南大阪 中学受験地図

南大阪を中心に、大阪府下の中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。家庭学習のヒントや進学の指針になれば幸いです。

帝泉:オンラインで「算数入試トライアル」を実施

今日、3ヶ月毎の歯科のメンテナンスに行ってきました。
不思議なことに、人前で、マスクをはずすのが久しぶりで、マスクをしていないことに違和感を感じてしまいました。
それだけ、日常の中に「コロナ対策」が入り込んでいるんだと、再認識。

当然、各学校の入試行事なども、様々な工夫をするようになってきているわけで、帝塚山学院泉ヶ丘も、例年、学校で実施されている「算数入試トライアル」を、オンラインで実施されるとのことです。


この「算数入試トライアル」は、各校が実施する学校紹介イベントの中でも、ユニークなものです。
具体的には、過去の入試問題の中から、泉ヶ丘らしい代表的な問題にチャレンジ、その後、解説授業を実施するというものです。
今回は、その一連の流れをオンラインで実施するとのことです。

開催日程は7月12日の日曜日。
まず、当日の10:00までに、60分の時間を作って問題を説いておきます。
その後、10:00-10:20の間に、解答を入力します。
さらに、11:15-12:00の間に解説を配信されるとのことでした。
当日の入力結果が、すぐに解説に反映されるのかどうかなど、詳しいことはわかりませんが、自分で解いた問題を、出題した先生に教えていただける機会ですので、算数をステップアップする、いい機会になるかもしれません。

なお、当日、10:20-11:10の間に学校説明会を配信し、その後、電話をすると、個別の相談に応じていただけるとのことです。

現在、学校のサイトの方でも、情報が更新されていますので、そちらも参考にしてください。


特に帝塚山学院泉ヶ丘を考えている方は、学校の出題の狙いなどもつかめるかもしれません。
今後の学校対策の勉強で、必ずプラスになりますので、ぜひ、この機会を活かしてください。

もちろん、他の学校を考えている生徒さんでも、算数の勉強になることは間違いありません。
事前に問題を解く時に、しっかり取り組むほうが、効果的です。
ぜひ、トライしてみてください。

大阪女学院 来年度中入試 試験範囲を縮小

多くの小学校で平常授業が復活しましたが、今回の騒動で、多くの学習機会が失われました。
奈良県の高校入試では、テストの範囲の縮小が発表されました。

「奈良)公立高入試、数理社で出題範囲を縮小 国英は除外」朝日新聞Digital:2020年6月12日 9時30分


そして、今日(2020/06/15)、大阪女学院も、中学入試でのテスト範囲の縮小を発表したのです。

以下が、その内容です。
====================================
2021年度入試出題範囲と内容
====================================
 国語
    基本および応用の定着が段階的に測定できるものを中心に出題
    
 算数
    小学校6年生の教科書の上巻までの範囲
    
 理科
    <啓林館>小学校6年生教科書 以下の範囲から出題
    1.ものが燃えるしくみ
    2.ヒトや動物の体
    3.植物のつくりとはたらき
    4.生物同士のつながり
 社会
    小学校6年生の教科書の上巻までの範囲
====================================
   *以上、2020/06/15発表の資料からの書き起こし


さて、大変です。
一見、テスト範囲を縮小すると、「テストが簡単になる」と思いがちです。
たしかに、基本問題が増えるなどして、これまでの問題より「簡単」になるのかもしれません。
これは、受験生にとっては大変なことなのです。

「受験はすべての受験生に平等に実施される」のです。
テストが「簡単」になったとしても、あなた一人ではなく、受験生全員にとって、そうなる。


仮に基礎的な問題重視のテストだとすると、平均点が高くなるかもしれません。
みんな高得点を取るので、差がつきにくくなるでしょう。
差をつけるのが入試なのに。

こういった状況を防ぐためには、難しい問題も出題する必要が出てきます。
その結果、難しくなる?

