February 2008

February 29, 2008

海外ドラマ「4400」

4400
「4400」、今はこのドラマを見てます。
出た当時、かなり興味があったんだけどなかなか機会がなくて今まで見れなかった。
しかも、シーズン1がなぜか6話くらいで終わってて、普通海外ドラマなら24話くらいあるもんだと思うんだけど、「もしかして人気がないから打ち切りにしたのかな」って考えもあって手が出せなかった。
見たくても未だ見れていないドラマって、他にも沢山あるかも・・・・・
この「4400」は2004年にアメリカで放送され、その年で最高の平均視聴率を獲得したドラマである。(だから余計に、なんで6話だけだったのか不思議)
シーズン1〜4まであって、日本ではシーズン4のDVDが4月にレンタル開始になる予定。どうやらシーズン4で終わるようなんだけど、今私はシーズン2に入ったばかり。

アメリカの各地で時代も人種もバラバラな人々が謎の失踪をし、2004年に突然戻ってくる。その数4400人。一番古い人で、60年前に失踪した7歳の女の子。
4400人全員失踪当時のままの服装で年も取っておらず、失踪中の記憶はない。
しかも、帰還した彼らの中には不思議な力を持つ人たちもいる。7歳の女の子には、予知能力がある。
こう聞くと、なんだかエイリアンとか出てきそうなSFで安っぽい感じがしてしまうのだけど、今のところエイリアンは出てきていないし、きっとこれからも出てこないと思う。どうやら宇宙は関係なさそう。
実際にこのドラマを見始めて、安易にエイリアンとか出てきたら見るのやめようと思ってたから、そうじゃなくて良かった。
まだまだ謎が多いドラマだけど、この先の展開が楽しみだ


soundsgreat at 14:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 海外ドラマ 

February 28, 2008

あわわわわ・・・・・

花屋

会社の人が一人、明日を以て退職する。
退職と言っても、すでに定年を超えて嘱託職員として在籍していた人。でもまあ退職になるんでしょうね。
実年齢は知らないけど英語がペラペラらしく、先月のベトナム出張にも部長のお供で行っていた。(うちの課では海外出張は初)
初めは送別会をと考えていたようだけど、本人が固辞したみたいで結局贈り物と花束を贈るってことになった。
「花束」。その言葉を聞いた瞬間、嫌な予感がした・・・・・
以前に書いたかも知れないけど、私は花が嫌いである。「好きじゃない」ではなく、「嫌い」なのだ。花によって違うけど、花の独特な匂いがキツイ、色・形がグロイ。
花なのに、ふっさふさに毛が生えたのをTVで見たことがある。動物ならふっさふさはかわいいけど、植物でそれは怖いよ
たいていの女性は普通花が好きで、街で見かければ「キレイ〜」とか言ったり、プレゼントされたりすると嬉しいらしいが、私には迷惑なだけ。もらってもソレをどうしたらいいのか分からないし、今にも虫が寄ってきそうで怖い。幸いなのか、今まで男性に花束をもらったことはない。
女だからって、花が好きとは限らないじゃないか。納豆嫌いな人がいるのと同じだ!
以前、バイトを辞めるときに花束をもらったことがあるんだけど、帰り道に他の女性にあげてしまった。彼女は花が好きだったから、そのまま捨ててしまうよりは大事にしてくれそうだったし。
でも、植物は好き。花がつかないものなら部屋に置いてもいい。昔、サンスベリアという観葉植物も部屋に置いていたし。

昼間ヒマだったので、会社のビルの目の前にある花屋に行かされた。うちの課で女性は私だけ。嫌な予感は見事的中した。
今までの人生で、花を買ったことは一度もない。花屋に入ったのも初めて。
あまり大きな店ではなかったけど、造りは割りと今風な店。一歩足を踏み入れると、花臭満載。(花屋なんだから当然だが)
予算を伝えたら、「どんな感じがいいですか?入れて欲しい花とかあります?」と聞かれ、正直困った
ガラス張りの冷ケースを見ても、何一つ分からない。せいぜい、バラか?チューリップか?ぐらいなもんだ。
「男性の送別用なんです。花の事は全く分かりません」としか言えず、後は適当に店員さんが見繕ってくれることに。
受け取りは明日の朝なので、持って帰ってこなかっただけ助かった

