August 2009

August 30, 2009

今年2度目のBBQ

       さつき
土曜日、今年2度目のBBQでした。
いつもの6人の仲間で、去年と同じ「さつき」というとこに行ってきた。
名栗川にあり、飯能からさらに埼玉奥地へと入る。
去年も8月末頃で、ちょうど1年前になる。
6人で会うのは実に9か月ぶり。
途中入間のイオンショッピングセンターで買出しをしたんだけど、土曜日は天気が良かったし、他にも、いかにもBBQの買出しって感じのグループがいくつかいた。
夏休み最後の土曜日だし天気も最高で、河原も少し混み合ってた。
今年もテニス仲間にタープやテーブルなどを借りてきてたので、到着後すぐに設置。
しかし、タープなんて張り慣れてないからなかなかうまくいかないし、日差しが強くて暑いしで半ばどうでもよくなってきてしまい、とりあえず日よけになればいいやってな仕上がりに。
お昼近かったからすぐに食べ始める。
豚肉に、しお・こしょう・レモンがすごくおいしくて、牛肉よりも大人気だった。
むしろ、牛肉ゼロでもよかったな(笑)
これは、チキンにしお・こしょうとバジルをかけたもの。
      チキン
友達がバジルを持ってきてくれてて、これも美味しかったっす。
ちなみに隣のアルミホイルの向こう側には、きのことバターのホイル包みが隠されている。
しめじ・えのき・まいたけがたっぷりのバターと共にグツグツいっております。
けっこうな量のきのこを買ったので、きのこバターが3回ほどできました。

そして、どうよこれ!!
       アユ
アユですよ、アユ!(多分・・・・・)
うちらが焼いたんじゃなくて、隣の家族連れの人たちがどうぞってくれたもの。
まだ焼いたばかりで熱くて、なかにはたっぷりの卵が入ってて塩加減もちょうど良くて美味しかった〜〜。
ちなみに、一番上の写真に写ってるグループがそうです。
彼らは、カニも焼いてた。
なんちゅう豪勢なBBQなんだ!
うちらは「豚肉がうめぇ〜」なんて、とっても庶民派。
そして去年試しにやってみたサーモンのホイルバター焼き。
これが前回大好評だったので、今年は更にでっかい切り身を買ってやってみた。
サーモンにしお・こしょうしてバジルをこれでもかってくらいふりまくり、たっぷりのバターと少しのきのこ類を入れて包んで待つことしばし。
仕上げにレモン汁なんかかけちゃって、これも最高に美味しかった〜〜〜〜。
これ、トマト入れて煮込んでも美味しいかもって話してたんだけど、もはやBBQではなく、家庭料理になってきた(笑)
でもきっと次回やるんだろうなぁ、トマト

かなりお腹いっぱいになってきたので、しばし休憩。
天気が良くてかなり暑かったんだけど、川の水はひんやりして気持ちよかった。
ひざ下までしか入らなかったけど十分クールダウンになったし。
ちょっとの休憩後、BBQ再開。
やきそばを作ったんだけど、今年は去年とはちょっと違う。
何が違うって・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       焼きそば
目玉焼きのせ〜〜〜〜〜
買い出し中に、急遽「目玉焼き乗せてみよう」という話になって、6人だったけど試しに卵を4個購入。
目玉焼き、大正解!
半熟のとろっとした黄身を焼きそばとからませて食べると、もう最高
一人1個ずつあってもよかったわ。
こりゃまた次回の参考になったなぁ。
うちらのBBQ、回を増すごとにどんどんといろんなことを試したくなる。
さて、次回はどんなことやってみようかな。
とにかく、今回のBBQも美味しくて楽しくて大成功だった。
みんなとも久しぶりに会えたし、夏って素晴らしい☆


