no title
和田春樹教授など226人「2019年日本市民・知識人の声明」発表 
植民地支配への謝罪の意を明らかにした “村山談話”“菅談話”に基づき謝罪必要
【東京聯合ニュース】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ねぇ、皆様、日本市民知識人ってナンですか?
日本ときたら次は国民でしょ、なぜ市民?
日本国から恩恵を拒否してる方々なのでしょうか。
和田春樹先生は国立大学から給料を受け取り拒否でもなさったのかしら?。

何より、普通、自分で知識人って言いますぅ?
私達はインテリです、なんて言っちゃって、「アタクシ セレブですの」
とおっしゃる女性達を彷彿とさせますね。

ともあれ、そんな
日本市民知識人が議員会館で記者会見を開きました。
そのインテリ様がおっしゃるには
韓日・朝日関係の発展のためには、日本の朝鮮半島植民地支配に
対する反省を込めた「村山談話」「菅談話」を継承・発展させなけ
ればならない
だそうです。

東京大学名誉教授、一橋大学名誉教授、恵泉女学園大学名誉教授の
学者達が日本の歴史を他国への反省、謝罪の意等を基に捉えるべきで、
まず日本が反省の意を示せと説く。
他国の一方的感情論を優先し、国際常識を無視し、史実を歪んで
捉え日本人に説教し、日本を貶めて恬として恥じない、
これが日本の知識人ですか。

根拠のない強請りとしか思えない発言。

北朝鮮の“慰安婦”被害者や戦時労働者に賠償が必要だ?!

どこかで聞いた話だと思いましたら、
おお!これぞまさに日本中に立っている163基の反日碑の
主張そのもの!

彼らの言う「植民地支配に対する反省と謝罪こそが韓日、朝日関係を
持続・発展させるカギ
」という言葉、まさに群馬の森の朝鮮人碑の
文言「記憶・反省・友好」とソックリそのまま!。
碑のパンフレットにある日韓基本条約は闇条約だったから再び
謝罪と賠償をせよ
という主張ともぴったり合致。

日本中にある反日碑の理論武装の後ろ盾はこの
日本市民知識人だったのね。
こんな非科学的、非常識な学者を知識人として崇めてきた日本。
そろそろ卒業しませんか。

(文責・鈴木)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6日午後、東京の衆議院議員会館で和田春樹・東京大名誉教授(右から3人目)など日本の知識人が「植民地支配に対する反省と謝罪こそが韓日、朝日関係を持続・発展させるカギ」という内容の「2019年日本市民・知識人の声明」を発表している=東京/チョ・ギウォン特派員//ハンギョレ新聞社

 和田春樹・東京大学名誉教授、内海愛子・恵泉女学園大学名誉教授、田中宏・一橋大学名誉教授
知識人たちは声明で、韓日・朝日関係の発展のためには、日本の朝鮮半島植民地支配に
対する反省を込めた「村山談話」(1995年)、植民地支配は韓国の人々の意に反するものだった
という点を日本の首相として初めて明らかにした「菅談話」(2010年)を継承・発展させなければ
ならないと強調した。「何より、北朝鮮の“慰安婦”被害者に対しては、今から対処していかなければならない。
いわゆる“徴用工”問題である戦時労務動員被害者問題に対しても、いっそう真剣な対処が必要だ」
と明らかにした。田中教授も「(韓国の判決に対して)日本がきわめて感情的になっている。
最近は韓国叩きをする雰囲気だ。非常に憂慮すべき状況だ」と話した。
「併合条約にいたった過程が不義不当であると同様に、韓国併合条約も不義不当である」
東京/チョ・ギウォン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9ff8b2d921c31caaeb02f6d122eb0354

上記の資料集、群馬の森の朝鮮人碑撤去裁判で碑を守る会が提出したもの。
発行元は
朝鮮人強制連行真相調査団(住所は朝鮮総連)
巻頭には 下記のように書かれている。
  
「過去の清算」を無視する政権は、「戦後政治の総決算」「自主憲法の制定」
など、憲法改悪を目指している。ーーー中略ーーーー
    朝鮮人碑の殆どのものが、犠牲者に対する賄罪の念が中心であり、
歴史の事実を明らかにし、後世まで伝えようとしているのだ。ーー中略ー
そうした意向に反する「記念碑・追悼碑の撤去」など、出来ようはずもないし、
許されない。

こんなもん残して死ねるか!反日碑一覧 その1北海道 情報お寄せ下さい
こんなもん残して死ねるか!反日碑一覧 その2岩手、秋田 情報お寄せ下
こんなもん残して死ねるか!反日碑一覧    その3 福島県 
こんなもん残して死ねるか、福島反日碑。早速写真を撮ってきてくださいました。
こんなもん残して死ねるか!反日碑一覧 その4埼玉県 情報・写真などお寄せ下さい。
こんなもん残して死ねるか反日碑一覧 その5 千葉県

こんなもん残して死ねるか反日碑一覧 その5 千葉県