soundsgreat at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々のアレコレ 

February 22, 2008

一度は聴いてみて

JERO
この人カッコイイでしょ?
ウィル・スミスの若い頃のようにも見えるけど、ジェロという黒人演歌歌手を知ってますか。
最近TVでよく見かけるけど、なんだか気になる人である。
彼はアメリカのピッツバーグ出身で、幼少時から日本人の祖母に演歌を聴かされて育ったそうだ。その影響あってか、日本が大好きになりいつしか演歌歌手を目指すようになった。
日本人の私でも演歌の心なんか分かんないし、知ってる曲もほとんどない。
しかし彼は演歌のレパートリーが140曲くらいあって、どれを歌わせても上手い。納豆も好きだし、私よりよっぽど日本人だ。
彼は見た目だけだと、完全にヒップホップ。黒人で、キャップを斜に被り全体的にダボッとした服装でいつも「YoYo!」とか言ってそう。
しかし先日のめざましTVで、今回のデビュー曲「海雪」を生で歌っていた彼はかっこよかった。演歌独特のこぶしも効いてるし、歌詞もいい。
しかし私の演歌に対するイメージって、「寒く曇った冬の日の薄暗い日本海で、荒波が激しく打ち寄せる断崖絶壁の上で、貴方が傍にいないのなら今飛び込もうか・・・」って感じ(笑)
それに比べてカントリーミュージックは、アメリカでは日本の演歌のようなものだけど、日本のド演歌と違って陽気なリズムなので聴きやすい。
うちは親も演歌とか聴かなかったし、私にはまったく無縁の世界だった。よって、良さも分からない。
でも彼の「海雪」は、「これなら聴ける」って感じ。もちろん歌詞は悲観的な内容なんだけど、ジェロが歌うことでその悲愴感が緩和され、曲の合間に踊るヒップなダンスがミスマッチのようでいて、実は若者でも演歌を受け入れやすくしている要因になっているような気がする。テンポも好き。
きっとこれは「ジェロ効果」なのだろう。同じ曲をズンドコきよしが歌ってもきっと惹かれることはなかったと思う。だってさ、バックダンサーも踊り子じゃなくてダンサーなんだよ。ヒップな奴らが踊ってるんです。
こりゃ、北島三郎も小林幸子もビックリだね。
演歌界はかなり上下関係厳しいみたいだけど、そこは「Yo!サブちゃん!」で乗り切って欲しい


soundsgreat at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ハマってます 

February 21, 2008

みんなの頻度はどのくらい?

P905i
ぴったり1年になるのを待って、17日の日曜日に携帯を機種変更した。
2,3年前に徒歩3分くらいの距離にドコモショップができて、そこでやってもらった。
正確には「ドコモスポット」というらしいが、店舗の規模で呼び方が変わるのだろうか?

高校生の時はアステルのピッチ(懐かしい〜〜)を使ってて、当時はクラスでも40人中5人くらいと1割程度しか所有者はいなかった。今では考えられないけど・・・・・
ドコモにしてからもう10年以上経つけど、私はずっと一筋。てか、番号変わるのがメンドクサイだけなんだけど。知り合いの中には、ほいほい番号ごと携帯を替える人がいるけど、何度も番号を知らせなくてはならないだろうから、大変だと思うんだけどなぁ。
昔は今ほど厳しくなくて、新機種が出ると即新しい端末を新規で買って、その日の午後にはドコモショップで解約して自分の本物と機種変更してってことが可能だった。
今みたいに10ヶ月とか1年とか待たなくても機種変更できたのだ。解約時にも違約金なんて取られなかったし。
飽きっぽいのと新し物好きな性格のせいで、いつも10ヶ月〜1年でその時の最新機種に替えていた。
説明書は読まず、自分でいじくり倒して「こんなことも出来るのか!」と発見するのが好きで、楽しみでもある。まあ携帯に限らず、電機製品は全て取説は読まないんだけど。
今回の機種変で何代目なのかいつからか分からなくなってしまったけど、恐らく10台は替えてるんじゃないかなぁ。
ある知り合いには「また替えたのか。よく替えるなぁ、アホか」とよく言われる
その人は一度替えたら2年くらいは使っているようなので、私のこの気持ちは理解できないらしい
私は「普通」が好きじゃなく、「女性なら普通ピンクとか白なんじゃない?」とか言われるのが嫌いだ。ストラップだってつけてない。
2台前は黒の端末でストラップもつけてなかったし一切飾りもなかったから、「男の携帯みたい」ってよく言われた。それでいいのだ。
今回初の赤なんだけど、ソフトな赤じゃなく奇抜な赤だったし、GSM対応で機能も悪くなかったからコレにした。(この写真だとワインレッドに見えるけど、もっとちゃんと赤です)
1台前と2台前が白と黒だったので、それは避けたかった。
銀座の美容師H氏が以前オレンジの携帯を持っていたのをみて、派手で奇抜で羨ましかった。
この赤はなかなか気に入っている。次は何色になるのだろう??


