2006年04月25日

エンディング、見た。

大灯台は、結局「たたかう」を封印して、遠隔攻撃と魔法で頑張ってみた。

アンデットの敵が多かったので、下手に殴るよりケアルガ連発した方が楽そうだったので。
今更だけど、各地に土属性が弱点の敵が結構居たけど、今回、土系の魔法ってあったっけ?
でも、空飛んでる敵にクエイクとか使っても意味ないしな……。
そういえば、今迄のFFだと飛んでる敵の弱点ってエアロ系だったけど、12は、飛んでて土系が苦手って奴が多かった気がする。
どろだんごとかぶつけられたら楽しかったかもしれない。

んで、大灯台をクリアしたらバーフォンハイムへ勝手に戻って、ラストバトルへ突入できるようになってた。

「シュトラールでバハムートへ乗り込んだらもう帰れないけど、良い?」って聞かれたので、一応別の場所に今迄のデータをセーブして行ってみた。
全員レベルが60超えてたので、どんなに連戦しても余裕で勝てた。ちょっと拍子抜けだった。

ラスボス達より、途中で出て来るザコのでっかい丸いのや六角形の奴の方が、わらわら沸いて来てどれが何を仕掛けて来てるのか解らなくて梃子摺った。
よく考えたら、セーブも何も出来なくてリストには載らないのだから、倒さずに走り抜けちゃっても良かったかもしれない。

最後のボスは、体力ゲージが出てなくて、どれくらいダメージを与えたのか解らないうちに終わった。
これって「あと少しだー」ってドキドキ感が味わえないのがつまらない気がする。
魔神竜みたいに、見ただけでうんざりする程体力あるのも嫌だけど……。(←わがままな奴)

最後のナレーション「大仕事が終わってまったりしてるんだよー」って感じで、良かった。
エンディングのバックに使われてる音楽とイラストが、すっげぇ良かった。
イラスト集付きのサントラとか出たら買っちゃうかもだ。

遊び終わった感想と言うか独り言。
幻想水滸伝の3みたいな印象。
わくわくドキドキしながら進んだら、最後の方で「アレ?もう終わり?」な感じ。
もう一山くらいあっても良かった気もするが、発売日に間に合わせる為に後ろの方で端折ったのかなぁ。

でも、久しぶりにRPGをすっげぇ楽しく遊んだ。
まだやりかけのお使いとか、行ってない場所とか、倒してないレアモンやモブが残ってるから、もう暫く楽しめそうだ。

余談だが……。
前回、レダスの事を足手まといみたいに書いたけど、今では、役立たず扱いして済まんかったと思っている。  

Posted by soy_milk at 22:03Comments(7)TrackBack(0)

2006年04月23日

塔に登ってます

ここをクリアしないとヘイスガが売りに出ないらしいと言う事で、延ばしに延ばしていた大灯台へ行く事にした。

大灯台へは、バルフレアのシュトラールで行くらしい。
ノノちゃんが改造してくれて、世界の何カ所か、飛空挺で行ける場所が出来た。
モブとかBOSSとか召還獣を倒しに行くのに便利そうな場所にアンカーがあるっぽい。
でも、わし、もうほとんど倒しちゃったよ。
苦労して走り回ったのになぁ。寄り道し過ぎたかもしれん(苦笑)

瀑布に入ったら、いきなりドラゴンっぽいレアモンスターと遭遇。
どういう条件で出て来たのか知らないが、突然なのでかなりびっくりした。
「盗む」をちゃんと出来たのか確認出来ないうちにレダスが殴り倒してしまった。

レダスのおっさん、ヴァンが盗むより先に敵を倒しちゃう事が多いし、普通なら相手にしない位遠い所の奴にも勝手に突撃してくし、何処に行っても血気盛んで困る。
あと、補助魔法の効果が他のメンバーより早く切れちゃうし、滅茶苦茶トラップにひっかかるし……。
強いんだけど、つかえねぇ(苦笑)
灯台をクリアしたら、お家に帰ってくれるのだろうか……。

灯台の途中で、何かを封印しなくちゃ扉が開かないってことになって、知を封印したら、地図が見られなくなった。
地図が無いのが一番無難かなと思って進み始めたのだけど、似た様な形の部屋ばっかりだし、戦った後に勝手に進行方向じゃない方を向いちゃってたりで、大きなマップで確認しながら歩いても迷子になる。

これじゃ先に進むのは無理だってことで、一旦下に降りる事にした。
んで、灯台を登り直すのが面倒だったので、また寄り道に出かける事にした。

キングベヒーモスの依頼が出てたので、倒しに出かけてみた。
二つのエリアのモンスターを全滅させると出て来るって事だったけど、出現場所が幻妖の森なので、マップがザーってなってて、魔物がいるんだかいないんだか、目視でしか解らない。

なかなかキングベヒーモスに出会えずに行ったり来たりしているうちに、ソーヘンで倒したマンドラーズを発見。
いきなり殴られて、パンネロが死んじゃったよ。
散々わしらをボコった後は、ソーヘンのときと同じに四方八方へ散開しちゃって、5匹とも倒すのにエラい時間がかかってしまった。
クランレポートを完成させるのには、マンドラーズのそれぞれを15匹くらい倒さなくちゃらしいが、出現条件はエリアの敵全滅なのかな。
毎回こんなにうろつかなくちゃだと、途中で嫌になっちゃうかもだ。

マンドラーズを倒したら、キングベヒーモスが出て来た。
レベルがかなり上がってたので、補助魔法を使いつつ、そんなに苦労しないで倒せた。
何回かハゲの誰かが死んでだけど……。

ずーっと遊んで来て思うのだが、わしがRPGでこんなに魔法を多用するのって珍しいかもしれない。
ドラクエだと、魔法なんてザコ的一掃の時の全体攻撃位にしか使わないのだけど、今回のFFは、モブとかレアモンスター相手にサポート系の魔法をいろいろ使わないと、あっさり全滅する事が良くある。
ここ数日のヴァン(わし操作キャラ)は、「ぬすむ」と蘇生と補助の魔法を唱えてるだけで、滅多に戦ってなかったりしてる。
何となくパシリと言うか小間使いって感じで、ちょっと可愛そうな気がする。  
Posted by soy_milk at 02:14Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月18日

