サウル〜さぁ起きて、あなた方を絶えざる対立に至らせた「古い考えと観念」を放棄する時です。

2016年5月8日 ジョン・スモールマン経由


ピクチャ 1


「目覚めよう」というのが人類の集合的な意図であるうえ、同じくそう意図する「ソース(神/太源)」と全ては「一体」であるので、「覚醒」は回避不能です。あなた方は覚醒への道程にあり、今までも常にそうだったのであり、「覚醒」が起こるまでその道程にあり続けることでしょう。怖れるものなど何もありません。あなた方は「『Home /本当の故郷』に帰る」という撤回不能の決定を行ったのですから、あなた方が「覚醒の瞬間」を逃すことはあり得ないのです。「目覚める」ということは、「『神と一体』な自分自身」(あなたが決して離ればなれであったことのない神聖なる「プレゼンス(実在/存在/気配)」の中で永遠に在る自分;「神の優しい抱擁」つまり「All /オール/全て」に永遠に抱かれる自分)を、もう一度発見するということです。「オール / 全て」は「丸抱え(全部を抱きかかえる)」です。「オール」を超えるものは何もなく、「オール」の外にあるものは何もなく、「オール」なしでは何もなく、「オール」から除外されるものは何もありません。永遠で恍惚とした抱擁で結ばれ、永遠に分離できない状態であり、この状態を永遠に続けたいと願う「神」と「自分」、それが「オール」です。ですから、「あなた/自分」はそうなります。


スピリチュアルなチャネラーの全員が「人類の覚醒の差し迫り」をあなた方に再確認し続けますが、あなた方の多くは幻想のネガティビティによって「疑い」に引き戻されるのを自分自身に許し続けてしまいます。あなた方は、「世界中で起こっている戦争や、苦しみや、途方もない貧困、途方もない腐敗」をメディアによってひっきりなしに思い出さされてしまう、というワケです。ええ、世界中に「莫大な量の苦しみが」あることはあります。ですが、あなたが「慈善団体と一緒に働く」とか「自分が私的に助けることが出来るアクセスしやすい地域に赴く」とか、その他の適切に実行するやり方でそれ(苦しみ)を実際的に軽減するように「直感的に呼ばれる」のを感じない限り、その「苦しみ」のことをくよくよと思い煩わないでください。その代わりに、特にあなたを心配させるどんな地域に対してでも、あるいは全世界に対してでも、愛と同情とヒーリングを送ってください。また、あなた方の強力に抱かれる意図は甚だ(はなはだ)効果的であることを、本当に知ってください。そういうわけなので、「あらゆる事態が、ことごとく良くなるだろう」と分っていることに、喜んでください。


人類が「目覚めよう」との集合的な決定をしたので、「覚醒プロセス」は止まることを知らず前進しており、「そうする意図」を固く保持しています。如何にあなた方の「優しい意図」が強力であるか、人間としてあなた方にはほとんど理解不能なのです。あなた方の「優しい意図」は無限に強力であることを、この私が保証します。とはいえ、「悪い」知らせであったり「人心を騒がす」ニュースが、あなた方の気を散らし得ます。そしてそれが、あなた方の注意をどこか他所(よそ)に集中させてしまいます。このようにして、「『そうあるべき』ことであり、それこそが『人生における自分の主要な意図』である必要がある」こと、即ち「必要とするどんな場所にでもあらゆる瞬間に愛を送る」ことの効果が、減じられてしまうというワケなのです。あなたが朝にお目覚めになる時に、また、日中に瞑想したりリラックスしたり静観したり祈ったりする時に、そして夜また眠りに就く前に、その「意図」を新たにしてください。そして、「それは『神の意志』との完全な提携にあるので、無限に効果的である」ということを知ってください。本当に知ってください。


