反日ジャパンタイムズ紙への抗議2 F様より

下記ジャパンタイムズ紙の記事です。

https://www.japantimes.co.jp/news/2016/01/18/national/politics-diplomacy/ja
pans-foreign-minister-challenges-use-of-sex-slaves-term-for-comfort-women/#
.W2bJXOQnY5s


まず、見出しからしておかしいのです。

'Japan's foreign minister challenges use of 'sex slaves' for
'comfort women
'
日本の外務大臣が’慰安婦’のことを’性奴隷’(という表現)の使用に挑戦して
いる。
というのです。 
折角、日本政府が性奴隷でなく慰安婦だと言っているのに逆の ことを言って
いるのです。正に偏向報道なのです。 
今、朝日新聞の英語版をケント・ギルバート氏が取り上げていますが、
以前虎八でジャパンタイムズの事を指摘したことはありましたが抗議活動は、
していないようです。
朝日新聞よりジャパンタイムズのほうが外国人には読まれているはずです。


ジャパンタイムズにはコメント欄があるのですが、自動的にアップさ
れるのではなく、内部審査があって彼らの意にそぐわないコメントは却下です。


元々は自民党の宇都隆司議員の参議院予算委員会での質問に対して岸田外相が答弁
した内容ですが、その答弁は「性奴隷という表現は事実に反しているので、使用さ
れるべきではない。 韓国政府も公式名称は”日本軍慰安婦被害者問題”と確認し
ている。」というものです。 (ちなみに英語では“victims
of the comfort women issue of the Japanese
military”となっているので、直訳では「日本軍慰安婦の件の被害者」ということ
になります。)

正式議事録では下記のとおりです。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/190/0014/19001180014003.pdf

3/44

このような議事録がありながら、ジャパンタイムズは次に下記の表現をしています


When reporting on the agreement, many major Western media outlets,
including the Washington Post, New York Times, Guardian and CNN, used
the term “sex slaves.”

(2015年の日韓)合意について報道では西側のワシントンポスト、ニューヨー
クタイムズ、ガーディアン、CNNなどの多くの西側メディアは"sex slaves"
という表現を使っていた。、

It is the policy of The Japan Times that “sex slaves” is acceptable for
referring to the women who were forced to provide sex for Japanese
troops before and during World War II.

第二次世界大戦前及び戦争中に日本軍に性の供給を強制させられた(were forced to
provide sex)女性の表現をするのに性奴隷"sex slave"(との表現)は受け入れ
られる(acceptable)ものというのがジャパンタイムズの方針である。 としています。

あたかも、「外国で"sex slaves"と称しているからいいんだ」、と言っていますが、
外国メディアからすれば「お前(ジャパンタイムズ)の所で使っているから我々も
使っているのだ」ということになるはずです。