空(クウ)の告白

1型糖尿病から末期慢性腎不全になり、人工透析を受けなきゃ生きられなくなったあたし。かかりつけの病院で受けた実態を書き残したいと思い、意を決して始めることにしました。

ここからだ。問題の始まりが私に待っていたのだった。
事実、これを書いているが、昨日とんでもないものを突きつけられて、私はここでいつまで、こうして書き込むことが出来るのか、生きている事が出来るのか、分からない段階まで来てしまっているのだ。
なので、速急に書き込まなくては命の保証すら無い、という状態になってきてしまったのだ。

まずは、あのお呼び出しの最後に、石井は
「〇〇さんが時間を守って、1時に透析室に入ってすぐに〇〇さんの準備が整い次第透析を早めにします」と私に約束をしたのだった。
しかし、その約束さえたった1回のみ。お呼び出しの翌日の8月1日の透析の時だけで、後はこれまでと同じで、私が1時ないしは1時ちょっと過ぎて透析室に入って、準備が終わっても一向に誰も来る気配は無く、早くて1時17分。大体が1時28分。遅い時は1時35分を過ぎている。
細かく時間を書いたのは、後々何かを言われた時に、言い返せるようにボイスレコーダーに時刻を吹き込んでいるのだ。吹きこまなくても時刻は表示されてるが、念のためだ。

さて、あのお呼び出しの翌週の月曜日8月6日。いきなり透析が終わってから週一日月曜日の午後のみ本院からやって来る、荻野医師と石井が連れ立って私のところにやってきた。
荻野医師がA3位の大きさの病院の封筒(水色)を持ってきた。
石井は荻野医師の後ろで、お付き役をやっていた。
荻野医師が封筒から、何やら書類を一枚出して私に見せた。
「ここにサインをして、提出してくれればいいから」そう言った。
透析後で、ベッドに起き上がったばかりで、頭の中がグワングワンしていたが、なんだろ?と思いつつ、その紙切れを見たら承諾書兼同意書になっていたのだった。
私は、びっくりした。
あのお呼び出しで、もう話は済んだものだと思っていたからだ。

これから、その承諾書兼同意書の内容を、嘘偽りなく私の魂に誓って転載する。
色を変えて書き込んであるものがそれだ。


    玄◯堂木◯津クリニック
           荻野〇〇院長殿
 

 私は今後病院のルールを守り、治療に協力的態度で臨むことを、本書面をもってお約束致します。約束が守られない場合は、速やかに他の透析施設へ移ることに不服を申し立て致しません。



                    年  月  日
 
           氏名  
             



これを見て私は「何か、曖昧な内容だな。ルールって一体何を指して言ってるの?治療に協力的って、私は家庭の事情で数ヶ月ちょっと早めに帰らせて貰ってただけなのに。具体的な内容が一切書かれていないのに、サインするわけ?」と思い、荻野医師にカマをかけて聞いてみたのだ。
「先生、このサインの後に印鑑押さなくていいんですか?」と。
荻野医師は
「ああ・・、いいよ。押さなくて。ただサインだけ書いて出して貰えばいいから」とそれだけ言っていた。
「先生、いつまで持ってくればいいんですか?」とまた、聞いてみた。
「そうだね、今週中にでも、持ってくればそれでいいよ」と、実に荻野医師にしては簡単な応え方だった。
「わかりました」と私はその封筒を受け取った。
石井は、私が受け取るのをガン見しながら見届けていて、荻野医師が去って行く後を追っかけて行った。

「やれやれ、めんどくせーえ、とこだよ、ここは」何でもかんでも、承諾書、承諾書、同意書、同意書。それにサイン攻撃。なのに、肝心の事は例えばオペを行なうような場合であっても、書いていないのだ。ザックリとしか書いていないものに、無理やりサインをさせるのだ。
もちろん、オペや重要な検査に関しても、インフォームドコンセントということをしっかりと説明はしない。何回も私のように血管を広げるカテーテル(P.T.Aという)を行なう場合であっても、
「もう、何回もやってるから、わかってるよね。ここにサインしてね」
それでお終いだ。簡単な話でお終いだ。

それって・・・おかしくないですか???
インフォームドコンセントですよ???
国立大学病院じゃ、最低3回はインフォームドコンセント受けますよ!!!