強い奴らに会いに行く

プレイ時間は150時間を超えたけど、お話の方は、やっとギルヴェガンから帰ってきたところ。

ギルヴェガン、マップがややこしくて、自分が何処にいるのかわからなかった。
巨人の兜とかミスリルとか盗めてお得感たっぷりなのだけど、何度も出向いて遊びたい場所じゃなかった。

この後、バーフォンハイムへ戻って、レダスと話をしないとストーリーが進まないらしいのだが、某2ちゃんとやらで「レダスは他のゲストと違って迷惑な余計な事をしでかしてくれる」らしいと情報を得てしまったので、まだ合流したくなくて、他に寄り道出来る所は無いか探してみた。
でも、モブも倒せそうなのは全て討伐しちゃったしなぁ。

取り合えず、「逃げたコカトリス」のイベントをしてみることにした。
バーフォンハイムを出る時に、1Gでモーグリが乗って行ったコカトリスが途中で逃げたって話を聞いていたので、既にイベントが始まっているのかと思ったら、この子は関係なかったらしい。
こいつ以外で5匹集めるのか……。
ということで、あちこちで聞いてた「丸いもの」の話を思い出しつつ、攻略サイトも参考にしながら一匹ずつ探して回ったのだけど、みんな遠くまで行き過ぎじゃ。
わしキャラ達が苦労して進んだ道を,彼奴らは何の苦労も無く進んだらしく、家出先でのんきに関西弁で喋ってた。コッカトリス、何故、関西弁?
ラバナスタのコカが、捕まえるどころか見つけること自体出来なかったので、他の4匹を捕まえたところで暫く放置決定。
途中、アルケイディアのコカの顛末にはちょっと泣いた。一緒にギーザへ帰って幸せな老後を過ごすのかと思っていたのにな。
余談だけど、ガリフの里の人達って、やっぱりいい人ばっかりだ。わしも,お土産貰いたかったよ。

コッカトリス探しを中断して、おたからを採取しながらレベルアップしようと思ったのだが、ちょうど良い強さの相手がいる場所が無かった。
今まで出かけた所は相手が弱過ぎて退屈だけど、かといって、ギルヴェガンのゲート・スコーピオから先やルース魔石鉱のずっと奥の方も、相手が強過ぎて歯が立たない。

ギルヴェガンもルースも、いつもの調子でザコ狩りに出かけたら、ザコなんて言ったら失礼な位強い方々が登場して、囲まれたらもう死ぬしか無い状態だった。
体力5桁でなかなか削れないし、攻撃力も高くて一撃で1500も喰らっちゃう。
魔法を詠唱している間にタコ殴りにされて死んじゃったりしてとても歯が立たないので、どっちも奥の方まで行くのを諦めて脱出。

んで、召還獣でも集めようかなと、弱そうなのからひとつずつ回ってみた。
アドラメレク、ゼロムス、ザルエラと、何回か全滅しつつゲット。
随分レベルも上がっていたので楽勝かと思って挑んだのだけど、結構苦労した。特殊な攻撃して来る相手とか条件付きの戦闘って、予備知識が無いとやっぱり辛い。
その後、エクスデスとキュクレインをゲット。
エクスデスとキュクレインは、戦闘自体は苦労しなかったけど、会いに行くまでが面倒くさかった。
わしって大抵のRPGが「たたかう」と回復以外使わない脳味噌筋肉プレイな上に、今回はガンビットのおかげで方向決める位しか自分で操作してない状態だったので、謎解きとかあちこち巡回して成し遂げる系が、がすごく面倒になってた。
人間、楽ばかりしてるとダメになるなぁと実感(笑)

最後に死都へ行ってみたのだけど、カオスには、瞬殺されてしまった。
今までずっと力任せに進んで来たわしなので「たたかう」が使えないって、すっげぇ辛い。
作戦を練り直して充分準備しなくちゃ勝てんと言う事で、カオスも、当分放置決定。

ということで、数日前にぼろぼろになりながらゲットしたぼろぼろの鍵を持っていたので、ソーヘン地下宮殿の以前入れなかった場所に行ってみる事にした。

開かずの扉の先には、魔神竜が居た。
開けなきゃ良かったと思った。
画面の左端から右端まで、体力の棒が引っ張られてる……。こいつのHPって、いくつあるんだー?!
出会ってしまったので、叩いてみる事にした。
ミストナックなんてMP無くなるだけで大してダメージが与えられないので、プロテスが切れないようにして、取り合えず全員で殴る。
死んじゃうとフェニックスの尾じゃ間に合わなくて、ガンビットをアレイズに設定し直して、さらにひたすら殴る。
打撃攻撃は強力だけど嫌な特殊攻撃が無いので、とにかく回復しつつ殴り続けたら勝てた。
勝てたけど、夜中の二時過ぎに始めて、終わった時には外が明るくなり始めてたよ。途中何度も一服したりしたけど、実質二時間半位かかったんじゃなかろうか……。
序盤は色々アクセサリを変えたりしたけど、最終的にお世話になりっぱなしだったのはバブルチェーン。あれが無かったら、途中で力尽きてたと思う。
それと、時々魔神竜が使ってきた「アンチ」にものすごく助けられた。MP無くなっちゃった後に喰らうと、すっげぇ嬉しかった。
アンチ、自分達の使える技や魔法に無いのがすごく残念だ。

随分寄り道に時間を裂いたけど、そろそろ、レダスに会いに行って少し話を進めてみよう。

ところで、レダスって何者?
ドラクロア研究所から出て来た後、みんなが親しそうに話してたけど、以前に会った事あっただろうか。
わしの記憶では、そこでの出会いが初対面だったのだが……。  
Posted by soy_milk at 22:08Comments(3)TrackBack(0)

2006年04月04日

あいかわらず変な方向に進んでます

ちょっと久しぶりになった。

ブログをサボって何をしていたかと言うと、寄り道。
本筋は、なんちゃら教の偉い人が殺された後、これから帝都までみんなで歩いて行こうってあたり。

今回のFFは、かなり好き勝手に色々な場所に行けるから、ストーリーを追っかける事より、本筋を外れて知らない世界を冒険する事の方が楽しかったりしてる。
もう、行ける所はとことん覗きに行かないと気が済まなくて、あちこちでかけては瀕死で逃げ帰っていたりする。

