May 14, 2007

アニメDVDの売上とか

 
2007年05月14日 kanose オタク “作品としてはどうみても全く価値がないとしか思えない『まなびストレート!』とか『コードギアス』とかを、「萌え」の一言で無批判に受け入れるメンタリティ”コメント欄より。オモシロ!

 レコーディング・ダイエットのススメ: 「オタク論」、発売中ですはてなブックマークコメントで見てふとこの記事を思い出した。

 現象 - ufotableにケンカを挑まれている、という感覚より
かように『まなび』は概ね好評の様子。ライトな層にしっかりと受け入れられている。

「偉い人」たちが駄作の証拠として並べ立てている部分――例えば葛藤の不在やあっさりとした克己を「偉くない人」たちは瑕疵と捉えず、むしろ「テンポがよかった」という形で表現し評価している。


 そうかそんなに人気なのか、と思っていたのだが、2chのDVD売上関連のスレなど見ていると実際には3000枚程度の売上だったりする(参考:売上補完スレ)。

 難しいところで、2000枚を割り込む作品も多いから3000でも十分だと言えなくもないし、ノエインやゼーガペインよりは1000枚以上多く売れてるのだから「ライト層に受け入れられた! やった! オタクエリートばーかばーか」と言ってもいいが、たとえば同時期の作品だと原作付きとはいえ『ひだまりスケッチ』が5000枚以上売れているわけである(なお3000は「そこそこな売上」と評価してよくて4000枚超えると「お、ヒットしてますね」という印象)。

 ライト層や萌えヲタに受け入れたとか、オタクエリートvs萌えヲタみたいな構図の材料に使うには『まなびストレート!』の立ち位置は微妙だ。ネットでの騒がれ方のタイプから連想されるような爆発的な売上ではない。少ないわけでもないのだが。
 この作品への言及はブログ村でも2chでもすでに減ってしまって4月以降の新作に関心は移っているようだが、あのバカ騒ぎはなんだったのだろう。 

soylent_green at 16:59│Comments(2)アニメとか漫画とか 

この記事へのコメント

1. Posted by rei   May 17, 2007 02:00
どうもお邪魔します
まなびのDVD売り上げ、3000枚弱の数字は評価できると思います
なぜなら他のオリジナル作品のDVD売り上げにはもっと厳しいものも多いから
記事中ではゼーガとノエインがあがってますが、近年でまなびより売れなかったオリジナルといえばあやかし、シムーン、ソルティレイ。などなど
オリジナル萌えアニメだと、かしましが似たような値だったと思います。
そういえばかしましも結構バカ騒ぎになりましたね
2. Posted by そいれん@忘却界抄   May 18, 2007 04:19
評価しないわけではないのですが、上にあるとおりコードギアスと同じ扱いにされたり、「ライト層に受け入れられている」と言われたりする作品としては、ちょっと少ないんじゃないかなあ、と思うわけです。コードギアスは各巻数万枚売れているわけですし。
ufotableはオタクエリートを切ってライト層に舵を切って成功した! と主張するには、もうちょっと、『舞-HiME』シリーズの1万枚前後とは言いませんがせめて『かみちゅ!』の4000〜6000枚くらい売れたら「ごもっとも!」という感じだったんですけどね。オリジナル作品は売れないのが現状ですから、『まなびストレート!』の数字は評価すべきですが。
あとソルティレイやシムーンは特にネットで人気の高かった作品というわけでもないので、あまり考慮してもしょうがないんじゃないかなあと思います。かしましはむしろ「あのね商法」についての突っ込みのほうが主に騒ぎの中心でしょうし。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。