2018年02月19日

運命とは?

今年は2/16が、旧暦の新年「 旧正月 」でした。

いよいよ本格的に、いろいろなことが始まりだすと思われますので、心構えはお忘れなく。


ここのブログの記事は、現実的なことを重視している人たちにとって、妄想的な非現実なことに感じることでしょう。

昔の私なら、同じように感じていたと思います。


どうしても越えられない壁や、いつまでも残り続ける苦しみ、何かをやってもなかなか好転しない日常に、「 自分の人生はこういうものなんだ 」とあきらめていた時期もあったのを思い出します。

当時、心の奥では「 何とかしたい 」という想いも捨てきれずに、ずっと残っていました。


それを忘れようとしたり、誤魔化したりしようと、趣味を増やしたり楽しいことに没頭しようとしましたが、結局一時的に目を逸らしているに過ぎないんですよね。

だからといって、これといった解決方法もなく「 運命 」を受け入れるしかないような状況でした。


私が今まで出会った人たちも、心の中に同じような想いが残っていることが多く、同じようなことをしているのがよく観てとれます。


さて、この「 運命 」ですが、それは決まったものなのでしょうか?

それとも、変えることが出来るものなのでしょうか?


今から書く話は、とても非現実的なのですぐには受け入れられないかもしれません。

しかし、それをみなさんの人生に取り入れることで、「 希望 」が持てると思います。



それではいきますね。


実は「 運命 」とは、決まったものであり決まったものではありません。

つまり固定されるとき決まったものになり、固定が解除されたとき決まったものではなくなり変化を起こします。


前回の記事に少し出てきましたが、私たちは「 時間 」というものを感じて生きています。

それは「 過去 」から「 未来 」へ進んで行くと思っています。

ですから、まだ来ていない未来に備えて今から対処しておけばいいと考えます。


それなのに、予定通りに行かないことはみなさん体験済みですよね。

そんなことが何度も続いたりすると、「 運命は決まっているのでは? 」と思ったりします。


では、いつ固定されるかですが、それは「 今 」です。

「 今 」というのを元にして「 過去 」も「 未来 」も同時に固定されます。

それが固定されたままである限り、あなたの「 運命 」は決まったものになります。


ということは、「 今 」を変えればその固定は解除され、新たな決められた「 運命 」が創られることになります。


では、どうやったら「 今 」が変わるかですが、最初の方に書いたように心の奥に残っている「 何とかしたい 」としているものを、何とかしていけばいいということです。

でも、これを現実的な対処でやっても、「 今 」をなかなか変えることができません。


なぜなら、変えるのは非現実の領域だからです。

現実的な対処というのは、自分の外側にあるものを対象に変えようとすることです。

これに対して、非現実の領域を変えることは、自分の内側にあるものを対象に変えることです。


現実的な対処でも、それに則した非現実の領域( 自分の内側 )が変われば、「 今 」を変えることも可能ですが、その対象が外側に囚われている限り、問題が本当に解決されることは難しいでしょう。

それでは、そのような「 未来 」が固定され、それを体験することになるからです。


非現実的なことを、そのまま伝えようとすることはほぼ無理なんですが、みなさんにとって助けになると思いますよ。

「 運命 」を変えたいと思うのなら、非現実的なことを軽視し過ぎず、少しは取り入れてみてくださいね。

2018旧正月


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
souseidou at 18:30|PermalinkComments(0)ちょっと活動2 | ヒント

2018年02月13日

永遠(とわ)へ

前回の 記事 でご紹介した音楽動画は、いかがだったでしょうか?

