September 2006

September 28, 2006

今ハマっているもの

LOST
それは、アメリカの海外ドラマ「LOST」。
アメリカではもうシーズン3の放送をしてるみたいだけど、私が持っているのはシーズン1です。 ケーブルTVではシーズン2も放送してるみたいだけど。

オーストラリアからLAに向かう飛行機が、事故で南の無人島に墜落。約40人が助かり、救助を待つけど、いつまで経っても来ない・・・・
普通ならレーダーから消えれば捜索や救助にでるもんだけど、それもないし、この島は謎だらけ。地球のどこなのか、ホントはもう死んでいるのか、それさえも分からなくなる異常な状態で・・・・南の島なのに、シロクマがいるんですよ。(おっとネタバレ(笑)) あ、おバカなドラマじゃないですよ。真剣そのものです。
まあ、とにかく先が気になるんです。回を進める毎に解決に向かうばかりか、どんどん謎が増えるばかり(笑)
早くシーズン2が出て欲しいです。これはオススメです。
TVシリーズなので、有名な人は出てないんですけど。
あ、「バイオハザード」とか「SWAT」等に出てた女優が唯一有名かも。

私は昔から海外ドラマが大好きで、NHKでやっていた「フルハウス」を見たのが一番最初。サンフランシスコの普通の家族のお話なんだけど、コメディで、ハートフルですごく面白かった。 今でもたまに再放送やってますね。
もちろん「Xファイル」も見てました。UFOとかUMOネタとかも好きなもんで(笑)
「ビバリーヒルズ」シリーズだけは何故か好きになれず見てませんでしたが、けっこうNHKにはお世話になりました。
「ロズウェル」って知ってますか?それに出てた女優が「LOST」にも出てます。
ケーブルに入れば色んなのが見れるみたいですけど、昔は大のTVっ子だったのに、最近はあまり見なくなりました。その分家にもいませんが。
オススメの海外ドラマとかあります? これでもけっこう見てきた方だと思うんだけど、まだまだ知らないのが沢山ありそう。
ジョージ・クルーニーが大好きなので、「ER」を初めから見てみたいです。
あれって、けっこうすごい人がゲストで出てて、それもまた面白い。

soundsgreat at 23:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ハマってます 

September 20, 2006

それでいいのか

消防車

私には、消防士の父を持つ友達がいます。

昨夜12時ごろ、どこからともなくサイレンが聞こえてきて、家の真下に消防車が停まりました。
サイレンは止めてくれたものの、夜中に赤色灯がクルクル回っていて、何かよからぬ事件を思わせる不気味な感じがしました。
しかし、何か焼ける臭いや音もしなくて、野次馬根性のない私は、「うちじゃないならいいや」と窓を閉めようとした時、消防車の前方に救急車が停まっているのが見えました。

火事ではなさそうなので、多分急病人とかだと思うんですけど、意味のわからない消防車の登場。
皆さんも見たことあるかと思います。救急車の後を付いて来る消防車。
火事場なら、両車両が急行するのは当然ですが、消火やレスキューを必要としない場になぜいるのか。
それは、「消防署はヒマだから」救急車についてくるんだそうです(笑)
消防士の息子が言うんだからホントの話です。
ついてきたからといって、別に何をする訳でもなく、ただそこにじっとしてるだけ。急いでいないなら、アイドリングも止めて欲しいです・・・・・
集まってきた野次馬を阻止する為の人員と言えなくもないと思いますけどね。
救急車が出て行くのに比べたら、消防車が実際に火災で出て行くのはとても少ないのだそう。
そのひまつぶしの為のガソリン代を誰が払ってると思ってるんだ。 だったら、飛行機利用時に課せられる燃油サーチャージを国が負担して欲しいものです。
まあ、彼の父を非難している訳じゃないんですがね。
あんなでっかいのが停まってると、威圧感がありますよね。
しかし、野次馬を煽っているのは彼ら自身なのではないだろうか?(笑)