受け取った封筒を思いっきり二つ折りにして、帰りにはバッグの中にぶっこんでそのまま、週末が来た。金曜日だ。8月10日だった。勿論のことその日も私は最後のお客、いや患者だった。あの日は心臓のCTR撮影があったので、一旦着替えずにレントゲン室まで行って、それから着替えたのだった。
あの封筒を出して、サインをわざとカタカナで書いてやった。
何か言われるかな、と思ったが、サインはサイン。カタカナだろうが漢字だろうが、ひらがな、英語であろうが、サインには変わりはない。
ついでに氏名の下には、立会人のサインを書く箇所もあった。そこには続柄も書く(  )がついていた。
立会人のところは、母親の名前を書いた。

「じゃ、帰るか(ため息)」とロッカールームを出て、透析室の方を見たらもう電気も消えていて、誰かいる気配を感じなかった。ガラスの自動ドアなので中の様子はこちらの廊下側からでも、伺える。
しばらく見ていたが、誰もいないの?と思ったので、「じゃ、この封筒どうすればいいんだろう」と悩んだ。
でも、あんまり遅く帰るのも嫌だし、こんなとこサッサと帰りたかったし、電気が消えてる透析室に入るのなんて、何か・・・気持ち悪くないですか?


とりあえず、サインはしたが日付は書かなかった。いつの日付を書けばいいのか分からなかったし、荻野医師も石井も言わなかったからだ。
私は、過去記事にも書いてあるが、このクリニックは2階建ての建物で、私は2階で透析を行なっている。一旦、1階の一般外来受付に行ってみた。

「すみませーん・・・・」と呼んでみた。もう一回デカイ声を出して「すみませーん!」と呼んでみた。カウンターから事務所は丸見えの作りになっているので、中に誰もいないのはわかった。
「じゃ、ここに置いとけばいいよね。わかるよね」と段差になっているカウンターの奥の方に丁寧に置いて、あの日は帰ったのだった。

が・・・・、しかし。
週明けの8月13日月曜日。思わぬことが私を待っていたのだった。






闘病記 ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
お帰りの際↑ポチッとお願いします。
生きてる励みになります。
晒しましょう!儲け主義の病院を!医療過誤を許してはいけません!







結局、何の為に私達母と娘が、わざわざクリニックに呼び出されたのか。
その、顛末が、「ナニソレ???」という話であったのだ。

石井が、早速、私が話したい事をザックリと話した後に、石井が持ってきていたファイルだか、そんなのからメモ用紙を取り出した。ここまでは前回の記事に書いたので、この続きを書かせて頂く。

石井は、ボソボソとした小さな声で、早口で、さも得意げにメモ用紙に書かれてあることを言いだした。
「◯月◯日、〇〇さんは、攻撃的な口調でこう言った」
「◯月◯日、〇〇さんは、クリニックに来る時に、めまいが酷く、辺りが真っ白に見えたから、休み休み来たので、遅くなった事を、遅くなったが来てやった、と言った」
「◯月◯日、〇〇さんは・・・・・」

という感じで、私は殆ど聴力が無いので、加えて酷い耳鳴りを抱えているので、石井が言った事を注意しながら聞いていた。
だが、いくつか石井がメモ用紙を見ながら言い始めた事柄は全て私が、暴言、暴挙、反抗的態度であるという内容であったのだ。