まだまだ他にもたくさんありますので、みなさんのピュアさを感じさせてくれるものを探してみてくださいね。


さて、あのような音楽を聴いていると、より深い関係を望むとき「 永遠 」とか、「 時を超える 」とか、「 時間を止める 」などの言葉がよく使われます。

私たちは何となくでも、どうゆうものが本物かを知っているのでしょう。


それゆえに、それを求め続けて生きていくのですが、なかなか「 それ 」に至ることができません。

なぜなら、前回書いたように「 余計なこと 」をすることで、本当に求めているものからそれていくからなんです。


ですが、自分ではそれているなんて気づいていないし、それが正しいと勘違いをしてしまうんですね。

そして、多くの人が失ったとき初めて、「 余計なこと 」がとても些細なことであったと気づくのです。


この勘違いは、ありとあらゆるところに蔓延しています。

それに気づいていかない限り、求めては失いを繰り返し、現世だけでなく来世も続いていきます。

以前どこかで書きましたが、「 来世でも一緒になろう 」と誓い合うようなロマンティックな約束も、結局は「 永遠 」に至れなかった結末です。


ずっと繰り返し続けていくことが「 永遠 」ではありません。

時というものを超えて、時間というものが消失し、「 今 」という瞬間のみになるとき「 永遠 」が訪れます。

その後、「 余計なこと 」は好きなように自由に扱ってください。

でもきっと、その時は「 余計なこと 」のひとつひとつが、とても輝いていることでしょう。


それまでは、「 余計なこと 」を手掛かりに学び歩んで、「 永遠 」に近づいていってくださいね。


おまけ

たしかなこと 大橋卓弥、小田和正

ハート


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
souseidou at 18:30|PermalinkComments(0)ちょっと活動2 | ヒント

2018年02月05日

出会いも、別れも

私たちは生きていく中で、非常に多くの人やモノなどに出会います。

そして、非常に多くの別れも。

それらの中で、人生を変えるようなめぐり逢いとうのは、ごくわずかだと思います。


そんな一生でも、多くの人は「 永遠 」に続く関係を求め、それにめぐり逢うことを望んでいます。

特に「 愛し合う 」ということに関しては、そういう傾向が強いようです。


しかし「 永遠 」に続くと信じていた関係も誓い合った関係も、崩れたり終わりを告げることは珍しくありません。

それは「 恋人 」でも「 夫婦 」でも一緒です。

最近、そんな状況が頻繁に起こっているのを、いろんなところで見かけませんか?


どんなに「 お似合い 」でも、どんなに「 おしどり 」でも外見だけでは本当のことは判りません。

お互いの関係が判るのは、本人同士だけですから。


いや、本人同士も判っていないかもしれません。

上手くいっていると思っていても壊れていたり、嫌だと思っているはずなのになかなか別れられなかったり。


世の中には、予想外が付き物です。

最高だと思ったものが最低だったり、最悪だと思ったものが最良だったり、自分が信じているものが絶対正しいとは限りません。


しかし私たちは間違わないように、ついつい余計なことをやってしまうんですね。

その「 余計なこと 」とは何かを、学ぶために関係があるんです。

出会いも別れも、それなりの意味が隠されています。

そこから何に気づくかは、あなた次第です。


出会いで学び、別れで学び、いずれは「 永遠 」を学び、「 永遠 」を認識することにつながります。

あなたに純粋( ピュア )なものが残っているなら、ちゃんと感じ取れるはずですよ。


ということで、そんなピュアな素直さを刺激したり思い出させるような、音楽動画を探してみました。

しばし浸ってみるのもいいと思います。


言わないけどね 大原ゆい子

君のそばにいたい 天才てれびくん

窓ガラスのへのへのもへじ さそり座

I WANT YOU BACK Folder

愛のしるし PUFFY

ラブリー 小沢健二

大スキ! 広末涼子

君に届け flumpool

うれしい!たのしい!大好き! Dreams come true

キセキ GReeeeN

No.1 西野カナ

No.1 槇原敬之

fragile Every Little Thing

バチェラーガール 稲垣潤一

リフレインが叫んでる 松任谷由実

愛してるのに、愛せない AAA

恋は終わらないずっと MISA

逢いたくてしかたない 郷ひろみ

SWEET MEMORIES 松田聖子

桜坂 福山雅治

変わらないもの 奥華子

昨日見た夢 オフコース

世界中の誰よりもきっと 中山美穂 & WANDS

スパークル RADWIMPS

時間よ止まれ feat SEAMO AZU

永遠に ゴスペラーズ

今を抱きしめて NOA

and I love you KAN with BankBand

二人で行こう
 HY


おまけ

よければ一緒に KAN with BankBand

水晶ふたつ



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
souseidou at 19:23|PermalinkComments(0)ちょっと活動2 | ヒント

