韓国は

昭和27年韓国は突如海上に李承晩ラインなるものを設定しました。
もちろん、国際法違反です。そして、日本人漁師4000人近くを
拿捕し、過酷な環境下で長い監禁生活を強いたのです。
韓国は武力で竹島を奪ったのです。
これと同じ事が尖閣で起きないと、誰が確約出来るでしょうか。
韓国が竹島を領有していた科学的証拠はただの一つもありません。
あるならば、国際裁判所に証拠を提出すれば良いだけのこと。

こんな野蛮で理不尽極まりない行為にも、ひたすら我慢の子で
あった日本が、漸く、遠慮がちに、竹島・領土主権展示館を
日本の首都に設置したのです。(島根県には既にありますが)
ところが、韓国外務省報道官はこの展示館の開館に関して
「わが国固有の領土である独島(竹島の韓国名)に対する不当な
主張を目的としており、強く抗議する」と即刻閉鎖するよう声明を
発表しました。よもや、韓国の抗議と日本の売国議員によって、
この資料館が潰されるなんて事が、あってはなりません。
しかし、この度なんと、内閣府主催で、拓殖大学教授 下條 正男先生
の講演会が行われることになりました。
政府の弱腰を、後ろから押すのは私たち国民です。
皆様は既に、この展示館に、いらっしゃいましたか?
私は、素晴らしい資料展示に感動しました。
日本の小中高校生が、授業として、ここを訪れるように
なれば日本も少しは変わるのではないでしょうか。
ーーーーーーー


「竹島問題と尖閣諸島の共通点 

日本はいかに立ち向かうべきか」


領土主権展示館主催イベント講演会
主催 内閣府領土主権対策企画調整室


1 日時 平成30年5月19日(土)
午前10時30分から11時45分


2 講師 拓殖大学教授 下條 正男先生

3 演題 「竹島問題と尖閣諸島の共通点―日本はいかに立ち向かうべきか―」

4 場所 日比谷図書文化館4F小ホール(スタジオプラス)

日比谷図書文化館は、東京都日比谷公園内にある旧日比谷図書館で、
「領土・主権展示館」がある市政会館の隣の建物です。

5 参加費無料 事前申し込み不要(定員(60名)に達した場合入場を
お断りする場
合があります)

また、領土・主権展示館は、
当日(5月19日(土))の午前11時から午後4時まで、
臨時土曜日開館しています。
講演会の後、お時間があれば、領土・主権展示館にも
お立ち寄りください。

ーーーーーーーーーーー
以下はこちら↓から引用させて頂きました。

領土主権展示館が開館!これに韓国閉鎖要求 | 世の中 …

https://shiningpilot.com/law/ryoudotenjikan




韓国外務省報道官は25日、竹島などに関する資料を展示する「領土・主権展示館」の開館に関して声明を発表し、「わが国固有の領土である独島(竹島の韓国名)に対する不当な主張を目的としており、強く抗議する」と非難、即刻閉鎖するよう要求した。YahooニュースJAPANより引用

竹島は1905年に島根県に編入された離島で、2つの小島といくつかの岩礁からなる。島は水に乏しく経済的な価値はほとんどないが、周囲の排他的経済水域の漁業権などがからんで、日韓の間で竹島の領有権を巡って紛争が続いている。これを竹島問題という。
鬱陵島に近く、韓国は52年に軍事境界線、李承晩ラインを宣言し、竹島を「独島(トクト)」であるとして自国への帰属を主張。53年には、近辺での日本漁船の拿捕などに続き、竹島を占拠して海上保安庁の巡視船を銃撃する事件が発生した。以降、韓国による要塞化が進められ、現在も武装警官数十名を駐留させるなどして不法占拠している。65年の日韓基本条約では、竹島問題は紛争処理事項であると記されているにもかかわらず、韓国側は「領土問題は存在しない」などとしている。日本政府からは、竹島領有権問題に関して国際司法裁判所への付託を提案しているが、韓国側は拒否し続けている。2012年8月10日、歴代大統領として初めて、李明博(イ・ミョンバク)大統領が「独島」を訪問。その後も、「竹島訪問の動機として慰安婦問題が背景にある」、「天皇は訪韓したいなら謝罪せよ」などと放言、対日強硬姿勢を強めている。
以上↓から引用させて頂きました。