んで、ここ何日かでやってた事。

ゼルテニアン洞窟が繋がったので、ガリフの里の傍から潜ってみたけど、敵が強過ぎて、最後の一人が死にかけでエリアチェンジして体勢を立て直してまた先へ進む事の繰り返し。
モスフォーラ山地からまだその先に用は無いのに北上して、ボムキングを倒して死都ナブディスまで行って全滅。
ヴィエラの里から素直に横に進めば良いのに下へ向かって、幻妖の森を通ってミリアム遺跡も見ちゃってからブルオミシェイスに到着。
幻妖の森はマップが無いので、取り合えず形だけでも表示させようとぐれぐれ歩いているうちに何故かヘネ魔鉱山の裏口にたどり着いて、坑道に入った途端、出会い頭に2000以上吸血されてあわてて逃げ帰ったり……。

無理目な冒険ばっかりしてるおかげで、レベルがかなり上がった。
必ずメンバーに入れてるヴァンが46。他の5人は38。
 
ミストナックもだんだん上手になってきたので、BOSSやモブも色々退治してみた。

最初は、ボムキング退治。
ミストナックがいっぱい繋げたのに、全回復される事二回(もしかしたら三回だったかも)。
結局、チャージしつつ覚えたてのブリザラをちまちま使いながら殴り倒した。
ボムキング、発売前に買った雑誌についてたおまけのDVDの映像が収録されてた奴だ。
DVDのキャラ達は華麗に勝利してたけど、わしキャラ達は、お世辞にも戦い慣れてるって感じじゃなかった。
退治するのに30分位かかった。スゲェ疲れた。

ルース魔石鉱の奥まで行ける鍵が欲しくて、アントリオン(Aランク)のモブ討伐の依頼も受けてみた。
ザコにも手を焼く状態で、もちろんアントリオンには全然かなわなかったので、放置。
アントリオンが居るあたりで子供が困ってるらしいけど、わしがもうちょっと強くなるまでなんとか生きててくれ。

ミリアム遺跡でBOSSを倒して、その後マティウスを倒して、二匹目の召還獣をゲット。
両方とも、ミストナックが上手く繋がらなかったので、最終的には殴り倒した。
その後、ゼロムスに遭えるアイテムを貰ったので行ってみたけど、全然歯が立たないのでリセットして後回しにする事にした。

モブ討伐も、Bランク以下のを請け負って色々倒してみた。
こっちも、ほとんど殴り倒して討伐完了。
ミストナックが上手になったと言いつつ、最終的には力でゴリ押しするしか能のないわし。
キャラ達のレベルは上がっても、わしのレベルは上がってないっぽい。

20匹倒して、現在のクランランクは『リスクブレイカーズ』。
もうちょっとで『クライムアヴェンジャー』になれるっぽい。
寄り道、頑張ろう……。  
Posted by soy_milk at 21:19Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月29日

ギルガメ退治とポーション王子

幼き水晶のほとりでセーブしてあったので、そのまま巨獣の足跡のギルガメ討伐へ……。

何度か出たり入ったりしてたら大雨になって、クランの助っ人が『出た』って教えてくれた。
「ぬすむ」のスキル持ちのヴァンで先陣を切って突進して、1000G頂いた。
ミストナックを覚えたものの上手く連携できなくて、一回に1000弱しかダメージが与えられなかった。
全員のMPが無くなっちゃってもう死ぬしかないって雰囲気だったので、とっとと逃げた。

クリスタルまで戻ってMPを回復させて、再挑戦。
昨日、色々な魔法でひどい目に遭ってたので、取り合えずサイレスやスロウやドンアクなんてかけてみる。
効いたり効かなかったりレジストされたり……。
獲物はでかいし、視点ははぐるぐるしてるしで、何がどうなってるのか良く解らなかった。
その後は、助っ人にお世話になりながらひたすら殴る。
体力回復しながら殴る。死んだ仲間を生き返らせたりしながら殴る。殴る殴る殴る……エンドレス。

頑張っていい感じまで削れたと思ったのに、途中から突然、ダメージが最初の1割くらいになってしまった。
固いって、こういう事だったのかー。瀕死になると防御力上がっちゃうのねー。ずるいー。

それでもひたすら殴る。
「どす〜ん」ってされると、1000ダメ以上喰らうので、もう、MPを回復以外に使う余裕なんて無い。
必ず誰かが戦闘不能で、常に二人と助っ人しかフィールドに居ない状態だけど、それでも仲間を生き返らせつつ黙々と殴る。

んで、どうにか倒したよ。
フェニックスのしっぽなんて、持ってた数の半分になっちゃったよ。
ずっと大事に取っておいたエーテルも随分使っちゃったよ。
おまけに生き残ってたのは助っ人とヴァンとパンネロだけだったりしたけど、せっかく時間かけて倒したので、やり直しはしない事にした。

そして、へろへろで依頼人の元へたどり着いたら、居なかった。
置き手紙がしてあって、お礼は乾季になったら取りに来いと書いてあった。
あんなに頑張ったのに、おあずけだなんて………。

腹いせに、巨獣の足跡にいるカメ達をど突き回してたらある程度小銭が稼げたので、未知のエリアへ行ってみる事にした。

オズモーネ平原って、ものすごく広い。
わしは、どっちに向かって進めば良いのだろう………。
実は、左に目的地があるのは解っていたが、敢て右方面へ行ってみた。
そこそこいい感じに渡り合える相手ばっかりで、気持ち良く盗んだり密猟したりしてたら、オウルベアの色違いのに囲まれた。
すっげぇ遠くからもこっち目掛けて走って来るんだもの。一度に6匹に囲まれたときは、二人程死んだ。

うろうろしてたらクリスタルのある場所に出た。
案の定、行き先は反対方向だと教えて頂けた。
せっかく親切に教えてもらったけど、さらに反対方向へ……。
着いた先は、なんちゃらの大森林って言う、森と言うより洞窟みたいな場所だった。
中に居たのは、モルボル(ちっちゃくて可愛いかもしれん)とかクアール。
以前のFFだとイヤなモンスターの代名詞みたいな奴だったのに、今回はそうでもなかったので適当に遊んで、行き止まりばっかりだったので出てきて次のエリアへ……。