2018年01月22日

魂の片割れ

前回の 記事 でも書いたように、「 ソウルメイト( 魂の仲間 )」に出会った心当たりがある人もいると思います。

この何人もいる「 ソウルメイト 」の中でも、まず出会うことが無く、魂の成長段階の最終に出会う「 運命の人 」「 本当のパートナー 」と言われている魂があります。


それが「 ツインソウル( 魂の片割れ )」です。


この言葉も、初めて聞く人がいると思いますので、スピリチュアル系で言われている一般的な簡単な説明をしておきます。

ただ、今は検索するとこの世界でのロマンティックな説明が蔓延していますが、そういうのを期待している人には希望を削ぐものになるかもしれません。


ツインソウルとは、ひとつの魂が2つ( 陰と陽 )の性質に分離して、それぞれが転生したもの同士と言われています。

その片方が「 あなた 」で、もう片方が「 相手 」です。

そのため「 魂の片割れ 」という表現をします。

この片割れは誰にでもいるとも、ごく一部にしかいないとも言われており、はっきりした定義はなく謎のままです。


それで、2つに分かれた魂は、お互いに片方の性質が強く出ます。

あなたが陰なら、相手は陽

あなたが陽なら、相手は陰

まるで正反対のような性質なので、まったく反りが合わないように感じるかもしれませんが、そうではありません。

元々がひとつだったので、似ているところも持ち合わせています。

そして凸と凹のように、離れればお互いが違いますが、合えばピッタリしっくり一致するという関係です。


この2人が再び出会い、ふたつがひとつになる「 魂の統合 」を果たすことで目的が達成されることになります。

その目的とは「 本当の存在 」に戻ることです。

それは「 愛そのもの 」になるということでもあります。


しかし、ほとんどは出会っただけでは「 魂の統合 」とはなりません。

なぜなら、お互い人として生きているうちに、凸と凹がそれぞれ歪んでしまうからです。


ですが、あなたは相手を通して自分の型を修正し、相手はあなたを通して自分の型を修正していきます。

この相手を通して自分を修正していくのは、他のソウルメイトでも可能なのですが、大きな違いがあります。

それは、ツインソウルのほうがピンポイントで、ダイレクトで、心の奥をえぐるように超ハードな修正せざる負えなくなることです。


それが型をきちんと修正するまで、短期間に何度も訪れます。

ですから、歪みが酷いほど修正も大変になります。


そしてもっとも大きな特徴として、決して憎んだり嫌いになったりすることはありません。

その理由として、相手が「 片割れ 」であるということは、「 もうひとりの自分 」でもあるからです。


しかし、憎んだり嫌いになったりしないとはいえ、苦しみが無い訳ではありません。

どちらかが、その深く激しい苦しみに耐えられなくなったときは、距離を置くことを選択する場合も出てきます。


ツインソウルはある意味、他のソウルメイトが束になった役割の多くを、一手に引き受けているような面があります。

そのため、極端な精神的な浮き沈みなど起こりやすくなりますが、急激な魂の成長を促します。

それは、みなさんが想像しているような生易しいものではありません。


もしツインソウルに出会いたいと思っているのなら、自分自身の「 中心を整える 」ことと、やり抜く覚悟を持った方がいいでしょう。


とは言え、「 ツインソウル 」も「 ソウルメイト 」と同じように、そういう名称にあまり惑わされることなく、自分を修正していってください。

出会っても出会わなくてもやることは同じですし、いずれ戻るところは、みんな同じですからね。


さてここで、颯清堂からのお知らせです。

施術を予定していた1/28(日)は、都合により中止になりました。

2月の施術は、4(日)、17(土)になります。

遠隔カウンセリングは、3(土)、12(月祝)、18,25(日)になります。

詳しい時間、予約は HP をご覧ください。

それでは、よろしくお願いいたします。

陰陽皿


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
souseidou at 21:16|PermalinkComments(0)ちょっと活動2 | ヒント

