【大衆の敵に死を】


臨時特別法廷にて特別最高裁判官は被告人19名に対し死刑を宣告した。

「被告人等に対し国家反逆罪、反革命罪、革命指導部撃滅罪、反革命扇動組織設置罪、及び(以下省略)を適用し特別裁判所は被告人十九名に対し死刑を宣告する。大衆の敵に死を、大衆の敵に死を!


【ティモシェンコ氏、国葬にて 数万の市民等が見守る中】

アナニエフ党第一書記を先頭に革命指導部員等がティモシェンコ氏の無念の死を悔やんだ。

「同志ティモシェンコは死んだ、しかし先進民主主義は生き続ける」アナニエフ、ラスコーリニコワ、ティレンコフ、ガガーリン等によって担がれた棺は、市民等、党員を前にし悲しむべき最後の別れとなった。

ティモシェンコ氏の故郷であるウーランバード州はティモシェンコ州へと改名され、同志が受け継いだ偉大なる栄光を永遠に刻んだ。


【新興諸国らに対し経済援助】

連邦政府、新興諸国等に対する経済援助を。革命指導部による革命と民主主義の防衛の名の下にエステル、神州に対し総額10000phelの支援金を行った。アナニエフ党第一書記はこれに関し『貧しき発展途上国に対する経済的な支援は先進国の義務である』とした、一方で矢照間にての協議にて『日照国の革命は途絶えさせることはできない、連邦は日照国復興と革命の強化のための支援の要請があれば、すぐにでも支援できる用意がある』として日照政府代表に向け力強く述べた。
これに関して「我が連邦と日照国は国家を超えた友情と革命心によってささえられている」と専門家は分析し、この二大革命指導国の歴史的使命を帯びた重要性とその揺ぎ無き連帯を再確認するものであった。

(その他ニュース)
【外国人被告人等エルテメルカーン国籍と判明】