平原へ戻って、ゼルテニアン洞窟へ繋がっている穴へ入ったら、緑色の馬がいっぱい居た。
一匹叩いたら他のも集まってきて倒すのにかなり苦戦したので、奥まで行かずに平原へ戻って、目的のガリフの里へ……。

里の中に入れてもらえずに困ってたら、平原から戻ってきた人が「こいつらはアヤしく無いから」って言ってくれて、入れてもらえた。
平原でわしらを見たって言ってた。
わしも、貴男を知ってます。平原で魔物と戦ってる後ろから「ぬすむ」をしようとしたけど出来ませんでした。
あの時「たたかう」を選ばなくて良かったです。

ガリフの村、変な顔の人ばっかりだと思ったら、全員お面をかぶっているらしい。
あのお面かぶったまま、どうやってごはんとか食べるんだろう。

長老の話を聞いて、ずっと東の方(多分、先に行ってきた大森林の事だろう)へ行く事になったところで、懐かしのポーション王子が登場。
また一緒に来てくれるって言うから、暫くはモブ討伐でも手伝ってもらおう。
また過度にハイポーション使っちゃうようだったら、とっとと話を進めておサラバしなくちゃかもしれないが……。

余談だけど……。
ギルガメ討伐のとき、一度仕切り直した後に「ぬすむ」をするのを忘れてしまってたが、一度盗んで逃げてエリアから出てまた遭遇した場合、もう一度1000ギル貰えたのかなぁ。
貰えるのだったら、みすみす金儲けのチャンスを逃しちゃったのが残念かもしれない。  
Posted by soy_milk at 20:58Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月28日

モブ討伐

東の砂漠でひとしきり遊んだので、ギーザ草原へ行く事に……。

請け負ったモブ討伐のうちのふたつの依頼者がここに居るらしいので、順番に会いに行って片付ける事にした。

最初のはDランクのケロゲロスとやらで、無人の村の真ん中に突っ立ってる影の薄い人から話を聞いた。
橋のあたりに出るって言うから一番近くの橋の回りをうろうろしたけど出て来ない。
違う橋かなと次へ向かったら、いきなり飛び出してきたよ。ちょっとびっくりした。
「でかいカエルだなぁ。また、HPとかの棒が見えないよ。」……と思いつつ、意外とあっさり撃破。
火属性の弾を使ってたバルフレアの攻撃で結構良い数字が立て続けに入ったのと、何故かバッシュが突然狂ったように連続で攻撃してくれたから勝てたっぽい。7Hitくらいしてたよ。
運が良かった。

無人の村に戻って依頼者と話をした後、もうひとつのギルガメ退治へ行く事にした。
こっちは、Cランク。
この前Cランクのドラゴンにこてんぱんにされてリセットしたのに、懲りてないわし。

地図に載ってない場所を教えられたよ。
依頼人の説明だけじゃ良く解らなかったけど、クランに戻って話を聞くのも面倒だったので、ちょっとわし的攻略サイトのお世話になってお勉強して、新しい道を造ることにした。
だけど、草原を二周したけど、枯れ木が必要本数分見つからねぇ‥‥‥。
村の中とかもうひとつのセーブポイントにも木があったのに気が付いた時には、全員のレベルがひとつずつ上がってた。
ここの敵達ってオイシイかもだ。ちょっと迷い過ぎだったけど、怪我の功名ってことにしておく。

橋を作って行けた先に、クランで会ったブタの人が居た。
「今は、ギルガメは居ないよ。」って教えくれた。
依頼者にも大雨じゃないと会えないって言われてたので、しばし突っ立って待ってみる。
天気、変わらない……。
歩かなくちゃなのかなと、うろうろしてみる。
でっかいカメがいっぱい居たので、手当たり次第殴ってみる。
天気、やっぱり変わらない。
そうこうしているうちにMPが切れちゃったので、一旦セーブポインとへ戻ろうと橋を渡ったら、雷が鳴ってる大雨になった。
ここでやっと、古木探してた時に雨だったり曇りだったりしてたのって、エリアが変わるごとに変化してたんだって気が付いた。
時間経過か歩数だと思ってたよ……。我ながら間抜けかもしれない。

一旦セーブして出たり入ったりしたら大雨になった。
居るよ、ギルガメ。でかいよ、ギルガメ。
ブタの人が手伝ってくれるっていうので、一緒に突進。
最初に「ぬすむ」で1000ギル貰えた。流石ギルガメ。
ブタの人が色々サポート(すげぇ魔法をいっぱい使ってくれる)してくれて、フェニックスの尾とエーテルと散々使いまくって瀕死にまで追い込んだのだけど、この辺りから怪しい雲行きになってきた。
どすーんってやられる度に1000以上削られちゃって、死んだ仲間を生き返らせてる暇もない。
んで、ちょっと離れて体制を整えて体力回復させて戻ったら、離れ過ぎちゃってたみたいで、ギルガメも全回復してた。
もう、最初からやり直す気力無いよ……。
ということで、色々使ったアイテムが勿体なくてリセット。

ギルガメと戦ってて気が付いた事。
相手の体力って、数字が解らないけどゲージは左上にちゃんと出てたっぽい。
モブとかBOSSは『ライブラしても「????」』って頭にあったから、今までずっとちょろりとも見てなかった。
あと、ウの人もそうだったけど、瀕死の時に使える「密猟」って、相手によってはレジストされちゃってるっぽい。
どうりで何度やってもトドメがさせなかった訳だ。
もっと早く気が付いてたら、ギルガメ倒せてたかもしれん……。(遠い目)

ということで、4時間くらい遊んでたのに、モブ一匹仕留めただけで、ほとんど進んでない状態。
ギルガメ、なんちゃらドラゴンよりはどうにかなりそうなので、ミストナック覚えて、また挑戦しちゃる。  
Posted by soy_milk at 21:27Comments(3)TrackBack(0)