soundsgreat at 11:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々のアレコレ 

February 19, 2008

久々に記憶がとんだ

HUB
先週末、池袋にある「HUB」に行ってきた。
最近、池袋で飲むと2件目にHUBへ行くことがままあるんだけど、外国人が多くてああいう雰囲気って結構好き。
外国のどこにでもありそうなパブで、日本のとはちょっと違う。
客も外国人が多いし、かかる曲も(たまたまかもだけど)好きな曲ばかりだ。
先日行ったときは友達と二人だったんだけど、その前の飲み屋で既にボトルワイン2本空けてて、その他にも梅酒とかも飲んでたので、飲み屋からHUBまでどう行ったのかの記憶がない(笑)
ソルティドッグが好きでHUBでは良く飲むんだけど、2杯目を買いに行って席に戻る時、アメリカ人のDavidに声を掛けられた。
ACミランのピルロに似たアメリカ人で、かなりイイ男(ピルロはイタリア人だけど)
しばらく話をして、彼は小竹向原に住んでるのが分かった。外国人の口から「コタケムカイハラ」って出ると、なんだか笑えるのだが。
互いの家が近いのが分かり、「じゃあ今度映画でも観に行こう」ってとこまで話が進んだら、席で待ってた友達が見かねて「何やってんの!」って迎えに来た(笑)
私はどのくらい話してたのか覚えてないんだけど、けっこう独りで待たせてたらしい
しばらくすると、隣に日本人女性とキューバ人男性のカップルが座った。
向こうから話しかけてきたんだけど、どうやら二人はダンサーらしい。普段は六本木で踊ってるんだけど、今日はなかったみたいで池袋へ流れてきたんだそうだ。
あまり中身のない話をしてたからほとんど内容は覚えてないけど、彼の日本語はかなり片言。英語が出来たのでまあまあ会話は出来たけど。スペイン語で言われると、彼女が通訳してくれた。
どんなイキサツでそうなったのか全く分からないんだけど、何故か彼と腕相撲。背はあまり大きくないけど、ダンサーなだけあってかなりいい身体。上腕二頭筋がモッコリで、当然そんな腕にかなうはずもなく・・・・・ボロ負け(笑)
多分、HUBに行ったのは23時くらいだったんだけど、気づいたら3時でHUBも閉店の時間。そんなに長い時間いたとは思ってもみなかった
かなり久しぶりにタクシーで帰ってきた。楽しい夜だった


soundsgreat at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々のアレコレ 

February 18, 2008

1杯目は私が美味しく頂きました

House Blend
会社で、2月の2週目にレイアウト変更があり、フロアがひとつ下に降りてきた。
ここら辺でこんなに高いビルはなくてせっかくいい眺めなのに、変更後は前よりも狭くなったし窓は遠くなったし、もったいない・・・・・

前の場所で、課内で購入したと思われるコーヒーメーカーがあった。しかしかなり前に壊れたらしく、棄てずにずっとそのまま埃をかぶって静かに眠っていた。
移転作業で荷物整理するまで私も気づかなかったほどである。
今回の移転をきっかけに、うちの課長にコーヒーメーカー買おうよって言ったら、先週買って来てくれた。
一応、前回書いたように給茶機があって、コーヒーとはとても言えない黒い液体が出る茶マシンは課長も「あれはマズイ」と言っていたから、快く新規購入をOKしてくれたのだ。
しかし、今まで豆がなかったために課のオブジェとなっていたんだけど、先週ついにスタバの豆を買ってきた。
・・・・・・・・・・。美味しい!!すごく飲みやすいし。
「HOUSE BLEND」というスタバの豆で、豆買うのは初めてだったし一番安くてメジャーなのにしてみた。コーヒーメーカーでも使えるように中挽きされたものなんだけど、開封しただけでいい香り。実際に淹れてもいい香り。
スーパーとかで売ってる豆は安くて量も入ってるから、みんなからお金もらってみんなで飲むにはそっちの方が経済的なんだけど、スーパーのは飲んだことなかったから味に自信?がなくて、スタバにしたのだ。しかし、一番安いこの豆でも250gで1100円。
たしかに大した額じゃないけど、この250gを1週間もしないうちに飲みきってしまいそうで、そうなるとかなり予算オーバー・・・・・
コーヒーに関しては私に一任されているので、このHOUSE BLENDがなくなったら次の豆をどうしようか悩んでいるとこである

soundsgreat at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Starbucks 

February 07, 2008

泣きすぎ!?

Anatomy
今、「Grey's Anatomy」のシーズン2の半ばを過ぎました。
だいたい同じ患者は何話にもわたって出てくることはない。処置や手術が成功するか、失敗して死んでしまうか、すでに術前でも手遅れか。それなのに、1度きりの登場でも何故か感情移入して泣いてしまう。 もちろん患者に限らず主人公たちのことで泣いてしまうこともある。
4日毎に2枚4話のペースで見てるんだけど、絶対に毎回泣く(笑)
イイこともたくさん言うし、悲しい理由だけじゃない。だから泣いてもわりとすっきりしてる。会話のテンポもいいし、言葉も難しくない。笑えるシーンもけっこうあるし。寝る直前まで見てると夢に見ることもあるけど、それがなんだか得したような気がして気分がいい(笑)
すっかりこのドラマの虜であるが、シーズン1よりも2の方が、もっとずっとイイ意味で人間くさい。
手術シーンが苦手でなければ、オススメです
ホントは4日に1回でなくもっと早いペースで見たいんだけど、多分それが最短なんだろうなぁ。
TSUTAYA DISCASの東日本の拠点は川越にあるらしいのだが、それならもっとペースアップできるんじゃないかと思うんだけど。

soundsgreat at 13:13|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 海外ドラマ