そよ風

マスコミの偏向報道、教育の場での自虐史観授業等に日本の危機を感じています。
先人達が命をかけて築きあげてきたこの素晴らしい国、日本を失わないため、私達は行動します。
そよ風 HP   Facebook

強制連行が嘘っぱちだった証拠ゾロゾロ

https://www.youtube.com/watch?v=w3UdZkRxZCc
先日も街宣でお伝えしました群森の朝鮮人碑の説明書。
朝鮮人碑を守る会が作った「群馬における強制連行と強制労働」
の小冊子。

BlogPaint

この本には強制連行されて来たと主張している在日の方の証言が
多数掲載されています。朝鮮人がどれだけ苦しみを味わい差別されて
来たかを訴えて、日本から謝罪と賠償を得るためにつくられたのですが、
逆に、強制連行が嘘っぱちだった事が続々と証明される事になって
います。

例えば、パク・イルチョさんの証言

BlogPaint

    −−−−−−−−−−−−−−−−−

朴さんが制連行されたという昭和17年(1942年)⇒
まだ、朝鮮人には徴用令は出ていません。
朝鮮人の徴用は終戦まじかの昭和19年。
(ちなみにこの本の証言者は全員昭和19年以前に日本にきています
日本に謝罪と賠償を求める法的根拠はありません。
賠償を求めたいのなら、日韓基本条約、日韓請求権協定で決められた
通り、韓国に求めるべきなのです)
日本に行けば毎日米3合のご飯と一日一回の酒が飲めると言われた。
⇒強制連行とは有無を言わせず無理やり連行する事。
昭和17年、日本では食糧配給制度が始まった。日本中の食料事情が
悪くなった時代に、かなりの好条件の甘言に乗って来た証拠
弟と相談して逃げる事にした。ある日タバコを買いに行くと嘘を言って
逃げ出した。

⇒逃げる自由、タバコを買いに行く自由がある強制連行はありません。

ハン・ジョンスルさんの証言
BlogPaint



ハンさんが
強制連行されたという昭和16年(1941年)⇒

 自由募集の時期、徴用は始まっていない。
三年働けばよいと言われた
⇒期限のある奴隷?!横田めぐみさんは「年季」が終わったら
帰ってくる事が出来ましたか?
父は別れ際に言った。「まじめに働いて帰って来いよ」と。
⇒ハー?!強制連行とは真面目に働く事だったのか?!
真面目に強制連行されて来いよ、という意味なのか?
朝鮮人の仲間の所に潜り込んで職場を転々とした。
⇒逃げられる自由がありながら、朝鮮に帰らず、終戦になっても
日本に残った。強制連行、強制労働は地獄の苦しみだったのでは?

猪上さんの記述




〇昭和15年頃から若山組という朝鮮人労働者を主体とする下請けの
請負組があった。親方は李耕一さん。故郷の青年達に「どうせ徴用で
強制連行されるのだから、その前に俺の所に来て働け、面倒は見る
から」と言いて吾妻鉱山に連れて来た。

⇒騙して強制連行して、強制労働させた実行犯は在日の方だった!!
李耕一さんに謝罪と賠償を求めた事があったのか。

(す)

報道特注・憲法改正のうた・群馬街宣拡散お願いします。

  

 
「憲法改正の歌」(けんぽうかいせいのうた)は、
1956年(昭和31年)に発表された日本の楽曲である。
作詞 中曽根康弘、作曲 明本京静、

一 鳴呼(ああ)戦(たたか)いに打ち破れ 敵の軍隊進駐す
  平和民主の名の下に
 
占領憲法強制し
  
祖国の解体計りたり 時は終戦6ヶ月


二 占領軍は命令す 若(も)しこの憲法用いずば
  天皇の地位請け合わず
 涙をのんで国民は
  国の前途を憂(うれ)いつつ マック憲法迎えたり

三 10年の時は永くして 自由は今や還りたり
  我が憲法を打ち立てて 国の礎(いしずえ)築くべき
  歴史の責を果たさんと 決意は胸に満ち満てり

四 国を愛す真心を 自らたてて守るべき
  自由と平和民主をば 我が憲法に刻むべき
  原子時代に遅れざる 国の理想を刻まばや

五 この憲法のある限り 無条件降伏つづくなり
  マック憲法守れるは マ元帥の下僕(げぼく)なり

  祖国の運命拓(ひら)く者 興国(こうこく)の意気挙(あ)げなばや


  
そよ風 群馬の森の朝鮮人碑撤去裁判
第13回口頭弁論 前橋地方裁判所前抗議街宣 
2017/5/17

※涼風の発言で一部間違いがありました。朝鮮人労働者の請負組、若山組の食事の面倒を見ていたのは李耕一さんの長女で、猪上さんの長女ではありません。猪上さんにお詫びいたします※