「地球」上で「人間」として、あなた方は、あからさまに「愛情のない/優しくない」環境に生きているように見えます。その環境では、貪欲な個人や会社組織が絶え間なく報われる一方で、あらゆる瞬間に自らをその「ハート」の愛によって力づけながら優しく生きている優しい人達は、踏みにじられ、無視され、門外漢扱いとされます。とはいえ、とても多くの人達が表明する愛は無限にパワフルであり、それが世界を変えつつあるのです。メディアが組織ぐるみで報道する「物語」に騙されないようにしてください。それらというのは、あなた方が自分達のその力 ー 全く莫大な力なのです ー を、「市民の皆様の最高の利益のために活動しています」と称する「お偉方」に明け渡すように、あなた方を誤導し、あなた方の「恐怖」を喚起させる意図のある「物語」なのです。


例外なく誰にでも愛を共有して拡散するために、この時に「地球」上にいる「神のような存在」、それがあなた方なのです。日増しにあなた方の増々多くの人達がこのことを悟りつつあり、怖れを手放しつつあるのです。あなた方は、最もほんの短い遭遇かやり取りにおいてでさえも、その相手とやさしく関わり合います。そしてそれこそが、人類を覚醒に連れて行っているものなのです。「疑い」または「怖れ」によって自分の振る舞いがネガティブに左右されてしまうのを許さないでください。そうなってしまうのではなく、あなた方は自分達の眠れる兄弟姉妹達を癒して目覚めさせるために、この時にこの「地球」上にいる、「神」の無限にパワフルな子供達であるのだということを思い出してください。実際にそれこそが、あなた方が行っていることなのです。


あなたの「入力」なしでは(あなたの「優しい意図」なしでは)、人類は目覚めることが出来ません。そういうわけで、あなたが現在「化身/肉体化」しているのです。あなた方は全員、「人類の加速度的な覚醒プロセスの促進剤であろう」という素晴らしい選択をしたのです。またあなた方はたいてい「自分が及ぼしているその効果のほどの絶大さ」を確認して知ることが出来ないにせよ、「あなた方の意図は劇的に効果的である」ことは、この私が保証しても良いことです。


色々な「希望を与えるチャネリング」が、「あらゆる瞬間にあらゆる状況で優しくあろう」との意図をあなたが取り戻す必要を繰り返し言い続ける理由は、あなたがこういった全てを体験している「幻想世界」の一時的な性質のために、あなたは「俗世の暮らしの毎日の必要ごと」によって、自分の聖なる仕事から気が散らされたり、脇道へ転じてしまったりし続けるからこそなのです。私たち(スピリチュアル領域の人々)の仕事は、まさにあなたが転生を選んだ際に意図したように、「愛(あなたの本性)」が継続的に豊かにあなたの中を流れるように、「あなたは本当は誰であるか(真のあなたその人)」の知識にあなたの注意を戻し続けることです。これを、私たちは一緒に行っているのです。


「単独行動」の者はいません。誰も「単独行動」を取りようがないのです。「地球」上の誰もが、人類のための「神の計画」におけるこのステージをその「上出来の結果」 ー 人類の覚醒 ー に持って行く「神の活動家」として、多くの人達と調和して活動しているのです。それは「将来起こることになっている何か」であるように見えても、実のところそれは、「既に起こった既成事実(完成し終わった取引)」であるのです。あなた方から「Reality(「本当の現実」)」を隠しているヴェールが、あなた方の覚醒の事実をもあなた方から隠して、当然です。あなた方が全員行っていることは、そのヴェールを解かしている、あるいは「非物質化」させている、ということなのです。ヴェールが崩壊するとともに、「Reality /本当の現実」が「大気焔で(威勢よく)」その姿を現しますが、それこそがつまり「存在せし全て」であり「あなた方の各自一人一人がその切り離せない側面(明るく輝く面々)」である、「愛」(「神」)であるのです。


