アメリカでの3月、4月の電気自動車販売台数。

4月(EV Newsより)
1 Tesla Model S (e)  1.650
2 Nissan Leaf       1.553
3 BMW i3              406
4 Ford C-Max Energi 1.237
5 Chevrolet Volt      905

3月(EV Newsより)
1 Tesla Model S (e)  2.400
2 Nissan Leaf       1.817
3 BMW i3              922
4 Chevrolet Volt      639
5 Ford Fusion Energi  837  ((e) は販売台数が推測であることを表しています。)

テスラモデルSがリーフを上回っています。今年は逆転するかもしれません。

**********
昨年2014年にすでに発表されていますが、アメリカのコンシューマー・リポート (Consumer Reports) の自動車の消費者満足度指数 (satisfaction rate) でテスラのモデルSが1位になっていますこちら)。2年連続で1位です。評価も非常に高く、98%です(購入者に、もう一度買うとしたら、同じ車を買うか? と質問して Yes と答えた人の割合)。すべての結果を見るには登録(有料)する必要があるので、全体の順位は確認していませんが、ベンツSクラスが82%、リーフが77%だそうです。

しかも、モデルSは、コンシューマー・リポートが行っているテストによる評価でも自動車部門の2015年の総合1位に選ばれています(こちら。99点。これも2年連続1位。2013年には、 Motor Trend の Car of the Yearにも選ばれています)。モデルSは、信頼度の評価ではあまり高い評価を得ていないので("average"「平均」)、他の部門で点数をかせいだようです。とはいえ、総合で1位ということは、調査機関から(言いかえると、性能の点で)高い評価を得たことに変わりはありません。その理由は、コンシューマー・リポートの短評からも理解できます(この評価は2014年のもの)。

Sure, you can talk about this electric luxury car’s blistering acceleration,
razor-sharp handling, compliant ride, and versatile cabin, which can fit
a small third-row seat. But that just scratches the surface of this 
technological tour de force. The Tesla is brimming with innovation. Its 
massive, easy-to-use 17-inch touch screen controls most functions.
And with its totally keyless operation, full Internet access, and
ultra-quiet, zero-emission driving experience, the Tesla is a glimpse into
a future where cars and computers coexist in seamless harmony. Its
225-mile driving range and 5-hour charges, using Tesla’s special 
connector, also make it the easiest, most practical, albeit pricey,
electric car to live with.


よくいわれる、電気自動車特有の「ものすごい加速」(ドラッグレースの出だしではスーパーカーより上です)、素早い反応という走行性能以上に、「イノベーションに満ちている」、タッチスクリーンでほとんどすべての操作を行う、スタートまでがほぼ全自動、購入後もワイヤレスでプログラムの変更がアップデートされる、というIT的な新しさが評価されているようです。「テスラは、車とコンピューターが融合した未来を垣間見させてくれる。」(IT化については「テスラは自動車の皮をかぶったソフトウェアだ!」や、このページの最後の動画が例を挙げています。)

コンシューマー・リポートがモデルSを高く評価しているのは、テスラがアメリカのメーカーだからではありません。コンシューマー・リポートは日本メーカーの車も非常に高く評価しています。コンシューマー・リポートの2014年の信頼度でのメーカー別ランキングでは、1位から4位までを日本メーカーが独占しています(1位レクサス、2位トヨタ、3位マツダ、4位ホンダ)。朝日新聞もこの結果を報道しています。また、コンシューマー・リポートのテストによる評価では、それぞれの部門で日本車が多数選ばれています。Compact car:スバル・インプレッサ(79点)、Midsize sedan: スバル・レガシィ(89点)、Small SUV: スバル・フォレスター(86点)、Minivan: ホンダ・オデッセイ(84点)、Green Car: トヨタ・プリウス(77点ーー green car部門で12年連続)。ただし、モデルSの点数よりは低いです――だからモデルSが総合1位になっている。

