北朝鮮はどんどんミサイルの技術開発を進めている。

国民は、岸田首相の毎度の「引き続き監視をしていく」言葉だけでは不安だ。

監視をしていれば、我が国が他国からのミサイル発射で被害を受けることはないのか?

ミサイルが我が国に向かってくる事が分った場合は、すぐ打ち落とす力はあるのか?

岸田首相の言葉だけでは、ミサイルが落ち被害者が出た場合でも「監視砲」で迎撃するような気がしてならない。ミサイルが次々落とされ、国内にいる工作員が蜂起した場合でも、監視砲、遺憾砲、検討砲、言葉で抗議砲、話し合い砲で、次々と迎え撃つ準備は出来ていると胸をはる閣僚答弁が目に浮かぶ。何しろ総連にさえ強く出られない日本ではないか。

私がミサイルを撃つ側なら、効率を考え、まず敵の要人を狙う。
我が国は、その対応準備はできているのか?

アメリカの核の傘は全くの虚構(石原慎太郎著「非核の神話は崩れた」)と言われて久しい。核のない国日本は、今のところ、核で脅されてもお飾り国連に訴えるくらいしか手がない。
日本の首相よ、もっと国民を安心させる言葉で語って頂きたい。
(文責・鈴木)