2005年03月06日

こんな恋のはなし−その3

Blog Ranking建て直し中。ご協力を。⇒ここ、クリックしてください。
 
昨日からの続き。。。
 
では、なぜ英語を勉強するようになったか。
これを書くには、ほりえもんすごろく、ならぬ、おれ物語を書かざるを得ない。
 
おれ物語
 
1972年10月  長崎県佐世保市でこの世に生をうける。ちなみにほりえもんも隣の福岡県で同じ月に生まれたらしい。
 
以後、となりの佐賀県有田町というど田舎で暮らす。ここは、県の名前よりも町の名前のほうが(有田焼でという意味)、日本全国&世界でも有名な町だ というわけの分からぬ洗脳教育を受ける。京都への修学旅行の時も、佐賀 というと他校の生徒にばかにされるので県名は出すな と教師から注意される。中学時代は、陸上部に所属し、結構まじめに練習する自分だった。
 
中学3年(1987年あたり)の頃、
 
何気なく、授業中に授業を聞かずパラパラとめくっていた社会科の資料集のうしろあたりにあった県別人口を見て、佐賀県(80万人前後)が福岡市(120〜130万人くらい)よりも人口が少ない衝撃の事実を発見。するとともに相当ショック。県の人口より市の人口が多いなんて、ここって、相当やばか、ど田舎やろ と覚醒。
 
高校時代(1988年から1991年)
 
日本経済は超バブル状態。地元は高級陶磁器の街(有田焼)だったので異常に金回りのいい同級生とかいたりした。何か、家の前に外車(ベンツとかBMW)とか数台止まっていたし。。。。。しかし、うちは町役場勤めだったのでまったく恩恵に与れず。田舎のなかではそれなりに進学校といわれる近くの県立高校普通科に進学。中学時代に衝撃の真実を知ってしまったので、とにかくここからは何が何でも出て東京に出てやるという誓いのもと、北朝鮮の脱北者の如く真剣に勉強に打ち込む。文系理系選択では、とにかくが欲しかったので、日本では文系のほうが給料がいいと何かの本で読み文系に決定(ま、確かにこれは先見の明があったなーと自分でも自覚。文系のほうが理系よりも楽に金が稼げると思う。青色発光ダイオードの中村教授のあの訴訟とか見てると。)。一時期、がん闘病のドラマを見て涙を流して感動し、医学部志望(理系)に転向しようと決意し、学年主任、担任に涙の訴えをするも、東京&医学部=東大医学部、そりゃ無理やろ、ということで10日間で元さや(文系のクラス)におさまる
 
1990年秋頃、なぜか知らんがたまたま部活がなかったのか、サボったのか知らんが、その日は家に着く。やることないので、TVを見ていたら、吉田栄作 主演の”あいつがとまらない”(⇒これ、かなりマイナーなドラマらしく、Web上にもほとんど情報なし)を見て、妙にモチベーション急UP。吉田栄作がベンチャー企業の社長になって、一橋大学の学生をブレーンに据えて会社を経営していく物語(何か、今考えてみれば、楽天三木谷社長と本城副社長の話に似てるなー)。うおおおおおおおー、吉田栄作かっこよかーーーーー、おいも東京行ってビックになるばい。と感動。ドラマを見て、一橋ってビジネス(&金儲け)やるにはいい大学なんだ、と実感し、志望校を一橋大学にする。
 
1991年冬、大学入試センター試験。なぜか、というかやっぱり国語の点数が半分も取れず。(以前から、現国なんて、言っている意味がさっぱり分からんかったので。しかし、金の誘惑に勝てず文系を選択した自分がいたりする。)、敢え無く一橋受験はあきらめる。ここで、おやじ&担任からは九大を受験しろ、と言われるが、東京に行く夢をあきらめきれず。ちょうど、このクールに”東京ラブストーリー”が放映されていた。うおおおおおおおおー、電車(丸の内線)の地下から出てきよーばい(この時、地下鉄に乗ったことが無かった)。東京タワーもきれーかのーー。人もいっぱい、街に溢れとるばい。カンチも田舎(愛媛)から東京に出てきたけんが、おいも東京にいくばい。と妙に感動し、東京に行くことを決意。とりあえず、金もない、しかし東京に行きたい、しかも国語は大の苦手科目だったので、慶応を受験(国語がない)し、どうにか合格。既成事実を作ってしまえばこっちのものなので、とにかく脱北(東京進出)に成功。1991年3月28日、東京に旅立つ。
 
大学時代編以降は、明日書きます。 
 
 

東京ラブストーリー DVD BOX

spacenet at 07:31│Comments(3)TrackBack(0)clip!英語のこと 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とくやん。   2005年03月07日 22:13
ブログに遊びにきてくれてありがとうございましたm(o・ω・o)m

アメリカにいらっしゃるんですね。すごいです!!
カンチじゃないけど、愛媛っ子なんですよ〜(´▽`)
あたしは、たしか小学生の時にロケにきてたみたいだけど、見にいけなくて、残念な思いしたのをうっすら覚えてます。

また、遊びにきてくださいね|^・ω・)/
2. Posted by tbox   2005年03月08日 11:59
はじめまして
tboxと申します
はじめて人からトラックパックっていうものをしていただきました。
なんだか舞い上がっております。
どうもありがとうございました。
3. Posted by x   2005年03月10日 14:14
宣伝ですいません。ブログをお持ちの方。
よろしければ男女別ブログランキングに
ご参加お願いします。
http://r10.0zero.jp/ranking/index.php?dir=156&uid=burogu

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
アメリカではたらく会計士
ライブドア堀江社長と同い年。32才。しかし、金はない。
高層マンション&ポルシェにあこがれる起業家予備軍
spacenet@yahoo.co.jp

QRコード
QRコード
リンクサイト


広告
Amazon Webサービス
Blog Pet




ライブドアブログ総合ランキング