墓ドロボウと花サボテン

レベル上げにちょうど良いエンサ砂漠一帯は、黄色い玉が何処に潜んでいるか解らなくて心臓に悪いので、昔の王様のお墓に潜る事にした。

壁、何度か挑戦してみたけどどうしても押しつぶされてしまうので、結局逃げる事にした。
二つ目の方は、力でゴリ押しして楽勝なのだけど、最初の方のは距離が足りない。
てか、リフレクしてても全員ブライガ喰らうのは何故?
暗闇をレジストするアクセサリーを装備すると、ブライガじゃなくて眠り攻撃して来るのは何故?
倒すまで何度も動くみたいなので、レベルが上がったら復讐しちゃる。

お墓の中は、やっぱりあんまり強いのは居なかった。
途中で油取り紙が無くなってオイルまみれでも平気で進んで行くわしらご一行。
自分達がこうだと、敵に使ってもあんまり効果無さそうとか思ってしまう。覚えなくても良かったかもしれない。

きっちり封印された王墓の割には、大したお宝も無かった。
散々ぐれぐれ回って一度出てきて、アイテム整理。
おたからを処分したら新しい交易品が入荷したのだけど、買ってみたらブラッドソードだった。
さっき、モンスターから盗んだ剣だよ。お金が少ないのに無理して買うんじゃなかった。

BOSSの赤いのも、あんまり苦労しないで倒せた。
何度挑戦しても勝てなくて先に進めずに嫌になるよりはずっと良いけど、ちょっと物足りない。

目当てのアイテムの場所まで行ったら、オープニングで亡くなった王子さまが出てきた。
ああ。そういえば、アーシェは未亡人だったなぁと、今更ながら思い出した。
王子さま、やっぱ男前だわ。
今回のFFって男前度が低めなのが残念なんだけど、王子さま、幽霊でも良いからパーティーに入ってくれないものだろうか。

暁のなんちゃら(だったかな?)を入手して外へ出たら、自動的にイベントに突入。
真っ当な出口を使わなければイベント始まらないかもと、リセットしてテレポしようと思ったらできなかった。無念。

このオートイベント、戦い疲れたわしの頭にはちょっと長かった。
見せ場って程の絵も無かったし……。

ウの人とは、結局ここでお別れになってしまった。
別れの際のメンバーの態度が、かなり冷ややかだった。ウの人、ちょっと可愛そうだったなぁ。
お姫様、結果はどうあれ二年間世話になっていたんだから、優しい声くらいかけてあげれば良いのになぁ。

ラバナスタに戻って、ギーザ草原の先の土地へ行く事になった。

ギーザ草原は雨期になってるって言うので、取り合えず一周してみようとチョコボを借りて出かけた。
カエルだらけだよ。東の砂漠の海岸に居た白い犬がいっぱい居るよ。でかいカメも居るよ。
マップがごちゃごちゃしてて歩くの面倒くさそうだよ。
ということで、眺めただけで一旦街に戻る。

ラバナスタの街の人の会話も結構変わっていたので、他の街も変わってるかなと、草原経由で東の砂漠へ行ってみる事にした。
チョコボで行きたかったのだけど、途中のキャンプがチョコボ乗り入れ不可なので、徒歩で。
途中、ウルフや丸い鳥に襲われてもダメージゼロだった(笑)

川のほとりの村の病人イベントが先へ進めるようになっていた。
船で北側の村へ……。
いやぁん。サボテンファミリーがかわいー。
南側の村に戻って、サボテン花の搾りカスを見つける。
うわぁぁん。花サボテンかわいー。すっげぇかわいー。
村の中を走り回る事数分。
一生連れて歩きたかったけど、再度北側の村に。
ここでもサボテン達のくねくねダンスにうっとりして、しばし眺める。
こんなかわいい姿を散々見せつけられて、ますますサボテンが狩りにくくなっちゃったよ。

今回、主人公達にはあまり思い入れを感じられない代わりに、モーグリとかサボテンとかギーザウサギとかNPCの犬の人達にかなり愛着を持ってしまっているわし。
人間っぽいのしか仲間にならないのが、本当に残念。

花サボテンにお礼を貰ったら、村から北のフィールドへ行けるようになった。
そう言えば、何とかって花を取ってきて欲しいって頼まれていたので、そのまま北上する事にした。

ピンクの小さい犬がいっぱい居た。
結構強い。
てか、コンフュ喰らって、同士討ちで二人死んだ。
三匹に囲まれて、噛み付きまくられて四人死んだ。生き返らせてる暇無し。
南側ではわしらのことなんて知らんぷりだった恐竜が居たので、いつもの調子で通り過ぎようとして五人死んだ。こいつ、北側ではがっつんがっつん襲いかかって来る。ずるいよ。
ゲームオーバーにはならなかったけどぼろぼろになったので、一度村に戻る事に……。
体力削られ過ぎて回復だけでMPがどんどん無くなっちゃうのと、北側にセーブポイントが無いのが辛いなぁ。

体勢を立て直して、遊び始めた頃みたいに壁際をこそこそと歩いてお花ゲット。
南の村へ戻って家の前の人に花を渡したら、蛇の抜け殻もくれって言われたのであげた。
病人はもうすぐ良くなるって聞いたので、その間、再度北上して、なるべく一匹ずつ狩れるよう気をつけながらレベルアップに励む。
慣れて来ると、割と苦労しないで進める。
調子に乗ってさらに先へ進んだら、ナルビナへ出てしまった。
後戻りするにはMPが不安だったので、ナルビナでチョコボを借りて病人の居る村へ戻った。
チョコボ、800円も取られたよ。

回復した病人さんから、カギが貰えた。
前にブタの二人組が居た遺跡の別の入り口の鍵らしい。
親分って、この病人の事だったのか。わし、あの地下で座り込んでるバッテリー(だったか?)をくれた商人の事だと思ってたや。

早速、鍵を使って中へ入ってみた。
前に歩いた時には行けなかった道を見つけて進んだら、めちゃめちゃ強いのばっかりで命がいくつあっても足りない感じだったので、あんまり深入りしないで途中で帰ってきた。
もうちょっとレベル上がってからまた行こう。

この後は、雨期の草原でモブ退治でもしようかね。  
Posted by soy_milk at 01:57Comments(3)TrackBack(1)

