そよ風

マスコミの偏向報道、教育の場での自虐史観授業等に日本の危機を感じています。
先人達が命をかけて築きあげてきたこの素晴らしい国、日本を失わないため、私達は行動します。
そよ風 HP   Facebook

中国人の慰霊を行う事に何の問題があるの?にお答えします。

   
昨日とも様という方から、当ブログの記事について投稿がありました。
とも様ご投稿ありがとうございました。とも様の様な方こそ大歓迎です。

旭川慰霊碑中国人烈士とは捕虜及び囚人だ!
北海道上川郡東川町 中国人強制連行事件殉難烈士慰霊祭に抗議!(平成29年7月7日)

とも様は中国人の労働があって今現在の発展があり、中国人の慰霊を
行うことに何の問題があり、人と人の思いやりと言う視点に立てないか

という趣旨の御意見ですね。とも様のような、お優しい日本人が、今の
日本人の大多数なのだと思います。とも様は博愛の精神に駆られて
ご投稿して下さったのだと拝察します。
もし、ただの嫌がらせ投稿、あるいは工作員でなければ、
ぜひ、的場氏の御意見をお読みになって、再度ご投稿下さいませ。
お待ち申し上げております。


 ( とも様投稿文)

2017年08月15日 22:38

中国人の労働があって今現在の発展があり、その労働により
亡くなった方々の慰霊を行うことに何の問題があり、講義されている
のか全く理解できません。
過去に何があり、どういう経過で中国人が労働されていたかを
論じて何になるのでしょうか。
どこの国の方であっても、地域発展に貢献し亡くなられて方々を
慰霊してるだけのこと。
地域が行うただの慰霊であって政治や宗教は存在しておりません。
国と国のことより人と人の思いやりと言う視点に立てないでしょうかね。

私の祖父や父は労働現場を身近で見ておりました。
皆さん方が知っていることとは大きく異なる現場であったと聞いて
おります。


( 的場 光昭氏 投稿文)

2017年07月10日 06:48ご参考までに大須事件に関するWikipediaの
記載を紹介します。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%A0%88%E4%BA%8B%E4%BB%B6

日中貿易協定の調印式に臨んだ日本社会党の帆足計と改進党の
宮越喜助の両代議士が帰国し、1952年7月6日(日曜日)・・・
日中友好協会のホームページには大須事件については全く触れられ
ていません。
http://j-cfa.com/about/index.html
しかし、1953年2月 中国人俘虜殉難者慰霊実行委員会発足
と、俘虜という言葉を正式に採用しており、協会自体が強制連行と
いう言葉を使っていません


日本国憲法第八十九条
 公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、
便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは
博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

東川町の定住推進課長は平日勤務時間に倏邂Δ了業
(に名を借りた反日活動)に出ており、旭川東警察署員も多数動員
されていました。
彼らの給与は公金であり、憲法89条に抵触します。
 

毎年7月7日に行われる東川町の反日慰霊祭。

ソ連抑留者のなかから選りすぐった共産主義者を撫順に集めて、洗脳教育を施され日本国内に共産革命を起こさせようと放たれたの中帰連のメンバーです。
そのメンバーが市役所に潜り込み時の自民党市長をたぶらかして建てたのが東川町の共同墓地の入り口にある反日慰霊碑です。
毎年毎年、史実とはまったくかけ離れた日本を、そして日本国民を貶める慰霊祭の追悼文を聞かされる背後の墓石の下に眠るご先祖様は浮かばれません。
盧溝橋事件は国民党軍と関東軍を戦わせて漁夫の利を得ようとした中共軍の謀略であったことは歴史的に明らかになっています。
慰霊碑に祭られている方々は、ほかならぬ中共軍の犠牲者と言っても過言ではありません。