うにの9月のカレンダー。
       うに9月
ちょっと間接照明でほの暗く、秋っぽい感じとどんぐりまなこがかわいい。
しかし、もう9月か。
てことは、正月ももうすぐか・・・・・

soundsgreat at 17:18|PermalinkComments(0) 日々のアレコレ 

August 27, 2009

RISING SUN 2009明け

吾妻さんのライブも終わり、またお客さんがどっと押し寄せて忙しくなった。

それがしばし続くと、また自然と引いていく。

完全に夜になると昼間の暑さが嘘のように徐々に寒くなってきた。

テント内はずっとスープをボコボコ沸かしてるから暑いけど、1歩テントから出ると肌寒い。

夜中の1時を回ったあたりから、眠気で頭の回転が悪くなり、何をしてもボーッとしてた。

みんなが疲れているので、あまり会話も弾まなくなるし・・・・・

お客さんもこの通り、覇気がないように見える。

      2日目夜
私は普段から睡眠をたっぷり取らないと翌日死んでしまうので、こういうオールナイトっていうのはなかなか辛かったりする。
そのわりに、2時半くらいから変なテンションになっちゃうから不思議よね。

しかしやっぱテントからちょっと出ると寒いんだよね〜。

ここは北海道なんだなと改めて思い出す。

東京にいたら、夜中でもTシャツいっちょうでも全然寒くないもんね。

外気が冷たいのとテント内との温度差で、テントの天井から水滴が垂れてきてた。

水滴だと気づくまで、虫が頭に止まったのかと密かに「キモイ」と思ってた(笑)
そうか、野外だとこんなこともあるんだなぁ。

 

「ライジングサン」という名の通り、日の出までライブをするらしい。

だんだんと空が白くなり始めた。

まだ月がこんなに高い位置にあるのに、空は白くなってきてて、そろそろ日の出って感じ。
      夜明けの月
仲間のひとりが、去年のライジングの時の日の出の写真を見せてくれた。

もうね、すっごいキレイ。

雲間から見える真っ赤な太陽がキレイで、こんなのが今年も見れたらいいねなんて話していたら・・・・・

気づいたらもう陽が出てました

今年は雲が多すぎて、よく分かんなかったみたい・・・・・

なんつーか、ライジングなのに日の出が拝めなくて損した気分だったわ。
5時まで営業して、そっから一気に片付け。

いやあ、どこの店よりも片づけが早かったっす。

イベント慣れしてるって素晴らしい
メンバーのうち一人だけ飛行機で帰る人がいたんだけど、とりあえず一晩風呂に入ってないしで、また昨日とは違う健康ランドへ入浴&仮眠をしに向かった。

ライジング帰りの人がたくさんいて、かなり混んでいた。

一人を新千歳空港まで送り、そこでお土産などを買ったんだけど、たくさん店がありすぎるのと、お土産を買っていってあげようと思った人がチョコレートが嫌いという面倒な輩がいたもんで、全然決められずかなり彷徨った。
有名な北海道土産って、六花亭とかロイズとか白い恋人とかチョコものが多いなと思った。
有名どころでなくてもチョコが使われていたりで、結局、「金の生サブレ」というのを買った。
6枚しか入ってないのに800円もした大物である。
こんなの初めて聞いたけど試食したらおいしかったし、何よりキャラメル味がとっても美味。
実際、土産を持っていった時も美味しいと評判だったから、まあいいか。

フライトよりもフェリーの方が時間が早かったので、空港に一人置いてそのまま苫小牧のフェリー乗り場へ。
疲れからか、出港と同時くらいには眠っていた。
しかし、明け方に波が高かったのかかなり揺れて、それで起こされてしまった
また八戸から東京までぶっ飛ばして帰ってきました。
結局今回の旅では私は運転しませんでした。
「みんな疲れてるのは同じだし、やるよ」って言ったんだけど、「いいよ」と断られた・・・・・
ちっ、信用ねぇな〜

