2008年04月18日

キングヘイロー産駆出走馬 〜2008/4/19(土)〜

福島1R テイエムカイザー (3歳未勝利 ダ1000m)
阪神2R シャインモーメント (3歳未勝利 ダ1800m)
阪神3R カノヤトップレディ (3歳未勝利 ダ1400m)
福島4R サンワードヒラリー (3歳未勝利 芝1800m)
福島4R トキノプリンセス (3歳未勝利 芝1800m)

阪神9R キングスベリー (千種川特別 芝1200m)
中山10R ヤマタケゴールデン (総武S ダ1800m)
福島10R ヒストリー (文知摺特別 ダ1700m)
福島11R セタガヤフラッグ (奥の細道特別 芝2600m)

 土曜日までは全国的に雨予報となっており、今週はかなり荒れた馬場での競馬となりそうです。重の芝はキングヘイロー産駒が得意とするところなので、芝のレースに出走する馬には特に期待したい。



テイエムカイザー (3歳未勝利 ダ1000m)
 中京でダート1000m戦を2戦してそれぞれ2着と4着に好走していましたが、時計が出やすいやや重でのレースでも良馬場の時と同じ走破時計しか走れておらず、着順も落としていたことを考えると、時計がかかるダートの方がこの馬にはあっているでしょう。デビューからコンスタントに使われてもう7戦目になるので、そろそろ調子が落ちてきてもおかしくない頃。ある程度人気になるのは確実だけど、今回は不安要素の方が多いように見えます。


シャインモーメント (3歳未勝利 ダ1800m)
 前走は最後方から猛烈な追い込みを見せてくれた位置取りが後ろすぎて届かず5着。重馬場のダートになりそうなので位置取りが後ろ過ぎるとまた届かない可能性はあるけど、今回は安藤勝己騎手を配して必勝態勢で臨んできました。ある程度人気になるとは思うけど鞍上の手腕も含めて今回は期待したい。

カノヤトップレディ (3歳未勝利 ダ1400m)
芝だったデビュー戦は別としてダートでは毎回いい末脚を使っています。今回はメンバー的に1番人気に推される可能性が高いので配当的な旨味は全くないけど、そろそろ勝ち上がってほしいですね。キングヘイロー産駒で人気の追い込み馬となると危険な匂いしかしませんが。。。。。。

サンワードヒラリー (3歳未勝利 芝1800m)
 母父トニービンという血統で同じレースに出走するトキノブリンセスと全く同じ配合で重い馬場はあいそうです。今回がデビューなだけに未知の部分は大きいけど血統的には距離も馬場もベストの条件に思えるので、人気薄での激走を期待してもよいでしょう。

トキノプリンセス (3歳未勝利 芝1800m)
 前走は1200mのレースで大敗したものの明らかに距離があっていませんでした。重馬場が見込める福島の中距離戦はベスト条件。同じレースでデビューするサンワードヒラリーとのワンツーフィニッシュまで期待したい。今年の3月にデビューしたばかりにもかかわらずすでに9勝を挙げている三浦皇成騎手が鞍上というのも心強い。

キングスベリー (千種川特別 芝1200m)
 休み明けだった前走ではそこそこの走りを見せており、叩き2戦目の今回はそれ以上の走りを期待したい。ただ、前走は休み明けにも関わらず大幅に馬体を減らしていたので、今回さらに状態が上がっているかどうかはは、パドックでよく見極める必要があるでしょう。重馬場の芝は最も得意としているので期待したいけど、鞍上の佐藤友則騎手は中央での騎乗経験がそれほどあるわけではないので、あまり人気になるようなら今回は見送ってもいいように思います。強調材料も不安材料も多くあり取捨に迷います。

ヤマタケゴールデン (総武S ダ1800m)
 前走は9番人気ながら2年ぶりに馬券に絡む好走。これまでの戦績をみると馬体重が490Kg前後のときにしか好走していないので、今回も前回と同じような体重で臨めるかどうかが鍵。太くなりやすい体質なので、また体が大幅に増えているようなら好走は期待できないでしょう。毎回人気薄の時にしか好走していないので、前走での好走が評価されて人気になるようなら買うべきではないでしょう。

ヒストリー (文知摺特別 ダ1700m)
 地方に在籍していた時からずっと休みなく走っており、中央転厩後は大幅に体を減らしています。前々走では3着に好走していたものの、前走では大敗しており、間隔がそれほどつまっていない今回でいきなり好走できるかどうかは疑問。調子があがるにはまだまだ時間がかかるように思います。

セタガヤフラッグ (奥の細道特別 芝2600m)
 以前は良馬場でも極端に馬場が荒れていないと好走できていなかったのですが、ここ数戦はパンパンの良馬場でもいい走りをするようになってきました。今年に入ってからの充実振りは目覚ましいものがあります。得意の重馬場での長距離戦ならあっさり勝ち上がっても不思議ではないでしょう。


にほんブロ村 競馬ブログへ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