このところ、NHK等左翼メディアが、そよ風の慰霊祭について、盛んに特集で報道しています。中でも毎日新聞が惚れ惚れする程の偏向記事を書きました。

https://mainichi.jp/articles/20201116/k00/00m/040/351000c


当ブログをお読み下さっている皆様は、どうか、我々の先人が必死で書き残した記録をお読み下さい。そして、100年過ぎた今、記録はなかったことにされ、いつの間にか、日本人が全く理由なしに朝鮮人を6000人も虐殺した責任を問われている状況に陥っていることを、心に刻んで、次世代に語り継いで頂きたいと思います。

(文責・鈴木)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第十四 所謂鮮人騒動は是れ

鮮人虐殺事件に関し、司法当局の発表する処に依れば、一般鮮人は概して順良だが、一部不逞の徒が数々の犯罪を敢行。その他、治安警察法違犯、窃盗横領者に依り、起訴された〇〇鮮人二十三名、〇〇鮮人の放火、毒薬爆弾涼奪強姦其他の嫌疑事件に付き、東京横浜に於て検査中の者多く、これが噂になり、人々の恐怖と昂奮の極往々にして無辜の鮮人亦は内地人を〇〇鮮人と誤認し、自衛の意を以て危害を加へたるの事犯を生じた、当局は之に付いても嚴重なる調査をなし、既に起訴せられたるもの十数件あり

(要約byそよ風)殆どの朝鮮人は善良だが、一部の〇〇朝鮮人が、放火、爆弾投入、強盗事件などを起こし(起訴されたのは23件)、これが噂になり、人々は恐怖と興奮の極地に達し、無辜の朝鮮人、内地人の殺害事件を起こすに至った。


https://www.timr.or.jp/degitalarchives_kantodaishinsai/OA-4456/OA-4456_001.
html

関東大震災講話資料  国会図書館 第1輯

著者 関東大震災情報部 編

出版者 関東大震災情報部

出版年月日 大正14

関東大震災で人々が体験した様々な実話を、出来るだけ、詳細、且つ多岐に亘って残そうとした記録。但し書きとして、情報を精査し、真実だけを、載せた、との監修者の言葉あり。発行は震災情報部。講話の章の監修は、当時の哲学思想、支那思想史等の研究の第一人者の平原北堂氏。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下文字起こし

第十四 所謂鮮人騒動は是れ


 
鮮人虐殺事件に関し二十日午後二時、抑留解禁されたが、右に付き司法当局の発表する処に依れば、今回の変災に際し鮮人にして不法行為をなしたる者ありたる事、盛んに喧傳せられたるが、今其筋の調査したる処に依れば、一般鮮人は概して順良なりと認め得るも、一部不逞の徒ありて幾夛の犯罪を敢行したり、其大要左の如し、

 

△九月一日午後六時頃本所中ノ郷附近に於て鄭熙〇(堂の中が玉)が羅災民の家財を強奪す。

△同日午後八時頃日本橋北鞘町一石橋際、大谷倉庫氏名不詳鮮人放火す

△同日午後十一時過ぎ、本所区島元町、電車終点附近で、金孫須が羅災婦人を凌辱せんとて所持品を強奪す。 

△同午後十一時より二日午前二時頃、本所區柳島元町一六九呉服商中里奥三方へ姜金山外鮮人三十名押入り、店員に暴行を加へ、商品を強奪す。

△九月一日午後六時より、同日午後十一時迄、本所區押上町一六五呉服商牧野孫八方同區柳島元町、洋品店底取孝次郎方、同町一六五洋食店安田但三方、同町百六九村上漢蔵方に鮮人十五六名押入り金品を掠奪す、

△九月一日夜より同三日迄、京橋區月島二号地、月島渡辺倉庫、深川區森下町汁粉屋に、金某外鮮人四名兇器を携へて乱入放火をなす。

△九月二日午後二時深川區富川町三五高橋勝治方、焼跡前にて鮮人三名高橋を斬り金品を強奪せんとして果たさず。

△同日午後十時迄、南葛飾郡本田町四ツ木、荒川放水路堤上で鮮人四名避難の娘を輪姦殺害の上、死体を荒川に投棄逃走す。

△五日午後十時頃、同郡小松川町字新町三九六二、四軒長家、裏手空地に於て鮮人一名夜警中の榎本豊三を、棍棒で殴打負傷せしむ。

△同日午後九時、同郡吾嬬町請地、京成電車踏切に於て、崔先十、金実径の両人は、警戒中の在郷軍人等に拳銃を発射逃走す

△同日午後十一時頃、同町栄工場屋根上より、林松致は群衆に拳銃数発を発射逃走す

△同日午後十一時、同郡小松川橋方一二橋中間堤上に於て、鮮人三十名位、陸軍野戦砲兵、第七聯隊、第一中隊長代理、砲兵中尉高橋克三のサイドカーを襲ふ。

△同日午後十一時、同郡小松川町、荒川放水路堤防上にて抜刀を携へた鮮人一名警戒中の稲月啓次郎等に取押へられたるも逃走。

△同日、同郡吾嬬町木下一八一附近に於て、鮮人一名津嘯々々と連呼疾走取押へられたるも逃走。

△同日夜同町に於て、鮮人一名銘酒屋風の女を強姦す。

△同日同時、同郡荒川放水路本田橋際提上にて呉海摸ダイナマイト等を所持徘徊逮捕す

△同日北豊島郡、南千住町千住南鉄道線路内に於て、鮮人下棒ダイナマイト二個を遺失公判中

△仝日午後十二時南葛飾郡瑞江村下江戸川橋に於て、鮮人一名橋梁を破壊せんとし、警備中の騎兵第十五聯隊軍曹、坂本乾光及一等卒長沼円十郎等に発見射殺せらる。

△仝三日早朝仝郡砂町小学校脇蓮田に於て、仕事師風の内地人、一鮮人を捕えたるに、拳銃で射殺され、通行の職人風の内地人に棒過傷を負はせ逃走す。

△仝日午前六時、日本橋區両国橋西袂に於て、近衛歩兵第一聯隊二等卒浦谷善次が警官に追はれ逃走した鮮人を取押へんとしたるに、爆弾を投げ付け射殺さる。

△仝日午前二時、南葛飾郡吾嬬町請地、東武線路上に於て、津嘯々々と連呼疾走せる鮮人あり。

仝日午前本所區菊川町附近で自称李王源が亜砒酸を懐中に、消火栓附近を徘徊取押へられ、群集よりその亜砒酸を呑ませられ悶死す。

仝日午後一時、南葛飾郡水之村附近を、爆弾を携帯せる鮮人徘徊取押へられしも逃走す。

 以上の他治安警察法違犯、窃盗横領者に依り、起訴したる鮮人二十三名不逞鮮人の放火、毒薬爆弾涼奪強姦其他の嫌疑事件に付き、東京横浜に於て検査中の者亦尠からず、右の如くにして不逞鮮人の犯行の実事喧傳せられたるより、人心不安の折柄にてはあり、恐怖と昂奮の極往々にして無辜の鮮人亦は内地人を不逞鮮人と誤認し、自衛の意を以て危害を加へたるの事犯を生じた、当局は之に付いても嚴重なる調査をなし、既に起訴せられたるもの十数件あり。(資料提供、文字起こしF様)