SEXに自信のないあなた、初体験のあなたが、勃起力を維持してスムーズに挿入する方法、童貞卒業、脱素人童貞のための、挿入・合体マニュアル

SEXに自信のないあなた、初体験のあなたが、勃起力を維持してスムーズに挿入する方法、童貞卒業、脱素人童貞のための、挿入・合体マニュアル


下記より購入し簡単なレビューを送るだけで最大3000円安くなります!
SEXに自信のないあなた、初体験のあなたが、勃起力を維持してスムーズに挿入する方法、童貞卒業、脱素人童貞のための、挿入・合体マニュアル



20代の前半、わたしは奥手で、女性経験が御座いませんでした。

当時、やっとのことで仲良くなり、付き合い始めた女性がいました。
何回かデートを重ね、ついにわたしにも念願のベッドインのチャンスが訪れました。
わたしにも、やっと初体験のチャンスが訪れたのです。
まさに天にも昇る気分でした。

ドキドキしながらホテルに入り、いよいよそのときが訪れました。
唇を重ね、わたしなりにぎこちない前戯を始めました。
わたしのペ○スは痛いくらいまで勃起していました。

SEXに自信のないあなた、初体験のあなたが、勃起力を維持してスムーズに挿入する方法、童貞卒業、脱素人童貞のための、挿入・合体マニュアル

そして、いざ挿入・・・
と思ったら、入らない!・・・?

あれっ?・・・ 思っていたのと何か違う・・・!

何度ペ○スの先端を彼女の性器に押し当てても一向に挿入出来ないのです。
それはまるで、肉の壁にペ○スを押し当てているような感じでした。

そのときまでわたしは、
勃起したペ○スを女性の性器に押し当てさえすれば、すんなりと迎え入れてくれるはず、
そんな漠然とした思いを持っていました。

だからそのときのわたしには、何故、挿入出来ないのかが、まったく理解できなかったのです。

悲しいことに、
童貞だったわたしには挿入口の位置を見つけることができなかったのです・・・

出会い

(このままでは、SEXもまともに出来ない男だと彼女に思われてしまう・・・)

そう思うと気持ちはますますあせるばかりです。

あせる気持ちで、何度も試しましたが挿入出来る気配すら御座いません・・・

そうこうするうちに、とうとうわたしのペ○スは萎えてしまいました。
1度縮んでしまったペ○スは、再び勃起する事は御座いませんでした。

小さくなったペ○スと一緒に、わたしの気持ちもうなだれてしまいました。


こうして、わたしの初体験はあえなく撃沈してしまったのです。
本当にショックでした・・・

自信をなくしたわたしは、その後、彼女に連絡をとる事も出来ず、それっきりでした。

このことは誰にも相談できず、心底悩みました。

人間だけが、動物の中で、学習しなければSEXが出来ない と言われています。

それを考えると、わたしの失敗は無理からぬことだったのかもしれません。
 
 
童貞は卒業したものの・・・
初体験が失敗に終わったわたしは、落胆した日々を送っていました。

【トランス・セックス・レボリューション×××オトコのセックスとても大事な37の話】

街で楽しげなカップルを目にすれば、自分の失敗が思い出され、胸が痛みました。
友人のSEXの自慢話を聞けば、羨ましさをとおり越し、嫉妬や憤りさえ感じていました。

その反面、せっかくの出会いのチャンスがあっても、逃げ腰になっていました。
「初体験の苦い失敗」を思うと、どうしても自分に自信が持てなかったのです。
失敗を恐れ、失敗を避けるため、逃げていたのです。

(俺は一生SEXをする事が出来ないかも知れない・・・)

突然そんな思いが浮かび、胸が苦しくなる事もありました。
一人悶々と悩むばかりで、まったく解決の糸口を見い出すことができせんでした。

狂乱女性続出!狙った全ての女性を虜にする!絶頂淫乱化SEX【潮吹き濡れ地獄】


そんなある日、高校時代の先輩から風俗に誘われたのです。
わたしの初体験の失敗のことは、恥ずかしくて先輩に話すことは出来ませんでした。
しかし例え風俗でもSEXを経験しておけば、自分の自信につながると思い、
先輩と一緒に風俗に出かけることにしました。

さすがに風俗嬢はSEXのプロです。
わたしのペ○スを十分に勃起させたかと思うと、いとも簡単に彼女の膣に収めてしまいました。
無事、初めての挿入、合体となりました。
挿入する事ができずに、あれ程悩んでいたのが嘘のようです。
余りのスムーズさにちょっと拍子抜けした、というのが正直な感想でした。

初めての膣内の感触は、フワフワと軟らかく、少しつかみ所のない感覚でした。
本当に入っているのか、目で見て確認してしまった程です。
これは今まで自分の手のゴツゴツした感触しか知らなかったのですから当然でしょう。
慣れないピストン運動の腰使いにも苦労しましたが、無事、射精まで完了できました。

こうしてわたしは風俗嬢相手に、童貞を卒業する事ができました。
少し味気ない気持ちもありましたが、自分にもSEXができた、という安堵感もありました。

その後も風俗には何度か足を運びました。
しかし、わたしの心にはずっと、ある一つの思いが引っかかっていました。

「風俗嬢相手にSEXができても、一般の女性とはきちんとSEXが出来るんだろうか・・・?」

風俗嬢とのSEXがスムーズに事が運ぶのは、相手主導だからだと思ったのです。
わたしがきちんとSEXできているのは、
彼女たちがわたしのペ○スを膣内に導いてくれているからに他ならない、と言う事です。

一般女性が相手だとしたら、わたしが相手をリードして、スムーズに挿入、合体まで
行う必要があるはずです。
しかし、その自信がわたしにはまったく御座いませんでした。

わたしは、自らの力でスムーズにペ○スを膣に挿入する事ができなかったのです。
一般女性相手にSEXをする自信がまったくなかったのです。

つまり、童貞は卒業したものの、依然としてわたしは「素人童貞」のままだったのです。