しかし、日本の中には、テスラ・モデルSが評価されていることを認めたくない、という人がかなりいるようです。いずれにせよ、日本の一部のメディアに評価させると、テスラの評価はまったく違ったものになります。ライブドアがニュースでこのような記事を載せています。

ところが、これはロケットニュース24からの転載で、しかもロケットニュースの記事を書いた記者は、価格.comの「一人の投稿者」のコメントだけを参考にして書いているのです。

書かれているのは、

1.インテリアや装備が日本車と比べ不便すぎる とか

2.車幅が2.2mもあり、重量も2.6トンあるので立体駐車場に入らない とか

3.充電に物凄く時間がかかり、放置しておくと電池が勝手に減る とか

ということですが、これはクジラがメダカより大きいから良くない、と言ってるようなもんです。モデルSの重さは、ベンツSクラスより軽いです。充電に時間がかかるのは電池の容量が大きいからです(そのおかげで一回の充電で長距離を走れる。400km以上)。批判したがる人は、逆に電池の容量が小さく、充電が速くすむなら、今度は、一回の充電で走れる距離が少ない、と批判するでしょう。また、電池が減ることが欠点なら、燃料電池車にも同じ欠点があります(水素を圧縮して高圧で入れなければならないのでかなり減る)。

しかし、実は、価格.comでも、評価をしている5人のうち4人の人は、高い評価を与えているのです。ところが、ロケットニュースの記者は、その中で1人だけ最低評価を与えている人を選んできて、それを代表的な意見であるかのように見せるわけです。

僕自身はモデルSを評価するつもりはありません(触ったことも見たこともない)。でも、買った人の多くが評価している。これは数字に表れている。また好意的なレビュー――というよりも、今までにない画期的な車だという非常に高い評価――がたくさん書かれている。それで話は終わりです。 どうして、それを疑ったり、強引に否定しなければいけないんでしょうか。

テスラが示したのは、電気自動車の登場によって、起業10年ぐらいの企業でも完成度の高い車をつくることができるようになった、ということです。

これは、社会全体にとってはプラスです。まず、新しい技術によって消費者に新しい選択を与えることができる。また、モデルSの満足度が示しているように、消費者に新しい満足や新しい面白さを与えることができる。そのように消費者の間で新しい需要が生まれているなら、生産者にとってもプラスです。進出できる新しい分野が開けたことになる。また、利用できる新たな技術が増えることになる、あるいは、既存の技術を利用できる新たな分野が開けたことになる、という点でもプラスです。

しかし、これは、現在の状況を維持したい既存の自動車メーカーにとってはうれしいことではないかもしれません。したがって、これに対してメディアがどのような報道をするかで、「メディアがどちらを向いて報道しているのか」という姿勢がわかるわけです。

ライブドアやロケットニュースの記事が、最初からテスラを否定的に取り上げる意図で(あるいは電気自動車を否定的に取り上げる意図で)書かれた一方的な記事であることは簡単にわかりますし、これは特殊な例かもしれません。しかし、日本の場合、他の大手メディアにも同様な傾向――公平な評価をせず、既存の日本の企業を持ち上げ、いっぽう外国の企業や新規企業(とりわけ外国の新規企業)を無視したり、悪いイメージを与えようとする――があるように感じられます。


テスラのモデルSが次世代の自動車のベンチマークになったことは確かなように思います。日本の中で、これが気に入らないからといって無視していると、変化に対応するのが遅れ、時代の流れから取り残されることになるかもしれません(前掲の「テスラは自動車の皮をかぶったソフトウェアだ!」が同じ心配をしている)。


**********
モデルS P85D の "insane mode" の加速に関しては、次の動画が参考になります。





またはこちら。最初の映像笑えます。(この記事とは関係ありませんが、ドッジ(ダッジ)を見ると『ブレインキングバッド』を思い出します。ただし、ドラマに出てくるのはチャレンジャー Challenger、ここで比較されてるのはチャージャー Charger)。