soundsgreat at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々のアレコレ 

September 17, 2006

この人ってすごい

松居一代
「松居一代」さん。
この人ってすごい。
最近、TVでよく見かけるようになったので、ご存知かと思います。
サスペンスの帝王・船越英一郎さんをご主人に持つ、まあよく喋る元気なオバサンです(笑)
初めは、「喋りまくるオバサンだなぁ」と少々煙たく思っていたのですが、ご主人の船越さんをとても愛していて、彼も同様に愛してくれている。 夫婦として、とても素敵な二人だと考えを改めました。
さっき「ウチくる!?」に出てたんですけど、この番組に限らず、どこでもご主人の話をする時は少女のようにとても輝いていて、ホントに大好きなんだという気持ちが伝わってきます。 ちょっと恥ずかしそうに話すその姿が、49歳にも関わらず、すごく可愛らしかったんです。 そしてそれが松居さんの一方通行でなく、船越さんも彼女の気持ちに応えてくれているっていうのが何とも素晴らしい。
結婚した日の夜に、夫婦間で「自分が持っている一番優しい声で話そう」とお互い決めたそうです。ステキですよね〜。
とにかくエネルギーのあるこの人。今日番組を見ていて、私は彼女にパワーを分けてもらった気がします。 別に泣けるシーンじゃないのに、彼女の真っ直ぐな考え方・生き方にちょっと触れ、何に対しても一生懸命で、胸が熱くなりました。
今憧れる人は、松居一代さんかも知れない。この二人のような夫婦になれたらいいなと思います。

soundsgreat at 13:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日々のアレコレ 

September 16, 2006

目的もなく・・・・・

カフェ
今日から世間は3連休。 私は特に用事もないので、あまり有難くない休みなのですが、会社が休みなので仕方ない。
今朝、知人からメールが。
何の脈絡もなく突然「チャリンコで高円寺まで行ったことあるか?」との問いに、少々驚きました。もちろんそんな経験はありませんでした。
今私が乗ってるのは折りたたみ式のインチの小さいものなんですが、一緒に出かけたかったのか、「そのチャリでは帰って来れないだろう」と断念したみたいです(笑)

しかし、暇で特に何もすることがなかったので、試しにチャリンコこいで一人で高円寺へ行ってみました。
急がず、普通のスピードで環七まっすぐで、ちょうど1時間くらいかかりました。
途中、野方の駅付近では環七を走ることが出来ず、少々迂回したものの、考えていた通りの時間で着きました。
行ったはいいけど、高円寺に何があるのか分からず、目的もなかったので適当に駅前にあったホテル1Fのカフェで1時間くらいお茶しました。(写真のがその店)
さっき帰ってきてからネットで高円寺付近を調べたら、けっこうオシャレカフェがたくさんあって、もっとグルグル走り回ってみれば良かったかなと少々後悔・・・・・
また行く機会があったら、今度はオシャレカフェでお茶してみようかなと思います。

前にも書きましたが、最近、時間があると隣駅のスタバで一人でお茶したりするのがちょっとしたマイブームで、本読んだり、道行く人を眺めたりしてぼけっとしてます。
でも、チャリで高円寺まで行けるのが分かったし、もう少し遠方へ足を伸ばしてみようかな。
スタバとかじゃなくて、オシャレカフェに挑んでみたいですな。

soundsgreat at 18:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日々のアレコレ 

September 11, 2006

We will never forget

9.11
今日一日、なんだかとても落ち着かなかった。
ちょうど5年前の今日、2001年9月11日に起きたアメリカでの同時多発テロ。
その追悼式が行われたそうです。
以前にも書きましたが、犠牲にはなっていないものの、なぜか気になるこの事件。
今日はちょうど5年という事で、ずっと気になっていました。
3000人が犠牲になったこの事件を、忘れてはいけないと思います。
自分でなかったという安心と、自分だったかもという不安が同居しています。
なぜこの件にここまで惹かれるのか、自分でも良く分かりません。
私は仕事上、一日にその日の日付を書く回数がとてつもなく多いのですが、今日は「9/11」と書くたびに、「テロかぁ」とその都度考えていました。

昨日一日ひまだったので、一人で東武練馬の本屋を1時間半ウロウロし、その後スタバで3時間くらいお茶していました。
昨日は暑くて、最高気温34℃だったようですが、私は外でお茶しました。
あのお気に入りのタンブラーを持って。
東武練馬のスタバはちっさな坂の上にあるのでいつも強めの風が吹いていて、それが気持ちよくて、本読みながらついつい時間が経つのを忘れてしまいました。
たまに道行く人を眺め、「テロの恐怖なんて考えたことないんだろうな」なんて考えながら、いつ奪われるか分からないゆったりとした日曜の午後を過ごしました。
もしものその時、一番大切な人と一緒だったら、恐怖も半分になるかもしれない。
欲しいものに手が届かない歯痒さをも感じた、有意義な日曜となりました。

soundsgreat at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々のアレコレ