April 2010

April 30, 2010

Don't get the wrong

                  0417-1
到着日は意外にも疲れてしまったので、少しホテル内を散策したあとすぐに寝てしまった。
これは、私たちが泊まっていたExcalibur Hotel。
高速インター横にあるラブホテルのようでちょっと恥ずかしいのだが、客室は約4000室もあり、かなり大きなホテルである。
ホテル内も相当広く、移動がいちいち大変だった。
お隣には、ニューヨークを模したNew York New Yorkというホテルと、有名な巨大ホテルMGM Grand。
                   0417-3
小さなマンハッタンのビル群の前にはローラーコースターが走り、これがけっこう怖そう。
ビルぎりぎりで走行し、回転するわツイストするわで、私には到底無理・・・・・
                         0417-2
自由の女神さんですけど、こんなにむっつりした顔だったっけ?
そして女神の割にはたくましい腕。
ちなみにお台場でもなくニューヨークでもなく、ベガスですから
MGM内には、ホテルのシンボルにもなっているライオンが、大きなガラス張りの向こうに展示?されており、ケースの前は常に人だかりだった。
  0417-50417-6
いやん、ライオン好きとしてはたまらない場所である
驚きなのは、ケース内に飼育員がいて、一緒に遊んでいた。
赤ちゃんならまだ分かるけど、このくらい大きくなればヘタしたら殺されるだろうに、きっと小さいころから人に慣れてるから平気なのだろう。
この2頭はまだ子供で大人のオスとメスもいたけど、とんでもなくキュートなのは、やっぱりこっち。
                  0417-4
恐らくまだ生後2カ月程度の赤ちゃんライオン!!!
OMG!! なんてかわいいんだ
そして膝に乗せて寝かせてるし、なんて羨ましいんだ!
数年前に富士サファリパークで赤ちゃんライオンと遊んだ時もちょうど同じくらいの大きさで、めっさかわいかった。
えっと、ここは動物園ではなくて、ベガスですから

soundsgreat at 04:53|PermalinkComments(0) at CANADA | いい旅夢気分☆

April 29, 2010

Almost missed the airplane

10日ほど前、仕事仲間と2人でLas Vegasに行ってきた。
4泊5日の旅程で、航空券とホテル付き(食事なし)で、税込$400。
こんなに安く行けるのを見過ごすわけにいかない。
詳しくないのであまりギャンブルには興味はないが、映画「オーシャンズ」シリーズが大好きで、街を見てみたかったのと、まあちょこっとカジノがどんなもんなのかも見てみたかった。

