March 2010

March 29, 2010

Nighttime Seattle

         0305-18
夕方を過ぎ、だんだんと日が暮れてきたSeattle。
昼間は多くの観光客などで賑わっていたマーケットも、この時間には全ての店がいなくなり、ガラーンとした空間だけが残っていて、すっかり寂しくなっていた。
そして海風のせいなのか、さらに寒くなってきた。
よく晴れていた日だったので、夕暮れ時はキレイな空だった。
2人とも昼食はまともなものを食べておらず、サンドウィッチもクラムチャウダーもシェアしてたので、さすがにお腹が空いてきた。
かなりな空腹の時って味の濃いものを食べたくなるので、マクドナルドなどの脂っこいジャンクフードを求めて、ダウンタウン内を彷徨っていた。
しかし、昼間には何件か見かけたマクドナルドも、その時は必要としていなかったので特に場所も覚えておらず、とにかく充てもなく歩くしかなかった。
空腹だし、サンドウィッチなんかじゃなくてガッツリ食べたかったので、カフェなどは無視。
もう言うなれば、うなぎ丼とかから揚げとかステーキとか食べたい気分(笑)
そして、多分何度か歩いたであろう通りにやっとこさマクドナルドを発見。
うちらは、あの赤い色したマクドナルドを探していたのに、ここの店は普通にスチールの文字で「Mcdonald's」と書いてあっただけ。
そりゃいくら探しても気付かない訳だ・・・・・
やっと脂っこい味の濃い食事にありつけて一安心。
暗くなるにつれて、だんだんと街の雰囲気が怪しくなってきた。
ハッキリと何が怪しいとは表現できないんだけど、1人では夜の街を歩くのは絶対に避けたい感じ。
女子2人で歩いていても、ちょっと怖かった
         0305-19
オシャレさは夜でも変わらないし、夜景もきれいだったけど、肌でアメリカを感じてきましたよ。
夜に街の写真を撮ってても、「Hey girl! 何写真撮ってんだよ、ああ?」とか言われそうでドキドキしてたのは内緒である。
バンクーバーがどれだけ安全か、改めて思い知ったのだった。
いや、もしかしたらそれが私のアメリカに対するイメージであって、実際にはそんなに危険ではないのかも知れないけど、用心するに越したことはあるまい。
(それでもアメリカ好き)

ちなみに、前を通りかかったチョコレート屋さんのとこに停まってた店のバン。
         0305-20
かわいいでしょ?

soundsgreat at 09:32|PermalinkComments(0) at CANADA | いい旅夢気分☆

March 15, 2010

Daytime Seattle

         0305-8
スタバ1号店と勘違いしていたところのスタバの向かい側にPike Place Marketがある。
こっから先は道路にレンガが敷かれていて、常に人で賑わっており、建物もちょっとかわいい。
マーケット入り口にあった、ブタのブロンズ像。
みんなこれにまたがって写真を撮っていたんだけど、何のブタなのかその時は全く分からなかったが、どうやら募金箱らしく、名前は「Rachel」。
みんなが座るので、レイチェルの背中はテッカテカ(笑)
         0305-15
これはマーケットの入り口の魚屋さん。
         0305-9
シアトルは港町なので、新鮮な魚がたくさん並んでいる。
ここの魚屋さんではお客さんが魚を買うと、それをさばくために調理台にいるスタッフに放り投げながら何か歌っていた。
これも観光地ならではのパフォーマンスなのだろう。
ここで試食したスモークサーモンが、買って帰ろうかと思ったほど美味しかった〜〜
         0305-10
マーケット内の八百屋さん。
どこの店も、野菜よりもフルーツの方がたくさん置いてたような気がする。
         0305-14
お腹が空いてきたので、近くにあったカフェで軽いランチ。
その場で作ってるチーズを使ったホットサンドウィッチで、一緒にトマトスープも買った。
いやあ、これがすごくチーズが濃厚で美味しかったです
しばしマーケット内をウロウロしながら、クラムチャウダーを食べたりスムージーを飲んだりして、すっかりお腹いっぱいになった。
マーケットから歩いて15〜20分くらいでSpace Needleに着いた。
             0305-16
海外ドラマ「Grey's Anatomy」やシアトルが舞台の映画とかだと、だいたい出てくるこのタワー、見てみたかったのよね〜。
でも、展望台まであがるのに$17くらいしたので、上にはあがらず下をウロウロしてた
たかが10分程度見て終わるものに$17も出すのはバカらしいと思ったけど、記念に行っておくべきだっただろうか?

