October 2007

October 23, 2007

お後がよろしくないようで・・・

シフォンケーキ
先週末、丸の内にあるイタリアンレストランに行ってみた。
前から行ってみたかったんだけど、なかなか機会がなくて先延ばしになっていた。
入ると、ピンク色の壁で照明はほの暗くて雰囲気はいいんだけど、週末で丸の内という土地柄のせいかビジネスマンが多くてちょっと騒がしかった。
入口近くのカウンターで調理するイタリア人にニッコリ挨拶されて、私もニッコリ返し。
値段は高くないけど普段よく行くファミレスほどには安くはなくて、パスタでも1品1200円前後くらいする。高いものでも1600円くらいだったかなぁ。
前菜・サラダ・パスタ・ピザ・デザートの中から3品好きなものを選べて一人2600円というコースにして、私は前菜・パスタ・デザート、もう一人はサラダ・ピザ・デザートとバランスよくオーダーして、2人でシェアした。
パスタは普通の量だったけどピザがすごく大きくて、食べきれなかった・・・・・
パスタのトマトソースの味はガーリックがよく効いていて私好みの味で美味。
私はパスタ半分とピザ2ピース食べて、すでにもう「ご馳走様」な感じ。
いや、マズイんじゃなくて量が食べれないのだ。食べ放題行ったって、きっと200円程度しか食べれてない(笑)
他のも味はすごく美味しかったし、ピザはクァトロ(4種の味)にしたので全部の味を楽しみたかったからホントはもっと食べたかったんだけど、胃がギブアップ・・・・・しかもこの後デザートがあるし。
写真のが私が食べたメープルシフォンケーキなんだけど、クランベリーソースでハートが書いてあってかわいいので思わず激写。
甘かったけど、胃の限界で残しちゃったもののしつこすぎなくてこれも美味しかった。
2人で5000円ちょっとなら、なかなかのディナーだったんじゃないかな。

食後にお茶したくて、近くにスタバがあったはずなんだけど一向にたどり着けずにビルの中をウロウロ。
結局わかんなくて諦め、銀座の「New yorker's Cafe」に場所を移動した。
店に着いたのが10:25pmで、閉店5分前・・・・・5分だけ席についたけど、もう閉店していたりとか閉店間近とかでなんだかんだとよくカフェには裏切られるなぁ。
この店は初めて入ったんだけど、コーヒーはあまり美味しくなかった
銀座なら遅くまで開いてるかと思ったのに、遅くまで開いてる店を探すならやっぱり六本木や青山、麻布とかじゃないとダメなのかしら。
この日はそこまで行くほどの気力はなかったわ・・・・・

soundsgreat at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々のアレコレ 

October 18, 2007

初めてに感動☆

AIG OPEN
今月の初めの金曜日に、いつものテニス仲間と4人で「AIG OPEN2007」を見に行ってきた。
AIG OPENとは、有明にあるテニスの森という、コート面数もたくさんある大きな会場?で、保険会社が主催するプロテニス選手の試合の事。
うちはケーブルTVやBSとかがないので、あまりプロのテニスの試合を見るって事がなくて、NHKでやっていても、日本時間だと夜中だったりして見る機会がなかなかないのだ。 以前働いていたテニスクラブで、コーチ同士が練習で試合しているのを見る程度だったし、スポーツ観戦てあまり好きじゃなくて、見るよりはやりたいほう。プロ選手の情報も人からの受け売り。
そんな私がなぜ今年はAIGに行ったかというと、世界ランク1位のロジャー・フェデラー選手が今年も来るってことだったから。
彼はほとんどの試合で負け知らずで、ほぼ優勝。ただ、いつも決勝で戦っているスペインの選手、ラファエル・ナダル選手にはなぜかフランスのコートでだけは勝てない。でも、それ以外の試合はやっぱりロジャーが一番強い。 最近は、NIKEのCFでゴルフのタイガー・ウッズ選手と別撮りの共演をしている人。
まあ、とにかくテニスが強いらしい。去年もAIGに行った仲間から面白かったという感想を聞いて、じゃあ今年は行ってみるかってことに。
朝10時から試合開始で、渋滞に遭ったもののなんとか試合には間に合った。
センターコートの下のほうの席だったので、とても見やすい位置だった。
MCの松岡修造氏も、マイクパフォーマンスでなかなか笑わせてくれた。
25分くらい遅れての試合開始。 あまりプロの試合を見ない私でも、好きな選手がいる。女子のヴィーナス・ウィリアムス選手だ。彼女が来ることになったと聞いて嬉しかった。黒人のアメリカ人選手なんだけど、長身で細身なんだけどとにかくパワーテニス。その細腕からは想像できないほどの速くてパワーのある球が飛んでくる。
顔はあまり美しくないんだけど、着ていたウェアがかわいくて黒い肌に似合ってて、その試合に勝って、コートから去る時に曲に合わせて踊っていた。かわいい

しかし、試合開始の数日前にロジャーの棄権。原因は、先日行われたどっかの国でやった試合の疲労が溜まっており、AIGよりもAIGの後に控えている試合の方が大事だかららしい。
ロジャーのおかげでチケット代も去年より上がり、観客も増えたのに、突然の棄権。世界一を生で見たかったのに、残念・・・・・ それによって急遽何人かの選手が召集された。ヴィーナスもその一人だった。
途中、センターコートを抜け出して、男子のダブルスも見たりしたんだけど、ゲーム展開が驚きのプレーの連続で面白かった。外国人特有のファニーさで観客を笑わせてもくれた。
私が知らないだけでけっこう有名な人とか多かったんだけど、なんてプロテニスプレイヤーって男前ばっかりなの!! アメリカ人だろうがフランス人だろうが、カッコイイ! テニスの場合、プロになるのにプロ試験てないんだけど、顔の試験はあるんだろうか??

