「そよ風」代表 鈴木由喜子 様
                 東京都総務局人権部

そよ風の質問 次の事を簡明にお答えください。
そよ風はヘイトスピーチ団体と認定されているのですか。 認定されていないのですか。
東京都の(回答 
都は、条例に基づき、表現活動が不当な差別的言動に
該当するかを認定しており、発言者や団体、集会そのものを
認定しているものではありません。
そよ風の質問
来賓の方々はそれぞれ万感の思いを込めて、弔意文をご用意していらっしゃいます。 主催者として、思想信条の自由まで奪う気はありませんが、せめてヘイトスピーチ と認定される言葉を他の言葉に置き換えるよう進言しようと思いますので、以下具 体的にご教授ください。 次の言葉はどのような言葉に置き換えればよいですか。 〇不逞朝鮮人→ 〇朝鮮人が放火→ 〇朝鮮人の凶行→
東京都の(回答)

本邦外出身者に対する不当な差別的言動については、「本邦外出身者に 対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」(以下
「法」といいます。)第2条で規定しています。
ご提示いただいたようなご質問にはお答えしかねます。
 なお、過去、都が行った公表は以下のとおりです。 https://www.soumu.metro.tokyo.lg.jp/10jinken/sesaku/sonchou/kouhyou.html [(※)本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する 法律第2条 (定義) 第二条 この法律において「本邦外出身者に対する不当な差 別的言動」とは、専ら本邦の域外にある国若しくは地域の出身である者又はその子 孫であって適法に居住するもの(以下この条において「本邦外出身者」という。) に対する差別的意識を助長し又は誘発する目的で公然とその生命、身体、自由、名 誉若しくは財産に危害を加える旨を告知し又は本邦外出身者を著しく侮蔑するなど 、本邦の域外にある国又は地域の出身であることを理由として、本邦外出身者を地 域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動をいう。]

◯都人権尊重条例は、ヘイトスピーチが行われる蓋然がいぜん性が高く、かつ起因して起きる紛争等により、施設の安全な管理に支障が生じる事態が予測される場合、利用制限ができるとする基準を設けている。ただ、これまで適用されたことはなく、都公園緑地部の担当者は取材に「個々の事案の状況は答えられない」とする。
◯ヘイトスピーチについて、マスメディアやインターネット等で大きく報道されるなど、社会的関心が高まっていたことを受けて、国会において、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律(平成28年法律第68号)」、いわゆる「ヘイトスピーチ解消法」が成立し、平成28年6月3日に施行されました。
ヘイトスピーチ解消法は、「本邦外出身者」に対する「不当な差別的言動は許されない」と宣言しています。
なお、同法が審議された国会の附帯決議のとおり、「本邦外出身者」に対するものであるか否かを問わず、国籍、人種、民族等を理由として、差別意識を助長し又は誘発する目的で行われる排他的言動は決してあってはならないものです。 
======================
そよ風について報道される場合、「ヘイト団体、そよかぜ」とか、
「〇〇がヘイトスピーチに当たると指摘された集会を開いたそよ風」とか
ヘイト団体に認定されているという様に報道されてしまいます。
私たちは上記の東京都の「発言者や団体、集会そのものを認定するもので
はありません」という回答を根拠に、今まで「そよ風はヘイト団体と認定
されていない」「発言者も集会も認定されてはいない」と訴えて来ました。

「ヘイト団体の集会 会場利用不許可を 「追悼」で作家ら東京都へ要請」
(東京新聞9月1日記事)


しかしそれは無視され検証もされず、それどころか上記の見出しに象徴さ
れる様に、(レイシスト)ヘイト団体が「関東大震災で朝鮮人の虐殺が無
かったと言う」ヘイト集会を開こうとしてるといるのだと、それこそ
「流言飛語」がありました。
0868BE91-4AF9-4B20-8C82-9BC88AE27C74


そのため慰霊祭を妨害しようと、そよ風がきちんとした手続きを踏んで、
東京都から使用許可を受けていた朝鮮人犠牲者追悼碑の前を占拠した人
等が
座り込んで立ち退かなかったり、「死ね」「アホ」「このくそ野郎」
「レイシスト帰れ」「人殺し」と叫
ぶ、法を守らない排他的言動とそよ
風の慰霊祭に参加した人達のすぐ近くまで来て挑発するという
暴力によ
って、そよ風の
「虐殺されたと認定されている2百2十数名の朝鮮人犠
牲者をはじめ、外国人を含む全
ての関東大震災犠牲者を慰霊したい」と
いう事を阻止されました。

この様な、不法に占拠した人たちの言動には一言も触れず、ヘイト団体
と認定されたそよかぜの慰霊祭だと印象つけようとした偏向報道につい
て、これから詳細に調べる必要があると思っています。
(文責中田梅子)