一ヶ月ほど前に訳しました シナトラさんのマイ ウェイ

原曲はシャンソンだったとその時はじめて知りました
無知でした
教えていた教材を見てみますと ちゃんとフランス人の名前が書いてございます

で 早速検索をかけてみましたら クロード・フランソワ (Claude François)という人が歌った コム・ダビテュード (Comme d'habitude) という曲 ということがわかりました

歌詞は こちら でございます

まず 訳をばいたします

僕は起き上がり そして君をつついてみる
君はいつもと同じで目を覚ましたりしない
君の上に僕はかけ布団を再びかける
僕は心配なんだ 君が寒いのではないかと いつものように
僕は優しく君の髪を撫でるんだ
大抵は 自分ではしようとは思っていないのに いつものように
でも 君は 僕に背を向けるんだ
いつものように

それから 僕は急いで着替え
いつものように寝室を出る
たった一人でコーヒーを飲む
いつものように 僕は遅刻だ
音を立てずに 僕は家を出る
いつも同じように 外は全部が灰色だ
僕は寒く 襟を立てる
いつも同じように

いつも 一日中
楽しんでいるふりをする
いつものように 僕は微笑もうとする
そして いつものように 僕は笑おうとさえする
いつものように 結局は 暮らしていこうと思う
いつものように

そして 一日が終わり
僕は いつものように 戻ってゆくのだ
君は 外出しているだろう
まだ帰って来てはいない いつものように
たった一人で 僕は寝に行く
この大きな冷たいベッドの中に いつもと同じなんだ
涙が出るが 僕はそれを隠すんだ
いつもと同じように

でも いつものように 夜ですら
僕は楽しんでいるふりをする
いつものように 君は帰ってくるだろう
そうなんだ いつも同じく 僕は君を待っている
いつものように 君は僕に微笑むだろう
そう いつもと同じように

いつものように君は服を脱ぎ
それからいつものように ベッドに入る
そしていつものように 僕らはキスをして
いつもと同じように

いつもと同じように ふりをするんだ
そういつものように 愛を交わし
そうなんだ いつものように 愛し合っているふりをする
いつものように


最後 Comme d'habitude を追加しております
それから puis とか oui 或いは mais とかを前にくっつけて歌っておりますが これは どうやら CloClo という愛称だったらしい クロードさんが テレビで歌っております映像ですので レコーディングの際 どのように入れているのかわかりません

お歌いになられるようでしたら 前についておりますのは puis / oui / mais ですので 適当におつけになられたらよろしいかと存じます
訳はそれをつけた格好で訳してございますので フランス語がおできになる方ですと どこについているかおわかりになると思います

あまりに沢山になりますので どこについておりますかは 省略させていただきます 
ご了承くださいませ
まあ なしで歌われても全然おかしくない歌ではございます
合いの手のようなものですので たいした意味はございませんね

ただ 2パラ目の Alors は Et puis で歌っております 意味は殆ど変わりませんが

残念ながらこの方はもうお亡くなりになっていらっしゃるようです

フランスでは この歌 この方のバージョンの方が勿論有名 勿論人気 のようです

当たり前ですわね

YouTube の書き込みを見ておりますと 中には ポール・アンカ氏が このクロードさんのことに一切触れず 自分の歌 のように言っていることに反感を持っているフランス人もいるようです

確かに My Way はよくできた歌詞ですが ちょっとクサイ というか ダサい ですし なんだか鼻持ちならない 自信満々ソング (−x−;)
(これを書くに当たりまして 先の記事を確認してみましたら シナトラさんの歌が削除になっておりましたので 違うのをUPしました
なんと National Anthem ですと いつから国歌になったのでしょうねぇ)

ちょっと おじいさん 反省することはないんかい  と言いたくなります
堂々と歌われると !(´Д`;)



こちらのフランス語バージョン 訳してみてわかったことは ふ〜む なかなか良くできてるぅ〜

冷めかけた男女関係を上手く表現しています 
同じ表現を しつこく しつこく これでもか これでもか と繰り返すことによって 
フランス語で聞きますと この男性の やりきれない切ない思い まだ彼女を愛している感情 そしてそれが上手く伝わらないもどかしさ がひたひたと心に沁みる良くできた歌詞です

もうおわかりのことと存じますが comme d'habitude は 英語で言うなら as usual 
いつものように ということです

わたしは どちらに軍配をあげるかと訊かれますれば フランス語バージョンですね

ところで 見ておりましたら こんなん見つけました



残念ながらスペイン語わかりませんので なにを言っているのかわかりませんが 
なんかおもしろい  ので 載せることにしました