早漏を克服する方法は、射精コントロールにありました!

詳細はこちらをクリック



早漏を克服するのにVSIとはなんとも怪しげな名前が付いていますが

これは、早漏に悩む倖多 健氏が同窓会で、脳神経の専門家から

「早漏を治して、挿入している時間を長くしたいなら交感神経の過剰反応を抑えるべきで、直接刺激をどうこうするのって、期待薄じゃないのかな」

という言葉を得たことから始まります。


一般的に言われる早漏の2つの原因は

1.亀頭の皮が薄く性的刺激に耐えられない

2.ペニスの性感帯が敏感で刺激に弱い

等ですが、そんな直接的な話ではないということです。


つまり本当の早漏の原因とは脳が快感に溺れやすい

→脳が快感に耐えるリミッターが低いということなのだそうです。



男性は、副交感神経が強い時に"勃起"をし、交感神経が強い時に"射精"をする。

ここで副交感神経が強い状態を続ければ、いくら強い皮膚刺激があり、快感があっても射精は起こらないということなのだそうです。


射精の快感リミッターを上げるとは、この2つの自律神経のバランスを設定し直すということ。

■副交感神経の強い状態を長引かせる
■交感神経の活動開始ポイントを遅らせる

この2点を実現するのがVSI早漏克服プログラムです。

少し専門的な話になってきましたので、後は「VSI早漏克服プログラム」のページに任せましょう。

VSI早漏克服プログラム

それにしても1594人の早漏を治したというこのプログラム。

凄すぎるでしょう。



仮性包茎で悩む必要なんかない!
仮性包茎自力克服マニュアルとは?
早漏を治す!スパーキー佐藤が教える早漏対策【早漏革命2009】