[ア+] 【日韓】石川県金沢市の尹奉吉(ユン・ポン...

1932年,日本の植民地支配に抗議して上海で爆弾を


投げつけ多くの日本人を死傷させた、

尹奉吉(ユン・ボンギル)義士の記念館が、

来年、日本の金沢に開設されることになりました。

尹奉吉義士記念事業推進委員会は、来年、

民団=在日本大韓民国民団の石川県地方本部の建物の中に

尹奉吉(ユン・ボンギル)義士記念館を開設することにしたと、

15日 、発表しました。

ことしは尹奉吉義士の逝去80周年にあたることから、

記念事業推進委員会の関係者は先週9日、

死刑が執行された石川県金沢市を訪れ、民団との間で、

事件が起きた日にあたる来年 4月29日

までに記念館を開設することで合意しました。

設立費用は、記念事業推進委員会が出し、民団は建物を提供します。

この記念館には、尹奉吉義士の一代記、関連資料、

胸像などが展示される予定です。

記念事業推進委員会は、「尹奉吉義士が活動していた

上海にも記念館があるが、尹奉吉義士の


殉国の地、日本に記念館が建てられることは大変意義深い」と

話しています。

▽KBS
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_In_detail.htm?No=46007



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この男↓が

反日朝鮮人テロリスト 尹奉吉(ユン・ボンギル)
(左手に爆弾、右手に拳銃)



1932年4月29日天長節(天皇誕生日)の日、

上海の日本人街の虹口公園で行われた祝賀式典会場に

爆弾を投げ爆発させる事件を引き起こした。




その結果

上海派遣軍司令官陸軍大将白川義則   死亡
 
上海日本人居留民団行政委員長で医師の河端貞次 死亡


駐華公使(後に外務大臣)   重光葵     右足切断
 
上海駐在総領事       村井倉松    重傷
 
上海日本人居留民団書記長 友野 盛   重傷


第3艦隊司令長官海軍中将野村吉三郎、右目失明,右手小指切断

第9師団長陸軍中将植田謙吉、左肩負傷,左足指全部切断

の死傷者を出した。

1945年
9月東京湾のミズーリ艦上で行われた降伏式典で降伏文書に

署名した外相(当時)重光葵が杖をついているのは

この事件で片足を失われたからなのよ。



当然、犯人の尹奉吉は現場で取り押さえられ、

5月25日
上海派遣軍軍法会議で死刑判決を受けた。

ところが、

韓国
政府はこの殺人犯に1962年建国勲章を贈り、

独立運動の義士として顕彰し、独立記念館に祀っているの。

問題なのは、これだけの殺人を犯した極悪人の為に

日本で、在日や日本人等が記念館を建てるという。

日本人舐められ過ぎでしょ。

それも、石川県金沢市の市長肝いりだというから唖然とします。

なんとこの市長に連れられた日本人一行21人が

この殺人犯のお墓に参拝までしている。




石川県金沢市の山出保市長一行21人がユン義士祠堂を参拝。

一行はユン義士の生家と記念館なども視察した」

http://www.ohmynews.com/NWS_Web/view/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000287295


日本人はどうしてここまでお花畑腦になってしまったの?。

こんなにも多くの日本人が殺され、

重軽傷者が出た大参事だったのよ。

どんな主張があるにせよ外国人が

自国の要人に向かって爆弾を投げ入れる暴力行為に

毅然と出来ない国は終わりね。

しかも、爆弾によるテロ行為を許し、賛美までしたら、

日本が外国人の餌食になるのは目に見えてるわね。

そもそも、尹奉吉に殺された日本人犠牲者を思いやる事が

できない人間が日本の市長や議員をやっていていいの?