soundsgreat at 07:27|PermalinkComments(0) at CANADA | いい旅夢気分☆

March 12, 2010

The first Starbucks at Pike Place Market

         0305-5
スタバ1号店だけが昔の茶色のロゴを使っていると誰かに聞いたことがあった。
マーケット入り口の向かい側にあり、外のテラスのパラソルも茶色で、かわいかった。
朝から、小さなチートスしか食べていなかったのでさすがにお腹が空いて、ここで何か摂ることにした。
        0305-7
これが店内の様子。
イスもメニューも他の店と違って少しレトロで、都会的なスタバのイメージとは違っていたので、昔のままで使っているのだろうと思った。
私はいつものカフェミスト。
オーダーの際に名前を聞かれたのは、これが初めてだった。
そして出てきたのがこれ。
            0305-6
ちゃんと「Tommy」って名前が書かれていてかわいいでしょ?
外のテラスでおいしく飲んだ後は、記念にスリーブを持って帰った。
そして、目の前にあったマーケットへ向かい、ウロウロしてから何気なく外へ出たら、もう1軒スタバを発見。
         0305-11
おや?なんだかロゴのフォントが違う。
そしてここも茶色のロゴを使っている。
店の前にはギター弾き。
以前、「スタバ1号店はマーケットの一角にあり、常に誰かが音楽をやっていて、他店とはロゴが違う」と聞いたのを思い出した。
1号店だとはしゃいでいたさっきの店は、全くの別物でした・・・・・
こっちが本物のスタバ1号店でございます。
友達と2人で爆笑したのは言うまでもない。
        0305-12
これが1号店の店内の様子。
ホントに小さいお店でイスもテーブルもないが、ウッド調でレトロな感じがかわいい。
しかし私たちはすでにさっきの店で買ったコーヒーを持っていたので、ここでは限定のタンブラーとマグを買っただけ
まあ、きっとコーヒーの味は同じだろう。
ひっきりなしに客が来て、常に店内は混んでいた。
正面がコーヒーを作るところで、写っていないが右側がキャッシャーで、豆が足りなくなるとバッグごとキャッシャーが放り投げていた。
何度もやってるのを見たから、きっとパフォーマンスも兼ねているのかも知れない。
ずっとここには来たいと思っていたから、来れて良かった。
そしてタンブラーが買えたことが何より嬉しい。
さすがにさっきの店にも、1号店限定のタンブラーは置いてなかったもんね。
ステンレスタンブラーでも、$20ほどで買えたので安かったと思う。
普通、ステンレスのって日本だと3000円くらいするもんね。
しかし今考えてみれば、さっきの店ではロゴが茶色なだけで、フォントは他店と同じ、限定グッズも置いてなかった。
そしてなぜか、「Seattle」と書かれたマグの横に「Canada」と書かれたマグも売っていた。
いくらなんでも、近いからってそれはどうかと思うぞ
東京に大阪限定タンブラーが置いてないのと一緒で。