ライジングの感想ですか。
移動時間が長かったり待ち時間が長かったりで、疲れました。はい。
でも、疲れたけどいつも通り楽しかったよ〜〜。
私にとってのフェスはやっぱりインドアがよろしいようで
ずっと運転してくれた人たち、お疲れ様でした



soundsgreat at 22:25|PermalinkComments(0) 日々のアレコレ 

August 23, 2009

RISING SUN 2009での2日目

朝の開店準備で早く行くために、5時半に起きて入浴。
まだ5時半だというのに、数人のオバサンがすでに入っていて、ちょっとビックリ。
朝くらいゆっくり寝てなさいよね。
もしかして、早朝から風呂入りにだけ来たとか!?
ここは24時間入浴できるとこだから、その可能性もあるかも・・・・・
天然温泉だろうが家の湯船だろうが、とにかくお湯に浸かることをしない私。
1分浸かっていないだけでも、あがると目の前真っ暗。
風呂場でぶっ倒れても困るので、ここ数年は浸かってないんです。
風呂なんて、身体がキレイになればいいんだもんね。
しかし、オバサンが数人いたものの、誰も湯船に入っていなかったので、どれどれとちょこっとだけ入ってみた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やっぱり入るんじゃなかった。
湯船から出て、柱に手をつき身体を支えることしばし
ヘタすると頭痛を起こしてしまうから、変な誘惑に乗るんじゃなかったと後悔。
朝食をモグモグしながら開店準備。
お店の人がコーヒー飲もうぜっておごってくれた。
東京を出てからコーヒー飲んでなかったもんで、そろそろ飲みたくなってきてたのでラッキ〜
「AFRO CAFE」というお店で、かわいいアルミのキャンピングカーで出店にきていた。
北海道のどっかの駅前ではちょっと名の知れたコーヒー屋らしい。
昔の、アメリカ大統領選のキャンペーンで使われていたそれに似た車だ。
写真撮っておけばよかったな。
そこのおねいさんが前日にラーメンを買いに来てくれてたので、コーヒーを待つ間ちょっと話をした。
      2日目
まだライブは始まっていないものの、テントから起きぬけてきたお客さんが増えてきた。
お店の別の人が、「コーヒー飲もうっか」とまたご馳走してくれた。
コーヒーを出してる店はいくつかあったんだけど、この時もAFROのコーヒー。
私の好きな味のコーヒーで、AFROのなら大歓迎ですって感じ
この時はアイスキャラメルマキアートをいただきました。

お昼近くなって、そりゃあもう東京と変わらないような暑さで、さすがにラーメンはあまり売れず、「しろくま」ばかりが売れていた。
氷の補充が間に合わないほどだった。
寝不足なのか暑さのせいなのか、お客さんにも覇気がない。
陽が傾き始めて徐々に店のテント内にも陽が当たるようになってきた。
前から西日、後ろからスープをボコボコ沸かす湯気と熱気。
頭がボーッとしてきて、その時仲間と何を話していたのか記憶がない。
お客さんを見ると、全員の身体が真っ赤っか。
男性も女性も日焼け対策をしている人はほとんどいなかったようで、後日ヒィヒィだろうなと思う
やっと夕方になって風の向きが変わり、湯気熱も後ろに流れるようになったからだいぶ楽になった。

「吾妻光良&The Swinging Boppers」なんて、誰も知らないよね??
普段は普通にサラリーマンなどちゃんとした仕事を持ったおじさんたちのバンドで、ボーカルの吾妻さんは53歳。
知り合いの家に行った時、彼らのアルバムを聴いて一気に好きになったのだ。
知り合いは吾妻さんと知り合いらしい。(ややこしいな・・・・・)
ブルースだったりマンボだったり、歌詞もとにかくユニークで、初めて聴いた人でもちょっと笑っちゃうようなそんな曲ばかり。
そんなおじさんバンドがこのライジングサンに!!
実は北海道行くまで知らなかったんだけどね(笑)
The BOOMはまあ見れればいいかな程度だったけど、吾妻さんはどうしても見たい!
しかし休憩のタイミング的にちょっとずれそうだし。
そしてついに吾妻さんたちのライブが始まってもうた
「聴きたいのってこの人だよね?休憩行ってきていいよ」と神の声。
どひゃ〜〜〜〜、マジっすか!?
いいんすか、このタイミングで!?(again)