こっち来んな!首を縊る木はあっても金の生る木は一本も無い

「こっち(日本)来ても駄目だぞ!
首を縊る木は
あっても
金の生る木は一本も無い」


関東大震災は大正12年の9月1日の事でした。

その同じ年の少し前の4月、大阪毎日新聞の記事に、この言葉が

載りました。そよ風ブログはヘイトだ!と、騒ぎ立てたいと思った方、

落ち着いて下さい。残念ながら、この言葉は、すでに内地に来ていた

朝鮮人が、続々と押し寄せる同胞に対して、警告した言葉なのです。

なんと、当時、朝鮮人は1か月に
3万人近くも押し寄せ、それが

「潮のよう流れ込む朝鮮人の群れ」という見出しとなっています。

その事態を見た在日朝鮮人が、警察や闇ブローカーに、頼んで、

密入国の取り締まりをするよう運動を起こしたのです。

中には、朝鮮人自ら、この言葉を書いて釜山に張り紙をしに行った

人もいたというのですから、切実な思いが伝わってきますね。

それにしても何と直截な言葉でしょうか。

朝鮮人同志だからこそ、言える言葉ですね。

記事によると、流れ込んでくる朝鮮人は、着の着のまま、

その着物で一生押し通し、体も、手足も、滅多に洗わない、

極貧の階層の人々だとあります。しかも、飢饉によって、食うや食わずの

この人達に、内地人の生活を見せると、もっと押し寄せてくるぞ、と

既に日本で、ましな生活ができている朝鮮人が、心配しているのです。

この、同胞による渡航差し止め運動こそ注目すべきです。

又、この時の、言葉は、当時の朝鮮人が、いかに、日本を、金のなる木だと

思っていたか、という証明ではありませんか。

朝鮮にとって、今も昔も、日本は金のなる木。

韓国の元大統領は、日本が朝鮮を植民地支配したことを1000年恨むと

おっしゃいましたが、本当は、恨むどころか、金のなる木が生えている

ように思えた憧れの日本に、我も我もと、海を渡ろうとしたというのが

事実です。

一方、100年前から、何ら進歩出来ない日本。

どんなにひどい目にあわされても、水に流して、おもてなしをする日本人。

酷い目にあわされた事を記憶できない日本人。

どう考えても、歴史に学べない愚かな民族は日本人ではないですか。
(す)


1923年4月23日付 大阪毎日新聞 神戸大学付属図書館 蔵



大阪毎日新聞 大正12年4月24日〜同月27日

潮のように流れ込む鮮人の群【一】
 

三月には二万と七千人


 長白山の月にそむいて内地へ内地へ
  無責任な吹聴などに浮かされた人々
 内地の鮮人も驚いて渡航差止運動

本文
朝鮮人が盛んにやってくる!汽車で梅田から汽船で川口から日毎々々に夥しい群れが束になって大阪へと流れ込んで来る。大阪ばかりじゃない、だだ内地へ!内地へ!とまるで金のなる木でもあるかのように白衣の人が玄海灘を渡る。釜山の埠頭で調べてみたら先月のごときは一日平均千人も内地へ渡航しているとは少々驚く、一日千人だとすると
 一月三万人
になる「これはどうもチト素晴らし過ぎる」と内地人は驚いている、警察も寒心している、それよりも内地に土着している朝鮮人自らが頗る穏かでない「来ても駄目だぞ!首を縊る木はあっても金の生る木は一本も無い」と態々釜山まで〇札を立てに行く人、闇ブローカーを取り締まって呉と当局へ運動する・・・・
七千二百十八人三月は一躍して二万七千五百六十五人となっているが爾来今日に至って日と共に其の数が増して行くとの事である、なるほどこれでは驚かないではいられまい、一体なぜ斯うも無暗矢鱈に朝〇を〇しうするまで〇々としてやって来るのか?それには大いに原因もあり理由もある、先ず昨年十二月の旅券廃止と鮮地の飢饉とはその近因で、その遠因に至ってはこれは大きな社会問題となる、〇も朝鮮には中産階級が無い少数のブルジョアと多数のプロレタリアートの二階級だ、言い換えれば少数の地主〇と無数の小作人との二対立である、だから田舎の朝鮮人はその大部分が無財産の水呑百姓だ、従って一般の生活程度が内地に比べてお話にならないほど低い〇も丹波の山ン中と〇○との〇○どころの度合じゃない彼等の住宅は申し合せたように土を重ねて藁で包んだ三〇半の掘立小屋だ、その建築〇○上級で五十〇○しそれが〇や大抵の〇○力行では〇けられないという家の内部は勿論土間でアンペラの一枚も敷いてあれば文化生活に属する部、オンドルを燃やすから夜具蒲団の類は要らない着の着のままのゴロ臥その着物が上着下着ともで二円見当大切に着る人はそれで一生押し通す行屎にも走尿にも〇や手足は滅多に洗わぬ、食べ物にしたって粟と韓米と黍を混ぜた飯に味噌か菜葉漬の副食物は都会生活を模た最上等の格、甚だしきに至っては水と草(草だって六十幾種も食えるのがある)もっと手酷い連中は食土に木の芽を入れて食っているという、泥の木の芽あえに至っては珍品過ぎて恐ろしくなる、一日の生活費十銭から二、三十銭収入これに準じて五十銭も稼げる者は稼ぎ手の方だ、この手合いに内地人の生活を見せれば食うや食・・・・(的場光昭氏現代語訳)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
但馬先生が↑この大阪毎日新聞の記事も取り上げて
下さいます。ぜひ、御参加を!


