(この資料公開は、虚偽の数字で、日本人の名誉を毀損している東京都の記念碑(関東大震災朝鮮人犠牲者碑)と、その碑の前で行われる日本に謝罪と賠償を求める慰霊祭に抗議するために行っています。)

震災に乗じて、日本を崩壊させようとしていた者がいたことは、今では、殆ど知られていません。震災直後の帝国議会では、社会主義者や一部の朝鮮人が凶行を行った事実について、議論されていました。

当時の刑事局長が「秩父の横瀬小学校の辺りを焼き尽くして焦土にせよ、という郵便による、煽動があった」と、答弁しています。これらをなかった事として、関東大震災の歴史を語る事は、著しく日本の国益を害することだと思います。
(文責・鈴木)

秩父辺り一面を焼きつくし焦土にせよ、という郵便が出されていた!

第47回帝国議会 衆議院 本会議 第8号 大正12年12月20日司法省刑事局長 林鮖囲此‥弁 要約

(その他、起訴されたのは)埼玉県で、秩父町初め、横瀬小学校辺り一面を、焼きつくし、黒地(焦土)にせよと、書かれた郵便が、同士十余人、の名前で、数カ所に出された件、もあります。

(横瀬小学校は明治5年開校以来今年度で150周年:横瀬小学校HPより

DSC_1677

DSC_1675
林 頼三郎(はやし らいざぶろう 日本の刑法学者・検事総長・大審院院長・司法大臣を歴任)
Raizaburo_Hayashi3
林 鮖囲
hayasiraizaburouPXL_20210108_070201101-768x1024
水城公園 林鮖囲此仝仮竿