会場内にウェアやラケットショップなどのブースが沢山並んでいたんだけど、あまり欲しい物はなかった。ワゴンで売りに来ていたケバブを買ってまたセンターコートへ戻った。
かつては世界ランク1位にもなったことのある選手がいたんだけど、相手が悪かったのか、負けました。てか、ハッキリ言って迫力なかった・・・・・対戦相手が身長210cmくらいあってチェ・ホンマンみたいなでっかい人で、長身を生かしたビッグサーブで次々とポイントを取られていた。途中小雨が降ってきて屋根を閉じるために一時試合を中断して、流れが変わるかと思ったんだけど、やっぱダメだった・・・・・
一番最後に見たシングルスの試合は、会場がすごく盛り上がっていた。
一緒に行った仲間も知らなかった選手なんだけど、フェルナンド・ベルダスコというスペインの選手。肌が浅黒くて、レフティで顔もなかなか良くてカッコイイ。
彼もすごいパワーテニスで、相手のサーブもなかなか速いものだったけどそれもほとんど返していたし、徐々に会場も彼への応援へと傾いていた。脚も速いし、ひとつひとつのポイントで拍手が起き、すごいラリーが続くと拍手に歓声も加わって盛り上がった。

途中すごく眠くて少し眠ってしまったこともあったけど、結局23時まで試合を見ていた。 こうしてたまにプロの試合を見るのは、プレーが真似出来なくても自分のテニスにいい刺激になった。
また来年も行けたらいいなぁ。

soundsgreat at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々のアレコレ 

October 14, 2007

ラグジュアリーBBQ

night view
昨日、数年前のバイト時代からの仲間と、BBQをしてきた。
男女3・3の6人で、付き合いはもう6年くらいになる。
旅行行ったり初日の出見に行ったり、海や川、鍋やイチゴ狩りとかいろんな遊びをしてきたいい仲間たちである。
仲間のうちの一人が芝浦の某マンションに引越し、そこの1Fにある居住者専用のテラスを借りてのBBQ。
前に一度だけ海へ行った帰りに少しだけマンション内に入らせてもらったんだけど、どこもかしこもラグジュアリー。
外国の高級ホテルのように、エントランスや廊下やエレベーターホールなど、共有スペースのいたるところにソファとテーブルが置いてある。誰が座るんだって思うけど、金持ちの考えることはよく分からん。
テラスには他にもたくさんの利用者がいて、いい匂いをさせながらそれぞれBBQを楽しんでいた。一組だけ外国人がいたけど、やっぱりここのマンションの住民なんだろうけど、なんで外国人てBBQがあんなに似合うんだろう? そして豪快で何故か美味しそうに見えてしまう。
うちらも負けじと隣のセクションでBBQ開始。
仲間の一人のママがデパートで働いているためか、高級肉を破格の値段でたくさん買ってきてきれた。なんと「松坂牛」 肉としては、多分すき焼き用だったと思うんだけど、鉄板だったし焼くのに問題なし。とにかく霜降りっぷりが生肉で見ただけでも十分美味しそう。どのくらいの量があったのか分からないけど、6人で食べるには十分すぎるくらいの量だった。(多分、1〜2kgくらいかな)
ホントにいい肉だと、焼肉のタレでなく塩で食べる方が美味しい。
牛のほかにも、ハーブ&スパイスで味付けした鶏やチョリソー、焼きそばなども作って、かなりお腹いっぱいになった。 一人、大食漢の男子がいたんだけど、彼もかなり満腹だったみたい。

BBQ後に、47Fのお家へお邪魔させてもらった。
まあとにかく夜景がすごい!(写真)
東京タワー、六本木ヒルズ、ミッドタウン、新宿。 夜景好きにはたまらないでしょうね。
彼女のママは引っ越してきた当日、家族が寝静まってから一人バルコニーに座ってこの夜景を眺め、「ああ幸せ〜〜」と浸っていたらしい(笑)
昼間なら富士山が見えるらしいんだけど、昨日はあいにくあまりいい天気ではなかったので見えなかったけど。
部屋のインテリアも私好みのカラーで統一されていて、羨ましい限り。
BBQでたらふく食べたのに、ママがでっっっかいシフォンケーキを買ってきてくれていた。高さは約25cmくらいあって、直径も15僂らいはあったような気がする。それが2つ。メープル味とココア味、どちらも美味しいんだけどとにかくふわっふわ。
ナイフで切り分けず、みんな手づかみで貪りついた(笑)かなり贅沢食べだったような気がする。
その家で20数年前に漬けた梅酒が引越しの際に出てきたようで、それを少し頂いた。みんなは普通のグラスだったけど、私だけバカラのショットグラス
あまり有名なのとかは知らないけど、結構食器好きな私はママと意気投合。
ガラス製のものばかり並んだ棚があって、「まさかバカラ?」なんて言ったもんだから、わざわざバカラに注いでくれた。ウィーンで買ってきたとか言ってたかな。(違うか?)
少しのティータイムの後、30Fにある展望ラウンジでくつろいだ。
そこからの眺めも素晴らしく、東京タワー・レインボーブリッジ・お台場など、2面ガラス張りになっていて、感激。

生きているうちにこんなすごいとこに住めるとは到底思えないので、存分にその贅沢さを味わってきた。ん〜〜〜、素晴らしかった。

soundsgreat at 14:53|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日々のアレコレ