もうルンルンでステージに向かいました。
     吾妻光良さん
だいぶ前に行かれたんだけど、それでもこのピンボケ(涙)
ね、だいぶおじさんでしょ?
でもね、歌うまいしトークも面白いし、ギター弾いてるとこなんかカッコイイんです。
決しておじさん好きって訳じゃないっすよ。
普段iPodで聴いてる曲を何曲かやってくれて、めっちゃ楽しかった〜。
歌詞は所々北海道バージョンにアレンジされていて、それもまた新鮮。
休憩時間中ずっとステージにいました。
店長、あざーーーーーっす!
休憩から戻ってもステージは近いから聴こえてくる訳で、なんだか気分が乗っていた。
疲れてたけど、盛り返した感じ。
しかしこっからが大変なのじゃ〜〜〜

soundsgreat at 19:21|PermalinkComments(0) 日々のアレコレ 

August 21, 2009

RISING SUN 2009での初日

朝早くに起きて、朝食を摂りながらの開店準備。
ちなみに、ライジングサンのリストバンドがこれ。
     リストバンド
1日につき1本だそうで、どちらの色がどっちの日用なのかは知らんが。
こうやってみるとかっこいいけど、お客さんの入場券的なリストバンドは、細いリボンみたいなのでできたショボイ作りだった。
出店者用のはビニール製で濡れても大丈夫。
イベントによって違うんだろうけど、お客さんと同じ形の時もある。
ライジングは明らかな区別があるようだ。
朝から雲行きは怪しく時々霧雨が降っていたけど、予想していたよりも寒くなかったし、たまに晴れたりもしていた。
入場してきたお客さんは、まずテントサイトへ直行してテントを設営するらしい。
もちろん日帰りの人は必要ないが、2日連続オールナイトのイベントなもんだから、通しチケットがある人は、帰らずここに直接寝てまえというなんとも効率的な
ことをするらしい。
で、シャワーは?
ライブで汗かいた身体のまま野営して、翌日もいっぱい汗かいて汚い身体のままでいるのか?
それともお客さん用にシャワーブースを設置しているのだろうか?
う〜ん、あまり考えたくないな・・・・・
うちの店で売ってたかき氷「しろくま」。
     しろくま
練乳とフルーツを盛ったかき氷で、どうやら博多の名物?らしい。
うちは博多のとんこつラーメンの店なので、普通のかき氷と並べてこの「しろくま」も出していた。
今までコンビニで買える小さなやつしか知らなかったけど、これはかなり美味しかった
練乳好きにはたまらない旨さである。

会場内にいくつかステージがあり、見えなくとも音や歌手がしゃべってるのは聴こえてくる。
一番近くのステージでも近づくには歩いて3分ほどかかるくらい、とにかく広大なのだが、そのステージで「The BOOM」がやるというのだ!
中学生の頃に兄貴がThe BOOMを聴いてるのが聞こえてきて、普段ジャパニーズを聴かない私でも、彼らは結構好きだったりする。
出てきた彼らは「星のラブレター」を歌い始め、それを聴いてテンションが上がりやした
そして、「休憩行ってきていいよ」と一言。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・マジっすか!?
いいんすか?このタイミングで!?
すぐさまカメラを手にしてステージまで足早に近づいて行った。
やっぱ人気があるからか、お客さんがいっぱいであまり前には行かれず、遠巻きながらもThe BOOMを楽しむことができました。
     The BOOM
遠かったので写真がボヤけておりますが、確かにThe BOOMなんだよ。
このタイミングで休憩くれたことに感謝でございます。
いやあ、ライブって楽しいんだね〜。
これが人生で2度目のライブ経験どぇす。

たぶん、北海道の地元のTVなのかなぁ?
こんな人を見かけました。
     George
分かるかなぁ?
NHK教育で英会話の番組とかナレーションとか、まあ色んな番組に出てるジョージ・ウィリアムズという人です。
髪がピンクだったりグリーンだったりと、奇抜なファッションが多い。
日産セレナのCMのナレーションとかもしてて、声聞けば絶対わかるはず。