そよ風講演会チラシ作成2案最終 訂正-001

TBS偏向報道糾弾大会・デモ

勝手ながら、今年のそよ風8月15日のビラまきは
都合により中止とさせて頂きます。
いつもお手伝い下さる皆様には心より感謝申し上げます。
又、再開します時にはどうぞ宜しくお願い致します。


そよ風代表 涼風 由喜子

ーーーーーーーーーーーーーーー

ご参集!
TBS偏向報道糾弾大会・デモ


TBSはじめ民放各社は放送法電波法違反の偏向報道を
連日連夜垂れ流し、もはや報道機関というより
野党の宣伝機関になっている。
株主総会や個別電話での抗議にもどこ吹く風、
とやりたい放題である。
「日曜日の朝」からこんな放送見せられて、
我々良識的な視聴者の怒髪は天を衝いている!
今こそ抗議の旗を掲げ反日自虐史観の牙城、
シナ朝鮮の出城TBSを包囲して
断固抗議しよう!良識的な愛国者は党派を越え、
オールジャパンで総結集せよ。

第一部 糾弾大会

平成29年9月9日(土)3時受付、3時半開会
             (先着順・入場料500円)

星陵会館大ホール 千代田区永田町2-16 東京メトロ永田町、
               又は赤坂見附、国会議事堂前下車

第二部 デモ行進

星陵会館午後5時出発→赤坂TBS方面→6時頃氷川公園にて解散予定

日章旗のみ・プラカードは偏向報道に関する者のみ自由、
但しヘイト認定に注意

主催者 TBS偏向報道糾弾大会実行委員会
      実行委員長 村田春樹

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
(以下、百田氏が取り上げたネットの書き込みより)

TBSが反日的報道をする理由を知っていますか?

!元TBS社員の独り言

「うちの局がこんなになってしまった経緯をお話しましょう」

朝鮮総連の巧妙な圧力から、無試験の在日朝鮮人枠を設けたTBSが除々に在日朝鮮人に乗っ取られる様子が克明に記されています。

(1)1960年代〜
テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題(例えば「朝鮮民主人民共和国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して、朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。彼等はヤクザまがいの風貌で自宅にまで押しかける始末だった。

抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに設けられる。

総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。 在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に「お願い」をしてさらに弱みを握られるなど、素人のような甘い対応で身動きがとれなくなっていく。

(2)1970年代〜
政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。

在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が 社内で在日を積極登用。「日本人社員と在日社員に昇進の差別があってはならない」 などと理想論を述べたのは良かったが、結果を見れば昇進差別をしなかったのは甘い、課長、部長と昇進した在日社員は、帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。

異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。

(3)1980年代〜90年代
昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、 決定的なポストを占める。某サヨク週刊誌の在日の朝鮮人編集長(筑紫哲也)をキャスターに迎えたニュース23の番組が学生時代に学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により高い視聴率を得る。

1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を「消費税反対キャンペーン」 で徹底的に援護。 宇野総理のスキャンダルを連日報道し、社会党在日朝鮮人党首を徹底して 「おたかさん」と呼ぶなど、あからさまな社会党支持。 社会党が地すべり的な勝利。「山が動いた」と感動の報道。

(4)1990年代〜2000年代
偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供するなど、 報道機関として存在を否定されかねない不祥事が続発。 ウチと同様に「左翼的」と呼ばれる朝日新聞、系列のテレビ朝日が、 どちらかといえば「北京の意」を汲んだ報道が多く、その手法が良くも悪くも緻密で計算高い のに対して、ウチの場合、この時期に発生した数多くのトラブルは、ほとんどすべてが 朝鮮半島絡み。

不祥事の内容も、テロを実行した朝鮮カルトの手伝いをしたオウム事件を筆頭に、 粗雑で行き当たりばったり。 バブル崩壊以降の景気低迷で、ただでさえ厳しい広告収入が、 「サラ金」と「パチンコ」に大きく依存。まさに、在日朝鮮人の資金で在日朝鮮人が 運営しているのがウチの放送局。 2005年以降は、もっと露骨なカタチで在日のスターを「作り上げる」ような番組制作が 為されると思う。

このように各TV局は無試験入社で在日韓国朝鮮人の採用を毎年 続けました。

もちろん在日朝鮮人たちは日本戸籍をとり日本名で入ってきます。 いわゆる「なりすまし日本人です」。 その在日韓国朝鮮人社員が昇進して、主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など1980年以降、決定的な権力を持ったポストに、つき始めました。

すなわち、在日韓国朝鮮人に各TV局は、乗っ取られていると云う事です。 その証拠に、韓流ブーム捏造と韓流ゴリ推しTVが、繰り広げられてきました。

恐怖を感じていたTBSはそれ以降、無試験入社で在日韓国朝鮮人の採用を毎年続けました。 この脅迫で味をしめた朝鮮総連は各局のテレビ局や新聞社をTBSと同じように因縁をつけて脅し、在日枠を設けさせたのです。

