そよ風

マスコミの偏向報道、教育の場での自虐史観授業等に日本の危機を感じています。
先人達が命をかけて築きあげてきたこの素晴らしい国、日本を失わないため、私達は行動します。

アイヌ問題

旭川市博物館館長の瀬川拓郎さんへ

植村英明


旭川市博物館館長の瀬川拓郎さんへ


こんな本出して、わが旭川市の博物館が全国の博物館の笑いものになってしまいます。
お好きなこと書かれるのは結構ですが、旭川市博物館館長の肩書はお止めください。
アイヌ先住民族国会決議をうけて、とにかく縄文人からアイヌへ、何としてもつながっていて欲しいというお気持ちは察しますが、瀬川さんやアイヌ協会が強く願えば歴史を変えられると思っておいでなのでしょうか。
これは朝鮮人強制連行と同じ発想ですね。
私は函館から網走まで博物館や図書館をたずねて、関連文献や展示を見ていますが、瀬川さんの主張とその表現である旭川の展示は、他の道内各地の展示が古文献や発掘調査の結果を忠実に表現しているのに対して、過去のこうした積み重ねを全く無視するかのような主張が盛り込まれています。
「列島の縄文社会が共有したイノシシ祭りは変容して今のクマ祭りになった」、ですって?
東シベリアではいまでも熊送りをしている少数民族がいますが、瀬川さんの発想では、本州のイノシシ祭り→北海道のクマ祭り→樺太のクマ祭り→東シベリアの熊送り瓠
真逆でしょう。

何だか、犇手もウリジナル、ソメイヨシノもウリジナル瓩澆燭い撚燭世発想が似ていますね。
「北海道の縄文人は、コメを中心とする弥生文化への道を選ばなかった」!
これまたすごい発想!
寒冷のためコメが実らない北海道で稲が栽培されるようになったのは明治の末期、しかもコメの生産が目的ではなく稲わらの確保が目的だったのですよ。
 擦文文化人の遺跡からは、鉄を鋳造するタタラの跡も出ています。
もしアイヌが縄文→擦文→アイヌと文化や血筋を受け継いだ民族ならば、最も貴重な鉄の製造技術を放棄したとは到底思えませんがいかがでしょうか

 「アイヌ民族の祖先たちは、活動の舞台を北
千島やサハリンに広げる」!!!
 もう、この誇大妄想にはついてゆけません。

評をお書きの菅原淳さん、ご自分を「本土系日本人」とお呼びですが、アイヌを「アイヌ系日本人」とお書きにならないで爛▲ぅ面餌沖瓩箸靴討い泙垢、アイヌ協会や瀬川さんの話ばかり聞いていて感応精神病にでも罹ってしまったのでしょうか。
お大事になさってください。


アイヌは北海道の先住民族ではない

植村英明
道新20160_5_14_p2-1

的場 光昭氏投稿文

お久しぶり、上村さん登場!
平成二十八年五月十四日北海道新聞朝刊は一面に引き続いて
2ページもアイヌのオンパレードです。
中でも非政府組織「市民外交センター」上村英明代表が
ひどいコメントを寄せています。
犧絞姪政策 責任検証を瓩搬蠅靴董◆崟府が明治の開拓期
以降行って来た差別的な政策の歴史を十分に認識していない…」
などと、ネタがバレバレの朝鮮人強制連行
みたいなことを
言っています。
アイヌ関連の拙著(複数)で紹介したように、多くのアイヌの
後進性は、そのほとんどが当時のアイヌの身分制度に起因するもの
で、江戸期、和人との通商で得た富や明治になってから政府から
得た援助を酋長およびその親族が独占していたために
起ったことなのです。
そしてその構図は今も一部のアイヌ協会に所属する自称アイヌ民族たちに受け継がれているのです。
報道されただけでも彼らの補助金の不正搾取は枚挙にいとまがありませんが、なぜか処分者は関係した一部の公務員のみ、利益をむさぼった自称アイヌ側の幹部はゼロです。
 
上村氏はその著書の中で爛▲ぅ牟制連行瓩鬚任辰曽紊欧討い泙靴燭、拙著による反論以降すっかり押し黙っています。
 また文献を恣意的に誤読して(というのは上村氏ほどの教育者には決して有りえないと私は彼の学識に敬意を表しているからです)、アイヌ青年をアイヌ少年などとして同情を煽ったり、時代背景を無視して丁年の男女を少年少女と記載してみたり、およそ歴史を語る者が心すべき公正さを全く欠いた記述が随所にみられます。
出版社を見ればお分かりのようにこうした一連の活動は、部落−在日朝鮮人(拙著『反日石碑テロとの闘い』に詳述)‐アイヌ(北海道アイヌ協会事務局の竹内渉氏は『北の風 南の風 部落、アイヌ、沖縄。そして反差別』(解放出版社)を出版、非アイヌ犲ら道新紙上で同和出身者だと表明していた瓩任△蠅覆ら北海道アイヌ協会の事務局長も務めている)、という繋がりで反日活動の一環として行われているものなのです。
新聞記事下段、アイヌ政策推進会議、人権教育啓発推進センターの横田洋三理事長の「国際的には先住民族の主要な団体と関係を持ち、先住民族と自覚している人は先住民族だと認めている。アイヌ民族の認定は十分可能だ」に注目してください。
一連の拙著でも再三指摘してありますが


アイヌは北海道や東北の先住民族などでは
決してありません


国際的な先住民族とは、主として大航海時代以降アフリカ・アメリカやオーストラリアなどで白人の征服を受けた人々をさします。

東北や北海道にはアイヌが来る13世紀(鎌倉時代)以前から縄文人や擦文文化人・オホーツク文化人が住み、その後平安時代(12世紀)には和人も多く移り住んで神社まで立てていたのです。
 
鈴木宗男元衆議院議員・今津寛衆議院議員が中心となって詐欺的とも思える国会運営でアイヌ先住民族国会決議を通してしまったばかりに、今では沖縄にまで先住民族騒ぎが波及しています。

 南京大虐殺・朝鮮人強制連行・慰安婦強制連行とならぶ
反日工作であるアイヌ先住民族問題

に安倍政権は毅然とした対応をしてもらいたいと切に願うものです。

アイヌもヘイトスピーチの対象に!

]

アイヌもヘイトスピーチの対象に!

的場 光昭

もう、アイヌ民族を名乗って、革マル・日本赤軍・
共産党・朝鮮総連関係者たちと反日活動を行う人たちを
批判できなくなりそうなので、今のうちに投稿しておきます。

出演している川村兼一氏は内閣府にアイヌを虐殺した
損害賠償として
5
兆円を要求しています。
福田内閣はこれを受理しました。



ビデオで事実に基づかない過激な発言が冒頭から
繰り広げられています。

おそらく、彼らにとっては非常に都合が悪いので
削除される可能性が高いので、今のうちに保存できる方は
保存して、新たにアップしてください。


https://www.youtube.com/watch?v=pd6NNbw6lls&feature=related


img167



 


 

最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