CIMG1618CIMG1620CIMG1623








今日は、嬉野温泉付近が『嬉野茶ミット』で盛り上がっていたようですが、そのイベントをすっかり忘れていて、通り過ぎて古湯近辺まで足を伸ばしてきました〜。
道の駅大和』で菜の花が咲く河川敷を散歩した後、ワンコOKの『カフェドエルフ』でまずはランチ。
CIMG1624CIMG1625CIMG1630CIMG1631








こちらのオーナーさんはダルメシアンとM・シュナを飼われていることもあって、店内ワンコOKなのです。
小上がりのテーブル席にあげてもいいですよ〜とのことだったので、お言葉に甘えてゆったり。ハーブティーは、多分サービスかな?
僕はカルボナーラ、嫁はミートソースにしました。イートメニューは他にはトースト系などもありました。
内装や外装はほとんどご自分でされたということで、時にはオークションで競り落としたものが店内にお目見えすることもあるようです(確か写真の椅子もそうだったかと)。古湯付近でワン店内OKはこちらくらいなので、とてもありがたいですね。
CIMG1637CIMG1632CIMG1634CIMG1636








そのあと、そうちゃんと嫁さんには申し訳なかったのですがちょっと木陰に停めて車内で待ってもらって、5年振りくらいに古湯温泉『清川』で立ち寄り入浴してきました。
以前訪れたときは確か露天が改装中だったのですが、今日はどちらにもちゃんとお湯が張ってありました。古湯といえばラジウム泉というイメージなのですが、こちらは単純アルカリ泉の加温・循環・塩素消毒です。塩素臭はほとんど無く、内湯・露天共にとてもきれいに保たれていて、また貸切状態だったので気持ちよく入浴することができました。
湯上りに写真の座敷でお茶を頂けるのですが、そこの窓から思いっきり洗濯物が見えるのは、宿泊客の人はちょっと嫌だろうなぁ・・・と思いました。でも他の所はとても綺麗にしてあります。入浴料はちょっと高めの1,000円ですが、古湯の中では平均的な値段かも。露天からは桜が望め、花見て一杯したくなりました。