そよ風

マスコミの偏向報道、教育の場での自虐史観授業等に日本の危機を感じています。
先人達が命をかけて築きあげてきたこの素晴らしい国、日本を失わないため、私達は行動します。
そよ風 HP   Facebook

徴用工訴訟問題に対する企業の希薄な危機感

週刊ポスト

「週刊ポスト」最新号に、「三菱重工、東芝、日立、パナソニックほか有名企業299社 徴用工裁判“被告企業”『韓国撤退』を聞いてみた」という記事が掲載され、当事者の企業はどう考えているのかを知りたくて読みました。

現在、韓国では少なくとも15件の徴用工訴訟が起こされ、対象企業は70社にのぼっています。新日鐵住金、IHI、日産自動車、パナソニック、王子製紙など、日本を代表する大手一流企業がずらりと並び、訴訟の動きはさらに広がる可能性が高いとされています。


想定される訴訟攻勢に各企業はどう備えているか。三菱重工はことしの春、現地法人を清算し、今は社長含め4人のアフターサービスの会社だけです。富士ゼロックスは来年3月に仁川工場の閉鎖をすると発表しました。反面、集団訴訟の対象になったことすら知らなかった企業もあり、また、訴訟の事実はつかんでいても、訴状が届いてないから対応のしようがないという会社もあります。


大法院の判決後、経産省は、差し押さえのリスクに備え、韓国での資産や現地法人の状況を把握しておくように指導しているとあります。係争、ましてや国家間の問題について企業は本音は言わないのでしょうが、一様に戸惑っていることがうかがえ、今の段階で最低限できる措置を取るふうでもなく、危機感が薄いと感じました。韓国政府が認定したいわゆる徴用工は約22万6000人いるといわれますが、まさかうちの会社も訴訟と賠償の対象になるなんてという驚き、あるいは政府同士が話し合ってなんとか解決の糸口を見いだしてくれると期待している発言もありました。


法務・広報担当者がマスコミに本音を言うわけないと思いながらも、危機感の希薄さを痛感するのは、11月5日と7日にソウルと釜山で、日本での就職を希望する韓国人求職者との採用直結型面接会が開かれ、ソフトバンクや日産自動車、日本電気硝子、ハウステンボスなど、約110社の日本企業が参加し、計約700人の採用を計画しているというニュースを読んだからです。ソフトバンクのような在日がトップの企業なら韓国人を歓迎するでしょう。


去年は2万人の韓国の若者が日本で就職したとか。しかし、ここ数年で日本企業に就職した韓国の若者が20年後、30年後に管理職に就いたとき、韓国の若者を優先的に採用したり、昇進させるリスクはないでしょうか。潘基文氏が国連の事務総長になったとき、国連は韓国出身の職員が多数採用され、サムスンなど韓国製のコンピューターが導入されたと伝えられています。


仮に、勤務成績が悪いなど本人の資質の問題で昇進や昇給させなかったとしても、「民族差別ニダ」と言って訴訟を起こされたら、企業は勝てません。人権弁護士がよってたかって企業を糾弾するでしょう。こうしたリスクが潜在しているのが反日国家の出身者の採用です。


さらに、以前は新卒者採用で興信所に身辺調査を依頼することは当たり前でしたが、今は金融機関でもない限りやらないでしょう。ましてや、あれだけデモや政治活動が盛んな韓国の学生の思想や政治活動歴の有無をどうやって調べるのでしょうか。


櫻井よしこ氏は「韓国は革命のまっただ中」といい、産経新聞編集委員で朝鮮半島問題のエキスパート、久保田るり子氏は「日本は、『これまで見たことのない韓国』と向き合っていることを、我々はそろそろ気づくべきだろう。日韓関係の本当の危機は、これから始まる」と警鐘を鳴らしています。企業関係者の期待する「解決の糸口」が慰安婦問題のような日本の譲歩にならないよう、注視していく必要があります。(文責・佐藤)

歴史認識問題研究会による徴用工問題に関する緊急集会と講演会についてのお知らせ(クリックすると大きくなります)
http://harc.tokyo/?p=622


歴史認識問題研究会


志井サマ、どうかネコババは嘘だと言って下さい!


