2016年11月07日

12年目の修理

久しぶりの更新です。
10年経つと物も身体も何かと不具合が出てくるものですね。
我が家も築12年ともなると、家電も含めてあちらこちらと交換しなければならない物がちょくちょく出てまいります。

数ヶ月前からキッチン水栓の一部から『ちょろちょろ』と水が垂れ、最近では蛇口から『ポタリポタリ』と滴り落ちる症状がでており、奥様から「何とかしてッ!」とご指摘を受けておりました。
という事で、今回は、キッチンシングルレバー水栓の水漏れにチャレンジしてみました。

jaguchi01
我が家のKVK製シングルレバー水栓。ちょっと使いづらいのが玉にキズですが、デザインが気に入っております。水栓レバーを上げ下げすると、、、、

jaguchi02
こんな具合に水がチョロリチョロリと蛇口以外の所から流れ出てくるのです。さすがにコレはちょっと。。。という事で何とか自力で直すことに。

しかし、ここで問題がッ!
水漏れ修理をするのに専用工具なる物が2つ必要になります。
一つ目はこちら。
31HqFI6J2mL__SY450_
KVK 固定ナット外し工具 G22 amazon価格 3,229円

そして、2つ目はこちら
PG26
シングルレバーカートリッジ取外し工具 G26 amazon価格 864円

2つ購入すると結構な金額になります。それも、この修理にしか使用しないのに。。。
という事で、何とか自宅にある工具で対応しようかと考えました。
jaguchi03
水栓のキャップを外しすと固定ねじが現れます。ねじを取るとと水栓のレバーが取外せます。
それが↑の状態。

ですが、この大きな六角ナットを外すにはKVKの専用工具か、38ミリ以上に対応した工具が必要になります。何とか自前の工具でチャレンジしてみたものの、モンキーレンチでは30mmまでしか対応していないため、とりあえずコーナンで1,500円を支払い上のパイプレンチを購入して作業する事に。

jaguchi04
先ほどのナットを外すには本来、2つ目のKVK専用工具をこの穴に差し込んで本体を固定しながら、レンチで上部のナットを回します。下を固定しておかないと、本体ごと空回りしてしまいます。ボクの場合 KVK専用工具△鮃愼せずに この穴に六角レンチを差し込んで作業を進めることにしました。。。。

ですが、簡単に外せると思いきや 12年間使用した水栓、それも水漏れを起こしていた為か、水垢で固着してしまった為か何度もチャレンジしますがピクリともしません。めい一杯の力を込めても全然ダメ。ホームセンターで工具を購入する時間も含めると、ここまででかなりの時間を要しております。ですが、何とかしてここを外さないと前へ進むことが出来ないので、購入してきたパイプレンチの柄の部分に自宅にガレージに転がっていた50センチほどの鉄パイプを繋ぎ合わせて ようやく外すことが出来ました。外した状態がこちら。

jaguchi06
水栓器具はこれだけのパーツで構成されています。そして、キッチンに残った本体がこちら。

jaguchi05
あまり美しくはありませんね。水漏れ対策として、事前に2つのXパッキンは購入済み。これを交換して組み直しました。

やれやれ、これでどうにかおしまいか。。。
と思っておりましたら、とんでもない。 水漏れが余計に酷くなってしまいました。 奥様に面目丸つぶれです。急遽ネットで部品を調達する事に。それがこちら。。。。

jaguchi07
KVK シングルレバーカートリッジ 【PZ110S】 amazon価格 2940円

さすがamazon。翌日届いきました。
パイプレンチを購入した際に念の為、ホームセンターでも購入できるか調べてみましたが、こちらの商品の在庫はありませんでした。

jaguchi08
カートリッジの新旧比較です。(左)が旧。(右)が新。
旧の方はこれでもきれいに掃除した状態です。掃除する前は、ちょっと見せられない程エグい状態でした。

jaguchi009
新しいカートリッジを水栓にセット。後は外したパーツを組み込むだけで簡単に出来上がりました。おかげで水漏れもなくなり、奥様も喜んでいただいております。あ〜やれやれです。

今回の要注意
ポイント \賤儿具が必要か否か。
ポイント◆。械献潺蠅離淵奪箸外せるかどうか。
です。何度やっても外せないので逆ネジになっていないか、外し方が悪いのか等をネットで調べてみました。すると、ボクと同じようにナットが硬くて外せないッ!というコメントや書き込みが数多く上がっていました。今回の作業はとても簡単な部類に入ると思いますが、問題はこのナットが簡単に外せるか、外せないか、で作業の難易度が変わる様に思えました。あと専用工具を買うか買わないかの選択もですね。
水栓金具からの水漏れでお困りの方は、一度トライしてみても良いのでは?



south_shimoda at 14:34│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字