この日は翌日のオールナイトに備えて23時までの営業。
それでも片づけして風呂入って、寝たのは結局1時半過ぎだった。

soundsgreat at 21:53|PermalinkComments(0) 日々のアレコレ 

August 20, 2009

RISING SUN 2009にラーメン屋設営

       苫小牧
朝ちょいと早めに起きて甲板?に出てみたら、小雨が降っていて肌寒い・・・・・
向こう岸もかすんでよく見えないし。
空が暗くて海もよどんだ色をしていた。 これからの天候が不安である。
ベッドに戻って下船の支度をしてから車に乗り込んだ。
そこでは子牛たちが運搬用トラックに詰め込まれ、駐車スペースで芳しい匂いとともに「もぅ〜もぅ〜」と鳴いていた。
下船を待つ間、車内がちょっと暑くて窓を開けたかったけど、牛たちの芳しい匂いと回りの車の排気ガスが臭くて、とても窓を開けられたもんじゃなかった。
もうちょっと回りに気を使えよな・・・・・
小雨の中走り出し、高速の輪厚(わっつ)SAで朝食。
北海道にも高速道路ってあるんだね〜。
同じく沖縄にもないと思っているんだが、そう思っているのは決して私だけではないはず(笑)
北海道では、道を走っていても漢字表記のくせに地名が読めない・・・・・
アイヌ語にむりくり漢字を充ててるもんだから、読めないのも当然か。
会場へ行く前に市場へ立ち寄り、ラーメンのトッピング用のねぎを現地調達。
車で待ってていいと言われたので、近くをフラフラ。
その場所は観光スポットなのか、客を乗せてきたタクシーが何台も停まっていて、店頭にカニを並べている店からまた客が戻ってくるのを待っていた。
      かに
カニとか海老などの甲殻類。
食べれば好きなんだけど、見た目が気持ち悪くて苦手なのだ
カニの、あの蜘蛛のような脚。
えびの、ナウシカに出てくるオウムのようなワシャワシャした脚。
あれらがどうにもたまらなく気持ち悪い。
しかし、海老は頭がついてると食べれないが、誰かが剥いてくれれば食べれるのだ。 あは〜ん
ほんとはもっと近づいて写真撮りたかったけど、これが精一杯だった。
デカいカニがご自慢なようだが、デカいからこそ見えたくない部分まで詳細に見えてしまい、嫌なものほど目が釘付けになる・・・・・
あっちを向いてもこっちを向いてもカニだらけ。
カニ地獄から、早々に退散
午後になるのを待ってから店の設営を始めたんだけど、私は野外のイベントが初めてで、ライジングの会場は広大な埋立地らしく、下が砂地で所々に草が生え、その場所に設営しなければならなかった。
潔癖症ではないけど、土などで汚れるのが大嫌いな私には、ちょっとキツかった・・・・・
見たこともないようなデカイ虫が飛来してくるし
(私にはカブト虫とゴキブリの区別もよくわからんのだ)
ちゃんと地ならしもされていないような砂地なので、テーブルを水平に置くことも難しかった・・・・・
夕方過ぎには設営を終えて、夕飯にスープカレーを出す「Hot Spice」という店に入った。
毎日コンビニ弁当じゃ飽きるし、変わった味もいいよね。
注文したのは「鶏肉ベジタ」ってやつで、そこに北海道産チーズをトッピング。
出てきたのはコレ。
      スープカレー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カレーというよりは、ビーフシチューに近い感じ。
普段家で食べるカレーを想像してると、汁はかなりシャバッシャバでかなりショッキング。
味は悪くないのだが、カレーとは名乗って欲しくない。
トッピングしたチーズはとろっとろで美味しかったけど。
ようやく宿(といっても健康ランド)に行って入浴し、翌日からのハードワークに備えて早めに就寝。



