国会は籠池問題なんかやってる場合か!!

 韓国崩壊で高まる朝鮮半島有事の可能性!
その時日本に与える重大な被害を江崎道朗が解説!
国会で本格議論を!


 
(以下、抜粋)
安倍首相に大変近いとされている元TBS山口敬之氏がレポートに
書いていることとして、
〇アメリカは、既に、金正恩(キム・ジョンウン)委員長斬首作戦を立て
北朝鮮に限定的に爆撃をする話を検討している。
〇アメリカは、これまで、日本の核開発をどう阻止するかという話
ばかりしていたが、トランプ大統領になってその見直しが出てきている
のではないか。
〇米軍の限定的爆撃の可能性に対応して、日本の官邸も極秘に対策を
練っている。次の三点
1、軍事2、経済対策、3難民対策

韓国と日本は共同で軍事作戦を出来る状況ではない。
しかし、朝鮮半島有事の場合の司令塔は日本にある以上日本と
韓国は連携せざるを得ない。
〇なぜなら、日韓とも、北朝鮮の工作員によるテロの危険がある。
よって、日米韓の協力でやらざるを得ない。
〇韓国から日本に1万人から10万人の避難民が出てくるが
これをどうするか。
〇韓国は経済的にグダグダになる。そのときアジア全体の経済に
波及しないよう日本はどうするのか。
ここまでは、官邸は考えている。
しかしこれだけでいいのだろうか。

〇日本も空爆できるようにしようという議論は、一部では
起きているが、これをもっと本格的にしなければいけない。
〇拉致問題
〇北朝鮮から日本に核物質を積んだミサイルが飛んできた場合
どうするか。日本国内で核物質を処理できるか。
〇しかし、生物化学兵器が一番怖いが、山手線で天然痘ウイルスを
撒かれたら、あっという間に関東全滅になりかねない。
〇発電所、公共交通機関を麻痺させる攻撃に対する対策は。
〇一番大事なのは病院対策だが、まだそれが出来てない。
(自衛隊の中では一応安倍政権になって、病院対策の議論は
始まってはいる。)
〇北朝鮮からの工作員だけではなく、日本の新左翼によるテロの
危険性も考えなくてはならない。
〇韓国軍が日本に侵入してくる可能性もある。
反転攻勢の拠点を、日本につくる可能性。つまり、在日韓国人同胞を
守る為にという事で、在日の方の多くいる所を拠点にさせろと言って
くる可能性がある。
〇中国は、朝鮮半島有事に、日本が避難民対応で大混乱する時を
チャンスととらえ、尖閣に民兵を送る準備をしている。
日本は、漁民の形で来る中国民兵にどう対応するか
〇在韓日本人4万人をどうするか。

こういう議論が国民レベルで、できていない日本。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
西村真悟の時事通信
朝鮮総連を潰すことが最大の制裁

http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1294&view=0平成29年2月18日(土)


昨日十七日午後七時より、特定失踪者問題調査会のセミナー
「金正男暗殺と北朝鮮、そして拉致被害者救出」が東京で開かれた。
 緊急の呼びかけであるにもかかわらず、多数の同志の方々が出席
された。その時、話し合われた内容のなかに、二月十六日の私の
時事通信「北朝鮮崩壊に対する特殊部隊の運用準備を」に付け加える
べき重要事項があるのでここに記しておきたい。

この二月十六日付け時事通信は、プリントアウトして会場の参加者に
配布されていた。
 従って、私は、重複を避けて、そこに記していないことを中心に述べた。
それは、安倍総理の私に対する答弁(認識表明)の内、
 訂正すべき次の二点だ。
ー衛隊には北朝鮮域内に進行して拉致被害者を救出する能力がない。
⊆衛隊が北朝鮮域内に入るには北朝鮮政府の承諾がいる。

まず,砲弔い董
 自衛隊には能力がある。
 能力がないのは自衛隊に命令を下す政権(政治)である。

 次に△砲弔い董
ポルポト体制崩壊のカンボジアや行政機構崩壊のアルバニアの例に
明らかなように、 当該国に承諾する主体がなくなったとき、
つまり、承諾などあり得ない時にどうするのか。これがポイントではないか。
あの時、ドイツ軍がアルバニアに入って日本人を救出してくれた。
 今度は、北朝鮮に最も近い日本が自衛隊を入れて日本人及び各国人を
救出する番だ。私は、次の通り、話を締めくくった。
 明治二十七年、日本の朝野が一致して朝鮮の刺客から身柄を護っていた
日本に亡命した朝鮮改革の志士である金玉均が、上海に誘い出されて
殺されたとき、日本人は、金玉均の盛大な葬儀を築地本願寺で行い、
さらに、朝鮮で晒されている彼の首から頭髪を収めて持ち帰り、
 大きな金玉均の墓を造った。
そして、朝鮮独立を掲げて日清戦争に突入し勝利した。
 青山の宿舎にいたとき、よく乃木希典閣下の墓に参った。その際に、
金玉均のその墓の前を歩いた。かつての日本人は、
 敢然と不義を討たんとした。
 現在の我々日本人も、断固として拉致被害者と暴虐な独裁の下で
苦しむ北朝鮮人民を救出しよう。

そして、私の次に話した評論家で脱北者支援の活動家である
三浦小太郎氏は、 私が話さなかった次の「要点」をズバリ指摘した。
まさに画竜に「点睛」を入れたのである。まことに三浦氏の言うとおり、
 我が国内・身中のこの「虫」を放置して、
 対北朝鮮制裁も北朝鮮亡命政府樹立もない。
その「虫」とは、
 我が日本国内に於ける在日朝鮮人で組織され、
 北朝鮮の主体思想を指導指針として、
 朝鮮労働党諜報機関の統一戦線部傘下の第225部の指導を受けて
活動し運動する朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)である。

 三浦氏は言った。
 西村さんは、東京かワシントンに朝鮮亡命政権を樹立すべしと言う。
しかし、朝鮮総連を温存し放置して亡命政権樹立はあり得ない。
まず、朝鮮総連を潰し、
 朝鮮総連をなくさねばならない。

 我が国にある朝鮮総連を潰すことが
対北朝鮮への最大の制裁である。

また、北朝鮮は核とミサイルを持ったテロ国家であり、
その独裁者が、
この度、兄の金正男を暗殺した金正恩である。

 朝鮮総連は、この独裁者の指令で動く。
 従って、朝鮮総連傘下の朝鮮大学校や初等中等の朝鮮学校では
 このテロの頭目である独裁者金正恩を讃え、崇拝する教育を行っている。
それ故、この総連や各種朝鮮学校に金を出す日本は、
テロ支援国家である。

 東京都知事の小池さんは、豊洲もいいが、
 朝鮮総連や朝鮮大学校や朝鮮学校をどうするのか。
その認可を取り消すべきである。

 以上、私の一連の訴えに欠けていた要点、
 三浦小太郎氏の主張した
朝鮮総連を潰すべし
 を掲げて同志諸兄姉の賛同を願う。