そよ風

マスコミの偏向報道、教育の場での自虐史観授業等に日本の危機を感じています。
先人達が命をかけて築きあげてきたこの素晴らしい国、日本を失わないため、私達は行動します。

青山繁晴氏、週刊文春の選挙妨害に怒涛の反撃開始(追記あり)



昨日、青山繁晴さんの街頭演説を聞きました。小雨の中、午前11時という時間、何人集まるかなと思いながら行くと、50〜60人集まっていました。男性8、女性2ぐらいの割合で、男性の年齢層は幅広く、30代から60過ぎのおじさままで、どの人も善良で実直な日本人で、職場ではコツコツまじめに働き、家に帰ればよき家庭を築いているに違いないと思えるよいお顔の方々が真剣に聞き入っていました。青山繁晴さんは選挙初日に選挙カーが事故って、ムチ打ちになってしまい、首にコルセットをしていましたが、真夏の暑さになれば相当つらいと思います。回復を祈るばかりです。

出馬は安倍総理からの直々の要請に応じたもので、「青山さんが国会で質問すれば、外務省、経産省が変わる」の一言で決意したそうです。拉致解決、移民反対、危機管理、日韓合意とヘイトスピーチ法反対、領土領海、改憲等々、国会で胸のすく質問をぜひしていただきたいです。利権に目のくらんだ議員はもうたくさんです。

演説の冒頭、文春のえげつない取材に遭ったと述べておられましたが、文春は青山さん取材の顛末をあす発売の「週刊文春」に5ページの特集に組んだのだとか。以前、保守系と思われている文芸春秋の左傾化を青山さんが嘆いておられましたが、「文春砲」ともてはやされ、売れれば何でもありという節操のなさを改めて確認しました。

『週刊文春』の青山氏出馬に関する特集取材の内幕は氏のブログで読めます。ひどい!
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=418


文春には青山さんが国会議員になると都合の悪い勢力がついているのでしょう。氏の長年のテーマである拉致、最近の日韓合意反対、ヘイトスピーチ反対・・・想像がつきます。既に法的措置を準備したそうですから、徹底的に闘っていただきたいです。

街頭演説はホームページでご確認のうえ、お出かけください。http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=416

ーーーーーーーー



【追記】

横田ご夫妻の意に反して公開されたお孫さんとの再会写真、青山繁晴氏への悪辣な選挙妨害の背景はこれですね。「友人」ならともかく、「同志」とはただならぬ赤いなんでしょうね。このツイを見つけてくださった方、ありがとう!
 












共産・藤野政策委員長「防衛費は人を殺す予算」 つい本音が出た



共産・藤野政策委員長「防衛費は人を殺す予算」取り消し NHKでの発言「不適切」認める

 共産党の藤野保史政策委員長が26日に出演したNHK番組で、防衛費について「人を殺すための予算」と発言したことについて、藤野氏は番組終了後、発言を「不適切」として取り消すコメントを出した。
 藤野氏は番組で、防衛費が初めて5兆円を超えた平成28年度予算を念頭に「人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」と述べた。 
 これに対し、自民党の稲田朋美政調会長は「言い過ぎだ。(防衛費は)日本を守るためだ」と反論し、公明党の石田祝稔政調会長らが発言を撤回するよう勧めたが、藤野氏が番組中に応じることはなかった 
 藤野氏はコメントで、「発言は、安保法制=戦争法と一体に海外派兵用の武器・装備が拡大していることを念頭においたものでしたが、テレビでの発言そのものはそうした限定をつけずに述べており、不適切であり、取り消します」と釈明した。(2016.6.26 産経新聞)

 共産党は防衛予算が「人殺しのための予算」というなら、災害派遣された自衛隊員に救出された方々に聞いてみたらどうでしょうか。



将来の自衛隊入隊希望者

災害救助隊1

同党の吉良よし子議員はこんな嫌がらせもやっていましたね。


熊本地震に便乗して被災者への募金と称しながら、北海道5区の補選支援、党躍進のための政治資金を集めたくせに、「人を支えて育てる予算」が聞いてあきれます。不幸にして発災の場合、自衛隊員は共産党員と支持者の救助はしなくてもいいとすら思います。





 

「ヘイト欠陥法と日本の危機」を語る会

《「ヘイト欠陥法と日本の危機」を
中山成彬候補と語る国民集会》
■日時;平成28年7月5日、
     午後6時30分開会(午後8時30分終了予定)

■会場;品川区立総合区民会館(きゅりあん)小ホール
住所;品川区東大井5‐18‐1 筺03‐5479‐4100

■入場無料

【プログラム】

◆開会挨拶〈集会趣旨説明〉;藤岡信勝(拓殖大学客員教授)5分

◆〈基調講演〉小山常実(大月短期大学名誉教授)
「ヘイト欠陥法」の問題を分析する(15分)

◆〈基調講演〉中山成彬(日本のこころ参議院議員全国区候補)
「ヘイト欠陥法」に反対した我が党の立場(15分)

◆〈問題提起〉

◇水間政憲(近現代史研究家・ジャーナリスト)

各5分

◆〈会場から質問と討論〉回答者;
上記の3名と(司会・藤岡信勝)60分

◆〈頑張ろうコール〉

■主催  中山成彬後援会/「ヘイト欠陥法」反対集会実行委員会

※お問い合わせ;03‐3260‐3962(後援会事務局)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2213.html

※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

ーーーーーーーーーーーーーーー

林陽子リコール署名活動

さて、4月からスタートした林陽子リコール署名活動も
残すところあと4日です。

最後の追い込みのため情報拡散にぜひご協力を
お願いいたします!

ウェブ署名・ダウンロードはこちらから

http://ianfu-shinjitu.jp/

国民運動事務局


※お問い合わせ;03‐3260‐3962(後援会事務局)
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