見よ!この善意溢れる良心的な日本人の群れを!
志位和夫先生のフェイスブックによると東京府中市で統一地方選、参院選で、
首都東京から共産躍進の大波を!そして
安倍政権に引導をわたそう!と
訴えた時の写真で第2会場まで一杯の熱気にあふれたそうです。
ーーーーーーーーー

以下は会場に集まったある志位和夫委員長のファンの声です(想像)。

拝啓 志井サマへ

まず初めに、私は志位和夫委員長をお慕いするあまりいつも志井サマと
お呼びしています事をお許し下さいませ。
私は志井サマのご誠実で正直な上に頭脳明晰であられるところが大好きです。
それだけではありません、志井サマが
ショパンを演奏されたのを拝聴し
た時にはこんなにも何もかも恵まれた素敵な方がこの世にいらっしゃるの
かと ウットリしてしまい、夜も寝られませんでした。
私は志井サマに一生涯ついて
いくつもりです。


志位サマは徴用工訴訟原告弁護士と面会されたときに「中国人の強制連行
問題については、西松建設は和解に応じ、和解金を支払い、和解のモニュ
メントもつくられた。西松建設にできて、住金にできない理由はありません」
とおっしゃいました。なんとお優しい人権意識に溢れた御発言でしょうか。
本当に志井サマは私の理想の男性でございます。
今、日本に必要なことは、被害を訴えられている国には何度でも謝罪し
賠償金をもう良いというまでお払いすることですよね。
安倍首相は日本を孤立化させています。世界は日本が侵略戦争をし
植民地支配をした罪を忘れない事を望んでいます。
安部首相は日本人の恥です。

ところで申し上げにくいことですが、志井サマ、最近ネトウヨが徴用工の
お金を共産党と朝連がネコババしたなんて噂を流して
いるのをご存じですか?
朝鮮人労働者未払い賃金は朝連と日本共産党がネコババしていた!
私は志井サマの共産党にそんな侮辱的な噂が広まるのを許せません!
もう、怒りは頂点に達しております。


そもそもネコババなどと言う言葉だけでもネトウヨの下品さが現れて
いると思います。
お下品にネコババなどと言わず、卑怯きわまりない人間性のかけらもない
お下劣な搾取行為というべきだと思います。
話がそれましたが志井サマがこの搾取行為を見て見ぬ振りなさる方だとは
到底思えません。

志井サマ、どうかネコババは嘘だと言って下さい!

ネトウヨはネコババは総連元幹部の証言だ!等と
言っています。
あまりにも屈辱的で怒りに震えます。
どうか、どうか、あの本に書かれていることが嘘だと
証明するために新潮社と金氏の遺族を名誉棄損で
訴えて下さいませ!

一番良いのは記者会見を開いて下さることだと思います。
どうか、お願いいたします。



お慕い申し上げている志井サマの僕より愛を込めて。


朝鮮人労働者未払い賃金は朝連と日本共産党がネコババしていた!

IMG_1301 (1)
東スポ11月15日記事より(但馬オサム氏提供)

web版
https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/1188946/

朝鮮人労働者未払い賃金は
朝連と日本共産党がネコババしてた!
自称徴用工の皆様!
ホントに酷すぎる話ですね!
皆様の艱難辛苦の労働でお稼ぎになったお金がネコババ
されていたなんて!お気の毒で涙が溢れて止まりません。
ぜひ未払い賃金請求は総連と日本共産党に!
共産党志井委員長はご自分達に払う義務があるのを
ご存知だったからこそ面会なさったと思えてなりません。
面談で個人請求権は消滅していないときっぱりとおっし
ゃったそうですから共産党や総連にも良心があったのです
ね。
それにしてもこうしてネコババの事実を知ってみると、
志井委員長って本当は、正直で御誠実なお人柄で、趣味は
ブーメラン遊びかもしれませんね。


時事ネットニュース
徴用工訴訟、解決は可能=原告弁護士と面会−
志位共産委員長


 共産党の志位和夫委員長は12日、韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた徴用工訴訟の原告側弁護士と衆院議員会館で面会し、問題解決に向けた協力要請を受けた。日本政府は1965年の日韓請求権協定によって「解決済み」との立場だが、志位氏は日本の外務省が「個人の請求権は消滅していない」との見解を示したとする例を紹介。その上で、「この一致点を大事にして前向きの解決ができるのではないか。日本政府にも働き掛けたい」と述べた。(2018/11/12-16:37)
(もしかしてこちら↓共産党の保有財産を売却するおつもりも?。)
CnASu9jUcAEX_ytCnAVupJUMAAxQdi不破邸













ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下但馬オサム氏より記事提供拡散希望!