は〜〜〜、ホントの1号店に気付いてよかった
あのまま気付かずに誰かに写真みせてたら、「は?シアトルにあるスタバ全てが1号店じゃないんだけど?」って言われそうである。

soundsgreat at 04:04|PermalinkComments(2) at CANADA | Starbucks

March 11, 2010

No plans Seattle

先週、日本から友達Kが遊びに来てくれた。
そして、5日の金曜日に一緒にシアトルへ行ってきた。
Kがバンクーバーに到着したその日にGreyhound(長距離バス)のチケットを買いに行った。
ネットで調べた時には、往復で$70くらいかかると思っていたんだけど、実際にチケットブースで聞いてみたら、3日前購入で1人往復$46、2人目はさらに割引になり$23で、結局Tax込みでひとり約$36で行けることになった

         0305-2
当日は5:50amにバスが出発するので、4amに起きてターミナルへ向かった。
まだ外は真っ暗・・・・・
寝たのも1:30am過ぎなもんだから2人ともかなり眠いのと、2人とも初めてのシアトルで妙なテンション。
バスに乗ったら即寝だと思っていたけど、なかなか眠れなかった。
遠足の前日の興奮みたいな感じかな(笑)
バンクーバーから1時間ちょっとで国境に着き、そこでチェックを受けて$6払いアメリカに入国。
         0305-1
これが乗ったGreyhound。
何度かバスターミナルに止まり、だんだんと乗客が増えてきた。
そして10:00am過ぎにシアトルのダウンタウンに到着。
2人の感想は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バンクーバーよりも寒い!!!
すごくいい天気で雲一つないキレイな青空だったけど、まあとにかく寒かった。
しかし、2人ともシアトルについて何も下調べをしていなかったし地図も持っていない。
とりあえず街をブラついてみた。
             0305-3
当然だけど、バンクーバーよりも高くて大きなビルが多い大都会で、中央の円柱のビルはツインタワーになっているWestin Hotelでした。
そしてビルもオシャレだし歩いてる人もオシャレだし、なんというか、外国に来たって感じがした。
(バンクーバーも十分外国だが)
         0305-4
平日の昼間なので外を歩いてる人はあまりいなかったけど、寒いながらも気持ちがよかった。
見るもの見るものが目新しくて、もうあっちこっちキョロキョロしちゃった
         0305-17
あ〜〜、バンクーバーに比べて公園とか、そういった緑が少ないかなぁ。
ニューヨークほどではないけど、ホントにビルばっかり。
あまりにシアトルに関して無知すぎて特に行くあてもなく、スタバの1号店へ向かった。
(それだけは知っていた)
前日にGoogle Mapで見た記憶だけを頼りに・・・・・

soundsgreat at 07:17|PermalinkComments(0) at CANADA | いい旅夢気分☆

March 02, 2010

Caught a cold

         0301
Whistlerからの帰りのバスの中で、ハッキリと「風邪をひいた」と感じた。
ほぼ一日中寒空の下にいて、乾燥したバスの中。
帰りのバスで少し寝て、目が覚めた時には喉が少し痛かったのだ。
でもあまり気にしていなかったんだけど、咳が出始めてだんだんと悪くなってきたようだ。
しかし熱も頭痛もなく、ただ少しの喉の痛みと咳が止まらない。
大したことではないんだろうけど、それでも咳が続くと体力を消耗する。
友達が「これあげるから飲みなよ」と持たせてくれたのが写真右の風邪薬。
昼と夜とで飲むカプレットが違っていて、昼用のは鼻水や咳を止める作用があり、夜用は咳止めと眠くなる成分が入っており、色もそれぞれ違うので飲み間違って昼間に眠くなるなんてことがないように作られていて、なかなかな優れものである。
そして問題なのが、左の液体咳止め薬「Buckley's」。
こっちではけっこう液体の風邪薬が多く、日本の葛根湯のような「ひき始め」に飲むのでなく、「ひいちゃったから飲む」薬が主流。
日本でもおなじみの名前の「Vicks」。
友達が言うには、「Vicksもいいけど、Buckley'sというのが咳止めには一番効くよ」と教えてくれた。
「But it tastes very very very very very very very very bad」と言っていた。
おいおい、どんだけまずいんだよ
しかも、その薬を飲んだ時の反応が見てみたいと言われた程である。
絶対に「What the hell!?」って言うと思うよなどと言っていた(笑)
しかし、飲食店で働いてるし、体力も消耗するし、どうしても咳は止めたい。
SAFEWAYで悩んだ末に購入。
果たしてその味は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アンモニアに浸した湿布を飲みこんでる感じ
たかがティスプーン1杯程度の量でも、飲み下すのがかなり辛かった・・・・・
風邪なんてひくもんじゃないな。