2006年03月25日

全然進まない(笑)そのいち

街で一休みして、東の砂漠へ。

白い犬は50チェインくらいで出現すると聞いて、50貯めて川のほとりへ行ってみた。
……居ねぇ。
もう少しチェインを繋げなくちゃなのかなとウルフ探しをしている時に、アーシェが通りすがりのコカ鳥を殴った。
阿呆めが……。
オートにしたままふらふらしてたわしが悪いのだが、最初からやり直し。(涙)
また黙々とウルフを狩って、54にして戻ってきたら、白い犬が居た。
なんだかでかくて、わしのヴァンからはケツしか見えない。
ケツを狙って盗んだり戦ったりしてたら、意外とあっさり倒れた。ピンクの犬よりちょっと強いくらいらしい。
もう一回倒そうと、またウルフ狩りをしてたら、今度は21チェインで出たよ。あれ?
このとき、珍しく早めにチェインレベルがアップしてたのだけど、チェインのレベルも関係あるのかな。
早々に出現してくれた白い犬を今回もシリ方面からありがたく殴らせてもらって、城塞都市から飛空挺に乗る事にした。

でも、城塞都市からは、ラバナスタ行きしか出てなかった。
いい加減歩くのが面倒になってたので、初めてチョコボに乗ってみた。
乗っていられる時間が3分らしいので、ギーザ草原回りでラバナスタまで帰ることに……。
チョコボってば、ターボを使うと、持参のお弁当を食べるらしい。かわえぇ。
敵に襲われないし速いしでらくちんなのだが、宝壷を開けられないのがちょっと残念。
どうせ大したものは入ってないと思うのだが、やっぱり、見つけると開けたくなるや。
降りてもその場で待っててくれるチョコボを切望。

ビュエルバへ戻る時の飛空挺には、モーグリがたくさん乗っていた。全員飛空挺の技術屋さんらしい。
デッキの一番上で他の乗客にアンケート取ってたモーグリが、話し終わった後にちゃんとお辞儀をしているのが可愛かった。

ビュエルバに着いてからも偉い人の所へは行かずに、また意味も無く骸骨を叩いていたら、魔物が落とすアイテムの入れものが大きなコインになった。
今まで出た事無かったので、嬉しくて狩りまくるわし。
そして、古文書(だったかな)を三冊買って三桁になってたお金も骨くずを売ってまた増えたので、散々先延ばしにしてた偉い人の所へ。

オートで会話が進んだ後、なんか、お姫様が飛空挺を盗もうとなさる。王族のくせに躾け悪いぞ、お前。
で、みんなでお墓に行こうって事になったのだけど、ヴァンとパンネロが何となく蚊帳の外っていうか、なんと言うか……。
「付いて来たいなら勝手に来ればー?」って感じに思えたわしは、ちょっと捻くれているのだろうか。

そんなこんなで到着したのは、前にそこより先へ進めなかったセーブポイント付きの空き地。
飛空挺は、紐に繋がれて上の方で待機しているらしい。犬かよ。
番をしているモーグリに話し掛けたら乗れるのかなって思ったけど、そう言うシステムじゃないらしく、仕方がないから、徒歩でラバナスタへ帰る事に。

ウーのおっさんが仲間になったから、今のうちに出来る事をしておこうと、ここまで来てもさらに、寄り道どころか後戻りまでするわし。

戻る途中で、レアのフィデルに遭遇。
今までずっと陽炎立つ地平で会ったと思ってたけど、実際は中央断層だったらしい。
密猟する間もなくあっさり倒してしまった。
そして、今までヴァンに持たせていたのはメイスじゃなくてロッドだったって事もここで判明。
ライセンス、メイス系を伸ばしちゃったよ……。

ラバナスタへ戻ったら、モブの依頼がひとつ出ていた。Dランクのワイバーン。
ちょうどこれから行く先に出るみたいなので、請け負ってみる。
飛ぶ敵の様な気がしたので「飛行タイプの敵」なんてガンビットも買ってみる。

そして再度徒歩でモーグリのノノさんの元へもどり、その先へ進む事に。

ライブラでトラップがわかるって言うから、エンサ砂漠に入った所にある赤い柱にライブラしようとしたけど出来ない。
散々考えて解ったのは、普通はこの赤い柱が見えないって事。
わし、いつも誰かがバングルしてて常にライブラ状態だったから、赤い柱はあってあたり前で、ただ除けるものだと思ってた。(実際は、何か出て来るかなって、ルース魔石坑では必ずわざわざ踏んでたが……。)
たまぁに体力が回復したりするのがあったので、ライブラで罠の種類が解るのかと思ったよ。そうじゃないのかー。わしって、ばかだ。

エンサ砂漠に入ってすぐに、レアモンスターと遭遇。
パイナップルって名前は聞いてた。この地域で出会うであろう事も予測してた。
で、ここってマンドラゴラがいっぱい居る地域だったので、マンドラゴラの頭にパインの葉っぱが生えた奴に会えるんじゃないかとわくわくしてた。
……ボムじゃん。
パイナップルって、植物のじゃなくて手榴弾かよ。
ちょっと残念に思いながら、あっさりやっつけて先へ進んだ。

その後、エンサ砂漠の地図を入手して途方に暮れる。
直線で進めば、あっという間に西の端っこまで行ける距離なのに、まぁるいわっかがいっぱい。しかも、途中でルートが二つだか三つだかに分かれてる。めんどくさそー。

取り合えず下の方をずっと進んだら、チョコボを連れた二人組の商人さんが居た。
買い物して話を聞いて、この先は違うエリアらしいので、戻ってもうひとつのルートを見て回る事にする。

マップの上の方のは、なんだか「????」の出口がいっぱい付いてる。
ひとつずつ入ってみたら、前に西の砂漠で入った洞窟の続きらしかった。
緑色のプリン(本名はスライムだった)やカエルを倒しながら進んだけど、どれもこれも行き止まりだったり障害物で進めなかったり……。
途中、段差があって進めない所の向こう側に、見た事の無いモンスターを発見した。
虫みたいなカニみたいな格好で、キラーカッターって言う名前らしい。
試しに「たたかう」を選んだら、弓か銃なら攻撃が届く事が判明。
そのまま放置して一服して戻ってきたら、フランとバルフレアが頑張ってくれたらしく、一匹だけ倒してた。
取り合えず、現時点ではレアモンスターだな(笑)

