August 2010

August 24, 2010

Couldn't get it

                   0804-1
2週間ほど前の話になるけど、またDeep Coveへ行ってきた。
前回ここへ行った時は真冬で、特に冬期は栄えていない小さな町なので、その時はとても寒く、1時間も外にいたらあまりの寒さで気を失うところだった。
(実際にはマイナス2℃程度で、死ぬはずもないが)
今回行った時は最高にいい天気で暑くて、それでも日陰は涼しいというバンクーバーの夏。
そして桟橋で、水着で寝転ぶ女子2人。
なんでビーチじゃなくて桟橋なのだね、君たち。

始めはそんなつもりもなく、適当にブラブラするはずだったんだけど、あまりに気持ちがいいので、カヤックをやってみた。
                 0804-2
恐らくここDeep Coveではこの1件しかないであろう独占市場的なカヌー&カヤック屋さんへ。
私たち2人ともカヤックは初で不安だったため、2人乗りのにしておいた。
2時間で約$40と、思ったよりもかなり安い。
濡れていい用意を全くしていなかったので、なんとしてでも転覆は免れたい。
しかも、もし転覆すれば携帯やカメラなど、全てのものが底へ沈んでいく。
ちゃんと説明を聞いたけど、始めの5分は、想像通り同じところをグルグル回っていた(笑)
2人乗りの場合、方向をコントロールするペダルが後方についているため、後ろに乗った人が操作しなければならない。
それが、わたくしの仕事でした。
慣れないうちは漕ぐのに夢中になるとつい利き足に力が入り、どうしても左にばかり寄っていってしまう
両足均等に力を入れていればまっすぐに進むのだけど、少しでもどちらかに力がより入ると、そちらへ向かって曲がっていく。
友達が前に乗ってたんだけど、彼女が振り向かなくても、進む方向で今私が夢中で漕いでいるのかどうかが判断できたらしい(笑)
それも慣れてきたら無意識にコントロールできるようにはなったけど。
                  0804-3
カヤックって、カヤック内部に水が浸入しないようにウェットスーツと似たような素材でできたベロベロを腰のあたりにくっつけて、それで乗り込むものだと思っていた。
(ベロベロの名称は知らん)
そうすれば内部が濡れないのでなんの心配もいらないのだが、私たちは水着も着ずに普通の服でやってたので、膝周りはビチョビチョ
濡れないように気をつけても、漕ぐときにオールを伝って水がじゃっぽんとかかる
まあ、天気が良かったのですぐに乾いたからいいけどさ。
周りで同じようにカヤックを楽しむ人らがたくさんいて、すれ違うたびにちょっとした挨拶なんかもしたりして、けっこう楽しかった。
しかし、彼らを見るとなんとも簡単そうに漕いでいるではないか。
特に私なんか、めちゃくちゃ力いっぱいにワッセワッセと漕いでいたのに、波に押し戻されてなかなか前に進まないなんてこともよくあった。
しかし、他の人らは一人乗りでもスイスイと進んでいく。
なんだ、何が違うのだ!!
結局最後まで分からなかった・・・・・
翌日、上半身筋肉痛になったのは言うまでもない。

カヤック後かなり腹ペコだったので、fish and chipsを食べた。
                     0804-4
いつもfish and chipsを食べる時はコッド(たら)なんだけど、この時は大好きなサーモンにしてみた。
コッドよりも脂っこくなくて、とてもおいしくいただいておいた

soundsgreat at 15:56|PermalinkComments(0) at CANADA | 日々のアレコレ

August 02, 2010

Changed of a plan suddenly

                  Langdale
先週、友達ら5人でSunshine Coastというところへ行ってきた。
私が今住んでいるのはバンクーバーの青丸のあたり。
そこから赤丸のあたりまでBC Ferryに乗ってはるばる行ってきた。
はるばるといっても、フェリーで45分程度の距離で、そんなに遠くはない。
                 0722-4
ここHorseshoe Bayというところから数本のフェリーが出ており、Victoria行きやNanaimo行きなど、バンクーバー近辺の島への往復ができる。
うちらも車ごとフェリーに乗り込み、中でくつろぐことしばし。
フェリーにはいくつか大きさがあって、大きいものだと中にスタバが入ってるものもあるらしいけど、私たちが乗ったものにはスタバは入っていなかった
                 0722-1
それでも結構大きなフェリーだし、内陸部を航海してるだけなので波もなく大きな揺れもなし。
朝出た時には心配していたくらい暗かった空も、陸に近付くにつれ一気にいい天気になり、海の色もキレイなブルーに。
Langdaleというところに上陸してすぐブランチ。
私はWendy's、友達らはミスドみたいなカナダのドーナッツ屋でサンドウィッチを食べていた。
旅に来たからといって、案外特別な物を食べなかったりして