soundsgreat at 17:45|PermalinkComments(2) at CANADA | 日々のアレコレ

March 01, 2010

Watched the games at Whistler Village

         0224-5
アルパインスキーが霧のせいで延期を繰り返していたので午後の分を見るのを諦め、私たちは夕方からのアイスホッケーの試合を観るためにバスでWhistler Villageへ向かった。
すでに多くの人で溢れ、いろんなところにモニターが設置されていて、いろんなオリンピックゲームを見ることができるようになっていた。
ショップやレストラン、パブがたくさんあって、聞いて想像していたよりも大きな町で、TVでよく見る中継クルーも見かけた。
とりあえず適当なパブに入り、そこで酒を飲みながらピザとバッファローウィングを食べ、ホッケーをTVで観戦。
         0224-6
その日は男子アイスホッケーで、カナダ対ロシア。
カナダは当然だけど、ロシアも強い国の内の一つらしい。
カナダに来るまでホッケーなんて見たことなかったので、当然ルールも知らない。
ルールはサッカーに似ていると聞いたが、細かい事までは知らなかった。
友達は当然ルールも知ってるしプレイもできるので、「今のは何がファールなの?」とかその都度聞きながら見ていた。
丸わかりではないけど、激しいスポーツだしこれがなかなか面白い。
ルールを知らないなりにも見ているうちに理解できるようになり、楽しめるようになった。
ゴールを決めれば店内が盛り上がり、知らない人同士でもハイファイブするしハグもするし、そういうのもすごく楽しかった。
正直、スキーよりもホッケー観戦の方が面白いかもとか思っちゃったりして
そして、7−3とロシアを打ち負かし、スイートチリソースのバッファローウィングもすごく美味しかったし、今日はとても満足である。
(アルパインスキーのことはもう忘れた)
夜9時発のバスまではちょっと時間があったので、また町なかを散策。
         0224-7
建物もオシャレだしライトアップもされていて、夜のディズニーランドのようでキレイだった。
ちなみに物価もディズニーランドなみだが。
特に買い物もしなかったけどスタバで少々お茶をしてから、その辺にあったモニターで女子ボブスレーを中継していて、見事カナダが金と銀メダルを獲得。
ちょっと感動してしまった

うーん、オリンピックもいいかも〜。
前までは特に興味もなかったので、たまにTVで見る程度でいいやって感じだったけど、誰かと一緒に見たり、実際にその会場にいたりするとなかなか面白いもんである。
ただ、選手たちの背景などを知らないので、今までケガをしていて久しぶりの出場であるとか、家族の誰かが亡くなったばかりであるとか、もしそういうのを知っていたら、もっと楽しめるかも知れない。
TVで見ていても感動して涙したこともあるし。(涙腺弱いだけとも言う)

ただね、開催地に住んでるといいことばかりでもない。
例えば街が人で溢れ返るとか、ゴミだらけになるとか、やっと日本の満員電車から解放されたと思ってたのに、オリンピックが始まってからは山手線並みに混んでます。
こっちの電車は自動運転制御なので、人が駆け込もうが下車待ちでまだ乗りこめてなくても容赦なくドアを閉めるので危険なのだ。
下手すりゃ仕事に遅れる・・・・・
外国人はみんな満員電車に慣れていないのか、あまり詰めてくれなくて困ったもんである。
そういう意味では早くオリンピックが終わってほしいとも思うのだ。



soundsgreat at 15:22|PermalinkComments(2) at CANADA | 日々のアレコレ