2018年01月15日

魂の仲間

前回の 記事 で「 ソウルメイト( 魂の仲間 )」という言葉を使いました。

この「 ソウルメイト 」という言葉を初めて聞く人もいると思いますので、スピリチュアル系で言われている一般的な簡単な説明をしておきますね。


「 ソウルメイト 」というのは、私たちが魂を成長させるために、お互い助け合うよう過去生から何度も出会っている魂たちです。

それはさまざまな関係で出会うと言われています。

親、兄弟姉妹、子、上司、友人、恋人、夫婦など、その時の人生( 前世 )によって多様です。

そして魂を成長させるために、愛する人、憎む人、喜ばせる人、悲しませる人、怒らせる人など、各々さまざまな役割を、その時々で違った役割を持って出会うとも言われています。


また例外もありますが、その多くは魂の成長を助けたら自然と関わりが薄れていきます。

あとは人生のターニングポイント( 転換期 )に、よく出会うとも言います。

他には、「 初めて会ったのに、初めて会った気がしない 」や「 自分の心とは関係なく、過度に感情が働く 」などの特徴もあげられます。


私の知っている人たちの中にも、スピリチュアルに興味がないにも関わらず、上記のような不思議な感覚を体験している人が何人もいます。


さて「 ソウルメイト 」という言葉をネットで検索すると、「 運命の人 」とか「 最愛のパートナー 」などのキーワードが多く出てきますが、それらの基準がこの世界のロマンティックな部分だけを誇張しているなら、ちょっと注意したほうがいいでしょう。

そういうのを基準にしていると、「 ソウルメイト 」じゃない人を「 ソウルメイト 」に仕立て上げ、「 ソウルメイト 」を「 ソウルメイト 」じゃないとしてしまう可能性が高くなりますからね。


まあ、「 ソウルメイト 」か「 ソウルメイト 」じゃないかにこだわらなくても、後々になって「 そうだったかも 」と気づくことがほとんどだと思いますので、特に気にする必要はありません。

ただそう感じて、その人があなたに与えてくれたものに対して感謝できるようなら、あなたの魂が成長した証といえるのではないでしょうか?

朝日


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
souseidou at 19:18|PermalinkComments(0)ちょっと活動2 | ヒント

2018年01月09日

ヘルプ、ユー

今年も熱田神宮、白山宮、大須観音、万松寺、名古屋春節祭など定番のお出かけをしてきました。


それで特に感じたことは、「 あまり希望しない方向に走り出した 」ということです。

つまり、本来の意味から大きくズレ出したということです。

このブログ風でいえば、「 時代の表面の流れのほうに合わせちゃったな 」ということですかね(^^;


これからどうなっていくのか、ある意味見ものです。


さて、みなさんがこれから歩んでいく道ですが、どこに的( まと )を決めるかが大変重要となってきます。

その的が「 心の奥 」に沿ったものならば、それに加速させるような「 お助け 」が得られるかもしれません。

その的が「 心の表面 」に沿ったものならば、それを修正させられるような「 お助け 」が得られるかもしれません。


その「 お助け 」というのは、今までにもあったことですが、今年は特に得られる可能性が高いみたいですね。

ということは、「 お助け 」の振れ幅も大きいということです。


「 お助け 」といってもいろいろなパターンがあります。

私たちを歓喜させるものから、悲観させるものまでさまざまです。

そのどれを得られるかは、まさにみなさんの決める「 的と道 」次第ということですね。


そして、その多くはどうも「 人 」を通してやって来るように感じます。

人は人なんですが、特に大きな「 お助け 」をしてくれる「 人 」です。


それをスピリチュアル系では「 ソウルメイト( 魂の仲間 )」といいます。

その人にはもう出会っているかもしれませんし、まだ出会っていないかもしれません。

ですが加速にしろ修正にしろ、特に大きな「 お助け 」をしてくれる人たちです。


もしそのような人たちと出会ったら、または出会っていたら、「 的と道 」が何に沿ったものかを照らし合わせてみてくださいね。

それに気づくことができたなら、その人に対する大きな「 感謝 」が自然と湧き出てくるかもしれませんよ。

戌年



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
souseidou at 19:11|PermalinkComments(0)ちょっと活動2 | ヒント

2018年01月03日

掘門来福、いぬく年

新年、あけましておめでとうございます。

2018年も、よろしくお願いいたしますm(_ _)m


今年は「 戌( いぬ )」年です。

戌には、成熟しきった先のものをとったあとに、「 まとめる 」というような意味があるようです。


また「 いぬ 」という読み方から、福( 的 )を「 いぬく( 射抜く )」という解釈もあるようです。


みなさんは、まとめが終わったら次は何をしますか?