朝鮮人労働者未払い賃金は
朝連と日本共産党がネコババしてた!
<日本共産党と総連の黒歴史>

610068_l




朝鮮総連の元幹部でノンフィクション作家の金賛汀 (キム・チャンジョン)
の著書『朝鮮総連』(新潮新書)の中で、朝鮮総連の
前々身である朝連
(在日本朝鮮人連盟)発足当時の話としてそれは出てきます。

朝連も当初は、親日派も民族派も共産主義者もいた在日朝鮮・韓国人の互助組織
でした。ところが、戦時中投獄の身にあった日本共産党中央委員の金天海が出所
し、朝連の実権を握ると右派を粛清、結果、朝連は事実上、共産党の別動隊とな
りました。コミンテルンが一国一党、つまりひとつの国に共産党はひとつという
原則を貫いたからです。この時期、朝連はその潤沢な資金で、戦後、合法政党と
して再出発した日本共産党を支えています。つまり、日本共産党は朝鮮人のお金
で動いていたのです。では、朝連の資金源はどこにあったか。
最大の財源になったのは帰還していく強制労働者の未払い賃金等であった
1946年末までに朝鮮中央労働部長名で強制連行者を雇用していた日本の各企
業に未払い賃金の請求が出された。その請求額は4366万円に達し、朝連はか
なりの金額を企業から徴収し、それらのほとんどは強制連行者の手には渡らず朝
連の活動資金に廻された。これらの豊富な資金は日本共産党再建資金としても使
用された」
(『朝鮮総連』)

これが本当ならば、日韓請求権協定を持ち出すまでもありません。朝鮮人労働者
の未払い賃金は、しっかりと朝鮮人が回収し、朝連と日本共産党がガメていたと
いうことになります。となれば、原告団も新日鉄ではなく、共産党と朝連の後継
団体である朝鮮総連を訴えるべきではなかったのでしょうか。

志位さんもせっかく原告弁護士の訪問を受けたのです。弱者の味方である党の代
表らしく「わが党が責任もって賠償しますから、日本の企業の資産差し押さえは
やめてください」というべきです。不破哲三さんの豪邸や代々木の党ビルを抵当
に入れれば、気の毒な元徴用工10人くらいは救済することができるかもしれま
せん。
(朝鮮総連の元幹部でノンフィクション作家の金賛汀氏)
1937年京都生まれ。ノンフィクション作家。朝鮮大学校卒業後、雑誌記者を経て
独立、主に在日朝鮮人問題、教育問題について執筆を続ける。1992年に上梓した
『パルチザン挽歌―金日成神話の崩壊―』(御茶の水書房)で北朝鮮政府の正史を
覆して話題に。他に『朝鮮総連』『将軍様の錬金術―朝銀破綻と総連ダークマネー
―』(共に新潮新書)、『在日義勇兵帰還せず―朝鮮戦争秘史―』(岩波書店)、
『炎は闇の彼方に―伝説の舞姫・崔承喜―』(日本放送出版協会)など。





※共産党と総連の関係についてはこちら


戦後、合法政党として再出発した日本共産党ですが、合法ゆえに表立ってできな
いテロや火炎瓶闘争などの裏仕事を朝鮮人党員で組織された民対(朝鮮祖国防衛
委員会中央民族対策部)に請け負わせました。暴力のアウトソーシングです。民
対は朝連の後継団体である民戦(在日朝鮮民主先生)の武闘組織・祖防委(朝鮮
祖国防衛委員会)と実態を一にします。

たとえば、近畿地方を騒乱の渦に巻き込んだ阪神教育事件(昭和23年)、皇居前
広場を血に染めたメーデー事件(昭和27年)、米軍の軍事輸送列車を襲った吹田
事件(昭和27年)など、日共と祖防委の合作による暴力闘争であることは知られ
ています。

日共と朝連の蜜月ですが、昭和30年まで続きます。同年7年、日本共産党が第6回
全国協議会でそれまでの暴力革命路線を放棄すると、朝鮮総連(民戦改メ)は梯
子を外された形になり、日共を離れ朝鮮民主主義人民共和国’(北朝鮮)との関
係を密にしていき、やがてその出先機関となって現在に至るのです。
一方、山村工作隊など日共の都市ゲリラ用秘密部隊も党を離れて先鋭化、これが
いわゆる過激派のルーツです。

徴用工問題で日本共産党が韓国側に寄り添う背景 朝鮮総連が関係?

最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