2010年05月03日

テキスト化wiki公開のお知らせ

 ご無沙汰しております、まとめサイト管理人のSaltyDogです。
 第二回電奇梵唄会から10ヶ月の月日が経ちましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
 さて、このたび、2009年06月13日深夜に行われた第二回電奇梵唄会の一部始終を書き起こしたテキストサイト(wiki)を下記URLで公開する運びとなりました。

第二回電奇梵唄会 テキスト化wiki
http://bombaye2.s-dog.net/pukiwiki/

 このwikiは、昨年残念ながら来場・視聴できなかった方も楽しめるよう、運営有志が録音データを基に書き起こしたものです。
 当日の全プログラムのうち「地下102階」ライヴについては、皆様のご協力の下で製作した動画をすでに昨年6月中にup済みのため、今回のテキスト化wikiは、ライヴ部分以外の全てのプログラムの様子を文章化しています。
 wiki内では、当日スタッフやゲストの方々が口頭では語りつくせなかった部分も含めて、できるだけ詳細な註釈を加えました。また当日登壇者が使用した各スライドもすべて掲載しております。
 特設サイトで告知していた通り、ライヴ以外の部分についてのレポ動画も平行して進めておりましたが、担当者の負担やトーク主体のイベントであるという事情を鑑み、運営によるレポ動画は中止とし、テキスト化wikiのみという形での公開とさせていただきました。申し訳ありませんが、ご理解のうえ、ご了承いただきたく思います。
 なお、本テキスト化wikiは、改善の必要を感じた場合、予告無く補足・改訂させていただくことがあります。あらかじめご了承ください。

 このテキストサイトを通じて、昨年の第二回電奇梵唄会当日の活気・熱気が少しでも多くの人に伝われば、第二回梵唄会運営スタッフ一同、とても嬉しく思います。

 "第二回電奇梵唄会運営「ソワカちゃんファン有志」"は、このテキストサイト公開をもって解散となります。
 第一回・第二回と同じような開催規模・運営体制で行われて来ましたが、私ことSaltyDogは〈梵唄会〉には特に決まった定義が無いと考えてます。本来は「ソワカちゃんファンがお祭りを立ち上げれば、それが即ち〈梵唄会〉なのだ」くらいの気軽さで開催されても良いのではないでしょうか。
 今後、ソワカちゃんファンによるイベントが、より活発に開催されることを期待しつつ、計二回の梵唄会に携わらせていただいた経験を踏まえて、「YOU、やっちゃいなよ」の一言を申し添え、最後のご挨拶とさせていただきます。

第二回電奇梵唄会 発起人
SaltyDog



sowasowadx at 01:42コメント(0)トラックバック(0) 
SaltyDog | 挨拶

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

pixiv blogparts
☆「電奇梵唄会」タグ☆
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク