ダイエット

ダイエット停滞期に運動量を増やすことはについて

ダイエット停滞期に運動量を増やすことは

ダイエットの停滞期、ここをどう過ごすか、どのような仕方で過ごすかで、ダイエットは成功するかしないかが決まると思います。
停滞期には、エクササイズやトレーニングを、さらに増やしている方も多いようです。

運動することで、カロリー消費すれば、確かに停滞期でも体重を落とせそうですが、これは正しい考えなのでしょうか?

この停滞期に運動量を増加させる方法ですが、これは一歩間違えれば、新陳代謝をダウンさせてしまう可能性があります。

運動をきつくすればスリムになると思っている方も、いるでしょう。
これは体に無理をさせる状態なので、かえって痩せにくい体になっています。

ダイエットでは、体に無理をかけることはNGなので、慎重に行わなければなりません。












soushinesute at 09:05|ダイエット停滞期に運動量を増やすことは

呼吸法でお腹まわりダイエットについて

呼吸法でお腹まわりダイエット

お腹まわりのダイエットに有効な深い呼吸法は、実際にどのように練習をするのか、ご紹介してみましょう。

・まずは、5分のチャレンジです。
意識するのは息を吐くということで、体の中に残った息を全部吐き出すようなイメージで、思いっきり息を吐き出してみてください。

そうすると、息を押し出すために、意外と腹筋や背筋を使っていることがわかります。
これがお腹まわりのダイエットになるのです。

もうこれ以上、出せないくらい、息を吐ききるとき、腹筋がプルプルとなり、予想以上に疲れることがわかるでしょう。
これを繰り返していると、筋肉痛になる方も多いですが、それほど、普段、使わない筋肉を使っているということです。

これは、それだけインナーマッスルが鍛えられているということですから、お腹まわりを引っ込ませるためにはとても効果的だということがわかります。

この方法は、立ったままでも、座っていても、どこでも電車の中でも、できるので、場所と時間を選ばずにトライしてください。
また、お腹まわりのダイエットには、「ドローイン」と呼ばれている呼吸法も有効です。

soushinesute at 17:45|呼吸法でお腹まわりダイエット