上の方で高い所に居たら、でっかいコウモリに襲われた。
「ワイバーン」って名前なので、モブだと思って力入れて倒したら、違った。
依頼されてたのは、「ワイバーンロード」だった。どうりで弱過ぎ。

そして、ここの敵って弱いなぁと気を抜いてぶらぶら歩いてたら、黄色い玉に遭遇。
柱の陰に居る見えない相手にヴァンが「盗む」をしたら、それが黄色い奴だった、
そう言えば、水色の曲線がエンサ族を狙う時より上だった様な……。
逃げる間もなく2600とか全体で喰らってメインメンバーの三人もゲストも昇天。
慌ててメンバーチェンジした直後、R2ボタン押してからエスケープが有効になるまでのほんの僅かな隙に、残りの三人ってば、踵を返して黄色い奴に突進して行きやんの。
残りのメンバーもあっさり全滅。

砂漠歩き、途中からやり直し。
ガンビットONって、ザコ相手にはかなり楽でいいけど、アセった時にとんでもない事になるのが悲しい。
最初に拾った宝壷からそこそこ良いもの拾えてたのに、二回目はハズレばっかりだった。
某ゲームみたいに、全滅の時に『あきらめない』って選択肢があれば……(笑)

この全滅でかなり闇に葬られた時間が出来ちゃったけど、取り合えずオグル・エンサを一回りしたので、次のエリアへ行く事に……。  
Posted by soy_milk at 19:07Comments(4)TrackBack(0)

全然進まない(笑)そのに

長くなったので、分けてみた。

オグル・エンサを後にして、ナム・エンサへ。
どうやら砂の海はまだ続くらしい。

今度は建物を渡り歩くのではなくて、普通に砂の上を歩いて進むらしい。
エンサ族ってこの砂漠で暮らしているらしいが、あのとんがった足では、砂地に突き刺さってしまって抜けなくなりそうなものだが……。
そういえば、キングダムハーツの2にも、こんな足のハートレスだかノーバディだがいっぱい出てきたな。

「砂魚たちのみぎわ」から入ったら、モーグリの立っている場所から逃げて行くエンサ族の人の後ろ姿が……。
ここでモーグリにエンサ族の天敵退治を依頼される。
でも、オグル・エンサの下の方の入り口からも入ってみたかったので、後を追わずに元来た道へ……。相変わらず遠回りが好きなわし。

マップが無いので、歩いた所しか地図の画面に表示されない。
途中で、高い場所からモンスターに踏みつぶされるエンサ族の人々が見えた。
ああ。あのでかいのを倒しに行けば良いのねと思いつつ、ぐるっと回って反対側からそれとおぼしきマップへ。
どうやらまた亀退治らしい。とにかくでかい。
相手のHPがどのくらい減ってるのか確認出来ない位でかい。
今回も、全体像を把握出来ないうちにヴァンの「ぬすむ」が「密猟」に変わって、予想していたよりはあっさりと倒せた。

なんだか今回、モブ討伐以外はあまり苦労しないで倒せちゃうのだけど、わしキャラ達、育ち過ぎてるのだろうか。
でも、ウーのおっさんが前はレベル25だったのが27になって帰ってきてたから、そんなに育ち過ぎって感じでも無さそうだしなぁ。
それとも、新しいメンバーやゲストは、こっちのレベルに合わせて来てくれているのだろうか。
この時点で、ヴァンはレベル26。他の人達は、23か24。

ナム・エンサ。散々歩いてもマップが見つからないまま、突然ワイバーンロードと遭遇。
やっぱり飛んでたので、攻撃はフランとバルフレアに御任せして、ウーの人は放置の方向で、自分は盗むと回復担当して、赤くなったら密猟。
こいつもあんまり苦労しないで倒せた。ちょっと期待してたのだけど、アイテムの収穫も大した事無かった。

そのまま進んだら、前にあった二人組の商人が居た。あそこからここまで移動してきたらしい。
自家用チョコボ持ってると楽そうだなぁと思う事しきり。
この先にすごいのが居るぞって教えてもらったので、走って元来た道をたどって、目のでかいモーグリの所へ戻ってセーブ。

なんだか、エンサ族の人が亀退治のお礼を探しに行ってるらしい。
でも、何処に居るのか解らないので、そのまままた戻って王墓へ行く事にする。
先へ進んだら、いきなりでかいのが出てきた。ガルーダだって。
特別なアイテムが無いと倒すのが難しいようなことを言われてたけど、特に問題無く勝利。
ボスモンスターは、体力ゲージが見やすい所に出ててくれるのでモブより倒すのが楽かもしれない。
倒した後で解った事だけど、このガルーダ、ハントリストのBOSSの欄に入ってない。
そういえば、前に倒したプリンもそうだった。こいつらBOSSじゃないのか……。

お墓の入り口の赤いクリスタルでセーブして、中に入ってみた。
奥は広そうだけど、入り口のフロアはこじんまりしてる。
真ん中から先へ進めそうなので歩いたら、いきなり壁が動いて潰されてゲームオーバー。
ロードして戦ってみたけど、やっぱり押し潰された。
7割くらいは体力削れるのだけど、時間が足りない。
またロードして逃げたら、逃げた先にも同じ壁が。
なんだこりゃと思ったけど、最初の壁より距離が長いので勝てた。ウの人は何処か行っちゃったけど。

その後メンバーの会話があって、ウの人(本名ウォースラ)がなんだかイヤんな感じだった。
ずっとゲストのままだし、やっぱり何かヒミツのある人なのかもしれないと、マヤさま同様、わしも思う。
(余談だが、この人、すごく強いんだけど、色々やらかしてくれる。ちょっとした隙に余計なのに手を出してチェインぶった切ってくれたり、人がこそこそとトラップ除けて歩いてるのに、真ん中突っ切って回りも巻き添えにしてくれたり……。精悍な騎士って言うより、無骨な戦士ってイメージだ。)

多分このまま先へ進めば良いのだろうけど、最初の壁もどうしても壊したくなったので、リセットして、壁退治は後にして、レベルあげも兼ねて、まだ回っていない場所をうろつきに行くことにする。
見た事のあるモンスターの色違いを倒しつつ、ナム・エンサへ最初に入った場所まで行ったら、地図発見。
ここって、途中で曲がって歩かなかった場所だ。
ということで、ナム・エンサを全部歩き回ってから地図を入手と言う、かなり阿呆な結果になった。