次の準備をしたり、新しいことに取り掛かったりしますよね。

そのとき、完成形や目的地に向かって歩み始めると思います。


ちなみに干支は「 戊戌 」になりますので、十干は「 戊( つちのえ )」で五行( 木火土金水 )は「 土 」になります。

「 土 」と「 戌( いぬ )」ということで、「 ここ掘れ、わんわん 」とお宝目指して、せっせと少しづつでも掘り進めていくのを表しているかのようです。


これらから、まだ成熟した先のものを受け取っていない人は、これから味わうのかもしれませんが、受け取ったらそれを総まとめして、新たな的( お宝 )に狙いを定めて進み出す( 掘り進める )のかもしれませんね。


昨年までの世の中の出来事を振り返ってみますと、各自・各団体などの積み重ねてきたものが成熟して、その先のものを受け取っていましたよね、良いも悪いも。


この積み重ねてきた先には、いったい何を見ていたのでしょう?

その見ていたもの次第で、受け取るものが大きく変わっていたのではないでしょうか?

それらから、自分で積み重ねてきたことと受け取ったものを総まとめし、次に何を見て進むのか?


そのために、まずは的を決めること( 標準を合わせること )がポイントのような気がします。

それが決まった人は、そこを目指して進んでみましょう。


今まで歩んできた道は、どのようなものだったか?

これから歩んでいく道は、どのようにしたいのか?


人によって目指すものは変わってくるとは思いますが、これまで私が言い続けてきたことをくみ取って頂ければ幸いです。

みなさまにとって、本年が後悔のない年になりますように願っております。

2018日の出


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
souseidou at 21:59|PermalinkComments(0)お知らせ | その他

2017年12月29日

今年最後のメッセージ

今年もあとわずかになりました。

この1年間、施術を受けてくださったかた、ブログを読んでくださったかた、そのほかたくさんのかた、大変お世話になりました。

誠にありがとうございます。


2017年の初め、不死鳥が「 死と再生 」を繰り返すように、「 勇気 」と「 行動 」を自分の中から何度も絞り出す年だと書きました。

世の中の出来事を振り返ってみると、良きも悪きも満を持して表に出現し、それに対応した人が多かったように思います。


その時の対応しだいで、その後が大きく変わってしまいましたね。

「 勇気 」を出したか出さなかったか、「 行動 」したかしなかったか、それにより目に見て判る結果でした。

ある意味、成熟した先を味わったのではないでしょうか?


私自身は、自分が育ててきたものの先を堪能させてもらった年でした。

「 こういうのも悪くないね(^^ 」という新たな発見もありましたが、今後目指すものとは別なものだというのも感じました。

それが今後、大きく関わってきそうです。


さてこの1年で関わってきた人で、「 勇気 」と「 行動 」を実践した人の多くは、今までの自分から変わっていることを実感し、何らかの自信になっているようです。

実践しなかった人は、「 未だ変われず 」という感じです。


ただ変われた人も変われなかった人も、今後の世の中自体の転換期( 価値観の変化など )で、強制的にもっと変えざる負えなくなると思われます。

それに巻き込まれてバランスを崩さないように、「 中心を整える 」ことをやって、乗りこなしてくださいね。


さて、ここで2018年のお知らせです。

施術日は20日(土)です。

28日(日)は予定で、まだ決定しておりません。

遠隔カウンセリングは、6日(土)、14日(日)、21日(日)です。

詳しくは HP をご覧ください。


それでは、みなさま2018年もよろしくお願いいたします。

よいお年を(^^


颯清堂 堂主

巨像


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
souseidou at 18:30|PermalinkComments(0)お知らせ | その他