soundsgreat at 21:15|PermalinkComments(0) 日々のアレコレ 

August 19, 2009

RISING SUN 2009までの旅路

                       RSR
8月の14・15日に北海道で「ライジングサン」という音楽フェスのイベントがあって、いつものラーメン屋の手伝いで同行した。
普通北海道なら飛行機で行くもんだが、出店のための大量の荷物があるため、ハイエースとトラックの2台で行った。
まず、12日の夜中3時に回収されて、そのまま青森の八戸までぶっ飛ばし、昼過ぎに八戸港近くの健康ランドに到着。
私は運転してないので、ほか2人が交代で運転してくれた。 お疲れ様です
健康ランドで昼食と仮眠を取った。
私は車内で寝たり起きたりを繰り返していたのであまり眠くなく、仮眠ベッドのある部屋でずっとドラクエをやっていて、寝たのはほんの1時間弱。
回りは寝てる人が数人いるだけでとても静かで室温もちょうど良くて、すごく快適だった。
おかげでドラクエも進んだぜ
夕方過ぎに八戸港へ向かい、そこで車ごとフェリーに乗船。
      フェリー外観
      フェリー
ここから北海道の苫小牧までフェリーで移動なのだ。 だいたい7時間半くらいかな。
しかしフェリーなんて、人生初と言ってもいいかも知れない。
7年前にカナダで乗ったけど、あれはシーバスで何時間も乗ってるようなものじゃないし、今回のフェリーとはちょっと違うのかなぁ?
寝台を予約してくれていて、寝台列車のような感じで2段ベッドがズラッと並んでいて、それぞれにカーテンがついている。
     寝台
長い旅路の中でここでちゃんと睡眠を取れたのは、今後の睡眠不足を考えれば、ありがたかった
だって、これからオールナイトが待っているんだもの・・・・・
もちろんここでもしばしドラクエをやっていたことは内緒
朝になったらもう北海道である。

soundsgreat at 20:18|PermalinkComments(2) 日々のアレコレ 

August 01, 2009

うひょ〜〜感動♪

        チェーンクリーナー
自転車のチェーンが汚かったので、洗浄しようと思ってこのチェーンクリーナーを買った。
なんと、税込みで5145円もしやがった
しかし、簡単にチェーンの内側までキレイにできるとなるとそれはなかなか魅力的だとも思う。
今の自転車を買ってから1年ちょっと経ったんだけど、一度も洗浄してあげたことがなくて、細かいジャリや土埃でかなりきちゃなかったのだ
友達が自転車を見せろというので、その前にキレイにしてあげようと思って、高いなと思いながらも購入。
真ん中の緑のやつがクリーナーで、左の黒いボトルのデグリーザー(洗浄液)をその中に入れてチェーンを通し、上からフタをしてチェーンを挟み込むようにする。
そしてクランクを逆回転にすること20回転くらい。
んまぁ〜〜、洗浄液が真っ黒
どんだけ汚かったんだよ・・・・・
しかし、そのおかげでとってもキレイになった。
      チェーン
きちゃなかった時の写真を撮り忘れたから比較のしようもないんだけど、でも新品同様にピッカピカになって感動☆
オイルをチュッチュして終了。(右の赤いボトル)
初めてチェーン洗浄なんてしたけど、このクリーナーのおかげでとても楽にできた。
調子にのって、ママチャリのチェーンもキレイにしてやった。
オイルもチュッチュ。
洗浄したあとにブレーキの調整もしてちょっと乗ってきたんだけど、いやあペダルが軽い!
こんなにも違うものかとビックリした。
もっとちゃんとお手入れしてあげないとだなぁ〜。
ものすっごく雲行きが怪しくなってきたので帰ってきたけど、今夜は近くで板橋花火大会があるそうだ。
花火大会なんて人ばっかで嫌いだから行ったことも行きたいとも思わないのだが
この板橋花火大会、なんと毎年大雨になるのだ(笑)
私は行かないからどうでもいいんだけど、みんな浴衣姿でワイワイ現地へ向ってるのを見ると、「どうせグチャグチャになっちゃうのに」と毎年思う。

8月のうにのカレンダー。
いろんなうにが見れてかわえぇです
     うに8月

soundsgreat at 18:41|PermalinkComments(0) 日々のアレコレ