いえいえ、おそらく学校の先生方は、「例年並み」を目指すでしょう。

では、学校の先生方は、こんなややこしい状況でテストを作ったことがあるでしょうか?
もちろん、今回が初めてのはずです。
その結果、来年は、これまでにない傾向の問題になるという可能性も出てきます。



では、どのように対策をしましょうか。


ポイントは次の2点。

 ・範囲内の学習を着実にやっていきましょう。
 ・基礎・基本で取りこぼさず、確実に得点源に変えましょう。


先程も書きましたが、「受験はすべての受験生に平等に実施される」のです。
あなただけが特別な状況に置かれたわけではないのです。
万一、傾向が新しくなるとすると、その対策をピンポイントでやるのは難しい。
ならば、ミスをせず、しっかり実力を発揮するように、答案の表現力を磨きましょう。
つまり、普段の学習を確実にこなしてゆくことが一番大切。
慌てずに、狙いを絞ってゆくことです。



もう一つ。
大阪女学院を目標にしている方へ。


大阪女学院は、ここ数年、受験生を減らしていますが、真摯に合格を希望する生徒の数は減ってないように思います。
実質専願である前期A入試の出願者は減っていないからです。
それだけ、大阪女学院は評価されている。
学校の「教育」や「成長」といったことに対する真摯な姿勢が評価されているのではないでしょうか。

おそらく、出題者の先生方は、過去問をしっかり学習した生徒さんに道がひらけるように「大阪女学院らしい」問題を、一生懸命、作問されると思います。
また、その状況が進むにつれて、説明会や相談会などを通じて、どのような学習をすべきか、伝えてゆかれると思います。
狙いを絞ることで、合格の可能性が上がる、そんな学校ですから、情報を集める、というよりも、先生方に、どんどん聞いていきましょう。

大阪女学院に「行きたい!」気持ちを、しっかり行動に変えて、にじり寄ってください!

次につながるテスト結果分析法

航路開拓舎は四谷大塚NETに参加していますので、毎週、週テストを実施しています。
そういった生徒さんは、毎週、成績結果が出てきます。
毎週、テストを受ける環境がなくても、多くの受験生は、例えば、五ツ木・駸々堂の模試や、学校主催のプレテストは受験することがほとんどでしょう。
そのたびに、結果が出て、成績を見ることになります。

その時、いかがでしょうか。
成績表を見る前から、神妙な気持ちになり、なんとなく反省モードに入るのではありませんか。

そもそもそういった気持になるのは、テストの準備や受験の方法に問題があるのですが、今日はその点はおいておきましょう。
注目したいのは、そのテスト結果をどのようにとらえて、どのように分析するかということです。


まず押さえておきたいたいポイントを一つ。

今まであげた、五ツ木・駸々堂やプレテスト、四谷大塚の週テストや組分けテストなど、「入試の過程にあるテスト」は、現状の診断であり、今後の指針が分かる資料なのです。

入試は、結果が出ればそれで終わり。
合格と不合格のふたつの道しかないわけで、そこに入試の厳しさがある。
一方、先に上げた各種の実力テスト・判定テスト等は、次に向けての方針を探るテストです。

  これまでの学習の方法を点検する
  自分の弱点をつかむ
  今後の学習ターゲットを絞る
  塾に対して具体的な要望を出す

そういった事ができるテストなのです。


例えば…
  国語はもちろん、理科や社会の記述問題ができていない時

     普段の学習から、そういった問題を避けているのかもしれません
     答案に◯か×をつけるだけで、どこが良くてどこが悪いのか掴んでないかも。
     塾の先生にも、コツを聞いたり、練習プリントや教材を相談してください。
     採点基準がわからないときは、〇〇先生に聞いてみよう…   など

そういった具体的な反省をして、同時に戦術を組み立てると、次回のテストでは、記述問題を正解できる可能性が高まります。

五ツ木・駸々堂のテストだと、ほとんどの場合、国語の記述は4点です。
正解することで4点増えるかもしれない。
そうすると、偏差値も上がってきます。


同じことを他の科目でもやってはどうでしょう。
理科の知識問題・算数の計算問題・社会科の漢字間違いや問題の読み違え、不確かな知識の再構築に当てることで、各教科で4点~10点ほど、上げることができるのではありませんか。
もしそれらの問題が全てできていたのなら、結果は変わってきたでしょう。

「なんで、できへんかったんや!」と悔やむのは大事ですが、そこでとどまらず、「次は取り返すぞ」という、今後へつながるモチベーションを持つのがもっと大事。
できれば、テストの結果が出るたびに、モチベーションを上げてゆくような環境を作るべきです。

そのためには、なんといっても保護者様の協力が必要です。
「できていない」「ダメ」な面を受け止めることは大切ですが、「では、こうすれば?」という展望(指導ではありません)を、お子さんと、具体的な形で共有することが大切です。