                0722-2
今回の目的、実はフィッシング。
実は5人中4人がどこへ行くのか知らず、完全に計画者まかせの旅だったので、Horseshoe Bayに来るまでどこへ行くのか見当もつかなかった(笑)
なので、「どうやらフィッシングしに行くらしいけど、どこ行くんだろうねぇ」ってな具合だった
私自身はフィッシングなんて微塵も興味ないのだが、キレイな景色を見たくて来たのだ。
予めボートも予約してあるというので、どんなものかと思ったら・・・・・
                0722-7
こんな日除けもない小さなボート(涙)
しかもこの日はちょっと風が強く、釣りをするためには海まで出なければならず、この小さなボートで海まで出るのははちょっと無理だったようだ
急きょ予定を変更、湾内をボートで観光?することになった。
   0722-60722-3
夏になってから、毎日空には雲ひとつないくらいの晴天で、この日も快晴。
その日光を全面に浴びて、海面がキラキラしていてすごくきれいだった。
日本よりも北に位置するため日差しが強く、気にしていないとすぐに日焼けをしてしまうほどだ。
クルーザーが横を通るたび、そのクルーザーの起こした波でこっちはタップンタップン揺らされて、それがまたワーワーギャーギャー面白かった。
うちらの乗っていたボートは免許のいらない誰でも運転できるような簡単なものだったけど、念のため運転はGuysに一任していた
どこかに適当にボートを舫って上陸してみたかったんだけど、実はどれもプライベートドックばかりで、私有地に勝手に入る訳にもいかない(笑)
それでもなんだかんだで2時間くらいは乗ってたようで、けっこう楽しかった。
帰りのフェリーまでの時間に、海沿いのレストランでFish n' chipsを食べた。

それからあっという間にバンクーバーへ戻ってきてしまい、日常への回帰となってしまったけど、もうひとつ帰りに寄ったところがあった。
バンクーバーにあるUBCというBC州の巨大な大学があるんだけど、その近くにnaked beachがあるのだ。
面白いから行ってみようってことで行ってきた。
しかしすでに時刻は9時くらい。
ビーチに人はまだまだたくさんいたのに、全裸の人は2〜3人くらいしかいなかった
一応裸の人がいる時は写真を撮ってはいけないのだが、近くにいなかったのでこっそり撮っちゃった。
                  0722-5
日中は裸だらけのビーチとは思えないくらいキレイな夕陽だった。

soundsgreat at 02:40|Permalink at CANADA | いい旅夢気分☆

August 01, 2010

映画「SALT」

                        Salt
最近映画ネタばかりだけど、昨夜は先週から公開になった「SALT」を観てきた。
映画を観に行く時はいつも同じシネコンへ行くんだけど、公開されてから1週間経ってもまだまだ人気なようで、一番大きなスクリーンのとこでも満席に近かった。
30分も前に入ったので余裕でいい席に座れたから良かったけど、こっちでは指定席制はないのかも知れない。

いきなりSaltの拷問シーンから始まる。
朝鮮でスパイと疑われた彼女が、なんとかアメリカに帰国することができ、結婚し生活も安定していたところに、Saltはロシアのスパイであると言う男性が現れ、誰もSaltを信じなくなり一気に逆転してまたSaltは容疑者となり、CIAから逃げ回ることになる。
Saltは本当は何者なのか・・・・・

内容自体はよくありがちではあるが、アクションがカッコいい
いやあ、アンジェリーナ・ジョリーはやっぱりこういうアクションものがいいと思う。
「トゥームレイダー」や「Mr.&Mrs. Smith」のような激しいアクションがお似合いである。
恋愛ものとか、そういうのに出ててもぱっとしないもんね
久しぶりにこういったアクション映画を観たので、かなり面白かった。

最近、いい映画によく当たっている。
ジャンクなものを一度みると、それからしばらくジャンクものが続いたりしてしまうから不思議だ。
最近また映画づいてるので、次は何を観ようかな〜
ちなみにいつも行くシネコンではTax込で$12.50。(映画館によって料金が異なる)
約1000円くらいだから、やっぱり1800円と比べると日本の料金は相当高いんだなぁ・・・・・

soundsgreat at 11:15|PermalinkComments(0) at CANADA | 映画