墓ドロボウに入る前にモブ討伐の報告やら新しい依頼チェックをしようかなと、性懲りも無くラバナスタへ戻る事を決意し、寄り道しながら目のでかいモーグリの居た場所へ。
エンサ族のお礼の事が気になって話し掛けてみたけど、さっきと同じ事しか言わない。
散々エンサ族を殺った後だったので、どこかで一緒に殴り殺しちゃったのかなとか心配になりながらも仕方なく帰途に付くと、イベント発生。
あー。ここって、お礼の話が出た後にちょっと覗いたけど誰もいなかったからそのまま戻って建物に登らなかった所だ。
地図同様のミスをやらかしてたよ。

で、走って行った後を追いかけて行ったら、なんだかとても可愛そうなイベントに……。
女王様がいっぱい喋ってた分、何も言わずに消えて行ったはぐれエンサがとても哀れに思えた。
亀退治のお礼のつもりだったらしい花からガルーダの嫌がる実が取れたけど……。
すまん、もう倒した後だ。
なんだかはぐれエンサにちょっと申し訳ない気がした。

やるせない思い(笑)を振り切って、また弱いものいじめしながらラバナスタまで戻ったら、新しいモブ討伐の依頼が三つ出ていた。
白いプリンとなんちゃらドラゴンと酒の材料にするヘビ。
プリンとヘビがAランクで、ドラゴンはC。

取り合えず全部受けて、Cのドラゴンの所まで行ってみる事にする。
砂嵐の時に現れるみたいで、チョコボに乗ってうろうろしてたらすぐに会えた。
そして、すぐに死んだ。
全然かないません。全く歯が立ちません。魔法も全く効きません。
多分こっちのレベルが足りなすぎるのだろうけど、DとCってこんなに違うものなのか?
Cランクでこれじゃ、Aランクなんて請け負うだけムダだ。

潔くリセットして、ちょっと前のデータで再開して、依頼の件はなかった事にした。
明日は、お墓に潜ろうか、壁退治の為にレベルを上げようか考え中。
ずっとガンビットオンで一昨日あたりから「ぬすむ」と「ケアル」以外ほとんどしてないリーダー小僧のリハビリもそろそろしなくちゃだ。  
Posted by soy_milk at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月23日

寄り道三昧

リヴァイアサンから逃げ出して、次はまた空の街の偉い人の所へ行くように言われているのだけど、行ってない。

亀退治の依頼者から頼まれた次のお使いで、日記を読んでるのに読んでないって嘘ついて上等な服の方をお礼に貰った後、飛空挺に乗って古巣へ帰還。
ラバナスタへ向かう途中で七姉妹の二番目にあって、手紙が渡せた。
定期便、バルフレアの飛空挺に乗る前にナルビナ城塞までゆっくりの方で往復したので、今回は三度目の空の旅。
お客さんも乗組員のほとんども、二回目の時と同じ事しか喋らなかったのがちょっと残念。

新しいイベントとかは発生しないけど、街の人の話題に、リヴァイアサンの事とかが加わってた。
ダウンタウンの爺さんや道具屋の親父も、パンネロ救出を褒めてくれた。
飛空挺はアレだったけど、街では関係ない場所でもちゃんと時間が流れているっぽいのが、なんだか嬉しかった。

全員レベル21〜22になってたので、草原でウェアウルフと遊ぶ。
10匹倒して、ハントカタログを更新。
ウェアウルフの居たあたりの南側、大きなマップだと先に小さな土地があるのだけど、通常画面のマップだと木だか雑草だかが生えてて先へ進めない。
ファイアで燃やすのか?とか思ったけど、ターゲットが選択出来ないって言われた(笑)

謎の空き地は放置して、西の砂漠へ出かけて、砂漠の中の洞窟へ……。
入った時にはでかいカエルが一匹なのに、歩いていると上から緑色のプリンが降って来る。
武器の攻撃が全然効かねぇ……。
魔法も特別効果がある訳じゃなくて、すぐにMP切れになった。
殴られながらMPチャージして辛勝したけど、数歩歩いたらまた同じのが上から降ってきたので、あわてて逃走。
この洞窟は、もうちょっと強くなってからじゃないと無理っぽいや。

洞窟から出てきて手当たり次第殴っていたら、またレアのぼやけた骨がちょっと遠くを歩いていた。
早速殴りに走り出すわしキャラ達。
前回は苦労したけど、今回は割とあっさり勝てた。「盗む」をするのを忘れたが……。

で、この後うっかり黄色いエレメントを殴っちゃって、エラい目にあった。
全員眠らされて、動けない所に範囲攻撃受けちゃって、メンバー替えられなくて全滅。
仕方ないから、残りの三人を一人ずつ出して、一人やられたら一人交代で全力で逃げた。
途中、他のモンスターも寄ってきて袋だたきにされたけど、構わず逃げた。
魔法とかアイテム使おうと立ち止まると後ろ頭に結構痛いのがヒットするので立ち止まる事も出来ず、死にかけのままひたすら走った。
ずっとセーブしてなかったから全滅だけは避けたいと焦る気持ちが災いして、逃げてるつもりが黄色いのに向かって行ってたり、袋小路に入っちゃったりして、最後に残ったバルフレアも、真っ赤状態。
何とか逃げ切ったけど、あの黄色いの、気のせいかもしれないがHPが4で始まる5桁だった様な……。
FF12で遊んでて、結構いつもドキドキしているのだけど、今回のが一番スリリングだったや。
黄色いの、いつかリヴェンジしちゃる。

一度街へ戻って体制を整えて、腹いせにリンブルウルフ狩り。
ウルフを20くらいチェインすると出るっぽい。
最初の頃に一人で出会って瞬殺された相手だったのに、今回は、ヴァンが「盗む」を何度か失敗しているうちに他の二人であっさり倒してた。
わしパーティーも、随分強くなったものだ(笑)

この後は、マヤさまに教えてもらった白い犬のところへ遊びに行く予定。
空の街の偉い人の所へ行くのは、もうちょっと先になりそう。  
Posted by soy_milk at 12:09Comments(2)TrackBack(0)