ガリガリ・プヨプヨは嫌なだけ。
自分の体を見て、トレーニングに励まなければと切に感じ、ロナウドの完璧なつるっぱげ(毛がないのでなく剃ってるだけ)を可愛く思ってしまった朝6時でした。
追記:
ブラジル代表は何故かつるっぱげが多いけど、似合ってて良し

soundsgreat at 23:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0) サッカー 

June 12, 2006

W杯始まった〜☆

W杯開幕

ついに、ドイツワールドカップが開幕しました。
写真は、現地ドイツ人サポーターが昼間からビールを片手に盛り上がってるご様子。
いやあ、楽しそうです。無条件で昼間から酒を飲めるとは、何とも羨ましいです。(実はビールは嫌いですが・・・・・)
今この時間、日本はオーストラリアと戦ってるようですけど、興味ないので観ませんが。 日本以外の国同士がゲームしているなら、まあ観てみようとも思うのですが、ど〜〜しても日本代表のゲームは観る気になれません。
なぜって、ゲームメイクが面白くないのです。別に、ジーコ氏を見下げている訳でも、選手達を嘲笑っているわけでもないんですけど、単に私好みでないだけ(笑)
ブラジルやイングランド、アルゼンチンなどの鮮やかな球運びがない・・・・・(と思うのは私だけでしょうか)
どのスポーツでも、日本は体力・体格ともに他国に劣っているかと思います。 国技・相撲でも、最近ではモンゴル人たちにトップを奪われているらしいし。
戦国時代、地を駆け巡っていたであろう日本人も、いつしか文明に頼るようになり、足腰ともに弱くなったのでないでしょうか。
サッカーの国ブラジルではこの文明の世界でも、子供の頃から、遊びに行く時は自分の足や、自転車で何十kmも走って行くそうです。 そうやって自然に鍛えられ、90分フルタイムでゲームに出場しても平気な持久力が培われていくのです。
その時点で、日本に勝ち目はない・・・・・
先日のCXのニュース内でも、「ハッキリ言って、日本代表が優勝できるとは思っておりません」と言っていたキャスターもいましたよ。
まあ、出場することに意味があるって事ですね。

明日の真夜中に、「ブラジル×クロアチア戦」があるんですけど、日本時間で4時。
起きて観るために、20時くらいには寝るつもりですが、果たしてホントに起きれるのかとても不安です・・・・・オンタイムで観たいけど、万が一を考えて録画しとこ。

soundsgreat at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

June 09, 2006

まんが、好きなんです。

王家の紋章

今、社内の一部の女子の間で流行っているこの、「王家の紋章」という漫画。
絵は、見た目通りあまりいただけません・・・・・(笑) 以前の私なら絶対手に取らないであろう漫画ですが、社内で回し読みが流行しており、私も「おもしろいよ」の言葉に乗せられ借りて読んでみることに。
話は、アメリカの考古学好きな少女(主人公:キャロル)が、エジプトの王家の墓を暴いた呪いで、3千年前の古代へタイムスリップしてしまうという、古代ロマン満載です。
20世紀から突如現れ、エジプトの王に見初められついには結婚してしまい、尚且つその周辺の諸外国の王からも未来を読める奇跡の姫であると狙われ、そんな波乱に満ちているんです。
読み始めたらけっこうハマってしまい、早く次が回ってこないかと楽しみにしています。
社内で誰かが咳き込んだりすると「王家の呪いだ。死んじゃうぞ」なんて声もあります(笑)
読み始めた当初は、やっぱりこのヘタクソ?な絵が気になっていたのですが、徐々に物語りにのめり込み、気にならなくなりました。
これはかなり好き嫌いがあると思います。
まんが喫茶に行き過ぎて、もう読む漫画がないと思ったら、試しに手にとってみてくださいまし。
後悔したらごめんなさい・・・・・

soundsgreat at 23:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0) ハマってます 

June 04, 2006

すきか嫌いか、あなた次第

モナリザ

先日、やっと「ダヴィンチ・コード」を観てきました。
世界中で賛否論争を巻き起こし、宗教戦争まで引き起こしかねないとこまできてしまったこの映画。
私は先に本で読みました。宗教の話になると、それに疎い私にはことさら内容が難しく感じられましたが、それでも一気に読みました。
ダヴィンチの絵にまつわる話の部分は、とても興味深かったです。それは本の方が事細かに書かれていて、面白かったですね。
キリストに子供がいたって事の方が、とても人間らしく普通でいいと思うのですが、神にはそんな普遍性は必要ないのでしょうか。
話の内容としては、やはり詳しく描かれている本の方がいいかと思いますが、どちらも観た私としては、「本+映画」で一つの話として完成した感じです。
映画の方は、限られた時間なのでかなり話を短くされています。それが故に、急展開が多く感じられました。
友達と5人で観に行きましたが、3人は先に読んで知っていて、あとの2人は映画が先。読んでいない2人は、「まぁまぁ」というのが正直な感想でした(笑)
私は強くオススメしません。 ホントに賛否両論だなと思います。
話題だから、観に行ってみるっていうんでもいいと思いますがね。

「ダヴィンチ・コード」公開初日の夜、CXで2時間の特集をやっていました。
モナ・リザといえば、小学校の美術室の壁に掛けてあり、知らない人はいないであろう最も有名なダヴィンチの絵画。
あれは色使いや背景がとても暗く、少々不気味であるとさえ思われていますが、実は500年の時を経て、上に塗ったニスなどで褐色に変色していただけなんだそうです。
その番組の中で、その本来の失われた色を再現するために、最先端技術で表面の500年ぶんの汚れなどを取り除くと・・・・・・・・・・
暗く悲しげな微笑みに見える彼女の顔も、本来の色が白く快活な明るい女性に見え、背景の色も実は澄んだ青空で、500年分の不気味さは全く取り払われたのです。
モデルは、農婦だとかダヴィンチ本人だとか、諸説が数多く出ていますが、あの絵に対しての不気味であるという気持ちはなくなりました。

soundsgreat at 16:09|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 映画