NHKが、日本と中国で行われた共同世論調査で、中国人の日本に対する印象が「良くない」と回答した人の割合が、8年ぶりに悪化したというニュースを流した。

調査を行った「言論NPO」によると、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、観光などの、国民が交流する機会が減ったことなどが背景にあると分析したそうだ。
えー?!観光をしないから印象が悪化した?!ジョーダンでしょ!

武漢ウイルスのせいで、世界中が自由に交流できなかった。では、世界中が日本に悪印象を持つようになったというの?。NHKは観光業界の回し者か!!。

そもそも、中国で、個人の考えが、自由に述べられると思う?。中国と日本の世論調査を比較する前提が間違い。香港の民主主義を徹底的に弾圧したニュースは世界を駆け巡った。そんな中国は、日本における、表現の自由まで、弾圧出来ると考えている国だ。新宿で行われた民族浄化に抗議するチベット、ウィグル人等の集会まで、弾圧をかけ、口をふさごうとした中国。こんな国の個人の意識調査?嗤うしかない。




(東京都内で行われた中国政府の人権弾圧による犠牲者の追悼集会を妨害したとして、中国人の男性7人が書類。
 威力業務妨害の疑いで書類送検されたのは、10代から30代の中国人の男性7人です。7人は、今年7月に東京・新宿区のビルで行われた「中国共産党結党100年全ての犠牲者を追悼する集会」の進行中、中国語で「中国共産党がなければ新しい中国はない」と大声で叫ぶなどして集会を妨害した疑いがもたれています。
 
 この事件では先月、中国人の男性3人が逮捕され、その後、釈放されていますが、警視庁は、このうちの1人が中心となり、金銭で人を集め集会の妨害に及んだとみて調べています。(20日16:15)

▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html


幸いにして、日本人の90パーセントが中国人に良くない印象を持っているという。それでもまだ、1000万人以上の日本人が中国人に好印象をもっているというから、あきれる。NHKはじめ、あの企業、あの政治家、あの学者、あの工作員丸出しコメンテーター、達の顔が浮かぶ。彼らは、マジで、日本を中国のような国にしたいと考えているのでしょうね。
(文責・鈴木)



NHKニュース

中国の日本に対する印象 8年ぶり悪化 日中共同世論調査

日本と中国で行われた共同世論調査で、日本に対する印象が「良くない」と回答した人の割合が、中国で8年ぶりに悪化に転じたことが分かり、調査を行った団体は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で国民が交流する機会が減ったことなどが背景にあるのではないかと分析しています。

この世論調査は、日本の民間団体「言論NPO」と、中国の「中国国際出版集団」が共同で行ったもので、日中両国でことし8月から先月にかけて実施され、合わせて2547人が回答しました。


それによりますと、相手国に対する印象について、「良くない印象を持っている」「どちらかといえば良くない印象を持っている」と回答した人は、中国で去年より13.2ポイント増えて66.1%に上りました。

中国の日本に対する印象が悪化に転じたのは、日本政府が尖閣諸島を国有化した翌年、2013年の調査以来、8年ぶりです。

一方、日本では「良くない」「どちらかといえば良くない」と回答した人は、去年と比べてほぼ横ばいの90.9%となり、高止まりしています。
調査を行った「言論NPO」は、中国の対日世論が悪化した背景について「観光を含めた国民の間の直接交流が活発なことが印象の形成にプラスとなるが、新型コロナウイルスの影響で日本を訪れる中国人が大きく減ったことなどが影響したのではないか」と分析しています。中国は5年ぶりに悪化して42.6%、日本では去年とほぼ横ばいの54.6%でした。