話を聞いているうちに、馬鹿らしく思えてきて、ついつい私は笑ってしまったのだ。
で、青文字で書いた部分だけ、やたら思い当たる事があったので、これは組織的な何かでしかないと、そう思ったのだった。
というのも、青文字で書いた事柄に関して、私の担当だという丹野という看護師が、いつだったか私の針刺しに来て針抜きもやった事があった。あの時、丹野は針刺しをした後に、いつものように私の具合を聞いてきたのだ。
私は、普通の口調で、普通の態度で丹野に
「今日、来る時目の前が真っ白になりかけて、多分血圧が下がって来てたのか、下がってたんだと思うんだけど、ふらつきも酷かったんで、休み休みに来たんで、少し来るのが遅くなっちゃたんだよね」
「息苦しさもあったから。最近、息苦しさもあるから、普通に歩ければ、10分位でここには来られるんだけど、15分位かかったかもしれない」
そんな感じの事を言ったはずだった。

丹野も、普通の態度で私にこう言った
「〇〇さん、無理に早く来ようとしなくてもいいよ。調子がおかしいと思ったら、休み休み来てもいいから。途中で倒れたら大変だから」
そんな事を言ったはずだ。

それしか、私は他の看護師には青文字の内容に近い事を言った覚えは無いのだ。

丹野ってスパイ???

そう私は思ってしまったのだった。
もう、その内容のひとつひとつに、私から説明をするのもめんどくさくなってしまったので、石井が読み続けているメモ用紙の内容をただ、聞いているだけにしたのだった。
そして、思ったのは

そんな暇がナースステーションであるんなら、もっときちんとした仕事を、しろよ!!!
おまえら、患者の粗探しばっかしてんのが、仕事なのかよ!!!
ふざけるのも、いいかげんにしろよな!!!

と怒りがこみ上げて来ていたのだった。

石井が私の事をメモした話を読み終えて、得意げに勝ち誇ったようにして
「〇〇さん、今言った事を改善して頂かないと、スタッフとの円滑なコミュニケーションが取れない場合、〇〇さんの治療にも支障をきたす恐れが生じます」
「〇〇さんが態度を改めて頂かないと、こちらとしても対応が取れません」
「その場合、速やかに他の施設に移って頂く事になりますので
と、言いだしたのだ。
な~るほど、私を悪者にして、自分らがした事は棚に上げてスルーして、サッサと私をここから追い出したいわけか。
私の目と、耳と、心臓をこんな風にズタボロにしたことには、全く何ら謝罪も無く、言ってもいない事を言ったように、でっち上げ、作り替えて、さもありなん、という感じで私に投げたわけか。
そういう、腹の黒さを集団でやらかすのか。ここは。
そう私は思った。

結局、なにが言いたくて、私が何回も何回も断り続けていたにも関わらず、無理やり糞暑い真夏に呼び出して、ガンガンにクーラーのきいた待合室のクーラーの真下で、母娘で寒くなりながら2時間も時間を取られて、結果が
スタッフとの円滑なコミュニケーションだって!!!

はあ?ナニソレ?私が看護師のご機嫌取りしなきゃいけないわけ?
何が、治療に支障をきたす、だって?はあ?
あんたら、この9年私に何をしてくれたよ?治療?
風邪こじらせて、見るからに酷い状態だった時でさえ、聴診器ひとつ充てて医者は診なかったじゃないの!
おまけに、その風邪でぶっ倒れる前日にPL風邪薬とフロモックス処方しただけじゃん!
あの時は、ぶっ倒れる前の週から酷かったから、6回透析に行ってずっと状態を話してたんだよ、私は!
なのに、何もしてくれなかったじゃないか!
それなのに、今更、円滑な治療にきたす恐れが、だって???
はあ?
単なる詭弁に過ぎない事じゃん!!!
結局は、私みたいな末期がつく患者なんて、どーせ死ぬのも早いんだから、テキトーでいいんじゃね、テキトーで!
そういう感覚しかないんだろ!
根本的な透析の事わかってないじゃん、おまえら、事実!

これが、私があの時感じた感想だった。

だが、これだけでは話は終わらなかったのである。
強制的に、ここの病院お得意の承諾書にサインをさせられる事になったのだった。

承諾書の話はまた、続きます。



闘病記 ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
お帰りの際に↑ポチッとお願いします。
生きてる励みになります。
晒しましょう!医療過誤、儲け主義の病院を!