愛し続けてください! そういうわけであなたは受肉化/転生することを選んだのです。そしてあなた方は全員が「愛することのマスター」なのです。自分の能力、適正、またはその効果のほどに対する疑いが持ち上がる時。。。それらの「疑い」を愛してください! あなた方も完璧によくご存知のように、「愛」こそは、あらゆる「あなた方に紹介される」あるいは「あなた方が対処しなくてはならない」問題に対する、「答え」です。そしてあなた方自身の私的な「疑い」や「不安」こそ、ただ愛される必要がある「問題」なのです。


幼い子供が怪我をした時に彼らを慰めてあげて、その「慰め」が持つ驚くべき効果を目撃したことがない人は、あなた方のうちに極わずかしかいません。あなた方の「疑い」や「心配」は、あなたの優しい気遣いと注目を必要とする「幼い子供」のようなものです。それらに対して、苛つかせるだけである「自己非難」とか「軽蔑」は必要としません。もしあなたに、「下劣である」とか「受け入れ難い」と感じる側面があるのであれば、それらを「変えよう」とか「根絶しよう」とかすることなく、ただそれらを「認めて」あげてください。それらをそれ以上でも以下でもなくただ「認めてあげる」ことは、「内なる葛藤」が立ち起こるのを防ぎます。そしてまた、あなたが手放したいと思う「ソレ」にしがみつくのは、あなたの「内なる葛藤」なのです。


全ての賢い神秘家や賢者達があなた方に伝えたのは、「スピリチュアルな道筋での前進は、『降伏すること』である」ということです。「愛」は「葛藤/対立」を払拭する一方、「葛藤/対立」は常にさらなる「葛藤/対立」に至ってしまいます。あなた方は「愛」です。他に何もありません。「愛」に真っ向から反対であるように見えるものは、幻影です。あなたが壁に抜かってボールを打てば、ボールは跳ね返って戻り続けます。壁が取り去られれば、ボールは戻ることが出来ません。「葛藤/対立」というのは、「壁に向かって打つボール」のようなものです。そして、「愛」に降伏することが、「壁」を取り去るのです。


人類は、累代の間、その血族間、種族間、国家間、文化間、宗教間に、無数の精神的なバリアを構築しました。そしてそれらは全て、容赦なく「葛藤/対立」に至っただけでした。今や、遂に、あなた方の間の多くの優しくて賢い人達が、それらの非現実的なバリアを取り去るのを助けており、「それらは必要ない」ということをあなた方に示しつつあります。「バリア」が落ちて、人々は自分自身と他の人達の違いを「調べ」て「研究」し始めます。そして、そこには「尊重され、感心されるべきもの」がかなりあるということを悟ります。全く、全ては一つです。そして、あなた方を一見お互いに分離させていたようであった「違い/差」は、「癒し」、「和解」、そして全員に喜びをもたらす「調和的な触れ合い」に用いられ得る、「素晴らしい創造的な機会」でしかありません。


あなた方が「愛」をあらゆる瞬間に行動で表現して証明する決意を強めるとともに、あなた方は、人類をその「恐怖、痛み、苦しみ」の永い悪夢から目覚めさせているのです。さぁ起きて、あなた方を絶えざる対立に至らせた「古い考えと観念」を放棄する時です。あなた方の本性は「愛」です。ですから、あなた方が「愛」を受け入れて「愛」と連動する時、あなた方は自分自身を癒し、世界を癒します。あなたが自分の「価値/立派さ」について持ったであろうどんな「疑い」をも、手放してください。そして、「神」が「ご自分」の最愛の子供達を咎める筋合いは何もない、ということを知ってください。その知識には、自分の「内なる聖域」に入って、「あらゆる瞬間に自分に捧げられているもの」に対してハートを開くことによって、アクセスすることが出来ます。喜んでください。「神」のあなたに対する「愛」は、無限、永遠、不変です。そしてそれこそは、「喜ぶ」ための完璧な理由なのです!


とてもとてもたくさんの愛を込めて、サウル。


https://johnsmallman.wordpress.com/2016/05/08/it-is-time-to-wake-up-and-discard-all-the-old-ideas-and-beliefs-that-have-led-you-consistently-into-conflict/

翻訳 ソウルカメラ