NHKも同じです。 こうして在日韓国朝鮮人のなりすまし日本人によって日本のテレビ局が支配されてしまったのです。

日本のメディアを支配した在日は日本社会における「獅子身中の虫」です。獅子の身中に住み込んで、これの恩恵を蒙っている虫が、かえって獅子の肉を食って、ついには獅子を死に至らしめる。

つまり組織などの内部にいながら害をなす者や、恩を仇で返す者たちです。
獅子が死ねば虫も死ぬということが何故わからないのだろうか?

在日に支配されたメディアは、戦争の恐怖を煽って安倍政権の足を引っ張り退陣させる動きを活発化させています。

そしてそのTBS社長が驚く発言を入社式で。
TBS社長がこんな考えを持ち、発言するようでは日本もおしまい。
良識ある真の日本の経営者にならなければ報道機関として失格では。

これでも報道機関と言えるでしょうか?
---------------------------------------
そよ風講演会チラシ作成2案最終 訂正-001
そよ風 横網町慰霊碑チラシ 罫線入り - コピー-001
-----------------------------------------------------------
●超拡散希望《「南京完結祭り(日本みつばち研究会)は9月2日(土曜)16時30分〜18時30分:杉並区阿佐ヶ谷地域区民センターにて開催:講師・水間政憲」


■戦後、日本人の名誉を傷つけてきた「南京大虐殺物語」を完璧に粉砕した『完璧「南京事件」―日米中歴史戦に終止符を打つ』の出版を記念して、「南京完結祭り(日本みつばち研究会)」と謳って、講演会を開催します。◆9月2日16時30分〜18時30分:資料代(参加費)1000円(南京ポストカード24枚と最新のオピニオン誌掲載論文)を受付で配布します。


過去30年間、南京問題に軸足をおいてGHQ占領下に捏造された歴史認識、とくに南京問題に焦点を絞って、裁判の訴訟支援やマスメディアに南京問題が取り上げられるように広い意味での「情報工作活動」を水面下で行ってきましたが、それも新刊が出版されることになり、南京問題から軸足を外すことができるようになりました。


この30年間、様々な者が南京問題関連本を出していましたが、最終的に田中正明著『「南京事件」の総括』(小学館文庫)『「南京事件」日本人48人の証言』(阿羅健一著、小学館)以外、資料的価値のある著書はありませんでした。それ故、同2冊とも絶版になっていたのを私が企画し文庫として復刊したのです。南京歴史戦に終止符を打つには、過去の研究成果を踏まえた積み重ねが必要なのです。それを踏まえてまとめた著書は、自民党歴史議連監修『南京の実相』だったのです。実際、筆者の編著ですが、それをグレードアップし、スクープ資料も収録して上梓したのが『完璧「南京事件」―日米中歴史戦に終止符を打つ』なのです。


覚醒されていらっしゃる国内外の皆様、南京は完結書が出版されますが、政府が予算をつけて英語版を作れば完全に終わりますが、篤志家がいらっしゃって英語版をつくることも可能ですが、相対評価できる人物はいないでしょう。

いずれにしても、この30年の人生から「南京問題」を外すことは出来ませんでしたが、新刊本で、それに終止符を打つことができましたので、あとは覚醒されていらっしゃる同志の方々と、啓蒙活動を淡々と実施し、2020東京オリンピックの前には、歴史認識問題をクリアして、つぎの世代に『明るい日本』を実現できると思っております。

実際、素人が目覚めて慰安婦問題に係わり本の出版や活動をしても、評論家の域を越えない、繰り返しをたくさん見てきましたが、それじゃケリをつけることは出来ませんので、一年いないに慰安婦問題も終止符を打てるようにしますが、それには先行して、淡々と日韓歴史戦ポストカードを海外にばら蒔いていただくことが大事です。


とりあえず、「南京完結祭り」に参加していただき、皆様方の頭から「南京大虐殺物語」だけはクリアにしてください。

当日、会場から十数メールのところで懇親会(打ち上げ)(料理2500円(2時間飲み放題つき)を行いますが、会場の都合上事前に申込んでいただきますので、「ファックス」か「ハガキ」で連絡して下さい。

◆〒166‐0001

◆【ハガキ】東京都杉並区阿佐ヶ谷北5‐4‐20
オフィス存代表

水間政憲

◆【ファックス】03‐3339‐7447(夜8時〜朝10時までの間に送信して下さい)


近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を検索して見てください。http://officezon.net


◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件:全文掲載) http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