フライトが5:45pmだったので、うちの店でランチを一緒に食べて軽くお酒を飲んだりして時間を潰した。
フライトの2時間前には空港へ向かおうとする私たちを、うちの店の社員連中が「そんなの1時間前とかで大丈夫だって」とやたらと引き留めるので、少し不安になりつつ、それでも1時間半前くらいにバンクーバー空港(YVR)へ着いた。
一番引き留めていた人は、すでに過去に3回もベガスに行っているからか、「早く行きすぎだよ」って何度も言っていた。
すでに周知かと思うが、アメリカに空路で入国する場合、ESTAというセキュリティシステムを事前に登録しておかなければならないのだが、私も友達もずいぶん前に済ませていたので何の心配もないはずだった。
そしてすでにWeb Check-inもしてあったのだが、チェックインカウンターで、「ESTAナンバーを取得した日にちを教えてくれ」と言われ、そんなもん覚えてないしメモもしていなかったのだが、「ずい分前だし覚えてないよ」って言ったらそこはなんとかクリアできた。
なんだよ、けっこういい加減だな・・・・・
空港内のスタバでお茶をしつつiPodでゲームをしながら時間を潰し、フライトの45分前くらいに移動開始。
セキュリティゲートを通った後に、さらにX-rayで全身をスキャンできる、電話ボックスのような箱に入ってスキャンされた。
やる前に、「金属探知機でスキャンするのと、あの箱に入るのとどっちがいい?」って聞かれた。
え?そんな、セキュリティチェックでどっちがいいとか、選ばせてくれる訳??(笑)
当然、面白そうな箱の方を選んだのは言うまでもない。
私は先月シアトルへ行った時に、アメリカ入国の際に必要なグリーンカード(永住権ではない)を記入してて、まだ有効期限内だったから不要だったけど、連れのTKは持っておらず、再度長い列に並ばなければならず、ここで時間を取られることしばし。
この時すでに時間は5:40pmを過ぎていた。
やばい!!
不運なことに、搭乗ゲートはターミナルの一番奥。
審査を通過した時で5:50pm。
Oh no〜〜〜!
電車やバスじゃないんだ、乗り過ごす訳にはいかん。
ダッシュしたけど、普段から走ることが大嫌いな私は走ることに慣れておらず、すぐに諦めて歩き始めた(笑)
TKは私が歩いていたことには気づかず、ゲートまでずっとダッシュしてくれたおかげで、何とか乗り遅れずに済んだ。
カウンターで「何やってたの?」と文句言われたらしい
「いやあ、思いのほかセキュリティで時間がかかってね」なんて英語で説明できるほどにはTKは英語ができず、「いや、あの」って戸惑うだけ。
情けない
もっと主張していこうぜ日本人よ。
グラホに「早く早く!」って急き立てられてやっと乗り込んだ機内で・・・・・
「Booooooooooooooooooooo!!!!!!!」
と乗客の約半数にブーイングされた。
150人乗り程度の小さな旅客機だったから、余計にみんなの団結力が強いというか・・・・・(笑)
「Thank you guys」なんて言いつつも、ベガスに着いたら殺されるんじゃないかと内心冷や冷やだった。
「気にしないでいいよ」って言ってくれた優しいおじさんもいたけどね。
もちろんジョークで言ってるのは分かってたけど、それでもちょっとびびった
離陸を10分遅らせ、到着を20分も遅らせてしまったが、無事ベガスの空港に着いた。
0416-1
空港に着いてビックリしたのが、入国審査をしなかったこと。
普通、入国カードをパスポートと共に提出し、何日滞在するのか・何をするのなど聞かれるもんだが、ここの空港にはそれがなかった。
気付かずに通り抜けられるはずはないので、もしかしたらホントにないのかなぁ?
バンクーバーから南下しただけなので、時差もなく楽チン
ちなみに私はジェットラグにはならないので、時差があろうがなかろうがあまり関係ないが。

ベガスでは、少しでも多くお金をカジノで使ってもらうために、いろんな配慮がなされているらしい。
ホテルでは、レセプションやレストランなど、どこへ行くにも絶対にカジノフロアを通らなければならず、部屋にも、冷蔵庫などはおいていないホテルが多いらしい。(うちもなかった)
部屋を快適にしてしまうとカジノフロアまで客が降りてこないので、最低限のものしかないのだ。(最高級ホテルは別だが)
ヘタしたら、TVさえ置いてないホテルもあるようだ。

たったの2時間半という短いフライトだったけど、なんだか疲れた

soundsgreat at 16:13|Permalink at CANADA | いい旅夢気分☆

April 14, 2010

Whoa,ewww!!

先週、日本から友達が遊びに来てくれた。
3泊5日なので、こちらでの滞在はたったの3日間だったけど、まあなんとかガイドブックに載ってるようなところには連れていかれたかな。
彼女にとって初めてのバンクーバーで、彼女の到着日に、まずオリンピックの聖火台を見に行ってみた。
          0406-1
オリンピック期間中は全くダウンタウンには出てこなかったので、実はどこにあるのかも知らなかった。
でもそれじゃホステスとしてイカンと思い、ちゃんと事前に調べておいたので、Google Mapで見た記憶を頼りに行ってみた。
当然オリンピックはもう終わってるので灯は点いていなかったけど、思っていたよりも結構大きかった。
しかし、この日は雨が降ったり止んだりの日で観光にはあまり向いていなかったので、撮った写真もあまりキレイでない・・・・・

次に、Stanley Park内にあるバンクーバー水族館へ行ってみた。
ここへ入るのは8年前に一人旅で来た以来で、ずい分記憶と違っていた。
私は元々水族館はあまり好きな方ではないんだけど、友達は好きらしい。
私が水族館が好きでない理由。
それは、まあとにかく何でも「グロい」よね。
イソギンチャクだろうが、普通の魚だろうが、とにかく見た目がダメ。
そしてグロくて気持ち悪いと分かっているものほど「うっわ〜〜、なんじゃこりゃ」と凝視してしまうのだ。
そしてさらにそれが嫌いになる。
アホな悪循環である。
そしてここバンクーバー水族館は、入口近くにいろんな種類のカエルを展示していて、一つのコーナーになっているほど。
さすがに友達もカエルは苦手らしく、2人で「無理、無理!」ってギャーギャー騒いでた。
しかし、騒ぎはこれで終わらなかった。
確かに水族館らしく、ベルーガやラッコ、イルカなどもいるんだけど、それ以外は基本的に全部気持ち悪い(笑)
          0406-2
これ、何か分かります?
「シーラカンス」の標本?なんだけど、1.5mくらいあって、口はバッカーと開いたままでやたらと体はでかいし気持ち悪い。
ここでギャーギャー騒ぐことしばし。

