村田春樹氏投稿文

国葬を心から支持する 

愈々安倍元首相の国葬が近づいてきた。
私は自宅門前に掲揚する弔旗の黒布を購入。また当日持参する日の丸小旗用の黒布も用意した。
準備万端である。

朝日新聞筆頭にマスメディアや立憲共産党は「戦前に回帰するのか」と猛反対している。当日
はちょっとした騒乱状態になるかも知れない。

さて左翼が喚こうと犬が吠えようと私には関係無いが我が業界内にも国葬に反対する人がかなりいるのには一驚した。

理由は「国葬は皇族の為のものであり、臣下たる元首相を国葬にするのは不敬だ」ということらしい。理解できない。
大日本帝國憲法下では「国葬令」という法律があった。「國家に功績のある皇族又は臣民の薨去又は死亡したる場合、特旨により國葬を賜はることがある」明治11年大久保利通始め岩倉具視三条実美伊藤博文東郷平八郎山本五十六まで20人を数える。
この人たちへの国葬も「皇族でないから不敬であり駄目」なのか。

当時の臣民でそう思った人はいたのだろうか。東郷平八郎山本五十六の国葬に反対する臣下などいるわけがないではないか。内田良平も頭山満も敬虔に参列している。

戦後は国葬令がなくなり、吉田茂は閣議決定で国葬になった。
今回と同じである。吉田茂と安倍晋三どちらが功臣か、私は判定できない。

そんなことは関係無い。私は日頃から現行憲法だの戦後レジームだの○○食らえと思っている。戦後レジームから脱却して今朝日新聞等が吠えているように「戦前に回帰」して欲しいと熱望している。
今回安倍元首相を国葬にすることは戦後レジームの一角を崩すことになるのではないか。

しかも安倍元首相を国葬にすることは、彼を遡って明治の元勲に並ばせ、称揚することになる。(だから左翼は猛反対している)そして戦後レジームに対する痛烈な打撃になるだろう。

だから私は国葬を心から支持し賛成し当日は早朝から武道館周辺うろつくことにしている。
合掌。