さっさと書かなくちゃ、と思いつつ、その間にもクリニックでは、燃料投下されるような事態が多々あり、仲々書くに書けずに、季節は秋になってしまった。真夏に無理やりクリニックに呼び出された、その顛末を書き続けてきているが、季節も変わってしまいご覧頂いている多くの方々に、申し訳なかった気持ちと、ご覧頂き感謝しているという気持ちを先ずはお伝えしたいと思います。

さて、続きに戻ろうではないか。
石井が私に「何か言いたいことがあるんでしょ?」という感じに話を持ってきたんで、私は目をこんな酷い状態にさせられた事、その当時の千葉大医学部附属病院の眼科主治医が、「そちらの病院でカルタンの処方に関して、ご相談してください」と言われたので、私は平成19年にカルシウムが目に沈着し始めた時、ここのクリニックの当時の院長K医師と、副院長である荻野医師にそれぞれ、日を変えてどうすればいいのか相談という名目で、時間を作って貰って話したのだ。
両医師共に

「30年以上、透析をうちじゃあやってるが、カルタンで目にカルシウムが着いた患者なんて一人もいやしないんだよ!!!
「カルタンを30錠も40錠も1日に飲んでる患者ばかりだが、みんななんともないんだよ!!!



それが、その時、両医師から貰った返事だった。
私はどうすればいいのか。飲むならどのくらい飲めばいいのか。毎日飲まなくてはいけないのか。そういう話を応えて貰いたかったのだった。
それが、あの応えだった。
そして、
「あんたの為に、こんなに時間を使ったんだから、もういいだろう

と、話も半分くらいで荻野医師は席を立った。
院長だったK医師(数年前に引退した、隠居の身の老害)も話を、何故か自分の好きな読書の話しにすり替えて、ロシア文学は生涯のうちに一度は読むべきだ、と言いだした。(この医者は東大卒)
ロシア文学って・・・、今私はロシア文学の事で相談してるわけじゃあないんだけど、このジジイはぐらかすつもりバリバリじゃんか。さすが天下の東大出ただけあって、人を見下すというか、話の論点をすり替えるのにも、じいさまなのに頭動くわ。
このK医師は、ここの地元ではちょっとした有名な医師で、市内にある古くからある進学校を卒業し、最初は早稲田を受け、合格したのだが、どうしても東大の医学部に行きたい、という事で一年浪人をして受かった、というじいさまだ。
見た目は紳士的な医師ではあった。
だから、私が困っているので、助けてくれるものと信頼を寄せていたのだったが、見事に裏切られたわけだ。

あれから、数回。回診に週1回来ていた事があった。その時だ。
K医師は私に指さしをして、能面みたいに無表情な顔でこう言った。

「いつでも紹介状書いてやるから、いつでも好きなとこに行けばいい」
「いいね、いつでも紹介状は書けるから。いつでも好きなとこに行けばいいよ!」

そう、私がベッドにチューブで縛られているというのに、言い放って回診に回って来ていたのだ。


そういう話を、私は石井にザックリと話した。
石井は「じゃ、〇〇さんの言いたい事はそれだけなのね。じゃ、こちらが言いたい事を話させて貰います」と言いだした。
いや、私はそれだけが言いたい事では無いんですが。
きちんと謝罪して欲しいんですよ、謝罪。そして、私の目を返して頂きたいんですよ。
それを言おうとしたら、石井はすかさず、持っていたバインダーだかファイルだか、そんなものから、メモ用紙を取り出した。

そして、驚くことを言い始めたのだった!!!

これこそ、おまえら、マジでバカ?
そんな暇がナースステーションであるなら、
もっと、給料に見合った仕事しろよ!
この、ボケがカスが!!!

という感じの内容であったのだ。石井が読み上げたメモ用紙に書かれてあった事は、かな~り、変化球になり、歪曲され、半ば捏造もされた事柄であった。





闘病記 ブログランキングへ


人気ブログランキングに参加しています。
お帰りの際にポチッと↑よろしくお願いします。
晒しましょう!儲け主義の病院を!絶対許したらいけません、医療過誤を!





このページのトップヘ