中学受験では、お子様よりも落ち込んでいる保護者の方が多い。
ご自身でも入試を経験され社会を知っておられるのですから、当然のことと思います。
でも、お子さんと一緒に落ち込んでいては前に進めません。
前進できる材料を、テスト結果から、しっかりつかみ取ってください。

コロナが変えたもの

今日、ZOOMを利用した四天王寺の説明会がありました。

毎年、この時期の説明会は暑いことが多く、JR天王寺駅から学校まで、日陰を探しながら歩いています。
それが、自宅の部屋からというだけでも、随分と楽な思いをさせていただきました。

今回の説明会では、来年度からの四天王寺中学校の新コース製の紹介がくわしくありました。

四天王寺では、来年度から、これまでの医志コースと並んで、英数Sコースを設置することが発表されています。
英数Sの「S」は、他校にあるSUPERの「S」ではなく、STEAM教育(Science=科学、Technology=技術、Engineering=工学、Mathematics=数学を統合的に学習する「STEM教育」に、さらにArts=リベラルアーツまたは芸術を統合する教育手法:Wikipedia)の「S」とのこと。
つまり、高度な学習をするというだけではなく、そういった理系的内容+Artsを総合的に学習し、最難関大学を目指すコースということになります。
これに伴い、英数Ⅰ・英数Ⅱコースはなくなり、英数コースとなりました。

気になる合格ラインですが、英数Sは医志コースと同じレベルとのこと。
つまり、国公立+私立難関医系を目指す、ある意味、専門的な医志コースに加え、同レベルではあるが、幅広く難関大学を目指すことができるコースがもう一つできたということです。
これで、統合された英数コースのレベルも一挙に上がりそうですが、実際は、英数コースのみ、出願時に専願・併願を選択できるとのことで、最終的な合格ラインは今年度とは変わらないのではないでしょうか。
合格者数も、大きく削ることはないようですので、急激なレベルの変化はないようです。
なお、英数S・英数で4教科受験をされた方は、4教科合計に加え3教科判定で算国+理科か、算国+社会の判定も実施するそうです。

今後、しっかり見ておかなければならないのは、受験生全体の動きです。

リーマンショックの時もそうでしたが、経済的な理由から志望校を変更したり、受験そのものを取りやめる生徒さんも出てくるでしょう。
四天王寺のような最上位校は、大きな影響はないと思いますが、それでも受験者全体の数が減少すれば、入学者の学力差は大きくなると考えられます。

もう一つ心配なのは、「医系」を目指す子どもたちの人数です。
ここ数年間、毎年変わらず「医系」コースは人気でした。
しかし、医師・看護師の皆さんの活躍と同時に、過酷な現場が広く報道されるようになった昨今、受験生には、「夢」という一言では語りきれない、考慮すべき事柄がたくさん提示されているように思います。

そんなことから考えると、今日の私のZOOMデビューなど、ほんの小さなことでしかありません。



こんなときだからこそ…

苦難・危機に出会ったときにこそ、様々な側面が見えてくるものです。
この機会に、志望校はもちろんのこと、様々な学校のホームページで、対応をご覧になってはいかがでしょうか。

例えば…

》未だ学校生活を始められない新入生に、学校や近隣のさくらの風景を紹介する

》夏休みの期間など、5月6日以降の行事日程を決定し連絡する

》オンライン授業を模索しながら作成する様子を紹介する

    などなど・・・

各学校の個性が垣間見えます。


中には、連絡も含めてしばらく更新されていない学校もありますし、教育活動に加えて、連絡も取れなくなるといった学校もあります。


学校の先生方にとって、1学期は、その年度の方向を決める大切な時期。
新しい生徒たちや、新しいクラスで、新学年の内容を学び始める最初だからです。

学年が一つ上がれば、学ぶ内容だけではなく、学ぶ姿勢や、目標に対する考え方も、しっかり変えていかなければなりません。
その方向や、「勢い」をきちんと身につけるはずの時期なのです。

そのタイミングを失ったことに対して、どのように対応しようとされているのか。
少しでも、見えてくるものがあれば、学校を選ぶヒントになるはずです。




航路開拓舎のツィート
航路開拓舎ホームページ
大阪上本町に本部、南海高野線北野田駅に小学生指導(中学受験・学校準拠・ロボット教室・科学実験教室)を持つ航路開拓舎のホームページです。
記事検索
最新コメント
アーカイブ