布かぶせ追悼碑の白川氏、芸大で講義

平成29年5月17日上毛新聞より


上は群馬の上毛新聞に載った記事です。
当ブログでも取り上げた群馬の森の朝鮮人碑に布を被せた彫刻が
問題になり美術館から撤去された白川氏が上野の芸大で講義をした
時の記事ですhttp://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51882906.html
それによると、白川氏は「モニュメントは政権が変われば解体
されたりする。それはおかしいという気持ちで作品を制作している」
と説明したという。
学生たちは表現の自由が排除されてしまう事にならないかと質問。
白川氏は「美術館として表現の自由を守るんだという考えを貫く事が
あっても良い」と答えたという。
会場には100名を超える学生が集まったという。

群馬の地元の方に伺うと、上毛新聞は偏向が酷いそうですが、
なるほど、と思わせるに充分の記事でした。
忙しい庶民は見出しだけしか見ない。
大見出しで、公共展示、と書いて、小見出しで、
「追悼碑」撤去の白川さん、芸大、とは何ともあざとい!

本当は「追悼碑」撤去ではなく、白川氏の「作品」撤去なのだけれど、
あたかも、公共の展示物である群森の追悼碑が撤去された被害者の
白川さんを芸大が応援しているような印象操作。
朝日ってる上毛とでも言いましょうか、、。

さて、白川氏の作品。
「追悼碑」模した作品展示見送り 群馬県立近代美術館の企画展 「係争中」理由 

誰がどう見ても、群馬の朝鮮人碑に布を被せたものとわかります。
実を言うと、私は、群馬県議会が圧倒的多数で契約更新しないと
採択した時、県が、撤去工事までは、このような姿にしてくれるに
違いないと想像しましたが、それは甘かったと思い知りました。
それが、まさか、こんな形で、その時の想像図が現実となるとは!。

以前、私達が抗議した天理市の公園にある、捏造された慰安婦の
説明版には、さっさと布が被せられました。今韓国で次々と増殖中の
慰安婦像問題を考えると、問題を長引かせず、さっさと実行してしまった
天理市市長の実に先見性のある勇気ある英断でした。



↑撤去された柳本飛行場跡の説明板。左半分に朝鮮人の強制連行や
慰安所のことが記載されている=天理市教育委員会提供

http://voiceofnara.jp/news411.html

まさか、白川氏が、この天理市の布を被せた説明版の姿に、イマジ
ネーションをかきたてられた、なんてことはないと思いますが、こんな、
「芸術家」の講義に天下の芸大生が100人も集まったとは驚くばかり。

芸大生の皆様!
芸術家が常に革命的な作品を求めるのは分かります。
が、その白川先生のおっしゃっている事には、大事な事が抜けて
います。先生のモニュメントのモチーフである追悼碑が、実は、
極端な政治的主張をしている人達のプロパガンダツールという事を
お聞きになりましたか?
しかも、そもそも事実に基づかない捏造で日本人から謝罪と賠償を
求める目的がある事をご存知ですか。
碑の撤去を求められているのは、県民の憩いの場である公園を守る
ための設置許可条件を守れなかったため。
芸術とは全く関係のない問題なのです。
ましてや、表現の自由とも。
あくまで、規則を守るという日本国民の常識を欠いたからです。

ついでに言うと、追悼碑を製作する時は、亡くなられた故人の事を
考えて作るものではありませんか。
碑を建てる会は、その追悼碑で慰霊する犠牲者を10年探しましたが、
実際に亡くなられた方を一人も見つけることが出来ませんでした。
だから名前は刻めないのです。
強制連行、強制労働すべて虚構です。

嘘の上に真の芸術が誕生しますか?
天下の芸大生!先生のこんな↓作品をみて、すぐに、ピンとくるくらいの
知識は身につけて下さいね。

(す)


最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