熱帯雨林を模して造られたエリアはホントに暑苦しく、色鮮やかな鳥がギャーギャー騒ぎ、何がビックリしたって、ゴキブリが展示されていたこと。
(もちろんケースに入っているが)
大きさは多分7〜8cmくらいで、形は日本にいるのとまったく違い、ゾウリみたいに見えたが、とてもじゃないけど近づけない。
始めはそれが何なのか分からなかったんだけど、文字で「Cockroach」と視認。
途端に後ずさりし、その背後には2mくらいのワニが2頭。
          0406-3
友達は、「海外の水族館て気持ち悪いんだね」って言っていた。
水族館のいいイメージが一転して変わってしまったそうだ(笑)
(私はワニなどは平気)
見た目グロいのはダメだけど、サメとかカメは安心して見れる。
しかし、屋内が暗いので写真撮るとこういう怖いものになってしまう。
          0406-4
フラッシュした訳でもないのに、眼がランランと不気味に光り、今にも取って喰われそうだ。



soundsgreat at 14:21|PermalinkComments(0) at CANADA | 日々のアレコレ

April 10, 2010

My new genius toy

          iPod touch 3rd
iPod Touchの3rd買いました。

いやね、本当は、iPhoneが欲しかったのだ。
それをiPhoneユーザーの友達に話したら、「Rogers(携帯会社)に連絡して、同じプランがコピーできるはずだから、電話してあげるよ」って言ってくれた。
友達が使っているプランは、月々税込みで$70くらいかかるものの、
?6GB分のデータ通信(通常最高でも2GB)
?夕方5時から、同じ携帯会社同士ならば通話無料(通常は7時から)
?テキストメッセージ無制限(プランによって制限あり)
?相手のナンバーディスプレイ(通常プラス$7必要)
など、普通では$70なんかじゃあり得ないプランだったので、ぜひともプランのコピーをお願いしたかった。
友達は以前、実際に電話してプランコピーできるってことを聞いていたので、その確認の意味で、私の件で電話してくれた。
しかし、目の前で電話してオペレーターに掛け合ってくれたのだが、なんと、「そういうことはできません」と断られた
「よし、またオペレーターを代えてみてもう一度トライしてみるよ」って、また数日後に掛け合ってくれたのだが、結局それも撃沈。
どうやら以前「プランコピーできますよ」って言ったオペレーターが間違っていたようだ・・・・・
なんだよ、期待させておいて結局だめなのね
一般の人が契約できるプランでは満足できず、仕方なくiPhoneは諦めたのだ。

もともとここのブログでも書いたことあるけど、iPodは持っていた。
nanoの多分3rdで8GBのやつだったけど、その容量をフルに使いきる程に曲は入っておらず、聴いていても結局あまり好きじゃない曲は飛ばすから、いい加減聴き飽きてもいた。
同じもの使うことにも飽きてたし。
それに何より、友達に教えてもらった「Cribbage」というカードゲームがやりたくてiPod Touchを買ったようなものだ。
しかもWi-Fiのあるところならネットが使えるし、こりゃ便利じゃと思って購入に至った。
32GBのやつで税込み$335くらいだったけど、日本で買うのとあまり変わらないね。
持ってる携帯では使い勝手が悪かったスケジュール管理も簡単になったし、ノートもあって、アプリケーションはタダで取れるし、これはとてもいいオモチャになった。
いやしかし、しょっちゅうゲームやってるもんで、すぐにバッテリーが切れちゃうのよね(笑)
もうすっかりハマっちゃってます。

ちなみに、古いiPod nanoは友達に$60で売れた。
購入時からずっとケースつけて使用していたので、傷が一つもなくて新品同様だったから、他人ならもっと高く売れただろうけど、他人とのやりとりもめんどくさかったので、少し安値で売った。
つまり、新しいiPodを$270程度で買えたことになる。
う〜ん、いい買い物をした



soundsgreat at 05:58|PermalinkComments(0) at CANADA | ハマってます