それどころか金沢市市庁舎で

このテロリストを讃える
韓国人達を大歓迎していたって信じられる?。



オーマイニュース 2005.10.18 18:20

金沢を訪問した韓国人の一行に歓迎の挨拶をする山出保・金沢市長

山出保(石川県金沢市長(第6代)


金沢を訪問した韓国人の一行と日本の尹奉吉義士追慕会会員たち



さらに、森一敏(社民党)金沢市議会議員は自身のホームページに

こう↓までかいています。

 

平成20年9月16日火曜日小雨のち晴れ ×
 
http://www.kazutosi.jp/sigikai/izen/kankokuhomon.html

はじめての韓国訪問記

<訪韓の主な目的は、
金沢市の野田山に眠る抗日運動の英雄ユン・ボンギル(尹奉吉)義士の


生地礼山郡で、彼が創始した農村自立復興団体月進会と
交流することだった。併せて、板門店の視察、

植民地時代の日本帝国主義の罪業を告発する紀年館を参観すること
、略)
 
参加者は、平田誠一金沢市議、宮下登詩子県議、

浅野俊二羽咋市議、古河尚訓松任市議そして私の6人である。>

<社民党や市民グループがとりくんできたユン・ボンギルを通じた

交流共同事業は、その土台を築くものとして新しい意義を持った。

私も、議員としてその列に加わりたい。

ついにチャンスがやってきたと心が踊った。>



(植民地時代の日本帝国主義の罪業を告発する紀年館)


という韓国の捏造による歴史観による記念館に

心が踊ったというこの人に、

日本が犯した罪業とやらの一つでも

具体的に挙げてもらいたいものね。

日本人は朝鮮の要求に従って、心血と莫大な税金を注ぎ、

韓国に近代文明をもたらしたのは事実よ。

その韓国人に日本人が殺された。

日本人は怒る事さえ忘れたのでしょうか。

さらにはおめでたい事にこの殺人犯の事を日本の子供たちを教育する

教科書に載せるべきという大学教授↓までいます。

金沢市民はなぜこんな議員を選んでいるのか。

なぜこんな議員に税金を払って、日本を崩壊へと導こうと

しているの?

世界広しといえど、自国の人間を殺した他国のテロリストを

賛美して、お墓や記念館まで建てちゃう奇妙な国はありません。

日本人は人類でもっとも奇妙な自滅願望の

自分の足を食べるタコ民族かも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「日本人は尹奉吉(ユン・ボンギル)義士を


教科書にのせて習うべきだ」〜


田村光彰 元北陸大教授
[10/28]




「1939年、ミュンヘンのビール工場で時限爆弾によりヒットラーを
暗殺しようとしたが失敗した家具職人ゲオルグ・エルザーの
名前を取った道路、公園、広場は現在のドイツに48個存在する。
ドイツの高校歴史教科書にもエルザ−について
「勇気ある抵抗運動を実行した」と記述されている。
日本の教科書が尹奉吉(ユン・ボンギル)を無視するのとは対照的だ。」
(田村光彰、日本北陸大教育能力開発センター元教授)


田村元教授はユン義士が殉国した石川県の金沢で
「尹奉吉義士とともにする集い」を設けて現在の会長を
受け持っている。

発表文によれば田村元教授
安重根(アン・ジュングン)義士の場合、

高校日本史教科書18種中で17種、世界史11種中で6種で
伊藤博文の射殺の部分に言及される程度だ。

ユン義士が日本に知らされなかった原因について
田村元教授は「日本社会に侵略と戦争の責任に対する反省が
欠如しているため」としながら
「その最大原因は天皇がアジアの様々な国に謝罪せず
戦争責任を負わなかった点にある」
と分析した。


ソース:東亜日報(韓国語) 日教授「日本人は
尹奉吉義士教科書にのせて習わなければ」
http://news.donga.com/Inter/3/02/20121028/50446669/1



北陸大学教育能力開発センター 田村光彰 教授
http://www.hokuriku-u.ac.jp/department/faculty/m-tamura.html


東北アジア平和連帯金沢シンポジュウム2012
http://morikazutoshi.com/heiwa/
金沢市議会議員:森かずとしの「直球勝負」

来訪者たちは、金沢に来ると意識が変わるという。それは、他国、他民族である金沢の日本人が、在日と連携して尹奉吉義士の事績を尊重し、平和のための活動に精力を注いでいる姿に打たれるからだという。自国の歴史的責任を戦後責任において果たそうとする私たちの意識がそのように彼らには映るのだ。そして自分たちこそがもっと歴史の継承と平和の運動に力を入れねばと話し合うのだともいう。